2018年1月26日 更新

彼氏がかわいい♡と思う甘え方5パターン

彼氏 甘え方
「彼氏にかわいいと思われる甘え方が知りたい!」と思いつつ、実際には甘えるのが苦手な女性も多いのではないでしょうか。

でもほとんどの男性は甘えられるのが好きで、彼女が彼氏に甘えることで、2人の関係の盛り上がりにも期待ができます。

そこで今回は、男性が喜ぶかわいい甘え方5パターンと、甘えるときのポイント、素直に甘えられないときに試してほしいことをご紹介します。

かわいい甘え方をマスターして、彼氏の心をつかみましょう。



1.彼氏がグッとくる甘え方5パターン

彼氏がグッとくる、かわいい甘え方を5つご紹介します。

彼氏への甘え方① かわいいおねだりをする

彼氏 甘え方
彼氏への甘え方として、かわいいおねだりをする方法があります。男性は、女性からお願いをされると、「応えてあげたい!」と張り切る生き物です。

「今日は夜まで一緒にいたいな」「腕枕して」「バイバイする前にキスして」など、彼氏が言われてうれしく、かつ簡単にかなえられるものが良いでしょう。

おねだりと言っても、「ネックレス買って欲しいな」「レストランのディナーコースおごって」というのは、かわいくないのであまりおすすめできません。

かわいいおねだりを積み重ねれば、何も言わなくてもプレゼントを買ってくれるかも?

彼氏がおねだりに答えてくれたときは、いつもより大げさに喜んで、感謝の気持ちを伝えましょう。

彼氏への甘え方② 構ってほしそうにする

彼氏 甘え方
彼氏への甘え方として、構ってほしそうにするという方法もあります。

彼氏がスマホに夢中なときなど、「さみしいな」とつぶやいたり、彼氏をツンツンつついてみたりしてちょっかいを出してみてください。なかなかLINEしてくれない彼氏には、LINEで構って欲しそうにしているスタンプを送るのも良いですね。

構ってほしいアピールは頻繁にされると面倒ですが、たまにさみしがって見せると「愛されてる」「俺がいないとダメなんだ」と感じることができます。

彼氏への甘え方③ くっつく

彼氏 甘え方
彼氏の甘え方として、くっつくというのもおすすめです。

部屋でのんびりしているときに後ろから抱きついたり、デート中隣にいる彼氏の肩にもたれたり、手を握ったり、甘えるようなスキンシップで男性は喜びます。

特に、あまり自分から彼氏にスキンシップをしない女性がすると、より効果は絶大です。

彼氏への甘え方④ しょんぼりする

彼氏 甘え方
彼氏への甘え方として、しょんぼりして見せる方法もあります。

デートの後に彼が帰ってしまうときや、お別れの時間が近づいてきているときなど、しょんぼりしながら「もう帰っちゃうんだ……」「もっと一緒にいたいな」「まだ電話切りたくないな」とつぶやいてみましょう。

このとき、「まだ帰らないで!」だと、相手に命令する形になるので、「離れたくない」などの自分の願望を独り言のようにつぶやくのがポイントです。

しょんぼりと名残惜しそうな彼女の姿に彼氏は、「愛されてる!」と感じることができそうですね。お互いに後ろ髪を引かれて、次のデートが楽しみになることでしょう。

彼氏への甘え方⑤ 上目使いで見つめる

彼氏 甘え方
彼氏の甘え方として、上目使いで見つめるという方法があります。すでにご紹介している甘え方との合わせ技もおすすめです!

上目使いをすると、角度的に顔全体における目の割合が大きくなり、幼く見えます。そんな視覚効果を利用した甘え方で、「守ってあげなければ」「この子はか弱い存在なんだ」と男性は本能的に感じるようです。

上目使いで見つめて、男性の「守ってあげたい願望」を引き出しましょう。

2.彼氏への甘え方4つのポイント

彼氏に甘えるときのポイントを4つご紹介します。

①「甘える」と「自己中」を取り違えない

彼氏 甘え方
彼氏に甘えるときは、「甘える」と「自己中」を取り違えないようにしましょう。

「甘える」はワガママや自分の意見を押し付けることとは違います。甘えられると男性は喜びますが、ワガママが続くと男性はうんざりしてくるのです。

甘えはふとこぼれる本音であって、相手に行動まで強制させません。しかし、わがままは相手を振り回してまで自分の意見を押し付ける雰囲気が出ます。この大きな違いを覚えておきましょう。

