メニューを開く
アスタリフト;

セラミド配合乳液おすすめ10選!しっかり保湿でうるおう肌に♡

乳液セラミド

肌の水分をたっぷりと保ってくれると話題の保湿成分「セラミド」。

「肌の乾燥が気になるから、スキンケアアイテムにセラミドを取り入れたい!」という方も多いのではないでしょうか?

そんなときにおすすめなのが、セラミド配合の乳液です。

そこで今回は、セラミドが配合された乳液の選び方や、おすすめのセラミド乳液などをご紹介します!



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.セラミドとは?

セラミド

セラミドとは、肌の角質層のうるおいを保つ成分の1つです。角質層が十分にうるおいを保っていることで、肌を保護し、肌内部の水分が蒸発して乾燥してしまうのを防いでいるといわれています。

セラミドは角質層の水分をしっかりとはさみ込んで保持する性質があり、肌の保湿のために重大な役割を果たしています。

そのため、角質層内のセラミドが不足すると、うるおいが保てなくなり肌の乾燥を招くことがあるのです。

そこで、化粧品によってセラミドを外側から補うことをおすすめします。

化粧品に配合されるセラミドには、大きく分けて「ヒト型セラミド」「非ヒト型セラミド」「擬似セラミド」という3種類に分類することができます。

①ヒト型セラミド

ヒト型セラミドは主に酵母から生成され、人間の角質層に存在するセラミドと同じ構造を持っているといわれています。そのため肌になじみやすく、水分をしっかりと保持してくれることが期待できます。

化粧品の成分表示では「セラミド1」「セラミドNS」など、セラミドの語尾に数字やアルファベットがついて表記されることが特徴です。

番号やアルファベットによってセラミドの構造や働きは異なりますが、そのなかでも、肌への保湿として特に重要なのはセラミド1(セラミドEOS)、セラミド2(セラミドNS)、セラミド3(セラミドNP)だといわれています。

セラミド1:肌を保護する役割をサポートする。
セラミド2:肌の保湿をサポートする。
セラミド3:肌の保湿をサポートする。加齢により減少しやすい。

②非ヒト型セラミド

非ヒト型セラミドとは、馬や豚などの動物や、小麦や米などの植物から抽出される成分のことです。

一般的に、動物由来のセラミドのことを「天然セラミド(動物性セラミド)」、植物由来のセラミドのことを「植物性セラミド」と呼びます。

ヒト型セラミドの構造に近く、肌への保湿が期待できます。

化粧品の成分表示では、「ウマスフィンゴ脂質」「コメヌカスフィンゴ脂質」「セレブロシド」「ビオセラミド」「グルコシルセラミド」などと表記されています。

③擬似セラミド

擬似セラミドとは、化学合成したセラミドに似た構造の保湿成分のことです。そのため、実際にはセラミドではありません。

水分をはさみ込むというセラミドの特色を持っているため、肌への保湿が期待できます。

ただし、化粧品の成分表示では“セラミド”とは表記されず、化学物質名で表記されています。

大量生産が可能なため、比較的低コストで化粧品に配合できることが特徴です。

2.セラミド乳液の選び方

プチプラ 乳液

セラミドの特徴や種類についてお話しましたが、実際にセラミド乳液を選ぶ際には、どのように選べばよいのでしょうか。

ここでは、セラミド乳液を選ぶうえで大切な3つのポイントをお伝えします。

①全成分表示を確認する

セラミド乳液を選ぶときに、製品の全成分表示を確認し、どのような種類のセラミドが配合されているかを把握しておきましょう。

どの種類のセラミドを選ぶかは肌状態にもよりますが、おすすめは、しっかりと保湿をしてくれることが期待できる「ヒト型セラミド」です。

また、成分表示の順番にも着目してみましょう。成分表示は配合量の多いものから順番に記載されているため、全成分のなかでセラミドが上の方に記載されていれば、比較的多く配合されているという目安にもなります。

逆に、セラミドが末尾の方に記載されている場合、ごく少量しか配合されていない可能性があるので、確認してみることをおすすめします。

②セラミド以外の保湿成分も配合されているものを選ぶ

セラミドだけでなく、うるおいをサポートするセラミド以外の保湿成分も配合されている乳液を選びましょう。

セラミド以外におすすめしたい保湿成分には、以下のようなものがあります。

【主な保湿成分】
ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、アミノ酸、トレハロース、グリセリン ほか

③使い続けられる価格のものを選ぶ

セラミド乳液は、無理なく使い続けられる価格のものを選ぶようにしましょう。

どれだけ高価なセラミド乳液でも、もったいないからといって少量ずつしか使用しなかったり、たまにしか使用しなかったりするのでは意味がありません。

セラミド乳液は、基本的には継続して使用することでうるおいを実感することができるといわれています。また、製品ごとの使用量の目安も決まっており、少量しかしなければ望むような結果が得られないことがあります。

無理なく続けられる価格のもののなかから、自分の肌にあうセラミド乳液を探してみましょう。

3.セラミド乳液おすすめ10選

それでは早速、肌らぶ編集部がおすすめしたいセラミド乳液10点をご紹介していきます!

