2017年9月15日 更新
【PR】

意外と知らない!?クレンジングオイルの上手な使い方

クレンジングオイル 使い方クレンジングオイルに上手な使い方ってあるのかな?とお考えではありませんか?

クレンジング料は、洗顔料では落とすことのできない油性の汚れ(メイクなど)を落とすためのスキンケアアイテム。
その中でも特にオイルタイプは、すっきりメイクを落とすことのできるとても便利なクレンジング料です。

本日は、クレンジングオイルを味方につけるための上手な使い方や、意識していただきたいポイントについてご紹介します。
クレンジングオイルはメイクになじませて洗い流すだけでいいのでは?と思っている方も必見です!

ぜひ参考にしてみてくださいね。

>>>毎日のクレンジングで肌をなめらかに『スキンクリアクレンズオイル』はこちら




アテニア スキンクリアクレンズオイル

◆肌らぶ セレクション◆

【PR】
アテニア スキンクリア クレンズ オイル
アテニア スキンクリアクレンズオイル

メイクや、不要な汚れによる肌のくすみなどをスッキリと洗い落とし、肌にツヤを与えてなめらかにする『スキンクリアクレンズオイル』

レモングラスやベルガモットなどの自然由来の精油をブレンドした、心地のよい柑橘系の穏やかな香りが特徴的です。

今なら肌をしっとりとうるおわせる『プリマモイストローションⅡ』を14日間試せるサンプル付き!
気になる方は、まず公式HPをチェックしてみましょう♡

公式HPはこちら(大)

1.【肌らぶ編集部おすすめ】クレンジングオイルの使い方

クレンジングオイルの使い方としてまず意識していただきたいのが、メーカーやブランドの推奨する使い方を守るということです。

特に説明がない場合や、推奨されている使い方を踏まえたうえで方法を見直してみたいという場合には、これからご紹介する、肌らぶ編集部おすすめのクレンジングオイルの使い方も、ぜひ試してみてください。

「使い方」といっても、そんなに難しいものではありません。
普段のクレンジングオイルの使い方を見直すという意味で確認してみてくださいね。

① 手を洗って清潔にする

クレンジングオイル 使い方たくさんの雑菌がついたままの手で顔に触れると、さまざまな肌悩みが起こりやすくなってしまいます。
クレンジングのみならず、「スキンケアの前には必ず手を洗って清潔にする」ことを意識しましょう。

② 目元・口元のメイクを先に落とす

クレンジングオイル 使い方
クレンジングオイルで全てを一気に落とそうとせず、ポイントメイクは先に落としましょう。

アイメイクや口紅の汚れが混じったクレンジングオイルでベースメイクを落とそうとしても、簡単には落ちにくくなってしまいます。
無理に落とそうとすると力が強くなり、肌への負担が増えることにもつながります。

この時点で完全に落とそうと無理矢理こするのもよくないので、大半のポイントメイクが落ちたら次のステップへ進みましょう。

③ 手のひらにクレンジングオイルを出す

クレンジングオイル 使い方
お使いの商品に「乾いた手のひらで」と説明書きがある場合は、必ず手を拭いてからオイルを出しましょう。
「お風呂場・濡れた手でもOK」というクレンジングオイルの場合も、多少なら構いませんができるだけ手についた水は振り払っておくことをおすすめします。

クレンジングオイルに水が加わるとメイクが落ちにくくなり、肌をこすりすぎてしまうため、肌に負担がかかりやすくなってしまいます。

皮膚の表面にある角質層は、非常に薄いため、摩擦による影響を受けやすい部分なのです。

④ Tゾーンから先に肌にのせてなじませる

クレンジングオイル 使い方上記で説明したように、できるだけ肌への摩擦を減らすために、比較的皮脂量が多いとされるTゾーンから先になじませます。

Tゾーンになじませられたら、肌全体にもクレンジングオイルを伸ばしていきましょう。

ポイントはこすらないこと時間をかけすぎないことです。

⑤ 少量の水を手にとり乳化させたら、顔全体になじませる

水を手にとり乳化させる、ここがポイントです!
乳化させることでクレンジングオイルと水がなじみやすくなり、キレイに洗い流しやすくなるとされています。
クレンジングオイル 使い方写真のように、透明のクレンジングオイルが水を加えることで白く濁りましたよね。
これが「乳化」です。

新たにクレンジングオイルを出す必要はないので、手についているオイルに水を数滴垂らします。
手のひらで乳化させたら、顔全体につけてクレンジングオイルを浮かせるようにそっとなじませます。
1回でうまくなじまなかった場合は、クレンジングオイルが白く濁るまで繰り返します。

