2018年9月20日 更新

除光液の選び方&おすすめ15選!除光液を正しく使えていますか?

除光液 ネイルリムーバー マニキュア アセトンセルフネイルを楽しむ方なら、家に必ずあるはずの除光液(ネイルリムーバー)。
みなさんはどうやって選んでいますか?
とにかく目についたもの、大容量のもの、臭いが控えめなものなど、人によって選ぶ基準はさまざまなのかもしれませんね。

しかし、除光液を選ぶときには注目してほしいポイントや選び方というものがあります!
そこで今回は、自分に合った除光液の選び方や使い方、肌らぶがおすすめする除光液まで、たっぷりとご紹介していきます。



1.除光液(ネイルリムーバー)の種類と選び方

まずは、除光液(ネイルリムーバー)にはどんな種類があるのか、たくさんの商品の中からどの除光液を選べばいいのかをチェックしていきましょう!

①アセトン入りorノンアセトン

除光液 ネイルリムーバー マニキュア アセトン除光液(ネイルリムーバー)は、「アセトン入りタイプ」と「ノンアセトンタイプ」の、大きく2つの種類に分けられます。

アセトンとは、一般的に除光液の主成分として配合され、爪に塗ったマニキュアを溶かして落とす役割を持っています。
このアセトンが入っていることで、厚塗りネイルやラメネイルも素早くするりと落とすことができるのです。

しかしアセトンは、ネイルカラーと一緒に爪や指先の水分や油分まで奪い取るため、乾燥してしまいがち。
また、除光液特有のツンとした臭いも、このアセトンによるものだとされています。

この指先の乾燥や独特の臭いが苦手な方におすすめなのが、ノンアセトンタイプの除光液です。
ノンアセトンタイプは、マニキュアをオフするためにアセトンとは別の成分が配合されていて、アセトンのデメリットである指先の乾燥や臭いを抑えてくれます。
しかし、アセトン入りの除光液に対してノンアセトンタイプは、比較的ネイルカラーの落ちやすさが劣ってしまうものが多いようです。
除光液 ネイルリムーバー マニキュア アセトンこのように、アセトン入りタイプ・ノンアセトンタイプそれぞれに、メリットとデメリットというものがあります。
だから、どちらがいい、どちらが悪いとかではなく、自分がどんなネイルを落とそうとしているかによって使い分けることが大切!

厚塗りをしていたりラメがたっぷり入っているネイルをオフするときはアセトン入りの除光液がおすすめです。
アセトンが入っているものなら落としにくいラメネイルなどもするんとオフしてくれるものが多く、短時間で落とすことができます。

こういったしっかりネイルを落とすときにノンアセトンの除光液を使うと、力を入れてゴシゴシと爪をこすらないといけなくなり、反対に指先に負担をかけてしまう可能性も考えられます。

反対に単色カラーでシンプルなネイルをオフするときは、ノンアセトンタイプの除光液を選ぶことがおすすめです。
シンプルネイルならノンアセトンタイプでも簡単に落とせて、指先の乾燥や臭いを抑えることができます。

もちろんアセトン入りの除光液でも落とせますが、必要以上に強い洗浄力のものを頻繁に使うと、乾燥して爪が白くなったり割れやすくなったりしてしまうので、注意が必要。

メイクの濃さに合わせてクレンジング料を使い分けるように、そのときのネイルデザインによって除光液を選んで使い分けることが、大切なポイントだといえるでしょう。

②自宅用or持ち運び用

除光液 ネイルリムーバー マニキュア アセトン除光液(ネイルリムーバー)には、自宅で使う用の一般的なボトルタイプと、持ち運びにも便利なシートタイプが販売されています。

ボトルタイプは、ネイルの濃さに合わせて除光液の量も自分で調整しやすいので便利。でもボトルのまま持ち歩くのは少し邪魔ですよね。

そこでおすすめなのが、シートタイプの除光液です。シートタイプは、あらかじめコットンに除光液がしみ込ませてある、「メイク落としシート」のようなアイテム。

コンパクトで薄いものが多いので、外出先で急にネイルを落とさないといけなくなってしまったというときのために、メイクポーチに忍ばせておくことができます。

2.おすすめ除光液(ネイルリムーバー)15選

除光液 ネイルリムーバー マニキュア アセトンこちらでは、肌らぶがおすすめする除光液(ネイルリムーバー)を15アイテムをお届けいたします。

今回は、「アセトン配合タイプ」「ノンアセトンタイプ」「携帯用」の3つのカテゴリーに分けて、それぞれ5商品ずつご紹介していきます。
気になるものからチェックしてみてくださいね!