ジュランツ セラリッチミルク

ジュランツ セラリッチミルク

販売会社:株式会社Dr.高須英津子コスメ
容量:50ml
価格:18,000円(+税)
※ジュランツ セラリッチミルクの全成分表示はこちら

【肌らぶ編集部コメント】
セラミド2を始め、セラミドAP・セラミドEOPなどのヒト型セラミド(保湿成分)をたっぷりと配合した美容乳液です。セラミド配合濃度4.25%という数字は、ドクターズコスメであるジュランツならでは。

なめらかなテクスチャーですっきりと肌になじみ、角質層に浸透して肌にたっぷりとうるおいを与えます。

また、うるおいをしっかりと保つことで肌にハリを与えるので、エイジングケアにもおすすめです。

※年齢に応じた肌の保湿のお手入れのこと

公式HP

エトヴォス モイスチャライジングセラム

エトヴォス モイスチャライジングセラム

販売会社:株式会社エトヴォス
容量:50ml
価格:4,000円(+税)
※エトヴォス モイスチャライジングセラムの全成分表示はこちら

【肌らぶ編集部コメント】
5種類のヒト型セラミド※1(保湿成分)を配合し、美容液と乳液の2役を兼ねた保湿美容液です。

セラミドに加え、ヒアルロン酸やアミノ酸、ホホバオイルなどの保湿成分も配合。ヒト型セラミドとともに肌にうるおいを補うことで、乾燥しやすい肌をすこやかに保ちます。

また、整肌成分である6種類の花のエキス※2が、肌のキメをなめらかに整えてくれます。

初めての方におすすめのお試しセットも販売されているので、まずはお試しセットで自分の肌に合うかどうかを確認してみてはいかがでしょうか?

※1セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド5、セラミド6Ⅱ
※2ローマカミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、カミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、フユボダイジュ花エキス

公式HP

ノブ Ⅲ ミルキィローション【医薬部外品】

ノブ Ⅲ ミルキィローション【医薬部外品】

販売会社:常盤薬品工業株式会社
容量:80ml
価格:4,000円(+税)
※ノブ Ⅲ ミルキィローションの全成分表示はこちら

【肌らぶ編集部コメント】
ヒト型セラミド(セラミド3)配合の乳液です。肌荒れや乾燥を起こしがちな肌のことを考えてつくられました。

ノブⅢシリーズは、肌を保護することに着目し、スクワラン・アミノ酸・セラミドなどの保湿成分をバランスよく配合したスキンケアシリーズです。角質層の水分を保持することで、うるおいが続くすこやかな肌に整えます。

べたつかずさらっとした使い心地が特徴です。

気になる方は、シリーズで試せるお得なトライアルセットから始めてみてはいかがでしょうか?
公式HP

コラージュ B.K.AGE(ビーケーエイジ) モイスチャーミルク【医薬部外品】

コラージュ B.K.AGE(ビーケーエイジ) モイスチャーミルク【医薬部外品】

販売会社:持田ヘルスケア株式会社
容量:80ml
価格:3,315円(+税)
※コラージュ B.K.AGE(ビーケーエイジ) モイスチャーミルクの全成分表示はこちら

【肌らぶ編集部コメント】
B.K.AGE(ビーケーエイジ)は、乾燥してデリケートに傾きやすい年齢肌の悩みと向き合おうとつくられたスキンケアシリーズです。ヒト型セラミド(セラミド2)と植物性セラミド(コメヌカスフィンゴ糖脂質)(いずれも保湿成分)を配合した薬用保湿乳液は、うるおいを保ち、もちもちとしたハリを与えてくれます。

また、セラミド以外にもコラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分をたっぷりと配合。しっとりと肌を保湿し、乾燥による小じわを目立たなくします。

初めての方は、たっぷり7日間使えるトライアルセットで試してみるのがおすすめです。
公式HP

小林製薬 ヒフミド エッセンスミルク(保湿乳液)

小林製薬 ヒフミド エッセンスミルク(保湿乳液)

