メニューを開く

ブリーチとは!髪の毛が明るくなる仕組み×メリット×デメリット

ブリーチとは「ブリーチとは何だろう?」と思ったことはありますか?
ヘアサロンやヘアカタログなどで、一度は聞いたり目にしたりしたことがありますよね。

ブリーチとは、髪の毛を脱色することです。
ヘアカラーを使用する前にブリーチをすることで、外国人のような発色の良い明るい色や、赤や緑などのハッキリした色に染めやすくなりますよ♪

では、具体的にブリーチとはどんな仕組みや魅力があるのでしょうか?
今回は「ブリーチとは」「ブリーチの仕組み」「ブリーチのメリット・デメリット」について解説します!

ブリーチの仕組みを知って、いろいろなヘアスタイルを楽しみましょう♡


1. ブリーチとは

ブリーチとはブリーチとは冒頭でお答えしたように、髪の毛の色素を抜く、すなわち脱色のことです。
ブリーチを使用して髪の毛の色素を抜くことで、髪の毛が明るくなります。

「じゃあ普通のヘアカラーと何が違うの?」と疑問を感じる方も多いでしょう。

ブリーチが色素を抜くことに対し、ヘアカラーは色素を入れることを指します。
また、ヘアカラーだけでは、もともとの髪の毛の色が暗ければ暗いほど、明るい色で染めてもブリーチしたときのような明るさにはなりにくいとされています。

絵の具で例えると、黒や茶色に黄色を混ぜたときと、白に黄色を混ぜた場合を想像し、比較してみてください。
どちらが綺麗に黄色を引き出せるかは一目瞭然ですよね。

ブリーチとは

そのため、ヘアカラーだけでは出せなかった髪の毛の色味が、ブリーチを使用した後には出しやすくなると言われているのです。

2. ブリーチの仕組み

ブリーチとはブリーチとは何か分かったところで、ブリーチの仕組みについてお答えします。

ブリーチは、1剤のアルカリ剤2剤の過酸化水素水を混ぜ合わせてから、カラーと同様に髪の毛に塗布していきます。

1剤のアルカリ剤は、髪の毛の外側にあるキューティクルを開かせる役割を果たすと言われています。

そして、1剤で2剤の過酸化水素水を分解し酸素を発生させ、発生した酸素が、髪の毛の色を出しているメラニン色素を分解することで、髪の毛の脱色ができるとされているのです。

メラニン色素にはユーメラニンフェオメラニンの2種類があり、それぞれの配合バランスによって髪の毛の色が決まると考えられています。

ブリーチをすることで、黒色~茶褐色を出しているユーメラニンが先に分解され、徐々に赤褐色~黄色を出すフェオメラニンが分解されていくのだと言われています。
ブリーチとはそのため、ブリーチの放置時間や回数により「黒→茶褐色→赤褐色→オレンジ→黄色→白に近い色味」と、だんだんと明るくなってきます。

こうして、髪の毛の色が抜けるとヘアカラーが入りやすくなるのです。

3. ブリーチのメリット・デメリット

ブリーチとは「ブリーチをして髪の毛を明るくしたい」「ブリーチで髪の毛の色を抜いてからピンクや緑の色を入れたい」と大幅なイメチェンを考えている方もいることでしょう。

ブリーチとヘアカラーを組み合わせることで、希望通りの髪の毛の色に染めやすくなると言われているため「どんな髪色にしよう!」とワクワクしますよね♪

しかし、ブリーチには、理想の髪色に染めやすくするために色を抜くことと引き換えに、デメリットもあるとされています。
ブリーチは何から何まで叶えてくれる魔法のようなものではないのです。

この章ではブリーチについてより知識を深めてもらえるように、ブリーチのメリット・デメリットをご紹介します!

ブリーチのメリット

ブリーチとはブリーチをすることで、日本人の毛質には入れにくいような色が入りやすくなるので、新たな自分を発見することができるかもしれません♡
ここでは、ブリーチの主なメリットを3つご紹介します。

