2018年11月8日 更新

可愛くなるには「3要素」!コツをおさえて誰でも可愛さを増す方法

可愛くなるには

「可愛くなるには何をすればいいの?」、「可愛くなるなんて無理かな?」と、お悩みではありませんか?
「もっと可愛くなりたい」「一気にかわいくなりたい」と意欲に燃えている方もいらっしゃるかもしれません。

可愛くなるには、顔が一番大切だと思われがちですが、実はそれほど単純な話ではありません。

逆に言えば、見た目が平均以下でも、可愛くなることを目指すことは可能なのです!そこで今回は、「可愛い」の正体から、可愛くなるのにぜひやっていただきたい行動までをご紹介します。
外見のことだけでなく内面のことにも触れ、お金をかけずに可愛くなるための方法をたくさんご紹介しています。ぜひ参考にしてください。




1.「可愛い」はあくまで雰囲気

可愛くなるには周りにいる「可愛い子」を思い浮かべてみてください。中には、顔立ちは決して整っているわけではないけれど、人柄や動きなどをトータルに見た上で、可愛いと思う子がいるでしょう。

「可愛い」は見た目だけで決まるものではなく、あくまでもその人全体から醸し出される雰囲気なのです。

そして、人が抱く「可愛い雰囲気」は、3つの要素のバランスによって成り立っているようなのです。

♥「可愛い雰囲気」の三要素
・見た目
・性格
・仕草

顔が可愛いけれど性格が悪い人を、誰かに「あの子可愛いんだよ」と、ためらわずに言えるでしょうか?

逆に顔が可愛くなくても、性格が優しくて、小動物のような仕草をしていたら、可愛いと感じませんか?

可愛くなるには、「可愛い」の三要素のバランスを意識することで、「可愛い」と思われやすい人に近づいていけるはずです。

次の章からは、見た目、性格、仕草の3つに分けて、可愛くなる方法を具体的にご紹介します。

2.可愛くなるには ~見た目編~

「可愛い子」と聞いてまず連想するのは外見の可愛い子ですね。可愛くなるために必要な、見た目を可愛くする方法を3つご紹介します。