メニューを開く

ブリーチとは!髪の毛が明るくなる仕組み×メリット×デメリット

ブリーチとは「ブリーチとは何だろう?」と思ったことはありますか?
ヘアサロンやヘアカタログなどで、一度は聞いたり目にしたりすることがありますよね。

ブリーチとは、髪の毛を脱色することです。
ヘアカラー剤を使用する前にブリーチをすることで、外国人のような明るい色や、赤や緑などのハッキリした色に染めることができますよ♪

では、具体的にブリーチとはどんな仕組みや魅力があるのでしょうか?
今回は「ブリーチとは」「ブリーチの仕組み」「ブリーチのメリット・デメリット」について徹底解説します!

ブリーチの仕組みを知って、いろいろなヘアスタイルを楽しみましょう♡


astalift
astalift

1. ブリーチとは

ブリーチとはブリーチとは冒頭でお答えしたように、髪の毛の色素を抜く、すなわち脱色のことです。
ブリーチ剤を使用して髪の毛の色素を抜くことで、髪の毛が明るくなります。

「じゃあ普通のヘアカラーと何が違うの?」と疑問を感じる方も多いでしょう。

ブリーチが色素を抜くことに対し、ヘアカラーは色素を入れることを指します。
また、ヘアカラーだけでは、もともとの髪の毛の色が暗ければ暗いほど、明るい色で染めてもブリーチほどには明るくなりません。

絵の具で例えると、黒や茶色に黄色を混ぜたときと、白に黄色を混ぜた場合を想像し、比較してみてください。
どちらが綺麗に黄色を引き出せるかは一目瞭然ですよね。

ブリーチとは

そのため、ヘアカラーだけでは出せなかった髪の毛の色味が、ブリーチによって明るくすることで赤や青などの鮮やかな色味も出すことができます。

2. ブリーチの仕組み

ブリーチとはブリーチとは何か分かったところで、ブリーチの仕組みについてお答えします。

ブリーチで使用するブリーチ剤とは、1剤のアルカリ剤2剤の過酸化水素水を混ぜ合わせてから、カラーと同様に髪の毛に塗布していきます。

1剤のアルカリ剤によって、髪の毛の外側にあるキューティクルを開かせます。
そうすることで薬剤を浸透しやすくします。

また、1剤で2剤の過酸化水素水を分解し酸素を発生させ、発生した酸素が、髪の毛の色を出しているメラニン色素を分解することで、髪の毛を脱色します。

メラニン色素にはユーメラニンフェオメラニンの2種類があり、それぞれ配合のバランスによって髪の毛の色が決まります。

そしてブリーチをすることで、まず黒色~茶褐色を出しているユーメラニンが先に分解され、徐々に赤褐色~黄色を出すフェオメラニンが分解されていきます。
ブリーチとはそのため、ブリーチの放置時間や回数により「黒→茶褐色→赤褐色→オレンジ→黄色→白に近い色味」と、だんだんと明るくなってきます。
髪の毛の色が抜けるほど、カラーリング剤を塗布したときにキレイに色が入りやすくなるのです。

3. ブリーチのメリット・デメリット

ブリーチとは「ブリーチをして髪の毛を明るくしたい」「ブリーチをして髪の毛をピンクや緑にしたい」と大幅なイメチェンを考えている方もいることでしょう。

ブリーチとカラー剤を組み合わせることで、希望通りの髪の毛の色に染めることができるので「どんな髪型にしよう!」とワクワクしますよね♪

しかし一方で、ブリーチは何から何まで叶えてくれる魔法のようなものではありません。
ブリーチには、理想の髪の毛の色を出すのと引き換えにデメリットがあるのです。

この章ではブリーチをもっと詳しく知ってもらうために、ブリーチのメリット・デメリットをご紹介します!

ブリーチのメリット

ブリーチとはブリーチは、日本人の毛質では出せないような色を引き出してくれるため、新たな自分を発見することができます♡
ここでは、ブリーチのメリットを3つご紹介します。

①明るいヘアカラーにできる

ブリーチとはブリーチは、1回だけでもヘアカラー以上に明るくすることができます。

ヘアカラーですと、黒髪の毛の状態からヘアカラー最大の明るさにするためには、数回のヘアカラーを重ねて繰り返さなければ明るくなりません。

しかし、ブリーチでは1回でヘアカラー最大の明るさ以上に明るくすることができます!

