2017年11月17日 更新

ネイルシールの作り方5選!簡単な転写でサロン級デザイン!?

ネイルシール 作り方「オリジナルのデザインでネイルシールを作りたい」「ネイルシールの作り方が知りたい」と思ったことはありませんか?

細かい作業が苦手でも、凝ったデザインが苦手でもネイルシールは貼るだけで簡単に本格ネイルが完成できちゃう魅力的なアイテムですよね。

でも、ネイルシールでお気に入りのデザインが見つからなかったり、イベントのためだけにネイルサロンでアートしてもらうのもお金がかかるもの。

今回はそんな方におすすめの自宅でできる簡単「ネイルシールの作り方」をご紹介します。

1.ネイルシールの魅力

ネイルシール 作り方 イベント
ネイルシールはメイクやファッションと共に個性を発揮できるアイテムの1つと言っても過言ではありません。

ネイルシールを貼るだけで本格的なネイルアートが完成し、セルフネイルを格上げできるのは嬉しいことですよね。

ではネイルシールの使い方をご紹介する前に、ネイルシールの魅力を4つお伝えします。

①その日だけのネイルデザインを楽しめる

ネイルシールは、簡単に貼ったり剥がしたりできるので、その日だけのネイルデザインを楽しめて、ネイルチェンジも思いのままです。

ネイルシールを手作りすれば、スポーツ観戦や季節のイベント、トレンド感などをいつでも楽しむことができます。

また、好きなペットの写真やイニシャル、イラストなどをネイルシールにするのもおすすめです。

②コストパフォーマンスも魅力的

ネイルシールの材料は、ハガキサイズの転写シートで600円ほどです。(商品によって異なります)

マスキングテープや両面テープ、クッキングシートなどがあればコストをかけず節約しながらネイルシールを楽しめます。

ネイルシール自体は、スマートフォンの半分くらいのサイズで1シート200円〜1,000円ほどが相場なので、数種類集めると意外とコストがかかりがちです。

しかし、自作すれば全てをお気に入りのデザインにすることができる上、コストパフォーマンスの面から見ても魅力的でしょう。

③利き手のデザインも簡単に仕上がる

利き手のデザインは細かいアートや文字、イラストなどを描くのは難しく、時間もかかるものです。

ネイルシールは、そのような悩みも解決してくれる頼もしい味方になります。

④貼るだけでクオリティの高いアートが完成する

ネイルシールは1色塗りのマニキュアや普段しているジェルネイルに貼るだけで、クオリティの高いネイルデザインが完成します。

また、ラップタイプのネイルシールなら、印象をガラリと変えてTPOに合わせたネイルを楽しむことができます。

2.ネイルシールの簡単な5つの作り方

ネイルシール 作り方 デザイン
セルフネイルを格上げする、自分だけのネイルシールの作り方をマスターすれば、ネイルがますます楽しくなること間違いなしです。

ここでは、不器用さんでも簡単に作れるネイルシールの作り方を5つご紹介します。

自分にとってぴったりの方法で、ネイルシールを作ってみましょう。