メニューを開く
アスタリフト;

目元のケアにおすすめ!セルフケアアイテム9選

目元 ケア
「目元のケアってどうしたらいいのかな?」とお困りではありませんか?

目元には、しわやたるみなどのお悩みが出やすく、年齢が出やすい部分と言われていますが、その分しっかりとセルフケアを行うことで、顔の印象を明るくすることもできる部分です。

今回は、目元のセルフケアの重要性と、目元のセルフケアにおすすめのアイテムをご紹介します。



astalift
astalift

1.目元のセルフケアの重要性

目元のセルフケアが重要なのは、目元が通常のお手入れだけでは乾燥しやすく、ちょっとしたことが原因でお悩みが出やすい部分だからです。

目元は皮膚が薄く、頬の皮膚の3分の1ほどの薄さしかないことに加えて皮脂腺が少ないため、潤いが不足しがちな部分だと考えられます。

また、目元は瞬きによりよく動くか所でもあるため、皮膚の曲げ伸ばしが頻発し、しわやたるみ、くすみなどのお悩みが目立ちやすくなることがあります。

そのため、通常のお手入れにプラスして、しっかりと保湿のできる目元のセルフケアを行うことが大切だと言われています。

また、現在特に目元のお悩みがない方も、早い段階から目元のセルフケアを取り入れることで、お悩みのない目元をキープすることができるのでおすすめです。

2.目元のセルフケアアイテムの選び方

目元のセルフケアは、「アイクリーム」や「目元用美容液」といった目元専用のアイテムを使用しましょう。

なぜなら、目元のセルフケアで最も重要なのは「保湿」であり、目元に特化したアイテムは、皮膚が薄く乾燥しやすい目元に十分な潤いを与えられるような高い保湿力のものが多いからです。

アイクリーム・目元用美容液ともに、お悩みにはたらきかけるアイテムなので、どちらを使用しても目元のセルフケアをしっかり行うことができると考えられます。

アイクリームは、油分がベースでつくられていて水分の蒸発を防ぐ期待ができるアイテムなので、とにかく乾燥しやすい方、しっとりとした使用感がお好みの方におすすめです。

目元用美容液は、美容成分を肌にしっかりと届けるためにつくられたものが多く、べたつくのが苦手な方、みずみずしい使用感がお好みの方におすすめです。

3.お悩み別!おすすめ目元用セルフケアアイテム9選

多くの種類がある目元のセルフケアアイテムの中から肌らぶ編集部が厳選した、おすすめの目元用セルフケアアイテム9選をお伝えします。

<選定基準>
・保湿力の高い成分が配合されているか
(セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸・アミノ酸・グリセリン 等)

・目元のお悩みに合った成分が配合されているか

■しわが気になる方

しわが気になる方は、肌にハリを与える成分の配合されたアイテムがおすすめです。

B.A ザ アイクリーム
BA
年齢を重ねた肌に現れる、しわ・たるみ等の原因といわれている「糖化」に着目したシリーズのアイクリームです。

保湿成分「グリセリン」に加えて、肌にハリを与えるといわれているPOLA独自のオリジナル保湿成分「月桃葉BAリキッド」「アケビエキス」がゆるみがちな目元にアプローチするため、はっきりとしたしわが気になる方におすすめです。

POLA 公式ホームページはこちら

POLA サインズショット(医薬部外品)
サインズショット
保湿成分「グリセリン」の他、POLA独自のオリジナル成分「サインズコアリキッド」(党珍抽出物加水分解液とボタンエキスの複合保湿成分)が肌表面にピンとしたハリを与え、潤いを保ち、乾燥によるしわをできにくくします。

表情によるしわに特化した部分用美容液なので、笑った時にできる目尻のしわにおすすめです。

眉間や額のしわ、ほうれい線などにもお使いいただけます。

POLA公式ホームページはこちら

キラリエアイクリーム
kirarie
ハリを与える「パルミチン酸レチノール」、保湿力の高い「水溶性コラーゲン」「ヒアルロン酸Na」などが配合された美容液です。

しわ、小じわ、くすみ、たるみなどの目元のさまざまなお悩みにおすすめです。

キラリエ 公式ホームページはこちら

■まぶたのたるみが気になる方

まぶたのたるみが気になる方は、肌のハリをサポートする成分の配合されたアイテムがおすすめです。

ビーグレン トータルリペアアイセラム
ビーグレン アイセラム
「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「セラミド」等の保湿成分、肌のハリをサポートする成分「FGF(線維芽細胞成長因子)」配合の目元用美容液です。

潤いに満ちたなめらかさとハリを感じる目元に導き、まぶたのたるみ・ゆるみにアプローチします。

ビーグレン公式ホームページはこちら

アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジ ラインセラムアイEX

アンプルール アイクリーム
保湿成分「グリセリン」「コラーゲン」だけでなく、肌のハリをサポートする「レチノール」配合で、年齢のサインがでやすい目元にアプローチする美容液です。

