2017年7月21日 更新
【PR】

緊張でかく汗を防ぎたい・止めたい方必見!その方法とは

緊張 汗「緊張するといつも汗をかくから、人前に出るのが不安」、「緊張している時に汗を止めるにはどうしたら良いの?」と、お悩みではありませんか?

緊張すればするほど増えるような気がする汗…困りますよね。

そんな緊張による汗は、緊張をやわらげることで抑えることが期待できるのではないでしょうか。

今回は、緊張による汗について詳しくご紹介します。

汗を防いでさらさらキープ!
制汗剤『プレミアムデオヴィサージュ』はこちら>>>






デオヴィサージュ

◆肌らぶ セレクション◆

【PR】
プレミアムデオヴィサージュ(医薬部外品)
デオヴィサージュ 緊張 汗

気になる脇や足、顔の汗まで抑える制汗剤『プレミアムデオヴィサージュ』です。
制汗成分「フェノールスルホン酸亜鉛」を配合。
ウォータープルーフタイプだから、汗を抑えてべたつきにくく、さらさらキープ!
さらにミントの香りが爽やかさを演出してくれます。
定期コースをお申込みで、初回限定3,980円(税抜)送料無料でお届け!
プレミアムデオヴィサージュで脇汗対策して、爽やかに過ごしませんか?

公式HPはこちら(大) 緊張 汗

1.緊張でかく汗を防ぐ方法

緊張によってかく汗であれば、緊張をほぐすことで緩和されることが期待できます。

そのため、普段から緊張しにくい、緊張に負けない心を作ることが大切です。

1-1.平常心を保つことができる言葉や考え方を見つける

緊張して汗をかくということは精神的なものが関係していると考えられますよね。

それであれば、自分の精神状態が落ち着くような言葉や、心の支えとなる考え方を見つけるのも大切なことではないでしょうか。

例えば、一例として「身体が準備をしている」と考えてみるのはどうでしょう。

緊張して汗が出てきたとき、頭が真っ白になってしまったとき、その緊張する物事や人物に対して、身体がしっかり対応する準備を始めたと考えてみるということです。

そう簡単ではないかもしれませんが、それなら汗が出てきても、「いいぞ、準備しているな」と思い、緊張がほぐれるかもしれません。

これは、あくまで一例であるため、自分にピッタリ合う言葉や格言、心の支えとなる考え方などを見つけてみてくださいね。

1-2.汗をかいた時の備えをする

緊張 汗

汗をかいても良いように、汗をかいた時のことを見越して、身の回りの備えをしましょう。

緊張で汗をかく人の多くは、汗をかくことへ恐怖心を抱いていることが少なくありません。

そして、緊張による汗は、焦れば焦るほど止まりにくくなると言われています。

しかし、備えをしておくことで、「これ以上汗をかくと、服に汗ジミができるかも…」などの、焦る気持ちもやわらぐのではないでしょうか。

〈部位別 汗をかいた時の備え〉

顔、ひたい
汗をかいてもすぐに拭き取れるよう、吸水性の良いハンカチを常備すると良いでしょう。

また、女性はメイクが崩れないよう、化粧下地やメイク方法を工夫してみるのもおすすめです。

首~体
汗をしっかり吸い取り、乾きやすいとされているインナーがおすすめです。

ワキ
服に汗のシミを作るのを防ぐ商品に、服のワキ部分に貼るパットがあります。汗ジミやニオイを防ぐことが期待できます。

1-3.イメージトレーニングをする

緊張 汗

イメージトレーニングは、スポーツ選手も取り入れていると言われていますよね。

イメージトレーニングによって、自分が成功していることなどの良いイメージをすることで、ここぞという場面で冷静に対処する力が身につくかもしれません。

それによって自信がつけば、大切な場面での緊張をやわらげることにも繋がるでしょう。

〈イメージトレーニングのポイント〉

(1)集中できる環境を整える
リラックスできる静かな環境で行いましょう。呼吸はゆっくりとした腹式呼吸で整えます。

(2)成功したイメージをする
「成功している自分のイメージ」をしてください。ふだん緊張するような場面を思い浮かべ、そんな中でも緊張せず、汗もかかず、堂々としている自分をイメージしてください。

