メニューを開く
アスタリフト;
提供:株式会社I-ne

【完全版】クレンジングの選び方|肌に合うクレンジングの種類は?

選び方クレンジング 
毎回違うクレンジングを試しては納得いかず…そもそもどの種類が自分に合っているんだろう?選び方は?とお悩みではないでしょうか。

「口コミでは大好評だったクレンジングが、実際に使ってみたら自分には合わなかった」という経験をしたことがある方も多いと思います。

お買い物に失敗はつきものですが、始めから自分には向いていないクレンジングを選んでしまっていたのでは時間もお金も無駄になってしまいますよね。

クレンジングはスキンケアの大事なステップになりますので、正しくメイクを落として肌を整えるための準備をしたいものです。

今回は、納得のいくクレンジングに出会うために、基本となるクレンジングの選び方、自分に合ったクレンジングの種類を見分けるポイント、クレンジングのタイプ別にメリット・デメリットなどをご紹介します。

今使っているクレンジング料を使い続けるべきかお悩みの方、次どんなクレンジングを買おうかお悩みの方は、今後の選び方の参考にしてみてください。

ホットジェルで毛穴の汚れもすっきり洗い落とす!「スキンビル ホットクレンジングジェル」>>>





ホメオバウ クレンジングオイル

富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

スキンビル ホットクレンジングジェル
スキンビルTOP

エタノール・パラベンフ・合成香料・鉱物油・シリコン不使用。

じんわりと肌を温めてくれるホットクレンジングジェル

心地よい温かさのホットジェルが肌表面をやわらげ、毛穴の黒ずみや不要な皮脂などの汚れもすっきり浮かせて落とします。

クレンジングと同時に洗顔もできて、マツエク中の方も使用OK!
あまりスキンケアに時間をかけられない方にもおすすめです。

コラーゲン・ヒアルロン酸・ローヤルゼリーエキス・ザクロエキスなどのうるおい成分配合で、洗い上がりの肌はしっとり。

さわやかなオレンジの香りで、夜のクレンジングタイムが楽しみになるはず♪

公式HPはこちら(オレンジ)

1.肌に合わせたクレンジングの選び方|基本編

自分の肌に合ったクレンジング料は、ベースメイクの濃さで選ぶことを基本にしましょう。

クレンジングチャート
例えば、しっかりメイクの方はオイルタイプまたはリキッドタイプ、ナチュラルメイクの方はクリームタイプまたはミルクタイプを選ぶという選択肢もあります。

メイクは毎日必ず落とさなければ肌の負担になってしまいます。一方で、必要以上に強いクレンジングでメイクを落とすことも肌の負担になってしまう可能性があります。
そのため、ベースメイクの濃さによって正しくクレンジングを選ぶようにしましょう。

また、気分やTPOによってメイクの濃さを使い分けるという方は、クレンジングも数種類用意して日々最適なものを使うのがおすすめです。

【ポイント】
目もと・口もとのメイクの濃さでクレンジング料を選ぶことは控えましょう。

ポイントメイクとベースメイクでは、メイクの濃さが異なることが多いかと思います。
ポイントメイクは専用のリムーバーを使って先に落とすようにしましょう。
ポイントメイク

2.タイプ別|クレンジングの特徴とおすすめ

ここでは、クレンジング料の種類ごとに特徴とメリット・デメリット、おすすめクレンジング料をご紹介します。
クレンジングの選び方として参考にしてください。また、おすすめのクレンジング料は、使い方をご紹介したページも合わせてお伝えしていきます。

2-1.クレンジング|オイルタイプ

頭皮ケア オイル④

【特徴】

・油分をメインに配合している
・使用後は洗い流すタイプが多い
・お風呂場で使えるタイプが多い

【メリット・デメリット】

・メイクがすっきり落ちる
・アイメイクも落としやすいので便利
・濡れた手でも使えてさっと落とすことができるので、忙しいときにも便利
・肌への負担がかかりやすい

>>>【関連記事】詳しく知りたい方はコチラをご参照ください!