たるみの気になる肌を、ピンとした豊かなハリのある肌へと導きます。

ラグジュアリー・デ・エイジ ラインセラム アイEXがお試しできるトライアルキットはこちら

ジェミーネフェルタリ アイゾーンセラム
アイゾーンセラム 

肌のハリをサポートする「ビタミンC誘導体」「ナイアシン」が配合されていて、年齢を感じる目元のお手入れにおすすめの美容液です。

保湿成分「セラミド」「コラーゲン」も配合されています。潤いとハリを与えます。

クリスタルジェミー 公式ホームページはこちら

■目元のくすみが気になる方

目元のくすみが気になる方は、目元に潤いとツヤを感じさせるような使用感のアイテムがおすすめです。

フラセラ アンフェイディング アイクリーム
フラセラ アイクリーム
「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」等の保湿成分が目元に潤いをしっかりと与えるアイクリームです。

美白(※)成分「トラネキサム酸」「エラグ酸」「アルブチン」が目元に透明感を与え、くすみを目立ちにくくします。
(※日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ)

フラセラ 公式ホームページはこちら

アテニア アイ エクストラ セラム
アテニア
保湿成分「グリセリン」の他、「アロエベラ葉エキス」「セイヨウキズタエキス」といった植物エキスが肌に潤いを与え、目元の印象をなめらかにします。

皮膚の角質層にも存在するアミノ酸の一種である「シトルリン」配合で、ツヤを感じさせるような使用感の目元用美容液です。

アテニア 公式ホームページはこちら

エトヴォス バイタライジングアイセラム
ETVOS アイセラム
「セラミド」「ヒアルロン酸」「アミノ酸」等の保湿成分が豊富に配合された目元用美容液です。

水分をはさみ込んでキープする保湿力が非常に高い「ヒト型セラミド」が肌にしっかりと潤いを与えるだけでなく、美白成分「ビタミンC誘導体」配合で肌にツヤを与えます。

エトヴォス公式ホームページはこちら

4.目元用セルフケアアイテムを使用する際の注意点

目元用のセルフケアアイテムをより効率よく使用するために、以下の2点に注意しましょう。

■使用量・使用方法を守る

アイクリームや目元用美容液は、使用量や使用方法を守りましょう。

特に、使用方法は商品によって大きく異なり、化粧水の後に使用するもの、美容液の後に使用するもの、お手入れの最後に使用するものなどがあります。

その製品の良さを最大限に実感するためにも、適量を正しい順番で使用しましょう。

■やさしく丁寧に塗りこむ

アイクリームや目元用美容液を目元になじませる際には、刺激を与えないように指の腹を使ってやさしく丁寧に塗りこみましょう。

指先に力を加えて塗ると、デリケートな目元の皮膚を傷つけてしまう可能性があるため、軽く押さえるようなイメージでしっかりとなじませます。

5.目元のお悩みを深刻化させないために意識すること

目元のお悩みが目立たなくなるように、日常生活では以下のことに気をつけましょう。

■目に過剰な刺激を与えない

目をこする、引っ張るなどの癖がある人は、無意識のうちに目元に刺激を与えてしまっている可能性があるため、意識して直しましょう。

目がかゆいときや眠くなったときに無意識で目をこすってしまう人は、目元の皮膚に過剰な負担を与えてしまうことがあります。そして、目元のお悩みを深刻化させる一因となります。

また、コンタクトレンズを使用している方で、目の下を強く引っ張る癖がある場合は、それも目元に刺激を与えることがあるため注意しましょう。

■アイメイクは専用のリムーバーでオフする

落ちにくいアイメイクは、アイメイクを落とす専用のクレンジングである、アイメイクリムーバーを使用することがおすすめです。

目元の皮膚はとても薄く、メイクオフを行うだけでも刺激となることがあり、目元のお悩みを増加させやすくなります。

アイメイクは、涙によってにじまないように落ちにくいものが多く通常のクレンジングでは落としにくいため、メイクをオフするときにも力が加わってしまうことがあるからです。

アイメイクは、アイメイクリムーバーをコットンに適量含ませて、目元のメイクとよくなじませてからやさしく丁寧に落としましょう。

6.まとめ

目元は皮膚が薄く繊細な部分のため、乾燥をはじめとした気がかりが現れやすい部分ですが、目元専用のセルフケアアイテムをつかうことで、潤いに満ちた肌に整えてお悩みを解決しやすくすることが期待できます。

アイクリームや目元用美容液でセルフケアを行い、お悩みのない目元を目指しましょう!

※この記事は2015年12月16日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る