メニューを開く
提供:株式会社POLA

顔の乾燥をどうにかしたい!乾燥の原因と対処法


Pocket
LINEで送る

顔 乾燥
「顔がカサカサと乾燥して顔がつっぱる感じがする」「この乾燥どうにかならないの?」と思っていませんか?

特に冬は顔の乾燥が気になりますよね。

顔は体に比べて皮膚が薄く、常に外気に触れているため、乾燥しやすい部分です。

乾燥は大きく分けて『季節的な乾燥』と『慢性的な乾燥』の2種類があります。今回は2つの乾燥の原因と、乾燥の予防法などをご紹介します。

◆肌らぶ セレクション◆

モイスティシモ トライアルセット4

どんなに保湿をしても渇きを感じる肌のために、大人の保湿スキンケアシリーズ「モイスティシモ

なんだか潤った気がしない、季節に関係なく顔の乾燥が気になる、そんな方にオススメの保湿セルフケアセットです!

まずはじっくりうるおいを実感できる2週間トライアルセットで、この濃密なうるおい感をお試しください!
モイスティシモ トライアルセット


1.顔の乾燥には種類がある

顔の乾燥は大きく分けて2種類です。
冬などの空気が乾燥する時期だけに起こる『季節的な乾燥』と、生活習慣や肌に合わないセルフケアなどの負担が積み重なった『慢性的な乾燥』です。

いつもと同じお手入れをしているのに、冬になると顔が乾燥してしまう…という方も多いかと思いますが、これは空気が乾燥していることによる一時的な肌の乾燥と言えるでしょう。

一方、冬に限らず春や夏でも顔の乾燥が気になるという方は、生活習慣や肌に合わないセルフケアなどによる肌の乾燥の可能性があります。

2.顔が乾燥する原因

まずは自分の顔の乾燥が季節的な乾燥なのか、慢性的な乾燥なのかを確認しましょう。

「乾燥するのは冬だけだから保湿をしっかりすれば大丈夫!」と、思っている方も、生活習慣など他にも乾燥の原因があるかもしれません。それに気づかず顔の肌が乾燥したままだと、かゆみやかさつきなど、肌悩みを引き起こすことになるかもしれません。

乾燥の原因を知って、顔の乾燥対策をしましょう。

2-1.季節的な乾燥の原因

季節的な乾燥の主な原因は、空気が乾燥し肌の水分が逃げてしまうことだと言われています。

冬は気温が下がり、空気中の水分も減少します。水分は乾燥しているところへ流れやすいので、空気中の水分が減ると、肌の水分が逃げて顔の肌の乾燥が起きやすいです。

いつもと同じお手入れをしているのに冬になると頬や口元がカサついたり、粉をふいてしまうという方は、ほとんどの場合が季節的な乾燥で一時的なものだと考えられます。

さらに冬は寒さで体が冷え、血のめぐりが滞りやすくなり、体のリズムが乱れて皮脂が減ることがあります。

肌の表面を覆う皮脂が減ると、その分肌の水分が蒸発しやすくなります。

また、顔はいつも外気と触れているのに、からだと違って洋服を着ていませんので、からだに比べて水分が逃げやすくなります。

季節的な乾燥とはいっても、一時的なものと思い込んでお手入れを怠ると、乾燥状態が慢性化する可能性もあります。
そうなる前に乾燥の原因を知り、乾燥対策を行うことが大切です。

2-2.慢性的な乾燥の原因

慢性的な乾燥の主な原因は、肌に合わないセルフケアや生活習慣、加齢などが積み重なって起こると言われています。

冬に限らず顔の乾燥が気になる方や、洗顔後にしっかりお手入れして保湿していても肌がカサついたり粉をふいてしまう方は、慢性的な乾燥の可能性があります。

また、年齢とともに肌は乾燥しやすくなる傾向にあります。年をとると皮脂の分泌量が減ると言われているため、肌の水分が逃げて乾燥しやすいのです。

乾燥が進むと皮膚の表面がひび割れて、そこから細菌・花粉などが入り、かゆみを引き起こすこともあります。

季節的な乾燥と慢性的な乾燥のどちらにしても、乾燥した状態のままだと、かゆみ・湿疹などを引き起こすこともあります。

慢性的な乾燥の原因と考えられる具体的な行動を紹介しますので、いつもの行動を思い返してみて下さい。

原因①自宅でのスキンケア方法

顔 乾燥 洗顔

顔の皮膚はからだに比べて薄く、厚さ平均1.5~2ミリと言われています。
一番薄いまぶたは0.6ミリ程度ととても薄いです。(部位によりますが、からだは約2~3ミリ程度と言われています。)

そのため、少しの負担や肌に合わないセルフケアによって乾燥・肌荒れを引き起こすことがあります。
原因となる、自宅でのスキンケア方法をみていきましょう。

①-1.熱いお湯で洗う

顔を洗う時は26~30度程度のぬるま湯で行うことをおすすめします。

お皿を洗う際に、水よりお湯の方が油汚れを落としやすいことはありませんか?

