メニューを開く
2017年2月28日 更新

カラーアイライナーで魅力アップ!選び方と使い方

カラーアイライナー
「カラーアイライナーってどうやって使うのかな?」「挑戦してみたいけど、どの色がいいのかな?」と、お悩みではありませんか?

目元を印象的に魅せるカラーアイライナーは、いつものメイクにプラスするだけで、雰囲気を変えることのできるアイテムです。

ここでは、カラーアイライナーの選び方と使い方をご紹介します。




1.カラーアイライナーの選び方

カラーアイライナーには、さまざまな色があり、どの色も明るめのものから落ち着いたものまで豊富にあります。

また、通常のアイライナーと同様に、いくつかのタイプがあります。

1-1.カラーアイライナーを「色」で選ぶ場合

カラーアイライナー初心者が「色」で選ぶ場合は、できるだけ落ち着いた色のものを選ぶと使いやすいです。

また、使うアイシャドウと同系色のものを選ぶと、ラインだけ浮いてしまうことがないのでおすすめです。

パステル系などの白に近い色は、上まぶたに使うとやや不自然になってしまいますが、下まぶたに使うと目元を明るくすることが期待できます。

■ピンク系

IMG_2479
ビビッドなピンクから、白に近いパールピンクまで、種類も豊富です。

はっきりしたビビッドなピンクは、目元にかわいらしい印象を与えることができます。

■赤系

IMG_2477
赤は、強さを感じさせる、大人っぽい目元を演出することができる色です。

ボルドーなどの落ち着いた色味を使うと、女性らしい色っぽさが引き立ちます。

■紫系

IMG_2478
紫は、エレガントな女性らしさのある目元を演出することができます。

アイシャドウで目のキワにいれる色として使われることも多いので、比較的使いやすい色です。

■青系

IMG_2480
青は、知的でクールな印象を演出します。

落ち着いたネイビーは黒にも近いので、初心者でも使いやすい色です。

■緑系

IMG_2481
緑は、さわやかな印象の目元をつくることができます。

黄みがかったカーキ系の色を使うと、肌にもなじみやすい色なので、浮いて見えにくいという特徴もあります。

1-2.カラーアイライナーを「タイプ」で選ぶ場合

カラーアイライナーには、大きく分けて3つのタイプがあり、それぞれに魅力があります。

カラーアイライナー初心者は、比較的描きやすく修正もしやすいペンシルタイプからはじめてみてはいかがでしょうか。

■ペンシルタイプ

ペンシルタイプのアイライナーは、先端が鉛筆のようになっています。

削って使う鉛筆型、削る必要のない繰り出し式、アイシャドウにも使えるクレヨン型などがあります。

安定感があってラインが描きやすいのが魅力です。

■リキッドタイプ

リキッドタイプのアイライナーは、先端が筆のようになっています。

フェルトペン、筆ペン、細筆など、筆先の形状にも種類があります。

細部まで綺麗に描くことができ、比較的落ちにくいのが魅力です。

■ジェルタイプ

ジェルタイプのアイライナーは、ジャー(容器)に入ったジェルをブラシを使って描くタイプですが、最近では、ジェルアイライナーがペンシル型になったものが多く作られています。

ペンシルタイプとジェルタイプのメリットを併せ持っている点が特徴です。

2.カラーアイライナーの使い方

カラーアイライナーは、ラインの引き方を変えることで、同じ色でも印象が異なる目元を演出することができます。

上下のまぶた、どちらに使うかでも雰囲気が変わるので、好みに合わせて選びましょう。

カラーアイライナー初心者や、さりげなくカラーアイライナーを使いたい方は、目尻側にのみ部分的に色を使うことから始めてみましょう。

2-1.上まぶたに使う場合

■目の上全体に描く

カラーアイライナーを主役にしたメイクで目元をより印象付けることができます。

IMG_4107

①まつげのすき間を黒やブラウンのアイライナーで細く埋める

②目のキワに沿ってラインを描く

■目尻に描く

黒のアイラインを引いてから目尻にかけてカラーアイライナーをプラスすることで、さりげなく色を入れることができます。

カラーアイライナー初心者にも挑戦しやすい描き方です。

IMG_4106

①目のキワに黒(茶色)のアイライナーを細めに入れる

②①で引いたラインの上に、黒目の上くらいの位置から、目尻にかけて太くなるように入れる

目尻を跳ね上げるようにひくと猫の目のようなはっきりした雰囲気に、目のキワに沿って目尻を軽く下げるようにひくと優しい雰囲気になります。

2-2.下まぶたに使う場合

■目の下全体に描く

目の下にカラーアイライナーをプラスすると、色が際立って個性的な仕上がりになります。

上まぶたには使いにくいパステル系のような明るい色も、目の下に入れることで目元を潤ませて魅せることができます。

IMG_4109

①下まぶたの目のキワに沿ってラインを描く

■目尻に描く

下まぶたの目尻に色をのせることで、差し色としていつものメイクを新鮮な印象にチェンジすることができます。

IMG_4108

①下まぶたのキワ、目尻側3分の1くらいにラインを描く

3.まとめ

カラーアイライナーは、目元の印象を変えることのできるとても便利なアイテムです。

ぜひ、いつものメイクにプラスして、アイメイクを楽しんでみてはいかがでしょうか?

※この記事は2017年2月28日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。