2017年11月14日 更新

結婚式お呼ばれネイルのマナーとネイルデザイン70選 ♡

結婚式 お呼ばれ ネイル友人からの連絡で結婚式にお呼ばれ!

「結婚式お呼ばれネイルのデザインはどんなデザインが好ましいの?」
「結婚式にお呼ばれした時のネイルマナーがわからない…」
とお困りではありませんか?

今回は結婚式にお呼ばれした時のネイルマナーと、ネイルの種類をシーン別にご紹介します。
また普段はネイルサロンを利用しないセルフネイル派の方に、おすすめのセルフネイルの方法もあわせてご紹介します。

大好きなあの子の人生で一度の結婚式。
そんな最高な日に、きれいなネイルであの子の式に花を添えたい!
そんな女性必見です!




1.結婚式お呼ばれネイルのマナー

結婚式 お呼ばれ ネイル

結婚式にお呼ばれしたときに心掛けるべきネイルマナーは、清楚かつ清潔感のあるネイルデザインを選ぶということです。

あくまでも結婚式の主役は、花嫁です。
花嫁より目立つネイルは、他の参列者からの印象を悪くしてしまうことも。

ただ、挙式から参加するのか、披露宴からなのか、二次会からなのかによって、ネイルデザインの許容範囲も変わってきます。
次の章でシーン別に70種類のネイルデザインをご紹介しますので、参考にしてみてください。

■結婚式にお呼ばれしたときのNGネイル

・キャラクターがついているもの
・色が派手なものや、ダークカラーのもの
・ラインストーンがつきすぎているもの
・爪自体が長すぎるもの

また、親族は結婚式に「招待された側」ではなく「招待した側」になりますので、基本的にはネイルはしないのがベターですが、近年はネイルをしないのも清潔感がないなどの意見もあるようなので、シンプルなフレンチネイルなどがおすすめです。

2.結婚式お呼ばれネイル70選

ここでは「挙式」「披露宴」「二次会」の3つのシーン別に、おすすめネイルをご紹介していきます。