2-1.おすすめ除光液5選|アセトン配合タイプ

資生堂 トリートメントエナメルリムーバー

資生堂 トリートメントエナメルリムーバー価格:900円(税抜) / 650円(税抜) / 450円(税抜)
容量:120mL / 35mL / 40mL

マイルドな使い心地で、少量でもマニキュアを素早く落とす、アセトン入りタイプの除光液です。
1992年からのロングセラーアイテム。リピーターも多く、人気の商品です。

公式HPはこちら(推奨)

ミュゼル ノクターナル ネイルカラー リムーバー

ミュゼル ノクターナル ネイルカラー リムーバー価格:1,800円(税抜)
容量:120mL

爪や指先にしっとり感を残しながらマニキュアをオフする、アセトン入りの除光液です。
オイルフリーでべたつかず、白くなりにくいタイプ。爪を保護する成分として「スクワラン」が配合されています。

公式HPはこちら(推奨)

インテグレート トリートメントネールリムーバー N

インテグレート トリートメントネールリムーバー N価格:400円(税抜)
容量:200mL

プチプラ&大容量で、惜しまずたっぷり使いやすい、アセトン入りタイプの除光液です。
除光液特有のツンとした臭いが控えめで、フローラルフルーティーの香りが感じられます。

公式HPはこちら(推奨)

ちふれ 除光液

ちふれ 除光液価格:300円(税抜)
容量:110mL

ゴシゴシこすらず、ラメ入りネイルまでするんとオフできる、アセトン入りの除光液です。
安いのに優秀と、クチコミサイトなどでも人気を集めるアイテムです。

公式HPはこちら(推奨)

ケイト ネイルカラーリムーバー N

ケイト ネイルカラーリムーバー価格:ノープリントプライス
容量:230mL

大容量が嬉しい、アセトン入りタイプの除光液です。
重ね塗りネイルも、じっくりとなじませることでするんとオフ。ふき取ったあと、爪が白くなりにくいのも魅力的です。

公式HPはこちら(推奨)

2-2.おすすめ除光液5選|ノンアセトンタイプ

オルビス ネイルリムーバー(除光液)

オルビス ネイルリムーバー(除光液)価格:480円(税抜)
容量:80mL

5種類*の保湿成分を配合し、爪にうるおいを与えながらマニキュアを落とす、ノンアセトンの除光液です。
爪を大切に扱いながら、素早くオフしてくれます。
*アロエベラ葉エキス・モモ葉エキス・グレープフルーツ果実エキス・リンゴ果実エキス・オタネニンジン根エキス

公式HPはこちら(推奨)

アンドネイル モイスチャースパリムーバー

アンドネイル モイスチャースパリムーバー価格:1,400円(税抜)
容量:100mL

柑橘系のオーガニック精油のさわやかな香りで、除光液のイヤな臭いが気にならない、ノンアセトンの除光液です。
指先のうるおいを残しながらマニキュアを落とすから、オフしたあとも指先がつややかさをキープします。

公式HPはこちら(推奨)

DHC ネイルトリートメント ケアリムーバー

DHC ネイルトリートメント ケアリムーバー価格:925円(税抜)
容量:115mL

トリートメント成分として「オリーブバージンオイル」を配合し、爪用美容液としての役割も果たす、ノンアセトンの除光液です。
ミックスフルーティーの香りが、ネイルオフの時間も心地よくしてくれます。

公式HPはこちら(推奨)

無印良品 除光液

無印良品 除光液価格:453円(税抜)
容量:100ml

マニキュアを落とす成分として配合されている「天然オレンジ油」が、さわやかな柑橘系の香りを漂わせる、ノンアセトンの除光液です。
指先をしっとりと包み込むので、乾燥しやすい方にもおすすめ。

公式HPはこちら(推奨)

ネイルネイル オイルクレンジングリムーバー

ネイルネイル オイルクレンジングリムーバー価格:680円(税抜)
容量:100ml

揮発性の少ないオイル状なので、コットン1枚分の量でも両手のマニキュアをしっかり落とせる、ノンアセトンの除光液です。
洗浄成分&保湿成分の「オレンジ油」が、落としたあとの爪をツヤツヤに整えてくれます。

公式HPはこちら(推奨)

2-3.おすすめ除光液5選|携帯用

パラドゥ スポンジリムーバー

パラドゥ スポンジリムーバー価格:300円(税抜)
容量:16ml

ボトルの中に除光液を含んだスポンジがセットされていて、指を入れるだけでネイルオフができる便利アイテムです。
セブンイレブンで販売されているコンビニコスメなので、外出先で今すぐオフしたい!というときにもすぐに手に入れやすいでしょう。

公式HPはこちら(推奨)

ソフティモ エナメルリムーバーシート

ソフティモ エナメルリムーバーシート価格:オープン価格
容量:10回分

大判タイプで、1枚のシートで両手のマニキュアを落とすことができる、ネイルリムーバーシートです。
爪が白くなりにくい、ノンアセトンタイプ。オレンジの香りが感じられます。

