メニューを開く
アスタリフト;

かかとがひび割れる原因は2つ!今すぐ試してほしい対策&予防法

かかと ひび割れTOP
「かかとがひび割れていて、ストッキングを穿こうとしたら伝線した」「かかとがぱっくり割れていて、歩くと痛い」等、かかとのひび割れにお悩みではありませんか?

かかとのひび割れを改善するには、まずひび割れの原因を知り、その原因に適したお手入れを行っていくことが大切です。

そこで今回は、かかとのひび割れの原因と対策、簡単に取り入れられる予防法をご紹介します!


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.かかとがひび割れる2つの原因

かかとのひび割れを改善するためには、まず自分のかかとのひび割れの原因を知りましょう。
原因を知ることで、その対策方法もかわってきます。
かかとのひび割れの原因はいろいろありますが主な原因は2つあると考えられています。

・古い角質層が厚くなることによるひび割れ

・水虫によるひび割れ

それでは、それぞれの原因について詳しく見ていきましょう。

①古い角質層が厚くなることによるひび割れ

かかとひび割れ原因
かかとのひび割れの原因の一つに、かかとの古い角質層が厚くなることが考えられます。

角質層が厚くなってしまう原因は「乾燥」「ターンオーバーの乱れ」「外部からの刺激」です。

もともと、かかとは皮脂を分泌し、皮膚の表面を保護・保湿する役割を担っている皮脂腺がないため、乾燥しやすいと言われています。

また、乾燥や加齢、血行不良などさまざまな原因が重なっていくことで、肌のターンオーバーが乱れやすくなります。

かかとも肌の一部ですので、ターンオーバーが乱れると古い角質がはがれにくくなり蓄積され角質層が厚くなっていきます。

そこに歩行や靴の摩擦などの外部からの刺激が加わることで硬くなり、ひび割れが生じてしまうのです。

②水虫によるひび割れ

かかとひび割れ水虫
水虫が原因で、かかとにひび割れが生じることもあります。

一般的に水虫と聞くと、痒みがあったり、患部がジュクジュクしているイメージがあると思います。

しかし、かかとの場合は痒みを伴わない場合がほとんどだと言われています。

水虫の原因となる白癬菌(はくせんきん)が、厚くなった角質の内部に潜んでいるため痒みがほとんど無く、自分ではなかなか判断しづらいのが特徴です。

かかと水虫チェック

□暖かい季節になっても、かかとを中心にカサカサしている

□足の爪が白く濁っている

□昔、足の指の間に水虫ができたことがある

□足の裏やかかとが粉をふいたようになっている

□かかと以外の足の皮がむけている

上記5つの項目にあてはまり、春や夏などの暖かい季節になっても、かかとのひび割れが改善されない場合はかかと水虫の可能性が考えられます。

一度、皮膚科を受診して医師と相談しながら治療を行っていくことをおすすめします。

2.かかとのひび割れ対策|角質層が厚い場合

かかとのひび割れ対策方法は、先ほどご紹介した原因によってそれぞれ異なります。

ここでは、かかとの角質層が厚くなることが原因でひび割れを誘発してしまう場合の対策方法をお伝えします。

かかとの角質層が厚くなることが原因の場合は「古い角質の除去」「保湿」の2つの対策を行っていきましょう。

このケア方法は、かかと水虫にはあまり適していません。

その理由は、角質除去の摩擦で仮にかかとに傷がついた場合、その傷口から菌が入り込んで悪化させてしまう可能性が考えられるからです。

①古い角質を除去する

かかとの角質層が厚くなっている場合は、まず、古い角質を除去することが大切です。

角質が厚くなった状態では、一生懸命お手入れを行っていても保湿成分が、かかとの内部にうまく浸透していかず思うような結果を得られないからです。

かかと ひび割れお風呂
