メニューを開く
2017年8月31日 更新

セラミド配合乳液おすすめはこれ!しっかり保湿でうるおう肌に♡

乳液セラミド近年、スキンケアアイテムの保湿成分として一般的になりつつある「セラミド」。

「スキンケアアイテムにセラミドを取り入れたい!でもどんなものを選んだらいいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか?

そんなときに肌らぶ編集部からおすすめしたいアイテムのひとつが、セラミド配合の乳液です。

そこで今回は、セラミドが配合された乳液の選び方や、おすすめのセラミド乳液などをご紹介します!




◆肌らぶ セレクション◆

ETVOS(エトヴォス)モイスチャライジングセラム
エトヴォス モイスチャライジングセラム販売会社:株式会社エトヴォス
容量:50ml
価格:4,000円(税抜)

5種類のヒト型セラミド*(保湿成分)を配合、美容液と乳液の2役を兼ねた保湿美容液です。
セラミドに加え、ヒアルロン酸やアミノ酸、ホホバオイルなどの保湿成分も配合。ヒト型セラミドとともに肌にうるおいを補うことで、乾燥しやすい肌をすこやかに保ちます。
*セラミド1・セラミド2・セラミド3・セラミド5・セラミド6Ⅱ

公式HPはこちら

1.セラミドとは?

セラミドセラミドとは、肌の角質層のうるおいを保つために、NMF(天然保湿因子)と並んでスキンケアアイテムによく配合される保湿成分のひとつです。

化粧品に配合されるセラミドには、大きく分けて「ヒト型セラミド」「非ヒト型セラミド」「擬似セラミド」という3種類に分類することができます。

①ヒト型セラミド

ヒト型セラミドは主に酵母から生成され、名前からも分かるように人間の角質層に存在するセラミドと同じ構造を持っているといわれています。

化粧品の成分表示では「セラミド1」「セラミドNS」など、セラミドの語尾に数字やアルファベットがついて表記されることが特徴です。

番号やアルファベットによってセラミドの構造や働きは異なりますが、そのなかでも、保湿成分としてよく着目されるのはセラミド1、セラミド2、セラミド3のようです。

②非ヒト型セラミド

非ヒト型セラミドとは、馬や豚などの動物や、小麦や米などの植物から抽出される成分のことです。

一般的に、動物由来のセラミドのことを「天然セラミド(動物性セラミド)」、植物由来のセラミドのことを「植物性セラミド」と呼びます。

ヒト型セラミドの構造に近いとされています。

化粧品の成分表示では、「ウマスフィンゴ脂質」「コメヌカスフィンゴ脂質」「セレブロシド」「ビオセラミド」「グルコシルセラミド」などと表記されています。

③擬似セラミド

擬似セラミドとは、化学合成したセラミドに似た構造の保湿成分のことです。

そのため、実際にはセラミドではありませんが、セラミドの特色を持っているとされています。

ただし、化粧品の成分表示では“セラミド”とは表記されず、化学物質名で表記されています。

大量生産が可能なため、比較的低コストで化粧品に配合できることが特徴だといわれています。

2.セラミド乳液の選び方

プチプラ 乳液セラミドの特徴や種類についてお話しましたが、実際にセラミド乳液を選ぶ際には、どのように選べばよいのでしょうか。

ここでは、セラミド乳液を選ぶうえで大切な3つのポイントをお伝えします。

①全成分表示を確認する

セラミド乳液を選ぶときに、製品の全成分表示を確認し、どのような種類のセラミドが配合されているかを把握しておきましょう。

また、成分表示の順番にも着目してみましょう。成分表示は配合量の多いものから順番に記載されているため、全成分のなかでセラミドが上の方に記載されていれば、比較的多く配合されているという目安にもなります。

逆に、セラミドが末尾の方に記載されている場合、ごく少量しか配合されていない可能性があるので、確認してみることをおすすめします。

②セラミド以外の保湿成分も配合されているものを選ぶ

セラミドだけでなく、うるおいをサポートするセラミド以外の保湿成分も配合されている乳液を選びましょう。

セラミド以外におすすめしたい保湿成分には、以下のようなものがあります。

【主な保湿成分】
ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、アミノ酸、トレハロース、グリセリン ほか

③使い続けられる価格のものを選ぶ

セラミド乳液は、無理なく使い続けられる価格のものを選ぶようにしましょう。

どれだけ高価なセラミド乳液でも、もったいないからといって少量ずつしか使用しなかったり、たまにしか使用しなかったりするのでは、その魅力を実感しにくいでしょう。

セラミド乳液含めスキンケアアイテムは、基本的には継続して使用することで魅力を実感することができるといわれています。

また、製品ごとに目安の使用量もあり、少量しか使用しなければ望むような結果が得られない可能性もあります。

無理なく続けられる価格のもののなかから、自分の肌にあうセラミド乳液を探してみましょう。

3.肌らぶ編集部おすすめセラミド乳液

それでは早速、肌らぶ編集部がおすすめしたいセラミド乳液をご紹介します!

今回は、インターネットで購入可能かつヒト型セラミド(保湿成分)を配合しているセラミド乳液のなかから選んでいます。

家にいながら気軽にショッピングできるので、気になるものがあったらチェックしてみてくださいね!