あまりに高温のお湯で洗顔をすると、顔に必要な皮脂も落ちることがあります。

①-2.顔を洗う時・拭く時にゴシゴシこする

顔は皮膚が薄いため、洗顔時にゴシゴシと強くこすったり、洗顔後にタオルでゴシゴシ拭いたりする摩擦が負担となり、顔の乾燥につながることがあります。

原因②生活習慣

②-1.睡眠不足

睡眠が不足することも、乾燥の原因となることがあります。

睡眠中には、肌の活動が活発になるからです。

②-2.暖房のつけすぎ

暖房で部屋の温度を上げると湿度が低下し、肌から水分が逃げて乾燥しやすくなります。

水分は乾燥しているところに逃げていきやすいので、湿度が低くなり空気が乾燥すると、肌が乾燥しやすくなるのです。

②-3.バランスの偏った食事
必要な栄養素が不足すると、肌の潤いが保ちにくくなります。

また、代謝が悪くなると皮脂の分泌が減るため、乾燥しやすくなります。

②-4.ストレス

ストレスも乾燥の原因の1つです。

なぜならば、ストレスを感じるとホルモンバランスが崩れ、肌の水分量が減ると言われているため、乾燥に繋がるのです。

また、特にデリケートになっている部分に影響が出やすいため、肌がもともとデリケートな方は、ストレスにより乾燥・肌荒れ・かゆみなどを引き起こすことがあります。

②-5.タバコ
タバコを吸うことで、体内のリズムが狂い、乾燥につながることがあります。

また、タバコに火をつけて発生した一酸化炭素によって細胞が酸素不足になるとも言われています。

3.季節的な乾燥の対処法

季節的な乾燥の対処法は、空気を乾燥させないことと、いつもより意識してしっかり肌の保湿をすることです。

空気が乾燥することが原因で、いつもと変わらないセルフスキンケアをしているにも関わらず、肌がつっぱったり粉をふくことがあります。

肌の水分は乾燥しているところへいきやすいです、12月~2月は特に湿度が低くなるため、空気の乾燥によって肌の水分が逃げやすいと言われています。
冬場は特に『空気の乾燥』『肌の保湿』に気を配りましょう。

■部屋が乾燥しているかどうかの目安■
部屋の湿度は40~60%程度が理想的です。

湿度計がない方は、乾燥しているかどうかの目安がありますので次の方法を試してみてください。

①ガラス・金属製のコップに氷水を入れて部屋に置きます。
②2~3分してもコップのまわりに水滴がつかないようなら部屋が乾燥している可能性があります。
(湿度が十分にある場合は、すぐに水滴がつき始めます。)

もしあなたの部屋が乾燥しているなら、お肌の保湿に加えて、部屋の湿度を上げるよう心がけましょう。

3-1.セルフスキンケア方法

①クレンジング・洗顔方法

顔 乾燥 洗顔

冬など空気が乾燥する季節は、いつもと同じ方法でクレンジング・洗顔をしても肌がつっぱる感じを受けることがあります。

冬に限ったことではありませんが、肌に合わない方法で続けていると、顔の乾燥がすすむ可能性がありますので、正しい方法でクレンジング・洗顔を行いましょう。

■クレンジングの選び方

肌に合ったクレンジングを選ぶことはとても大切です。
乾燥を防ぐため、自分の肌に合ったクレンジングを見つけましょう。

■洗顔方法

乾燥した肌に刺激と摩擦は大敵です。間違った洗顔方法が肌の乾燥を悪化させる可能性もあります。
ゴシゴシ刺激を与えない・ぬるま湯で洗うなど、すぐに始められることばかりなので、出来るところから少しずつでも変えていきましょう。

~~肌らぶ参考商品~~
モイスティシモ トライアル
モイスティシモ (2)
価格:3,200円(+税)
乾燥しやすい肌にうるおいを与えてなめらかにするシリーズ「モイスティシモ」の5つの商品を約2週間試せる、とてもお得なセットです。