おすすめクレンジングオイル

ホメオバウ クレンジングオイル
ホメオバウクレンジング

アルガンオイル・ホホバオイル・スクワランオイルなどを配合*したクレンジングオイルです。*すべて保湿
サラサラとべたつきにくいテクスチャーで、すぐに洗い流せてヌルつきを感じにくいのが特徴です。
ローズマリーなどのアロマがやわらかく香り、まるでエステにいるかのようなぜいたくなひと時を演出します。
合成香料・着色料・鉱物油・アルコール・石油系界面活性剤・パラベン・シリコンフリー。

公式HP

2-2.クレンジング|リキッドタイプ

リキッドクレンジング

【特徴】

・テクスチャーがさらっとしている
・オイルフリータイプが多い
・洗い上がりがさっぱりしている
・お風呂場で使えるタイプが多い

【メリット・デメリット】

・マツエクを付けている人でも使える
・忙しいときに便利
・べたつきが苦手な人でも使いやすい
・オイルと同じく、肌への負担がかかりやすい

>>>【関連記事】詳しく知りたい方はコチラをご参照ください!

おすすめリキッドクレンジング

アルファピニ28 ボタニカル リキッドクレンジング
ボタニカル リキッドクレンジング

植物の恵みをギュッと凝縮した、オイルフリーのクレンジングリキッドです。
植物由来セラミドなどの保湿成分が含まれています。
濡れた手でも使うことができるので、バスルームでも使用できますね。

公式HP

2-3.クレンジング|クリームタイプ

クレンジングクリーム

【特徴】

・クリームに厚みがあり、しっかりめのテクスチャーのものが多い
・洗い流すタイプまたは拭き取るタイプの2タイプがある(両用もある)

【メリット・デメリット】

・洗い上がりの肌がしっとりしやすい
・マッサージするように丁寧にクレンジングすることができる
・自分の好みに合わせて拭き取りも洗い流しもできる

>>>【関連記事】詳しく知りたい方はコチラをご参照ください!

おすすめクレンジングクリーム

モイスティシモ クレンジングクリーム
モイスティシモ クレンジングクリーム

保湿成分「サクラエキス」「オウレンエキス」配合のクレンジングクリームです。
スルスル伸びるなじみの良いクリームが肌の上をなめらかにすべり、肌摩擦の軽減が期待できます。
洗い上がりにツッパリを感じにくいのも魅力の1つ。
オフするときは、洗い流し・拭き取りどちらでもOKです。

公式HP

2-4.クレンジング|ミルクタイプ

ミルククラウン

【特徴】

・さらっとしているのに洗い上がりはしっとりする
・洗い流すタイプまたはふき取るタイプの2タイプがある(両用もある)

【メリット・デメリット】

・洗い上がりの肌がしっとりしやすい
・自分の好みに合わせて拭き取りも洗い流しもできる
・濃いメイクが比較的落ちにくい

>>>【関連記事】詳しく知りたい方はコチラをご参照ください!

おすすめクレンジングミルク

テラクオーレ ダマスクローズ クレンジングミルク
テラクオーレ クレンジングミルク

みずみずしいぷるぷるのテクスチャーが特徴のクレンジングミルクです。
保湿成分としてダマスクローズ・アロエベラ葉・カミツレ花などの植物エキスを配合。
ダマスクローズの豊かな香りが、素敵なクレンジングタイムを演出してくれます。

公式HP

2-5.クレンジング|ジェルタイプ

髪の毛 ベタベタ

【特徴】

・水性タイプ、油性タイプがある
・さっぱりした洗い上がり
・程よい厚みがある

【メリット・デメリット】

・(水性タイプの場合)マツエクを付けていても使える
・べたつきが苦手な人でも使いやすい

>>>【関連記事】詳しく知りたい方はコチラをご参照ください!

おすすめクレンジングジェル

マナラ ホットクレンジングゲル
マナラクレンジングジェル

じんわりと肌を温めてメイクを浮かす、ホットクレンジングジェルです。
クレンジングと同時に洗顔も兼ねる事ができるので、お手入れの時間を短縮することができます。
ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなどの保湿成分をたっぷり配合。洗いあがりのしっとり感も魅力的です。

公式HP

2-6.クレンジング|水タイプ

水素 パック

【特徴】

・コットンに含ませ、メイクをふき取って落とす
・オイルフリーの商品もある
・洗顔もできるタイプの商品もある

【メリット・デメリット】

・さっと拭くだけで良いので簡単
・忙しいときに便利
・(オイルフリーの場合)マツエクを付けていても使える
・肌への負担がかかりやすい

>>>【関連記事】詳しく知りたい方はコチラをご参照ください!