JULLANTS(ジュランツ)セラリッチミルク

ジュランツ セラリッチミルク販売会社:株式会社Dr.高須英津子コスメ
容量:50ml
価格:18,000円(税抜)

セラミド2をはじめ、セラミドAP・セラミドEOPなどのヒト型セラミド(保湿成分)を配合した美容乳液です。
なめらかなテクスチャーですっきりと肌になじみ、角質層に浸透して肌にうるおいを与えます。

公式HPはこちら

NOVⅢ(ノブⅢ)ミルキィローション【医薬部外品】

ノブ Ⅲ ミルキィローション【医薬部外品】販売会社:常盤薬品工業株式会社
容量:80ml
価格:4,000円(税抜)

スクワラン・アミノ酸・セラミド3などの保湿成分を配合したスキンケアシリーズ「ノブⅢ」の乳液です。
べたつかずさらっとした使い心地で、角質層の水分を保持し、うるおいが続くすこやかな肌に整えます。

公式HPはこちら

コラージュ B.K.AGE(ビーケーエイジ) モイスチャーミルク【医薬部外品】

コラージュ B.K.AGE(ビーケーエイジ) モイスチャーミルク【医薬部外品】販売会社:持田ヘルスケア株式会社
容量:80ml
価格:3,315円(税抜)

肌にうるおいを与え、乾燥や肌荒れを防ぐ薬用保湿乳液です。
ヒト型セラミド(セラミド2)・植物性セラミド(コメヌカスフィンゴ糖脂質)(いずれも保湿成分)を配合。乾燥による小じわを目立たなくします*。
*効能評価試験済み

公式HPはこちら

小林製薬 ヒフミド エッセンスミルク(保湿乳液)

小林製薬 ヒフミド エッセンスミルク(保湿乳液)販売会社:小林製薬株式会社
容量:100ml
価格:4,500円(税抜)

3種類のヒト型セラミド*(保湿成分)配合。肌をやわらげてなめらかにする保湿乳液です。
また、保湿成分としてサガラメエキスを配合しており、肌にしっかりとうるおいを与えることで乾燥による小じわを目立たなくします**。
*セラミド1・セラミド2・セラミド3 **効能評価試験済み

公式HPはこちら

LAUDi(ラウディ)クリーミーモイストミルク

ラウディ販売会社:ラウディ株式会社
容量:100ml
価格:4000円(税抜)

5種類のヒト型セラミド*とヒアルロン酸(いずれも保湿成分)を配合。乾燥した肌にツヤとうるおいを与える保湿乳液です。
水分をしっかりと保持し、みずみずしいなめらかな肌に整えます。
*セラミドNS・セラミドNP・セラミドAP・セラミドEOP・セラミドEOS

公式HPはこちら

Tout Velt(トゥヴェール)セラミドミルク

トゥヴェール セラミドミルク販売会社:株式会社トゥヴェ-ル
容量:40g
価格:3,194円(税抜)

ヒト型セラミド(セラミド2)をはじめ、アミノ酸やヒアルロン酸、リピジュアなどの保湿成分を配合した乳液です。
なめらかでのびのよいテクスチャーで肌のうるおいを保ち、もっちりとしたハリを与えます。

公式HPはこちら

CORECO(コレコ)コントリックス モイスチャミルク

CORECO(コレコ)コントリックス モイスチャミルク販売会社:株式会社コレコ
容量:102ml
価格:12,000円(税抜)

セラミド2をはじめとするヒト型セラミドや、スクワラン、酵母エキス(すべて保湿成分)などを配合した乳液です。
肌に豊かなうるおいを与え、肌をしっとりと柔軟に保ちます。

公式HPはこちら

4.肌らぶ編集部おすすめ【プチプラ】セラミド乳液

続いて、肌らぶ編集部がおすすめしたいプチプラのセラミド乳液をご紹介します!

今回は、税抜1,000円以内で購入可能なものをプチプラと定義し、そのなかから、ヒト型セラミドを中心とした保湿成分を配合している市販のセラミド乳液を選びました。

ドラッグストアやバラエティショップで購入できるので、気になった方はぜひ店舗へ足を運んでみてください!

明色化粧品 セラコラ 保湿乳液

セラコラ 保湿乳液(セラミド 乳液)販売会社:株式会社明色化粧品
容量:145ml
価格:800円(税抜)

乾燥を防いで肌をやわらげるプチプラ乳液です。
セラミド1・セラミド3・セラミド6・コラーゲン等の保湿成分を配合。水分の蒸発を防ぎ、ふっくらやわらかな肌に整えます。

公式HPはこちら

菊正宗 日本酒の乳液RN

菊正宗 日本酒の乳液RN(セラミド 乳液)販売会社:菊正宗酒造株式会社
容量:380ml
価格:840円(税抜)

顔にも体にもたっぷり使える、大容量のプチプラ乳液です。
保湿成分として日本酒(コメ発酵液)や3種のセラミド*、アミノ酸等を配合。マイルドな使用感で肌にうるおいを与え、さらりとした肌に整えます。
*セラミドEOP・セラミドNP・セラミドAP

公式HPはこちら

SANA(サナ)なめらか本舗 リンクル乳液

サナ なめらか本舗 リンクル乳液販売会社:常盤薬品工業株式会社
容量:150ml
価格:1,000円(税抜)

肌のうるおいを保ち、もっちりとしたハリを与えるプチプラ乳液です。
豆乳発酵液*に加え、3つの成分(パルミチン酸レチノール*・セラミド2*・ダイズイソフラボン*)をカプセル化して配合。乾燥による小じわを目立たなくします**。
*保湿成分 **効能評価試験済み

公式HPはこちら

5.まとめ

肌らぶ編集部がおすすめするセラミド乳液をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

スキンケアアイテムにこだわって、日々のお手入れで肌をすこやかに整えていきましょう。

ぜひセラミド配合の乳液を毎日のスキンケアに取り入れて、うるおい感あふれるなめらか肌を目指してみてください。