メニューを開く

ボディパウダーおすすめ10選♡サラサラ肌で女っぷりを上げる

ボディパウダー
「ふんわりいい香りがするボディパウダーがほしい!」
「どんなボディパウダーがあるのかな?」と迷っていませんか?

ボディケアの仕上げに肌にのせて使用するだけで、ほのかないい香りがするだけでなく、きめ細やかなサラサラ肌を演出してくれるボディパウダー。

女心をくすぐるステキな容器や香りのボディパウダーはたくさんあり過ぎて、何を選んだらよいか迷ってしまいますよね!

そこで、どのボディパウダーを選ぶか迷ってしまう方のために、ハイブランドのボディパウダーから手軽に試せるプチプラボディパウダーまで、おすすめのボディパウダー10選をご紹介します。

さらに、ふんわりサラサラ肌を演出してくれるボディパウダーの魅力もたっぷりご紹介します♡


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.ボディパウダー3つの魅力

ボディパウダー
はじめに、なぜボディパウダーが美意識の高い女性たちに選ばれているのか、ボディパウダーの持つ3つの魅力をご紹介していきます。

1‐1.肌をきれいに魅せる

ボディパウダーを肌にのせることで、肌の凹凸をフラットにし、きめ細やかで整った肌に演出してくれます。

さらに、パウダーが光を反射し、輝くような肌質に魅せてくれるので、毛穴などの気になる部分に使用するのがおすすめです。
パールやラメが入ったボディパウダーは、よりつややかな肌を演出してくれるでしょう。

1‐2.肌触りをサラサラにする

ボディパウダーを使用することで、汗や皮脂などでベタつきやすい肌も、肌触りをサラサラに保つことができます。

汗や皮脂で肌がベタつくだけで、暑苦しさや不快感が増してしまいます。
肌をサラサラに保てるように、ボディパウダーを上手に取り入れてみましょう。

1‐3.いい香りがふんわり漂う

穏やかな香りを楽しめるのもボディパウダーの魅力の一つです。
やわらかな香りは女性らしさと清潔感を演出してくれます。

香水が苦手な方や職場などであまり強い香りを使用できない方にもおすすめです。

2.ボディパウダーおすすめ10選♡

それでは、肌らぶ編集部がおすすめしたいボディパウダー10選をご紹介していきます。

今回は、憧れのハイブランドのボディパウダーから手軽に試せるプチプラボディパウダーまで、香りを楽しむことができる微香料のボディパウダーを選びました。

2‐1.フレグランスボディパウダー♡香り重視派におすすめ

まずは、香りを楽しみたい方におすすめのボディパウダーをご紹介します。

シャネル N◦5 ルースパウダー ボディパウダー 販売元:シャネル
価格:9,000円(税抜)
容量:145g
【肌らぶ編集部コメント】
シャネルN◦5の香りとともに、シルクのヴェールをまとうように肌を包み込む、ルースタイプのボディパウダーです。
ジャスミンとローズのフェミニンな香りがボディケアの時間を至福のひとときにしてくれます。
置いておくだけでも気持ちが高まる容器も魅力です。

シャネル 公式ページはこちら

アルビオン ジュイール パフュームド ボディパウダー ボディパウダー 販売元:アルビオン
価格:6,000円(税抜)
容量:28g
【肌らぶ編集部コメント】
香りで女性らしさに磨きをかけるような感覚に導くプレストタイプのフレグランスボディパウダーです。
きめ細やかな粒子が肌を柔らかく包み込むようになじみ、純白のシルクのような肌を演出します。
ジャスミン・ローズ・ライラックなどのフローラルで満たされた香りです。

アルビオン 公式ページはこちら

ポーラ サクラガーデン ボディパウダー ボディパウダー 販売元:ポーラ
価格:2,900円(税抜)
容量:30g
【肌らぶ編集部コメント】
大人の女性を感じさせるサクラの香りが魅力のプレストタイプのボディパウダーです。
プレストタイプなので携帯用としても持ち歩きやすく、外出先でも肌表面をサラサラに保ちたい方にピッタリです。

ポーラ 公式ページはこちら

ハウス オブ ローゼ ラ・ローゼ ボディパウダーRG ボディパウダー 販売元:ハウス オブ ローゼ
価格:2,500円(税抜)
容量:35g
【肌らぶ編集部コメント】
プレストタイプのボディパウダーで、肌表面をサラサラにしながらも、しっとりとした感触の肌に保ちます。
保湿成分「ダマスクバラ胎座培養エキス」、「ハイブリッドローズ花エキス」、「ローズヒップ油」などが配合されています。
朝露のローズガーデンを連想させる、深呼吸をしたくなるようなみずみずしいローズの香りが肌を包み込みます。

ハウス オブ ローゼ 公式ページはこちら

ジルスチュアート エンジェルボディパウダー ボディパウダー 販売元:ジルスチュアート
価格:2,000円(税抜)
容量:18g
【肌らぶ編集部コメント】
まるでヴェールをまとったような柔らかくきめ細やかな肌を演出するプレストタイプのボディパウダーです。
ジルスチュアートの魅力あふれる真っ白のかわいい容器が気分を高めてくれます。
スウィートコットンの香りがほのかに香ります。

