2018年9月20日 更新

ヴィセのコンシーラー2種レビュー【CC&パーフェクト】違いも解説

ヴィセ コンシーラー 使い方 スティック CC 色 1プチプラながら実力派のコスメが多くそろうヴィセ。
華やかな見た目のリップやアイシャドウ、アイライナーなどのポイントメイクに注目しがちですが、実はベースメイクアイテムのラインナップも豊富なのをご存じですか?

そこで今回は、縁の下の力持ちとも言えるコンシーラーをピックアップ!
2種類全4色の色味や、実際に使ってみたレビューをご紹介します。

使用感や仕上がりなどが気になっていた方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。




1.ヴィセ CC コンシーラー

ヴィセ コンシーラー 使い方 スティック CC 色 1ヴィセのコンシーラーは、スポンジヘッドが印象的な「CC コンシーラー」と、スティックタイプの「パーフェクト コンシーラー」の2種類展開。それぞれ2色のカラーバリエーションとなっています。

まずはじめに「CC コンシーラー」、続いて「パーフェクト コンシーラー」のレビューをご紹介していきます!

ヴィセ CC コンシーラー|製品情報

■ヴィセ CC コンシーラー
ヴィセ コンシーラー 使い方 CC 色 2ヴィセ CC コンシーラー価格:全2色 各1,300円(税抜)編集部調べ

ポンポンたたくだけで簡単になじみ、ニキビ跡・シミ・クマをなかったことに見せるCC(complete correction)コンシーラー。
弾力があり、肌あたりのよい真ん丸スポンジヘッドで、簡単にポンポンと気になる部分をカバーすることができます。
ヴィセ CC コンシーラー

【色について】CC コンシーラー|レビュー

「パーフェクト コンシーラー」と同様、2色展開となっています。スウォッチはこちら。
ヴィセ CCコンシーラー 使い方 色 5色味はこの後にご紹介する「パーフェクト コンシーラー」よりもやや暗めに感じました。

【使い方&使用感】CC コンシーラー|レビュー

今回は、手の甲で試した様子をご紹介します。
ヴィセ コンシーラー 使い方 CC 色 1ノックボタンなどはなく、スポンジ部分を直接肌にあてることでコンシーラーの液が出てくる仕組みです。
開封したてだとコンシーラーがスポンジになじんでいないので、ティッシュや手の甲にポンポンと数回あててから使いましょう。
ヴィセ コンシーラー 使い方 CC 色 3カバーしたい部分にポンポンとするだけなので簡単!塗布からぼかしまで1本でできるので、コンシーラー初心者の方でも難なく使いこなせそうです。

今回は、手の甲にブラウンのリキッドアイライナーで点を描いてみました。この上にCC コンシーラーを使ってみます。
ヴィセ コンシーラー 使い方 CC 色 6肌の上を滑らせるのではなく、スポンジ部分を肌に「ポンポン」と軽くあてるような感じで使うのがきれいにのせるコツです!
ヴィセ コンシーラー 使い方 CC 色 4カバー力は比較的ナチュラル。
CC コンシーラーのみでもある程度隠れましたが、その上にパウダーファンデーションを重ねてみると自然さとカバー力がUP!

あまり濃くないシミやそばかす、ちょっとした色むらなどはCC コンシーラーだけ(もしくはその上にフェイスパウダー)でもカモフラージュできそうですが、目立つ肌悩みはファンデーションも併用するとよさそうです。

ヴィセ コンシーラー 使い方 CC 色 2また、そのような場合には次にご紹介するスティックコンシーラーもおすすめです。ぜひ引き続きレビューをご覧ください!

★2種類の比較は第3章でご紹介します。
ヴィセ CC コンシーラー

2.ヴィセ パーフェクト コンシーラー

続いてご紹介するのは、スティックタイプの「パーフェクト コンシーラー」です!

ヴィセ パーフェクト コンシーラー|製品情報

■ヴィセ パーフェクト コンシーラー
ヴィセ パーフェクト コンシーラーヴィセ パーフェクト コンシーラー価格:全2色 各1,000円(税抜)編集部調べ
SPF30 PA++

薄膜で自然な仕上がりながら、ニキビ跡・クマ・色むらをしっかりカバーするスティックタイプのコンシーラー。
なめらかでクリーミィなタッチで肌にピタッと密着します。SPF30 PA++なので、紫外線対策も◎
ヴィセ パーフェクト コンシーラー

【色について】パーフェクト コンシーラー|レビュー

先ほどと同様2色のバリエーション。スウォッチはこちらです。

ヴィセ コンシーラー 使い方 スティック 色 1色番号も「CC コンシーラー」と同じ「01」「02」ですが、こちらの方が全体的にやや明るめの色味になっています。それぞれ色味が微妙に異なるので、購入前にはしっかり確認することをおすすめします!