公式HPはこちら(推奨)

LOUJENE ネイルリムーバーシート

LOUJENE ネイルリムーバーシート価格:100円(税抜)
容量:50枚

100円均一で販売されている、ノンアセトンタイプのネイルリムーバーシートです。
アロエベラ液汁(保湿成分)を配合し、乾燥ダメージから爪を保護。さわやかなフルーティーの香りです。

公式HPはこちら(推奨)

ビューティーワークス ネイルカラーリムーバーシート

ビューティーワークス ネイルカラーリムーバーシート価格:300円(税抜)
容量:5包

メイクポーチに入れて持ち運ぶのにも便利な、分包タイプのネイルリムーバーシートです。
天然コットンを100%使用した、肌あたりの柔らかさも魅力のひとつ。

公式HPはこちら(推奨)

ROORO ふくだけ除光液シート

ふくだけ除光液シート価格:380円(税抜)
容量:50枚

小さなシート1枚で5本の爪のマニキュアをすっきりと落とす、ノンアセトンタイプのネイルリムーバーシートです。
化粧水にも良く使われる「グリセリン」「プロパンジオール」といった自然由来の保湿成分を配合し、指先の乾燥も防ぎます。

公式HPはこちら(推奨)

3.除光液(ネイルリムーバー)を使うときのポイント

除光液 ネイルリムーバー マニキュア アセトン除光液(ネイルリムーバー)は、使い方によって指先に負担をかけてしまう可能性があるもの。
だからこそ、除光液を上手に使うためのポイントを確認しておきましょう!

◆ティッシュではなくコットンで

除光液 ネイルリムーバー マニキュア アセトンネイルオフのために除光液(ネイルリムーバー)を使うときは、ティッシュではなくコットンを使用するようにしましょう。

もちろん除光液を含ませればティッシュでも落とせますが、コットンの方が除光液をたっぷりと含ませることができ、さらにやわらかいクッション性があるので、必要以上に力をかけずにオフすることができます。

実際に編集部員もティッシュでネイルオフをしたことがありますが、コットンとティッシュでは落としやすさが全然違います。

簡単にオフするためにも、爪に負担をかけないためにも、ネイルオフ用にコットンを持っておくことがおすすめです。

◆なじませてから、すっとふき取る

除光液(ネイルリムーバー)で簡単にネイルオフをするコツは、除光液をしみ込ませたコットンを5秒から10秒爪の上においてなじませ、爪先に向かってすっとふき取ることです。

じんわりとマニキュアになじませることで除光液が少しずつマニキュアを溶かし、1度ふき取るだけでもほとんどのネイルカラーをオフすることができます。

ゴシゴシとこするように落とさなくてもするんと落ちるようになるので、指1本につき5秒から10秒のなじませタイムを作ってあげてくださいね。

◆アフターケアを忘れずに

除光液 ネイルリムーバー マニキュア アセトンとくにアセトン配合の除光液(ネイルリムーバー)でネイルオフをしたときは、アフターケアとして保湿のお手入れを忘れないようにしましょう。

最近では指先が乾燥しないように保湿成分が配合されている除光液も多くありますが、やはりネイルオフ後は少なからず乾燥が気になりやすいもの。
ネイルオイルやハンドクリームなどを使って、丁寧な保湿ケアを心がけてくださいね。

4.【番外編】除光液(ネイルリムーバー)を切らしてしまったときは

除光液 ネイルリムーバー マニキュア アセトン除光液(ネイルリムーバー)を買おうと思ってたのに忘れてた!今日どうしてもマニキュアを落とさないといけないのに!
そんな経験をしたことがある方も、意外と多いのでは?

そんなときのために、除光液なしでネイルオフができる裏ワザがあります。
それは、落としたいネイルの上に、マニキュアを重ね塗りする方法です。
除光液 ネイルリムーバー マニキュア アセトン重ね塗りしたマニキュアが乾く前にコットンでふき取ると、元のマニキュアとなじんで一緒に落とすことができるのです。
1度で落ち切らないときは、何度か繰り返しているうちに、ある程度キレイにオフすることができます。

しかしこの方法は、あくまでも応急処置的な方法で、強くこするので爪には大きな負担がかかりやすくなってしまいます。
基本的にネイルオフをするには、除光液が絶対必要。
でもいざというときのために、こんな方法もあるということを覚えておいてくださいね。

5.まとめ

今回は除光液(ネイルリムーバー)の選び方や肌らぶおすすめの除光液などをご紹介いたしました。
セルフネイルを楽しむための必需品だからこそ、正しく選んで上手に使いこなしたいもの。

できる限り負担を抑えて、キレイな指先で、可愛いセルフネイルを楽しんでくださいね♡