角質ケアは入浴時、お風呂上りが良いと言われています。

お風呂に浸かって(時間がない場合は足湯でもOK)、かかとの皮膚を柔らかくしてから、分厚くなった角質を取り除きましょう。

角質を除去する方法は一般的に「削る」「磨く」「はがす」の3種類があります。

角質ケアはやりすぎると肌に負担をかけてしまうので、やりすぎないように気を付けましょう。

足の状態によってケアのペースは異なりますが、週に1~2回程度を目安に行うようにしてください。

【角質ケアの種類と特徴】

★「削る」タイプ
かかとひび割れ削る

・お手入れ方法

かかと専用のやすりを使って角質を除去

・良い点

お手入れ方法が簡単なうえ、その場で結果が実感できる

・注意点

やすりを正しく使わないと角質を削りすぎてしまったり、周りの皮膚を傷つけてしまう可能性がある

・こんな人におすすめ!

手軽に角質ケアしたい、角質を今すぐ除去したい方

★「磨く」タイプ
かかとひび割れ磨く

・お手入れ方法

スクラブ入りのクリームなどでかかとをマッサージしながら、角質を除去

・良い点

手軽にお手入れができるうえに、肌にかかる負担が抑えられる

・注意点

結果を実感するまでに時間がかかる。継続的お手入れをしていく必要がある

・こんな人におすすめ!

手軽に角質ケアしたい、でもなるべく肌に負担をかけたくない方

★「はがす」タイプ
かかとひび割れはがす

・お手入れ方法

角質をはがれやすくする専用の薬剤を使って角質を除去。

・良い点

薬液に足を浸けるだけなのでお手入れが簡単。薬剤に浸した所はしっかりと角質が取り除ける

・注意点

結果を実感するまでに時間がかかるうえに、はがれていくときの見た目が良くない。薬液が肌に合わない場合がある

・こんな人におすすめ!

きれいに角質ケアしたい、じっくりお手入れしたい方

②保湿する

かかとの角質ケアをした後は、保湿をしましょう。角質ケアをしたかかとは、乾燥しやすくとてもデリケートな状態です。

化粧水をたっぷりしみこませたティッシュやキッチンペーパーなどをかかとにあて、しっかり保湿しましょう。
かかとひび割れ 化粧水
その後、かかとに保湿クリームをたっぷり塗ってあげましょう。

また角質層が厚くなっているかかとには尿素配合の保湿クリームがおすすめです。

尿素には肌の潤いを保つ天然保湿成分NMFが含まれており、硬くなった角質を柔らかくする働きがあると言われているからです。

ただ、角質層が柔らかくなりすぎてしまうと、逆に肌が乾燥しやすくなったり、ターンオーバーが乱れたりすることがあるので、使用頻度は週に1~2回程度にとどめておきましょう。

保湿クリームを塗る際は、マッサージをしながら塗ることをおすすめします。

血行をよくして、健やかなかかとを目指しましょう。

【マッサージ方法】

手順1|円を描くようにして保湿クリームをなじませる。

かかとひびわれマッサージ2
かかとを手のひらで温めてから円を描くようにして保湿クリームを塗りこんでいきましょう。

手順2|親指以外の4本の指の第2関節を使ってマッサージする。

かかとひび割れマッサージ手

手の形ですが、手を軽く「グー」に握り、親指以外の4本の指をぴったり合わせるようにしましょう。

手順3|つま先からかかとの方に向かって川の字を書くように押しながらさすります。

かかとひびわれマッサージ1
足の裏の親指と人差し指の間の下に、疲れを流すと言われるポイントがあります。
そこを軽くプッシュしながら流していきましょう。これを、3回ほど繰り返してみてください。

保湿クリームを塗ってかかとをケアしていても「なかなか肌がやわらいだと感じられない」、「もっとしっかり保湿したい」という方は、ワセリンパックを試してみてください。
かかとひび割れワセリン
ワセリンは肌の表面に油膜を作り、肌の水分の蒸発を抑えながら乾燥を防ぐことが期待できると言われています。