②甘える頻度は少なめにする

彼氏 甘え方
彼氏に甘えるときは、頻度は少なめにしましょう。

たまに甘えるからこそ、ギャップが出て男性はグッときます。「いつもはこんなんじゃないのにどうした?」と、戸惑いつつもかわいいと思うようです。

ふわふわした甘えん坊の彼女が甘えるのと、1人で何でもこなせそうなしっかり者の彼女がたまに甘えるのとでは、甘えによる効力は違ってきます。普段はしっかり者キャラを演じながら、時々甘えるようにしましょう。

③TPOをわきまえる

彼氏 甘え方
彼氏に甘えるときは、TPOをわきまえましょう。彼氏の心に余裕がないときや、人目が多いとき、状況的に甘えられても困るときなどが、時と場合によってあります。

男性は、人前でイチャイチャするのが苦手な人も多いです。甘える自分を受け入れてもらいたいときは、時と場所と場合を見極めるようにしましょう。

④わざとらしくしない

彼氏 甘え方
彼氏に甘えるときは、わざとらしくならないようにしましょう。

甘え方にわざとらしさが出ると、甘えられても萎える男性は多いです。あざとさや狙ってる感を感じ取ってしまうからのようです。

甘えるときは、「彼氏にかわいいと思ってもらいたい」という下心にフタをして、大好きな彼氏へ素直に本音を伝えるような気持ちでいましょう。

3.彼氏に甘えられない人に試してほしい4つのこと

甘え方が分かっても、実際に彼氏に甘えようとすると、甘えられないという方も多いかと思います。そんな方に試してほしいことを4つお話しします。

①なぜ甘えられないのか考えてみる

彼氏 甘え方
彼氏に甘えられない人は、なぜ甘えられないのかを考えてみましょう。そこに、甘えられるようになるためのヒントがあるかもしれません。

一般的に彼氏に甘えられないのは、
・キャラではないから
・恥ずかしい
・甘える自分を客観的に見てしまう
・彼氏に嫌われそうだから
・プライドが許さないから
という理由があるとされています。

彼氏の前で素直に甘えられないのがなぜか分かったら、自分の中で気持ちの整理をつけていきましょう。

②彼氏を喜ばせるつもりで甘えてみる

彼氏 甘え方
彼氏に甘えられない人は、彼氏を喜ばせるつもりで甘えてみましょう。
男性は甘えられるのが好きな生き物です。男性は甘えられると、「自分の前でだけ弱い部分を見せてくれている気がする」「守ってあげたくなる」「自分を頼りにしてくれてうれしい」という心理になります。

甘えられて喜ばない男性はなかなかいないのです。逆に彼女が甘えてくれないと、「自分は頼りないのかなぁ」と考えてしまうことも。

自分のためではなく、彼氏を喜ばせるためと思ったら、甘える勇気もわいてくるのではないでしょうか。

③彼氏に甘えられるのは彼女の特権だと理解する

彼氏 甘え方
彼氏に甘えられない人は、「彼氏に甘えられるのは彼女の特権」と自分に言い聞かせてみましょう。

あなたの周りにも甘え上手な女性はいるかと思いますが、既婚者や彼女持ちの男性に対して甘えると、トラブルの原因になる場合もあります。

しかし、彼女という立場なら、彼氏に甘えても文句を言う人はいませんし、誰も傷つきません。

彼女の特権を存分に利用するつもりで、誰にも気を遣うことなく甘えましょう。

④「おねだり」ではなく「お願い」から入ってみる

彼氏 甘え方
彼氏に甘えられない人は、「おねだり」ではなく「お願い」から始めてみましょう。

おねだりするのは難しくても、「部屋の電球取り替えてもらえる?」などのお願いをするなら少しハードルが下がるはずです。これでも立派な「甘える」です。

頑張れば自分でできそうなことは、自分の力でやってしまってはいませんか。そんなときこそ、無理せず彼氏にお願いして助けてもらってください。お願いすることに少しずつ慣れていけば、おねだりもできるようになるでしょう。

4.彼氏に甘えてもっと仲良しカップルに♡

彼氏 甘え方
彼氏への甘え方についてお話ししました。男性は、女性から甘えられたり、頼られたりすることで、自尊心がくすぐられるのです。恋愛において甘えることは、重要なことだと言えるでしょう。

彼女が1人でなんでもできてしまうと、彼氏の出る幕がなくなってしまいます。時には彼氏に甘えて、「自分がいないとダメなんだな」と思ってもらった方が、2人の関係も円満になるでしょう。

2人の関係をもっと親密にし、さらに彼氏からもっとかわいがってもらうためにも、彼氏への甘え方を実践してみてください。