【使い方&使用感】パーフェクト コンシーラー|レビュー

繰り出し式のスリムなスティックコンシーラーです。
ヴィセ コンシーラー 使い方 スティック 色 1今回は、いちばん気になる口周りのニキビ跡に使ってみた様子をレポートします!
Before(日焼け止め下地のみ)はこちら。
ヴィセ パーフェクトコンシーラー 使い方 色 beforeぽつぽつと目立つニキビ跡や色むらが気になります…。さっそく使ってみます。

※ファンデーションの色は普段明るめ~標準色を使用しているため、今回は 01を選びました。

まず、コンシーラースティックをカバーしたい部分に直接のせます。硬めのテクスチャーを想像していましたが、肌にのせた瞬間のするっととろけるようなやわらかさに驚き!

ヴィセ コンシーラー 使い方 スティック 色 1指の腹やコンシーラーブラシを使って丁寧になじませます。擦るのではなく、トントンとやさしくたたき込むようなイメージでなじませるのがポイント。

なじませ終わった後の様子がこちら!
ヴィセ コンシーラー 使い方 CC 色 なじませ後赤みがだいぶましになったように見えます。がっつりカバーしたというよりは、ふんわりぼかしたような仕上がりです。
さらにその後、パウダーファンデーションを重ねて完成!
ヴィセ コンシーラー 使い方 CC 色 after赤みや色むらがカモフラージュされ、全体的に均一な印象に近づいたのではないでしょうか?
色味を比べられるように、Before・Afterを並べてみました。
ヴィセ コンシーラー 使い方 スティック 色 1口の上にあるいちばん目立つニキビ跡はうっすら残っていますが、それでもかなり目立たなくなりました。
また、口角の下あたりの赤みもきれいにカバーできているのがわかるかと思います。
ヴィセ コンシーラー 使い方 スティック 色 1ニキビ跡だけでなく、シミやそばかすも同様の方法でお使いいただけます。
また、SPF30 PA++の日焼け止め機能がついているのはこちらの「パーフェクト コンシーラー」のみ。紫外線対策に力を入れている方にもおすすめです。
ヴィセ パーフェクト コンシーラー

【+αのワンポイントアドバイス】パーフェクト コンシーラー

今回はスティックを肌に直接あてましたが、そのままだと量を調節しづらいときや薄めにのせたいときは、コンシーラーブラシに取ってから使うのもおすすめです。
マキアージュ スティックコンシーラーコンシーラーブラシは、適量を取りたいときはもちろん、その後のぼかしにも活躍してくれる優れものです。
普段は使わないという方も、ぜひ1本常備しておいてはいかがでしょうか。

3.CC?パーフェクト?違いまとめ

ヴィセのコンシーラー2種類について、それぞれのレビューはいかがでしたでしょうか。
結局どちらを選べばいいの?どう使い分ければいいの?とお悩みの方へ、それぞれの特徴を表にまとめてみました。
ヴィセ CCコンシーラー 使い方 色 比較どちらも比較的自然な仕上がりですが、そのぶん使い方によって好みの仕上がりに調節しやすいと感じました。
コンシーラー初心者の方にもおすすめです!今回のレビューも参考にしていただき、ぜひ試してみてくださいね。
ヴィセ コンシーラー 使い方 スティック CC 色 1定番のスティックコンシーラー、見た目も印象的なCC コンシーラー。
2種類から選べるヴィセのコンシーラーで、ベースメイクの仕上がりに差をつけましょう♡
ヴィセ CC コンシーラー

関連記事

【ヴィセ】カラーインパクトリキッドライナー全色レビュー【カラーアイライナー】
ヴィセのアイブロウでおしゃ眉に!パウダーからペンシルまでレビュー
【スティック&リキッド】マキアージュのコンシーラー全色レビュー
【青・黒・茶】クマ隠しならコンシーラー!おすすめと使い方をご紹介
頑固な青クマの強い味方!オレンジコンシーラーおすすめ10選
【1,500円(税抜)以下】プチプラコンシーラー19選♡
【徹底解説】部分別コンシーラーの使い方・順番・選び方