そのため「黒髪からすぐに明るくしたい」「ヘアカラー以上に明るくしたい」という方に向いていますよ♪

②カラー剤の色がキレイに入る

ブリーチとはブリーチ後は、カラー剤の色がキレイに入ります。

ブリーチでヘアカラー以上に明るくすることで、その後に使用するカラー剤本来の色が髪の毛に入りやすくなります。

ブリーチをかける回数を重ねて髪の毛が明るくなるほど、発色の良いキレイな色を引き出すことができますよ♪

③ヘアカラーの幅が広がる

ブリーチとはブリーチをすることで、楽しみたいヘアカラーの幅が広がります。

ブリーチは髪の毛を明るくしてからヘアカラーを入れるため、ヘアカラーだけでは出せない色にすることができます。

ミルクティーのような茶色だけでなく、カラフルなインクのようにハッキリした色味も楽しむことができますよ♪

ブリーチのデメリット

ブリーチとはブリーチには、髪の毛の負担や手間がかかるなどのデメリットもあります。
ブリーチを行う前に、しっかりと把握しておきましょう。
ここでは、ブリーチのデメリットを5つご紹介します!

①髪の毛が傷む

ブリーチによって髪の毛は傷みやすくなります。

ブリーチ剤で使用する過酸化水素水は、髪の毛の成分であるタンパク質と、髪の毛の栄養を保つためフタの役割をするキューティクルを傷つけてしまいます。
そのため、髪の毛にとって必要な栄養を保てなくなり、髪の毛が傷みやすくなります。

ブリーチを数回繰り返した髪の毛は、パサパサし、ひどくなるとゴムのように伸び縮みしてしまいます。

髪の毛の傷みが気になるようであれば、サロンでブリーチ後のトリートメントを頼みましょう。

②頭皮を傷つけることがある

ブリーチは、髪の毛だけでなく頭皮までも傷ませてしまうことがあります。

サロンではブリーチを頭皮から少し離して塗布してくれますが、だからと言って根元だけ暗いままにはいかないため、頭皮に付くこともあります。

ブリーチは強い薬剤ですので、頭皮に付くことで毛穴に付着し、新しく生えてくる毛に影響を及ぼす可能性があります。

ブリーチ剤にも種類があるため、肌が敏感に傾きやすい方は、美容師の方にその旨を伝えましょう。

③ヘアカラーが抜けるのが早い

ブリーチを行うことによって、ヘアカラーが抜けやすくなってしまいます。

ブリーチをすると髪の毛のメラニン色素を分解するため、髪の毛の内部がスカスカの状態になってしまいます。
そのため、ヘアカラー直後は綺麗に染まるものの、髪の毛がカラー剤に密着しきれない状態になっているため、ヘアカラーが抜けやすくなってしまいます。

できるだけヘアカラー後にヘアカラー用シャンプーを使用して、少しでも長く色が抜けないように心掛けましょう。

④パーマ・縮毛矯正がかかりにくい

ブリーチを行うことで、パーマ・縮毛矯正がかかりにくくなります。

ブリーチは[③ヘアカラーが抜けるのが早い]でお伝えしたように、髪の毛の内部がスカスカの状態になってしまいます。
そのため、パーマや縮毛矯正の薬剤を浸透させても、落ちやすくなってしまうのです。

無理してパーマや縮毛矯正を行ってしまうと、更に髪の毛へダメージを与え、チリチリして広がってしまいます。

どうしてもブリーチの後にパーマや縮毛矯正を掛けたい場合は、美容師さんに相談し、髪の毛にかかる負担が最小限になる薬剤で対応してもらいましょう。
(髪の毛質やダメージ具合によって、断られてしまうこともあります。)

⑤コストがかかる

ブリーチは、ヘアカラーとは別にコストがかかるため、金額が高くなります。
サロンや髪の毛の長さにもよりますが、ブリーチ1回で4,000円前後が相場です。

1回のブリーチでも明るくなりますが、淡い色にしたいときは1回、ハッキリした色味にしたい場合は2~3回ほど繰り返した後にカラー剤を浸透させるため、よりコストがかかってしまいます。

サロンに合計金額を確認してから、予約するようにしましょう。

4. ブリーチとは<まとめ>

ブリーチとはブリーチとは、髪の毛にとって多少の負担がかかるものの、様々なヘアカラーの種類を楽しめるということがお分かりいただけましたか?

外人風の淡い栗色や赤茶、個性的なピンクや緑などのヘアカラーは、想像するだけで楽しくなりますよね。
また、ブリーチは髪の毛全体でなくてもハイライトや毛先など、部分的に入れることもできますよ♪

ヘアカラーを変えるだけで、似合わないと思い込んでいた洋服やメイクが似合うという発見もあるかもしれません!

ブリーチを上手に取り入れて、この秋はイメチェンをしてみてはいかがでしょうか♡

この記事は2016年11月18日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る