>>モイスティシモ トライアル公式HPはこちら

②保湿

顔 乾燥 化粧水

まず化粧水などでしっかり保湿成分を補い、その後乳液・クリームなどの油分でフタをします。

乾燥している方はお肌の角質層までよく浸透する化粧水を使い、油分の多い乳液やクリームで水分が逃げないようにしましょう。
乾燥を防ぐために、洗顔・入浴後すぐのタイミングにお手入れすることがポイントです。

化粧水は水溶性の保湿成分入りのものがおすすめです。
水溶性の保湿成分とは主に以下のものです。

・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・エラスチン
・グリセリン
・プロピレングリコール(PG)
・ブチレングリコール(BG)

化粧水で補った水溶性の保湿成分を乳液・クリームなどで覆いましょう。
乳液やクリームは、油性の保湿成分が入ったものを選びましょう。以下のものが油性の保湿成分です。

・セラミド(ヒト型セラミド ※セラミド2・セラミド3など番号がついて表記されています。)
・ステアリン酸コレステロール
・スフィンゴ脂質
・水素添加大豆レシチン

それでも乾燥してしまう部分があるようなら、ワセリンを試してみてはいかがでしょうか。
やわらかい使い心地で、皮膚の表面を覆って守ってくれます。

冬はいつも乾燥してしまうという方は、化粧水・乳液・クリームを冬だけ変えるのも良いでしょう。
上記の成分を参考にしてみてください。

3-2.部屋の湿度を上げる方法

前述通り、部屋の湿度は40~60%程度が理想的です。部屋の湿度が低い時は、以下の方法を試してみてください。

①加湿器をつける

加湿器は部屋の湿度を上げるものなので、湿度が低く空気が乾燥している時は加湿器をつけましょう。
最近では、様々なタイプの加湿器が販売されているので、インテリアとしても活用できますね。

②濡れたタオル・洗濯物などを室内に干す

干すタオルや洗濯ものの面積が大きいほど、湿度を上げやすくなります。
寝る前にベッド・布団など寝る場所の近くにタオルなどを干すと、睡眠中の乾燥防止に役立ちます。

③床などを水拭きする

床が水拭きOKのフローリングであれば、床を水拭きすることで加湿が期待できます。
ホコリが巻き上がることもありませんし、掃除も兼ねて出来るのでおすすめです。

床がフローリングではない場合は、テーブルや窓などを水拭きしてみてください。

④入浴後、風呂場の扉を開けっぱなしにする

風呂場にたまっていた蒸気が流れて、部屋が加湿されます。
流れた空気が一か所にたまるとカビが生えることがあるので、扇風機などで空気が流れるようにしましょう。

30分程度でも加湿されると言われています。
換気扇をつけたままだと蒸気が吸い込まれてしまうので、部屋を買いつしたい場合は換気扇を切りましょう。

浴室にカビが生えていると、空気が流れた場所にカビが生えることもあるので、浴室を清潔に保つようにしましょう。

⑤鍋など、湯気が出る料理を作る

料理から出る湯気で、部屋の加湿が期待できます。
お湯を沸かすだけでも湯気が出るのでおすすめです。

⑥石油ストーブ・ファンヒーターなどを使う

石油・ガスは燃焼するときに水蒸気が一緒に放出されるため、加湿が期待できます。
とはいえ、長時間使用すると空気が悪くなるので、1~2時間ごとに空気を入れ替えましょう。

自宅にエアコンしかないという方は、風が出るあたりに濡れた布をかけると、湿った風が出てきます。

布が乾かないよう気を付けながら試してみてください。

季節的な乾燥でも、乾燥した状態が続くと慢性化することがあります。

慢性的に乾燥すると、様々な肌悩みが出ることもあります。

乾燥対策のための洗顔・クレンジング方法や生活習慣については次の[4.慢性的な乾燥の対処法]に記載していますので、あわせてご覧ください。

4.慢性的な乾燥の対処法

慢性的な乾燥の対処法は、セルフスキンケア方法・生活習慣を見直して改善することです。

肌の乾燥が慢性化すると乾燥だけでなくかゆみが出て、それをかいてしまうと皮が剥けたり湿疹になったりする可能性があります。
できることから実践し、乾燥を防ぎましょう。