販売会社:小林製薬株式会社
容量:100ml
価格:4,500円(+税)
※小林製薬 ヒフミド エッセンスミルクの全成分表示はこちら

【肌らぶ編集部コメント】
3種類のヒト型セラミド(保湿成分)配合。なめらかに肌をやわらげる保湿乳液です。

また、保湿成分としてサガラメエキスを配合しており、肌にしっかりとうるおいを与えることで乾燥による小じわを目立たなくしてくれることが期待できます。

肌なじみがよく、少量でもよく伸びるのでコスパもよさそうですね。

※セラミド1、セラミド2、セラミド3
公式HP

小林製薬 ヒフミド トライアルセット公式HPはこちら

 

 

ラウディクリーミーモイストミルク

ラウディ

販売会社:ラウディ株式会社
容量:100ml
価格:4000円(+税)
※ラウディ 乳液の全成分表示はこちら

【肌らぶ編集部コメント】
5種類のヒト型セラミドとヒアルロン酸(いずれも保湿成分)を配合。乾燥した肌にツヤとうるおいを与えてくれる保湿乳液です。

加齢とともに減少する傾向にあるセラミドを肌に補うことで、水分をしっかりと保持し、みずみずしいなめらかな肌に整えます。
公式HP

トゥヴェール セラミドミルク

トゥヴェール セラミドミルク

販売会社:株式会社トゥヴェ-ル
容量:40g
価格:3,194円(+税)
※トゥヴェール セラミドミルクの全成分表示はこちら

【肌らぶ編集部コメント】
ヒト型セラミド(保湿成分)を4.5%という濃度で配合した乳液です。

セラミドだけでなく、アミノ酸やヒアルロン酸、リピジュアなどの保湿成分もたっぷりと配合。うるおいを保ち、もっちりとしたハリを与えます。

伸びのよいなめらかなテクスチャーで、しっかりと保湿するのにべたつかないので、忙しい朝にもメイクの邪魔をしません。

ゆらぎがちな肌質の方や、エイジングケアを始めたいと考えている方にもおすすめしたい乳液です。

※年齢に応じた肌の保湿のお手入れのこと
公式HP

 

DUVOTA(ドゥボータ) ディープエフェクトエッセンス・プラチナ

DUVOTA(ドゥボータ) ディープエフェクトエッセンス・プラチナ

販売会社:オースディ株式会社
容量:30ml
価格:7,778円(+税)
※DUVOTA(ドゥボータ) ディープエフェクトエッセンス・プラチナの全成分表示はこちら

【肌らぶ編集部コメント】
3種類のヒト型セラミドに加え、馬プラセンタやスクワラン(すべて保湿成分)を配合し、角質層のうるおいをしっかりとサポートする美容乳液です。

年齢とともに乾燥しやすくなる肌に十分なうるおいを与え、しっとりと肌をやわらげてくれます。

特殊構造のポンプ容器を採用しており、使用途中でも乳液が外気に触れることがないため、最後まで新鮮な状態で使用することができるのも魅力の1つです。

※セラミド1、セラミド3、セラミド6

公式HP

 

CORECO(コレコ)コントリックス モイスチャミルク

CORECO(コレコ)コントリックス モイスチャミルク

販売会社:株式会社コレコ
容量:102ml
価格:12,000円(+税)
※CORECO(コレコ)コントリックス モイスチャミルクの全成分表示はこちら

【肌らぶ編集部コメント】
セラミド2をはじめとするヒト型セラミドや、スクワラン、酵母エキス(すべて保湿成分)などを配合した乳液です。

CORECO(コレコ)コントリックスシリーズは、エイジングケアにこだわり、年齢を重ねていく肌にしっかりと向き合ったスキンケアシリーズ。エイジングケアにとって不可欠な肌への保湿を十分に行い、日頃のスキンケアを見直すことで、年齢相応の美しいなめらかな肌を保とうというコンセプトを打ち出しています。

加齢によって失われがちな肌の保湿成分を補給し、角質層にたっぷりのうるおいを与えることで肌をしっとりと柔軟に保ちます。

乳液のベースとなる水には、キウイの果実から抽出したキウイ果実水を使用していることも特徴です。

※年齢に応じた肌の保湿のお手入れのこと

公式HP

 