(3)詳細にイメージする
可能な限り詳しく、細かくイメージします。緊張する場面で、自分はどこにいて、周りにはどんな人がいて……と、詳細にイメージするのがポイントです。

(4)感情をイメージする
さほど緊張せず、汗もあまりかいていない自分が、どんな感情になるのかをイメージしてみましょう。

誇らしいか、ホッとしているか、その感情は人それぞれですが、よりリアルにイメージすることで、自信につながることが期待できます。

2.緊張でかいた汗を止めたい!その方法とは

ここでは、緊張している場面で汗をかいてしまった時にこっそりできる、汗を止める方法についてご紹介します。

2-1.マッサージをする

緊張を抑えるために、マッサージを取り入れてみましょうてみましょう。

緊張を抑えるためのプッシュポイントは体中にあるとされていますが、どんな場面でも押しやすい、手のプッシュポイントをご紹介します。

●手首

緊張 汗手首の関節の、小指寄りの端部分です。不安な気持ちを落ち着かせてくれると言われています。

2-2.腹式呼吸をする

腹式呼吸は、心身をリラックスした状態に導いてくれます。

腹式呼吸は、意識的に息を吐くことが重要だとされているため、鼻から息を吸ったら、時間をかけてゆっくりと鼻から吐きましょう。

この時、お腹をふくらませるように鼻から息を吸い、お腹をへこませるようにして鼻から息を吐くイメージで呼吸をしてみてください。
緊張 汗

2-3.心を落ち着ける

緊張による汗への対処は、心を落ち着けることが大切です。

しかしながら、緊張はそう簡単にほぐれるものではありませんよね。

無理に緊張をほぐそうとする必要はありませんので、汗が出てきたら焦らず、これからご紹介することを試してみてください。

●緊張している自分を認める
緊張していると感じたら、素直に「今、緊張している」と認めてみましょう。

緊張している自分に、「落ち着け」「緊張するな」と言い聞かせても、焦るばかりかもしれません。

「この状況は緊張しても仕方ない」と、緊張している自分を客観視することで、気持ちが楽になってくるでしょう。

●「緊張=悪」という意識を捨てる

緊張 汗
「緊張は自分をダメにする悪」と思っていたら、その意識は捨てた方が良いでしょう。

緊張は誰でもするものですし、実はなくてはならないものだと言われています。

適度な緊張は、本来持っている能力を引き出してくれますし、他人が見て分かるほどの緊張は、「生真面目さ」「本気さ」「人間らしさ」をアピールすることができます。

緊張することは、決して恥ずかしいことではありませんし、悪いことばかりではありませんので、緊張している自分を否定するようなことはやめましょう。

●気持ちが楽になる言葉を唱える
1で紹介したように、自分の気持ちが落ち着く言葉や考え方を唱えてみましょう。

3.緊張で汗をかくのは普通

緊張 汗緊張で汗をかくことは、決して異常なことではありません。

好きな人とのデートで緊張すれば、手をつなぐのが恥ずかしいほど手に汗をかくこともあります。

昔から「手に汗握る」という表現もありますよね。

また、失敗のできない作業や場面に集中していると、ワキの下部分が汗でシミになるのも、経験している方は少なくないのではないでしょうか

このように、誰でも緊張で汗をかくものなので、緊張で汗をかくことを嫌だと思ったり、自分はおかしいと心配しすぎる必要はないと言えるでしょう。

4.まとめ

緊張で出る汗についてご紹介しましたがいかがでしたか?

緊張で汗をかくこと自体は、いたって普通の生理現象だと受け入ることで、気持ちが少しラクになるのではないでしょうか。

汗を防いでさらさらキープ!
制汗剤『プレミアムデオヴィサージュ』はこちら>>>


デオヴィサージュ