2017年11月14日 更新

ネイルオイルの正しい使い方♡爪にもオイル美容で指先美人

ネイルオイル 使い方「ネイルオイルの正しい使い方が知りたい」「ネイルオイルの良さを実感できる使い方が知りたい」と思ったことはありませんか?

爪は顔や髪と同じで、季節や環境による乾燥の影響を受けやすい部分です。

しかし、手は年齢を表すとも言われ、指先は意外と人に見られているパーツの1つと言っても過言ではありません。

ネイルのキレイな女性は、素敵だと思いませんか?

お手入れの行き届いた指先こそ、女性としての細やかな魅力を感じさせるパーツの1つです。

そこで、今回は美しくすこやかな爪を保つために、ぴったりのネイルケアアイテム「ネイルオイル」の正しい使い方についてご紹介します。




1.ネイルオイルとは

ネイルオイル 使い方 ネイルオイルとは、爪の根元部分にある甘皮(キューティクル)を保湿し、乾燥を防ぐことを目的にした爪用化粧品のことです。

日常的にネイルオイルを使うことで、爪にうるおいを与えることができます。

一般的なネイルオイルは、保湿成分として植物性のオイルと、すこやかな爪を保つサポートとしてミネラルやビタミンを配合したものを中心として作られています。

植物性のオイルは、肌になじみやすい性質を持っていることが特長と言われています。

乾燥しがちで保湿のお手入れが行き届きにくい爪の根元にも、すーっとなじみ油分でカバーしてうるおいを保つことができるのも、ネイルオイルのメリットです。

また、冬など乾燥しがちな季節や水仕事が多いなど、ささくれが気になる方にもおすすめのアイテムでしょう。

2.ネイルオイルの正しい使い方

ネイルオイル 使い方 ここでは、ネイルオイルの良さを実感するための、正しい使い方についてお伝えします。

ネイルオイルは塗ることにより乾燥を防ぐことができますが、少し手をかけたお手入れで、より効率的に美しい指先を保つことができます。

早速、ネイルオイルの正しい使い方を見ていきましょう。