①明るいヘアカラーにできる

ブリーチとはブリーチは、1回行うだけでも髪の毛の色をヘアカラーだけをしたとき以上に明るくすることができるとされています。

髪の毛が黒い状態からヘアカラーだけで最大の明るさを出そうとすると、数回の染める作業を繰り返さなければならないと言われています。

そのため「黒髪からすぐに明るい色に変えたい」「髪の毛の色をすごく明るくしたい」という方にブリーチは向いていますね♪

②カラー剤の色が入りやすい

ブリーチとはブリーチ後は、ヘアカラーの色が入りやすくなると言われています。

ブリーチでもともとの髪色を抜くことで、その後に使用するヘアカラー本来の色が髪の毛に入りやすくなるとされているのです。

そのため、ブリーチをかける回数を重ねて髪の毛が明るくなるほど、その後に入れるヘアカラーの発色が良くなることが期待できます♪

③ヘアカラーの幅が広がる

ブリーチとはブリーチをすることで、楽しみたいヘアカラーの幅が広がると言われています。

ブリーチで髪の毛を明るくしてから色を入れると、ヘアカラーだけでは出せない色味が出しやすくなるとされているのです。

カラフルなインクのようにハッキリした色味も楽しみやすくなりますよ♪

ブリーチのデメリット

ブリーチとはブリーチには、髪の毛の負担や手間がかかるなどのデメリットもあります。
ブリーチを行う前に、しっかりと把握しておきましょう。
ここでは、ブリーチのデメリットを5つご紹介します!

①髪の毛が傷みやすくなる

髪 傷み
ブリーチによって髪の毛は傷みやすくなると考えられています。

ブリーチは、髪の毛のタンパク質や髪の毛の栄養を保つためにフタの役割を果たすキューティクルを傷つけてしまうことがあるのです。

ブリーチを数回繰り返した髪の毛は、パサパサし、ひどくなるとゴムのように伸び縮みすることもあるとされています。

髪の毛の傷みが気になるようであれば、サロンでブリーチ後のトリートメントを頼んでみても良いでしょう。

②頭皮にダメージを与えてしまうことがある

髪 太く
ブリーチは、髪の毛だけでなく頭皮にダメージを与えてしまうこともあるとされています。

サロンではブリーチを頭皮から少し離して塗布してくれますが、だからと言って根元だけ暗いままにはいかないため、頭皮に付いてしまうことも…。

ブリーチにも種類があるため、自分の肌に合うものを選んでもらえるように、頭皮や髪について気になることがあれば、美容師にその旨を伝えましょう。

③ヘアカラーが抜けるのが早い

ヘアカラースプレー
ブリーチを繰り返し行うことによって、ヘアカラーが抜けやすくなってしまうことがあると言われています。

ブリーチは、髪の毛のメラニン色素を分解するため、髪の毛の内部がブリーチ後にスカスカの状態になるとされています。

そのため、ヘアカラー直後は思い通りの色に仕上がっていても、ヘアカラーが髪の毛に定着しにくい状態になることがあるそうです。

ヘアカラー後にはヘアカラー用シャンプーを使用するなど、少しでも長く色が残るように工夫してみましょう。

④パーマ・縮毛矯正がかかりにくい

眉毛 色
ブリーチを繰り返し行うことで、パーマ・縮毛矯正がかかりにくくなってしまうこともあるとされています。

ブリーチによって[③ヘアカラーが抜けるのが早い]でお伝えしたように、髪の毛の内部がスカスカの状態になることがあると考えられています。

そのため、パーマや縮毛矯正もどうしても落ちやすくなってしまうようです。

また、無理してパーマや縮毛矯正を行ってしまうと、髪の毛がチリチリになったり、広がったりしてしまうこともあると言われています。

どうしてもブリーチの後にパーマや縮毛矯正をかけたい場合は、美容師に相談しましょう。その際は、いつブリーチをかけたのかなど、その時点の髪の状態を詳しく説明することが大切です。
(髪の毛質やダメージ具合によって、断られてしまうこともあります。)

⑤コストがかかる

セサミン サプリ 選び方
ブリーチは、ヘアカラーよりはコストがかかると言われています。

ブリーチの価格は、サロンや髪の毛の長さによっても異なるので、ブリーチをかけるかどうか検討している方は何店舗か価格をチェックしてみましょう。

1回のブリーチでも髪の毛は明るくなりますが、淡い色に仕上げたいときは1回、ハッキリした色味に仕上げたいときは2~3回ほど繰り返したほうがその後のヘアカラーが入りやすくなるとされているため、よりコストがかかってしまう場合もあるのです。

サロンに合計金額を確認してから、予約するようにしましょう。

4. ブリーチとは<まとめ>

ブリーチとはブリーチとは、髪の毛にとって負担がかかりやすいものの、様々なヘアカラーの種類を楽しみやすくできることがお分かりいただけましたか?

外人風の淡い栗色や赤茶、個性的なピンクや緑などのヘアカラーは、想像するだけで楽しくなりますよね。

また、ブリーチは髪の毛全体でなくてもハイライトや毛先など、部分的に入れることもできますよ♪

ヘアカラーを変えるだけで、似合わないと思い込んでいた洋服やメイクが似合うという発見があるかもしれません!

ブリーチを上手に取り入れて、イメチェンをしてみてはいかがでしょうか♡

この記事は2017年4月3日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

※肌らぶ編集部 有資格者監修記事




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る