4-1.セルフスキンケア方法

まずは今のセルフスキンケア方法を見直してみましょう。
基本的なセルフスキンケア方法は、[3.季節的な乾燥の対処法]と同様なので、そちらをご覧ください。

4-2.食生活

顔 乾燥 食べ物

食事内容に偏りがあったり、食事量を極端に減らしすぎたりしていると、栄養が偏って肌の乾燥につながることがあります。
乾燥対策には、バランスの整った食事で健やかな肌を保つことが大切です。

健やかな肌を保つためにぜひ取り入れたい栄養素を、期待できる役割とあわせてご紹介します。

・ビタミンA(緑黄色野菜・うなぎ・卵黄・乳製品・海藻など)
…皮膚の潤いを保つ。乾燥を防ぐ。

・ビタミンE(たらこ・大豆・ナッツ類・アボガドなど)
…肌を守る。血行を良くする。

・ビタミンB(卵・乳製品・大豆・魚類・豚肉など)
…肌を健康な状態に保つ。

・ビタミンC(ピーマン・イチゴ・柑橘類など)
…皮膚を守る。肌にハリを持たせる。

・ベータカロテン(緑黄色野菜・海藻類など)
…体内でビタミンAの働きをする。肌を健康に保つ。

・タンパク質(卵・大豆・魚介類・肉)
…健康的な肌を保つ。

・必須脂肪酸(脂肪)(肉・サバ、イワシなど青魚・ごま・クルミなど)
…肌の潤いを保つ。

4-3.充分な睡眠をとる

睡眠時間も大切ですが、重要なのは質の良い睡眠をとることです。
寝始めの約3時間に成長ホルモンが集中的に分泌されると言われていますので、特に寝始めの3時間は眠りの質を良くするようにしましょう。

■眠りの質を良くする方法

①就寝前に部屋を暗くしておく

寝る直前まで部屋が明るいと、睡眠を促すメラトニンというホルモンの分泌が抑えられ、
眠りが浅くなったり寝つきにも影響があると言われています。

寝る前は部屋の電気を少し暗くし、間接照明にしてみるようにしましょう。

②就寝前のストレッチ

日常的にウォーキングなど適度な運動をするのが理想的ですが、
なかなか運動の時間が取れない方のために、寝る前にできる簡単なストレッチを紹介します。

静かにゆっくりと、大きく深い呼吸で行いましょう。

・伸びのストレッチ

顔 乾燥 ストレッチ伸び

①布団などの上に寝て、腕を頭の上にまっすぐ伸ばし、足も同様にまっすぐ伸ばします。
②深呼吸をしながら気持ちのいいところまで伸ばします。足は踵を下に押すように伸ばしましょう。
③ゆっくりと力を抜いて終わりです。これを数回繰り返します。

・手足ブラブラストレッチ

顔 乾燥 ストレッチ手足

①布団に仰向けになって手足を上に上げます。
②手首、足首をぶらぶらと左右に動かします。手足が温まるまで1分程続けましょう。

③就寝前にスマホ・PC・テレビなどを控える

スマホやテレビなどからの光を受けると脳が活性化し寝つきが悪くなります。

睡眠前の1時間程度を目安に、使用を控えると良いでしょう。

4-4.タバコを控える

タバコを吸うことで体内のめぐりが滞ってしまうことがあります。
乾燥の原因になることもありますので、吸いすぎに気を付けましょう。

5.乾燥の状態

肌の乾燥状態には段階があります。乾燥状態が進んでいく前に、早めの対策をしましょう。

乾燥レベル①肌のつっぱり・かさつき・粉をふく

肌のつっぱり・かさつきは、肌の水分が急激に蒸発してしまうことと、水分を保つ力が衰えていることが原因で起こると言われています。
粉をふいてしまうのは、皮膚が乾燥して固くなり、角質がうまく剥がれ落ちずに残ってしまうことが原因です。

乾燥レベル②かゆみ・ひび割れ・肌のザラつき

かゆみが起こるのは、肌がひび割れてデリケートになった部分が、外部からの刺激に過剰に反応してしまうことが原因と考えられえています。
ひび割れ・ザラつきは肌の水分がなくなり乾燥することと、古い角質が残ったままになっていることが原因の一つです。

乾燥レベル③湿疹

湿疹は、乾燥しひび割れた部分から細菌が入ることや、かゆみが出た肌をかいてしまうことなどが原因となります。

気になる方は、一度専門医に相談してみてください。治療の必要がない場合もアドバイスをもらえます。

まずは肌の乾燥を予防するために、できる対処法から試してみましょう。
乾燥が進んで、気になるような状態であれば、早めに皮膚科を受診しましょう。

この記事は2016年4月18日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る