おすすめ水クレンジング

ピュアイオンクレンジング
ピュアイオンクレンジング

手が濡れていてもOK、マツエク中でも使用可能な水クレンジングです。
スクワラン・カニナバラ果実エキス・ローズマリーエキス・カミツレエキスなどの保湿成分を配合。
拭き取り後の肌がつっぱりすぎないのが嬉しいポイントです。

公式HP

3.肌に合ったクレンジングの選び方|応用編

クレンジング2

ここからは、

“皮脂が多い方”
“肌が敏感な方”

“マツエクをしている方”
“眠さに負けそうなとき”

のタイプ・シチュエーション別に、おすすめしたいクレンジング料の選び方をご紹介いたします。

3-1.皮脂が多い方のクレンジング

日焼け止め

■デイリーメイクにはオイルフリータイプのクレンジング料を使う

肌がテカリやすいオイリー肌の方には、オイルフリーのクレンジング料をおすすめします。

もともと皮脂が多めの肌に油分を過剰にプラスしてしまうと、ニキビなどの肌悩みに繋がる場合があるからです。
また、クレンジングの際には洗い残しのないようにしっかりオフし、日中もできるだけナチュラルメイクを心がけましょう。

■濃いメイクのときはホホバオイルでクレンジングする

大切なデートやパーティの日など、華やかな濃いめのメイクをするシチュエーションでは「ホホバオイル」でのクレンジングがおすすめです。
ホホバオイルに含まれる「ワックスエステル」という成分は、とても肌なじみがよいといわれています。

ホホバオイルをクレンジングとして使うときは、ホホバオイル100%のピュアオイルを選びましょう。

>>>【関連記事】詳しく知りたい方はコチラをご参照ください!

3-2.肌が敏感な方のクレンジング

敏感肌 乾燥
肌状態が敏感になりやすい方におすすめしたいクレンジングは「クレンジングミルク」「ホホバオイル」「オリーブオイル」の3つです。

■クレンジングミルク

ミルククラウン
しっとりとした使用感が魅力のクレンジングミルクは、マイルドなのでナチュラルメイクのクレンジングに向いています。
ポイントメイクを専用のリムーバーでオフしてから使いましょう。

■ホホバオイル・オリーブオイル

オイル
しっかりとメイクをした日には、「ホホバオイル」や「オリーブオイル」でのクレンジングがおすすめです。

>>>【関連記事】詳しく知りたい方はコチラをご参照ください!

3-3.マツエクをつけている方のクレンジング

マツエク 施術
マツエク(まつ毛エクステ)をつけている方は、オイルフリータイプのクレンジング料を使いましょう。
オイルなどの油性成分は、マツエクの接着剤を取れやすくしてしまう可能性があります。

マツエクを長持ちさせたいという方におすすめしたいのは、“オイルフリー”表示のある、水性ジェルタイプ、リキッドタイプ、ローション(拭き取り)タイプのクレンジング料です。

>>>【関連記事】詳しく知りたい方はコチラをご参照ください!

3-4.眠さに負けそうなときのクレンジング

女性 疲れてベッドに倒れ込む
夜遅くに帰ってきて今すぐ寝たいというときは、シートタイプや拭き取りローションタイプのクレンジング料が便利です。

さっと拭くだけでクレンジングでき、洗顔も同時にできてしまうアイテムが多いので、忙しい日や疲れてすぐに寝たい日のお役立ちアイテムです。

しかし本来は、クレンジングする際に自分の肌とゆっくり向き合う習慣をつけるためにも、なるべく丁寧にクレンジングしたいものです。

拭き取りクレンジングを活用するのは洗面所に行く気力もない日だけにするなど、その日の状況に応じてうまく使い分けるとよいでしょう。

ベッドの脇にシートタイプのクレンジング料を備えておくのも一つの手段かもしれません。

>>>【関連記事】詳しく知りたい方はコチラをご参照ください!

4.クレンジングの選び方|まとめ

クレンジング 洗顔 不要①
クレンジングの選び方のポイントや、クレンジング料のタイプ別特徴などをお伝えしてきました。

自分に合ったクレンジングの種類は見つかりましたか?

本日お伝えしたポイントをおさえて、改めてクレンジングの選び方を意識してみてください。
自分に合ったクレンジング料で、キレイへのステップを毎日着実に重ねていきましょう♪

この記事は2016年12月9日時点(最終更新日)での情報になります。
また、記事の内容には個人差がありますのでご理解ください。

ホットジェルで毛穴の汚れもすっきり洗い落とす!「スキンビル ホットクレンジングジェル」>>>



スキンビル クレンジング

ホメオバウ クレンジングオイル

Pocket
LINEで送る