⑥ ぬるま湯で洗い流す

クレンジングオイル 使い方お湯が熱すぎると肌に必要な油分まで取ってしまうことがあり、肌が乾燥しやすくなってしまいます。
逆に冷たすぎる水だとクレンジングオイルが固まりやすく、メイクが落ちきらないこともあります。若干ぬるめかな、と思うくらいの温度でOKです。

⑦ よく泡立てた洗顔料で洗顔する

クレンジングオイル 使い方油性のメイクを落とすためのクレンジング料と違い、洗顔料は汗やほこりなどの水性の汚れを落とす役割があるので、基本的にはクレンジング後に洗顔料での洗顔は必要です。
また、落とし切れなかったメイクとクレンジング料を落とす役割もあります。

洗顔料は十分に泡立てて、ゴシゴシとこするのではなく、泡のクッションで汚れを浮かすイメージでなじませます。
すすぎの際は、前髪の生え際やあご下などに洗い残しがないように注意しましょう。

洗顔もできるクレンジングオイルの場合はこの項目は必要ありませんが、⑥で洗い残しのないよう、この点も踏まえて入念にすすいでください。

⑧ 清潔で肌触りのよいタオルで水分をふき取る

クレンジングオイル 使い方
洗顔後の肌は、落としたメイクと一緒にうるおいも奪われているので、デリケートに傾きやすくなっている状態です。
ゴワゴワしたタオルを使用したり、強くゴシゴシ拭くのは控えましょう。
水滴のついた肌にタオルをそっとあてて、水分を吸わせるようにおさえます。

いかがでしたか?
「乳化」という言葉を初めて聞いた方もいらっしゃるかと思います。
乳化については各商品の使い方にも載っていない場合が多いですが、これをするかしないかでメイクの落としやすさや肌への負担の違いが感じられるでしょう。
ではどのくらい差が出るのでしょうか?実際に試してみました!

2.クレンジングオイルの使い方|乳化による違い

クレンジングオイル 使い方商品説明にも載っていない場合が多い「乳化」ですが、乳化した場合としなかった場合で肌にはどのような違いがあるのか、実際に肌らぶ編集部員の肌で試してみました。

2-1.実験内容

  • 実験1 乳化ありの場合 1で紹介した手順の通りに行う
  • 実験2 乳化なしの場合 1で紹介した手順の⑤の乳化だけをとばして行う

この2パターンで実験し、メイク落ちと肌の感触を比べました。
なお、今回はベースメイクを落とすことのみの実験とし、ベースメイクでは化粧下地→リキッドファンデーション→パウダーを使いました。

2-2.実験結果

■実験1 乳化ありの場合(1で紹介した手順の通りに行う)

クレンジングオイル 使い方・なじませ時間:65秒
・乳化時間:30秒
・すすぎ回数:14回

感想:乳化させて水とクレンジングオイルをなじませていたおかげで、すすぎのときは水をかける程度で力を入れることなく楽に落とすことができました。

■実験2 乳化なしの場合(1で紹介した手順の④の乳化だけを除く)

・なじませ時間:65秒(実験1と一緒)
・乳化時間:なし
・すすぎ回数:20回

感想:すすぎはじめの感触はよく、「こっちのほうが落ちやすい!?」と思って10回すすいで鏡を見ると顔全体に白い膜が。
落ちていると感じたのはクレンジングオイルの膜がはってヌルヌルしていたからのようでした。
結局この膜を落とすのに時間がかかったせいで、すすぎ回数は20回と多くなり、特に鼻のあたりは落とすためにゴシゴシと力をかけすぎてしまいました。
その結果、洗った後の肌が若干つっぱって乾燥した感じがしました。