ジルスチュアート 公式ページはこちら

ポール&ジョーボーテ ボディパウダー ボディパウダー 販売元:ポール&ジョーボーテ
価格:4,000円(税抜)
容量:28g
【肌らぶ編集部コメント】
プレゼントボックスのような容器にアンティークゴールドのリボンがついたふわふわのパフ、女性らしさを演出する甘い香りが魅力のフレグランスボディパウダーです。
しっとりとした感触のルースタイプのパウダーは肌に溶け込むようになじみ、なめらかな肌を演出します。

ポール&ジョーボーテ 公式ページはこちら

2‐2.ボディパウダーで日中の肌をきれいに魅せる♡お出かけ前におすすめ

次にパールやラメ、自然な色がついていて、日中の肌を美しく演出するおすすめのボディパウダーをご紹介します。

ディシラ リファイニング ボディーパウダー ボディパウダー 販売元:ディシラ
価格:4,500円(税抜)
容量:60g
【肌らぶ編集部コメント】
肌の色ムラや凹凸をなめらかに整え、シルクサテンのような肌に演出するルースタイプのボディパウダーです。
保湿成分「Sヒアルロン酸」が配合されています。
華やかなバラの香りと落ち着きのある香りが繊細にブレンドされています。

ディシラ 公式ページはこちら

資生堂 ベネフィーク ボディーパウダー ボディパウダー 販売元:資生堂
価格:4,000円(税抜)※肌らぶ編集部調べ
容量:45g
【肌らぶ編集部コメント】
粒子の細やかなラメ入りの3色パウダーが立体感のある肌を演出するビーンズタイプのボディパウダーです。
ピンクビーンズは血色感、ブルービーンズは透明感を演出し、ホワイトビーンズが肌色を整えることで、魅惑的なツヤ肌に魅せます。
フローラル系の安らぎ感あふれる香りです。

資生堂 公式ページはこちら

コスメデコルテ ドゥラヴィ エレガントヴェール ボディパウダーUV ボディパウダー 販売元:コスメデコルテ
価格:3,500円(税抜)
容量:15g
【肌らぶ編集部コメント】
ピンクのプレストタイプのパウダーが汗や皮脂によるべたつきを抑え、透明感のある肌を演出します。
SPF20/PA++で、日中の肌を紫外線から守ります。
アロマティックフローラルウッディの女性らしい香りです。

コスメデコルテ 公式ページはこちら

サラ ボディパフパウダープリズムパール ボディパウダー 販売元:カネボウ化粧品
価格:1,200円(税抜)
容量:40g
【肌らぶ編集部コメント】
肌に輝くような上品なツヤを演出する微粒子のパールが入ったルースタイプのボディパウダーです。
保湿成分「コラーゲン」が配合されています。
甘く華やかなスウィートローズの香りがやわらかに肌を包み込みます。

カネボウ化粧品 公式ページはこちら

3.ボディパウダー基本の使い方

ここでは、ボディパウダーの魅力を実感しやすい基本の使い方をご紹介します。
ボディパウダーを使用する際は、粉とびしないように容器を水平に持ってゆっくり開けるようにしましょう。
ボディパウダーを使うタイミングは、入浴後やボディケア後、外出前などがおすすめです。

① 肌の水気を抑えます。 ボディパウダー ② パフにパウダーをしっかり含ませます。 ボディパウダー ③ パフを二つに折るようにしてパフにパウダーを揉み込んでいきます。 ボディパウダー ④ パフを滑らせるようにしてパウダーをのせます。 ボディパウダー ⑤ べたつきを感じやすい部分には置くようにして重ね付けをします。 ボディパウダー ⑥ 手のひらでおさえるようにしてなじませます。 ボディパウダー

4.ボディパウダーおすすめ活用方法

ボディパウダー ボディパウダーはボディケアの仕上げとして使用している方が多いと思います。
しかし、ボディパウダーはまだ他にも活用できるのです!
ここでは、ボディケアの仕上げ以外におすすめしたいボディパウダーの活用方法を3つご紹介していきます。

4‐1.ボディパウダーを日焼け止めの後にのせる

日焼け止めを塗った後の肌にボディパウダーをのせると、肌触りをサラサラにしてくれるだけでなく、日焼け止めを落ちにくくする働きも期待できます。

また、日中用として使用するなら、SPF/PA表記のあるボディパウダーを使用するのもおすすめです。
べたつきがちな日焼け止め塗布後の肌触りをサラサラにして、気持ちよく外出しましょう!

4‐2.ボディパウダーを外出先でのせる

外出先でメイク直しをするタイミングで、デコルテや腕などにボディパウダーをのせるようにすると良いでしょう。

サラサラ肌を保つことも期待できます。
また、外出したてのような清潔感あふれる肌を演出します。

4‐3.ボディパウダーをストッキングを履く前にのせる

夏場や湿度が高い日は、ストッキングを履く前に軽く足元にボディパウダーをのせておくと滑りが良くなり、ストッキングが履きやすくなります。

また、足元は汗が出やすくむれてしまいがちですが、ボディパウダーをつけておくとサラサラに保ちやすくなるのでおすすめです。

5.まとめ

いかがでしたか?
ボディパウダーは肌を美しく演出してくれたり、いい香りをふんわりまとうことができたり、いつもきれいでいたい女性の味方となるアイテムです!

ボディパウダーを上手に取り入れて、ワンランク上の清潔感あふれる女性を目指しましょう♡

この記事は2016年11月1日時点での情報になります。

また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

Pocket
LINEで送る

みんなが読んでいるオススメ記事