少し手間はかかりますが、スペシャルなお手入れとしておすすめです。

【ワセリンパックの方法】

手順1|お風呂または足湯や蒸しタオルで足を温めます。

かかとひび割れ蒸しタオル
蒸しタオルが冷めてきたらタオルを外しましょう。
足湯の場合も、足が温まってきたなと感じたタイミングでかまいません。

手順2|かかとにワセリンを塗ります。

かかとひび割れかかとワセリン
かかと全体を覆うようなイメージでまんべんなく塗っていきましょう。

手順3|かかとにサランラップを巻きます。

かかとひび割れラップ
きつく巻きすぎないように注意してください。

手順4|その上から靴下を履いて5~10分ほどパックします。

かかとひび割れかかと靴下
靴下は足をしめつけない履き口がゆるいものがおすすめです。
パック後はラップを取り、ベタつきが気になる場合はかかとを軽くふき取りましょう。

3.かかとの角質層が厚くなるのを防ぐ3つのポイント

かかとの角質層が厚くなるのを防ぐには「かかとに刺激を与えない」ことが大切です。

ここでは、かかとの角質層が厚くなるのを防ぐ予防策を3つご紹介します。

ぜひ、今日から取り入れてみてください!

①クッション性のある靴を履く

かかとひび割れクッション靴
かかとに刺激を与えないためにクッション性のある靴を履きましょう。

クッション性が良い靴を履くことで、歩行時の衝撃をやわらげ、かかとにかかる負担を軽減できると言われています。

クッション性のある靴だと歩きづらいという方は、クッション性のある少し分厚い中敷きをいつも履いている靴に敷いてみましょう。

②裸足で過ごすのを控える

かかとひび割れ裸足ダメ
かかとに刺激を与えないために、裸足で過ごすのは控えましょう。

その理由は、靴を履いている時に比べて歩行時の衝撃や体重がダイレクトに伝わりやすいからです。

ちょっとの外出時やベランダへ出る時など、健康サンダルを活用している方も多いと思いますが、健康サンダルはかかとへの刺激が強いのでなるべく、使用は控えた方が良いでしょう。

③長時間歩くのを控える

かかとひび割れかかと歩く
かかとに刺激を与えないためにも長時間歩くのは避けましょう。

かかとは全身の体重を支え、身体にかかる衝撃を受ける役割を担っています。

長時間歩くということは、かかとも長時間刺激を受け続けるということになります。

そうなると当然、かかとや足の裏に負担がかかり、かかとの角質が厚くなってしまいます。

4. かかとのひび割れ対策|水虫の場合

かかとひび割れ皮膚科
水虫によってかかとがひび割れている場合は、セルフケアで対策することは難しいです。

水虫の可能性がある方は、まず皮膚科に相談しにいきましょう。

病院では問診のほかに、水虫の疑いがある患部の皮膚を一部採取して顕微鏡で観察して診断されることが多いと言われています。

診断の結果、かかと水虫と判断された方は、塗り薬を処方されて様子を見ていくようです。

※検査方法には個人差があります。詳しくは最寄りの皮膚科などの専門機関にお問い合わせください。
医者おでこ

5.かかとの水虫を予防する2つのポイント

かかとの水虫は日常生活のなかで、たった2つのことを心がけることで予防することができます。

それでは、ここでかかとの水虫の予防策を2つご紹介します。

ぜひ習慣化するように心がけてみてください。

①足を清潔にする

かかとひび割れ石鹸
かかと水虫にならないためには、足を清潔にすることが大切です。

水虫の原因菌が、かかとに定着しないように、足を洗う時はかかとまで丁寧に洗うようにしましょう。

丁寧に洗った後は、足に石鹸カスが残らないようにしっかりと洗い流してください。

②靴を清潔に保つ

かかとひび割れ靴乾かす
かかと水虫にならないためにも、靴を清潔に保ちましょう。

靴は熱と湿気がこもりやすく、菌が繁殖しやすいと言われています。

同じ靴を毎日連続で履くのは避けて、1日履いた靴は通気性の良い場所で休ませて乾燥させるようにしてください。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか。

かかとのひび割れを改善するには、原因に適したお手入れを行っていくことが大切です。

昔から「女性の美しさは細部に宿る」と言われています。

かかとも肌と同じように丁寧にケアしてひび割れ知らずの「かかと美人」を目指しましょう!

この記事は2016年9月28日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る