3.クレンジングオイルの使い方|気をつけるポイント

こちらではクレンジングオイルを使用する際に、気を付けてほしい使い方を4つご紹介します。

3-1.クレンジングしながらのマッサージは基本的に控える

クレンジングオイル 使い方クレンジングオイルを使った際に、一緒にマッサージを行うことは避けましょう。

クレンジングオイルはメイクを落とすために作られたアイテムで、マッサージに適したものではありません。

また、クレンジングオイルは力を入れることなく落とせるからいいのであって、そこに余分な力を入れてしまったら肌に負担がかかりやすくなってしまいます。

マッサージするのであれば、きちんと汚れを落とした後、専用のマッサージクリームを使用しましょう。

3-2.クレンジングオイルを使うのは日焼け止め・メイクアップ料を使った日だけにする

クレンジングオイル 使い方クレンジングオイルは、日焼け止めやメイクアップ料を使用した日にのみ使うことをおすすめします。

油性の汚れが付いていない肌にクレンジングオイルを使うと、必要なうるおいまで奪ってしまい、肌への負担が生じることもあると言われているからです。

ほこりや汗などの汚れは洗顔料で落とすことができるので、クレンジングオイルはその日の状況によって上手に活用するようにしましょう。

3-3.クレンジングオイルの量をケチらない

クレンジングオイル 使い方クレンジングオイルは、使用量をケチらずに目安量を確認して、適量を使用するようにしましょう。

少ない量で落とそうとすると、オイルを無理矢理肌へ広げようとすることになり、肌への摩擦にもつながりかねません。

ケチっているつもりはなくても、オイルが広がらない、強くこすらないと汚れが落ちないという方は、クレンジングオイルの量を増やしてみてください。

3-4.肌に合わないと感じたら使用をやめる

クレンジングオイル 使い方今までに紹介した使い方をしているにもかかわらず肌に違和感を覚えたら、クレンジングオイルの使用を控えることも視野に入れてください。

クレンジングオイルは、比較的濃いメイクでも簡単に落とせるようにつくられています。

肌が乾燥しやすい・デリケートに傾きやすい肌の方は、常に肌の状態を意識しながら使うようにしましょう。

また肌に合わないと感じた場合は、クレンジングオイルでないと落ちないような濃いメイクはしないようにすることをおすすめします。

4.【肌らぶ編集部おすすめ】クレンジングオイル

肌らぶ編集部がおすすめする、肌を清浄にしてすこやかに保ってくれるクレンジングオイルをご紹介します。

【PR】
ルナメアAC クレンジングオイル
ルナメアAC クレンジングオイル販売元:富士フイルム株式会社
価格:2,100円(税抜)

富士フイルムが展開するスキンケアブランド「ルナメアAC」のクレンジングオイルです。

ベタつきのないサラッとしたオイルがスルスルと肌の上を伸び、メイクを浮き上がらせてニキビのもとになる毛穴に詰まった汚れもすっきりと洗い落とします。

ハーブ由来の4種の保湿成分*が肌の乾燥を防ぎながら洗い上げ、しっとりとした肌ざわりに仕上がります。 ノンコメドジェニックテスト済み(すべての方にコメド(ニキビのもと)ができないということではありません。)、合成着色料不使用。

*セイヨウナシ果汁発酵液、ヒオウギ抽出液、ビルベリー葉エキス、アーティチョークエキス

公式HPはこちら(大)
【PR】
ファンケル 無添加 マイルドクレンジングオイル
ファンケルマイルドクレンジングオイル販売元:株式会社ファンケル
価格:1,700円(税抜)

マツエクもウォータープルーフマスカラも、濡れた手での使用もOK!
無添加*にこだわる「ファンケル」のクレンジングオイルです。

水のように軽やかなテクスチャーのオイルがあらゆるメイクに素早くなじみ、こすらなくてもメイク汚れをするんと落とします。
肌に必要な水分は残しながら毛穴汚れまですっきりと洗い上げるので、肌を清浄にしながらつるつるとした肌触りのみずみずしい肌に整えてくれます。

WEB限定で、約1ヵ月試せるトライアルボトルが、500円(税抜)送料無料で販売中です!

*防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤無添加

公式HPはこちら(大)

POLA Dクレンジングオイル
D
販売元:株式会社ポーラ
価格:3,600円(税抜)

入浴中などに、濡れた手のままでも使用できるクレンジングオイルです。
オイルなのに厚みのあるふわふわとした感触のテクスチャーがまろやかに広がり、メイク汚れなどをすっきりと洗い上げます。

「ローズヒップオイル」や「アンズエキス」などの保湿成分を配合。
メイク汚れを洗い落として肌を清浄にし、油分・水分を保ちながら肌を引き締めます。

ふんわりと感じられるフローラルブーケの華やかな香りと使用感によって、心地よいクレンジングタイムになるでしょう。

公式HPはこちら(大)

5.最後に

クレンジングオイル 使い方
クレンジングオイルの基本となる使い方と、その中で意識していただきたい「乳化」について、またクレンジングの際に意識しておきたいポイントなどをお伝えしました。

ポイントは常に”丁寧”を意識することです。続けることで、肌にうれしいメリットをたくさん実感できますよ。

メイクを楽しむためにも、土台である肌がとても重要になります。
まずは、普段のクレンジングオイルの使い方を振り返ることから始めましょう。

今回ご紹介したクレンジングオイルの使い方、ぜひ今日から実践してみてくださいね!

>>>毎日のクレンジングで肌をなめらかに『スキンクリアクレンズオイル』はこちら


アテニア スキンクリアクレンズオイル