モーニュ モイスチュア ミルク

モーニュ モイスチュア ミルク

販売会社:株式会社スイスロワール
容量:50ml
価格:2,800円(+税)
※モーニュ モイスチュア ミルクの全成分表示はこちら

【肌らぶ編集部コメント】
植物性セラミドである加水分解コンニャク根(保湿成分)を配合し、肌にハリとツヤを与える乳液です。

やわらかくとろりとしたテクスチャーで、肌なじみもよく、角質層をしっかりと水分でうるおしてくれます。

肌につけると、ふんわりと香るローズ・ラベンダーの香りに包まれます。

公式HP

4.まとめ

肌らぶ編集部がおすすめするセラミド乳液をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

セラミドは肌のうるおいを保つのにとても重要な成分です。

ぜひセラミド配合の乳液で毎日のスキンケアに取り入れて、うるおい感あふれるなめらか肌を目指してみてください。

【掲載商品全成分表示】

・ジュランツ セラリッチミルク
水・マカデミアナッツ脂肪酸エチル・BG・グリセリン・セラミド2・イソステアリン酸・マカデミア種子油・ペンチレングリコール・アルギニン・DPG・トリエチルヘキサノイン・パルミチン酸セチル・セラミドAP・セラミドEOP・セラミドNP・フィトスフィンゴシン・スクワラン・ヒアルロン酸Na・ダイズ種子エキス・リンゴ酸・ポリクオタニウム-51・グリチルリチン酸アンモニウム・アラントイン・グリセリルグルコシド・ダマスクバラ花水・水添レシチン・異性化糖・1、2-ヘキサンジオール・カプリリルグリコール・水添ナタネ油アルコール・ステアリン酸グリセリル(SE)・ポリソルベート60・エチルヘキシルグリセリン・ラウロイルラクチレートNa・トリフルオロ酢酸テトラデシルアミノブチロイルバリルアミノ酪酸ウレア・コレステロール・トコフェロール・キサンタンガム・カルボマー・メチルパラベン

・エトヴォス モイスチャライジングセラム
水、グリセリン、ラベンダー花水、BG、1,2-ヘキサンジオール、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド5、セラミド6Ⅱ、フィトスフィンゴシン、コレステロール、フィトステロールズ、ヒアルロン酸Na、PCA-Na、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、トレオニン、プロリン、タウリン、ロイシン、バリン、イソロイシン、チロシン、フェニルアラニン、アスパラギン酸Na、リシンHCl、ヒスチジンHCl、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、アラントイン、スクワラン、ホホバ種子油、メドウフォーム油、シア脂、アロエベラ葉エキス、クズ根エキス、クロレラエキス、ローマカミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、カミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、フユボダイジュ花エキス、ベヘニルアルコール、水酸化K、キサンタンガム、カルボマー、水添レシチン、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ラウロイルラクチレートNa、ステアロイルラクチレートNa、ラベンダー油、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール

・ノブ Ⅲ ミルキィローション【医薬部外品】
有効成分:グリチルレチン酸ステアリル
その他の成分:水、BG、ベタイン、スクワラン、濃グリセリン、モノステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル、ヒアルロン酸Na-2、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、α-グルコシルグリセロール液、ビタミンE、カルボキシビニルポリマー、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、ヒノキチオール、ベヘニルアルコール、ワセリン、SEステアリン酸グリセリル、水酸化K、軟質ラノリン脂肪酸コレステリル、フェノキシエタノール

・B.K.AGE(ビーケーエイジ) モイスチャーミルク【医薬部外品】
トラネキサム酸*、酢酸トコフェロール*、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)、コメヌカスフィンゴ糖脂質、セラミド2、サクシニルアテロコラーゲン液、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、トリメチルグリシン、スクワラン、白色ワセリン、メチルフェニルポリシロキサン、ベヘニルアルコール、バチルアルコール、α-オレフィンオリゴマー、トリエチルヘキサン酸グリセル、濃グリセリン、BG、1,2-ヘキサンジオール、ステアリン酸ソルビタン、イソステアリン酸POEグリセリル、カルボキシビニルポリマー、キサンタンガム、ピロ亜硫酸Na、エデト酸塩、水酸化カリウム、水
*印は[有効成分]、無印は[その他の成分]

・小林製薬 ヒフミド エッセンスミルク
水、グリセリン、BG、イソノナン酸イソトリデシル、水添ポリイソブテン、ステアリン酸ソルビタン、イソステアリン酸PG、水添ナタネ油アルコール、セラミド1、セラミド2、セラミド3、ダイズステロール、(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー、ポリクオタニウム-51、カンゾウ葉エキス、ヒメフウロエキス、サガラメエキス、カンゾウ根エキス、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、グリチルレチン酸ステアリル、シロキクラゲ多糖体、ベタイン、ラフィノース、トリエチルヘキサノイン、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)、ヤシ脂肪酸スクロース、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カルボマー、キサンタンガム、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、トコフェロール、メタリン酸Na、アルギニン

・トゥヴェール セラミドミルク
水、マカデミアナッツ脂肪酸エチル、BG、セラミド2、グリセリン、イソステアリン酸、マカデミア種子油、ペンチレングリコール、グリセリルグルコシド、アルギニン、DPG、トリエチルヘキサノイン、パルミチン酸セチル、水添レシチン、ダマスクバラ花水、スクワラン、水添ナタネ油アルコール、フィトステロールズ、ラウロイルラクチレートNa、セラミド3、セラミド5、セラミド6Ⅱ、セラミド1、コレステロール、フィトスフィンゴシ
ン(セラミド原料)、PCA-Na、乳酸Na、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、イソロイシン、トレオニン、プロリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、アラントイン、アルカリゲネス産生多糖体、サッカロミセス溶解質エキス、ポリクオタニウムー51、ダイズ種子エキス、リンゴ酸、加水分解ローヤルゼリータンパク、ヒアルロン酸Na、キサンタンガム、ポリソルベート60、ステアリン酸グリセリル、1、2-ヘキサンジオール、カプリリルグリコール、グリチルリチン酸アンモニウム、エチルヘキシルグリセリン、トコフェロール、カルボマー

・ラウディ クリーミィモイストミルク
水、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、グリセリン、BG、オリーブ果実油、ペンチレングリコール、イソステアリン酸PEG-30グリセリル、ヒアルロン酸Na、シラン根エキス、ダマスクバラ花エキス、テンニンカ果実エキス、カミツレ花エキス、ローマカミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花 / 葉 / 茎エキス、フユボダイジュ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、セラミドNS、セミラドNP、セラミドAP、セラミドEOP、セラミドEOS、カプロオイルフィトスフィンゴシン、カプロオイルスフィンゴシン、コレステロール、遺伝子組換カイコヒト遺伝子組換ポリペプチド-47、トコフェロール、ソルビトール、キサンタンガム、カルボマー、(アクリレーツ / アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、ダイマージリノール酸(フィトステリル / イソステアリル / セチル / ステアリル / ベヘニル)、ヘキサヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、セテアリルグルコシド、セテアリルアルコール、セタノール、ステアリン酸ポリグリセリル-10、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ジメチコン、エチドロン酸、水酸化K、エチルヘキシルグリセリン、ベヘン酸、セテアレス-25、フェノキシエタノール、香料

・DUVOTA(ドゥボータ) ディープエフェクトエッセンス・プラチナ
水・グリセリン・スクワラン・ステアリン酸グリセリル(SE)・ペンチレングリコール・ラウロイル乳酸Na・ホホバ種子油・ステアリン酸・ミスチルアルコール・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル・トコフェリルリン酸Na・BG・α-アルブチン・プラセンタエキス(ウマ)・ヒアルロン酸Na・セラミド3・セラミド6Ⅱ・セラミド1・フィトスフィンゴシン・水酸化レシチン・白金・加水分解コラーゲン・炭酸水素Na・ベヘニルアルコール・ポリソルベート60・コレステロール・カルボマー・キサンタンガム・セルロースガム・エチルヘキシルグリセリン

・CORECO(コレコ)コントリックス モイスチャミルク
キウイ果実水・水・BG・グリセリン・スクワラン・ヘキサヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル・α―アルブチン・サッカロミセス溶解質エキス・酵母エキス・セラミド2・セラミド1・セラミド3・セラミド6Ⅱ・フィトスフィンゴシン・コレステロール・ラウロイル乳酸Na・アルギニン・グルコン酸Mg・グルコン酸マンガン・ヒアルロン酸Na・トコフェロール・ヒマワリ種子油・水添レシチン・ローカストビーンガム・キサンタンガム・ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)・ベヘニルアルコール・カルボマー・メチルパラベン

・モーニュ モイスチュア ミルク
水、スクワラン、BG、ペンチレングリコール、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、ローズ水、加水分解コンニャク根、ヒアルロン酸Na、アロエベラ葉エキス、カッコンエキス、クロレラエキス、ラベンダーエキス、ミツロウ、加水分解エラスチン、トコフェロール、グリチルリチン酸2K、ベタイン、ベヘニルアルコール、カラギーナン、クエン酸、クエン酸Na、水溶性コラーゲン、ポリクオタニウム-51、フェノキシエタノール、ヨウ化ジメチルアミノスチリルヘプチルメチルチアゾリウム

この記事は2016年9月9日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る