メニューを開く
アスタリフト;
提供:株式会社ピカイチ

フェイスラインにできるニキビの原因は?正しいセルフケアと予防対策

フェイスライン ニキビ1
「繰り返しできてしまうフェイスラインのニキビの原因は何?どうやってお手入れすれば良いの?」とお悩みではありませんか?

フェイスラインのニキビは複合的な原因によって発生する「大人ニキビ」のひとつで、正しいお手入れを行うことが何よりも大切です。

そこで今回は、顎・顔の輪郭などのフェイスラインにできてしまうニキビの原因と正しいセルフケア、予防方法などについてご紹介します。

気になる背中から見とれちゃう背中に!ニキビ対策ジェル「パルクレールジェル」>>>




富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

Reproskin(リプロスキン)【医薬部外品】
リプロスキン

Reproskin(リプロスキン)は、「ニキビ後の肌」に着目してつくられた薬用化粧水です。
さらっとした使用感でスーッと肌になじみ、気になるニキビをできる前に防ぎます。

整肌成分グリチルリチン酸ジカリウム、美白*成分プラセンタエキス、保湿成分スクワラン、ヒアルロン酸などがしっかりと角質層に浸透して、肌を整えます。*日焼けによるシミそばかすを防ぐ

毎日のお手入れにプラスして、なめらかな肌を実感してみませんか?

公式HPはこちら(オレンジ)

1.フェイスラインにニキビができてしまう主な原因

フェイスライン
フェイスラインとは顔の輪郭(側面)の事で、特に頬から顎にかけての部分を指します。フェイスラインにニキビができてしまう原因は主に3つあります。

原因① 保湿不足による肌の乾燥

フェイスライン ニキビ
フェイスラインニキビを引き起こす原因のひとつが保湿不足による肌の乾燥です。

何故なら、フェイスラインはスキンケアを怠りやすい部分であり、保湿不足によって乾燥を引き起こしやすいからです。

フェイスラインは乾燥すると肌表面が硬くごわつき、柔軟性を失って皮脂を詰まらせやすくしてしまうので結果的にニキビを誘発してしまう可能性があるのです。

原因② ホルモンバランスの乱れ

フェイスライン ニキビ
フェイスラインにできるニキビは、「ホルモンバランスの乱れ」も原因のひとつといわれています。

「ホルモンバランス」は、体内のバランスを整える役割を持ち、睡眠不足・ストレス・食生活・生理周期など複数の影響によって乱れやすくなります。

「ホルモンバランス」が乱れると、体内の皮脂が過剰に出やすくなってしまうため、特にホルモンバランスの影響を受けやすいフェイスラインはニキビを誘発してしまう可能性があるのです。

原因③摩擦などによる外部刺激

フェイスライン ニキビ
フェイスラインは、外部(髪の毛・ワックス等)からの摩擦や刺激によってもニキビを誘発するといわれています。

何故なら、髪の毛は常に空気に触れ、多くの雑菌や汚れが付着しているため、顔の輪郭部分であるフェイスラインにもこれらの汚れが付着しやすいからです。

また、クレンジングや洗顔等のすすぎ残し等も、ニキビを誘発させることがあります。

2.フェイスラインのニキビも防ぐスキンケア方法

フェイスラインにできるニキビは、何よりも事前に対策して防ぐことが大切です。
毎日のスキンケアを丁寧に行い、繰り返すフェイスラインのニキビを防ぎましょう。

ここでは、ニキビを防ぐためにできるセルフケアのポイントや、おすすめの化粧品などをご紹介します。

2-1.保湿成分配合の化粧品を使う

オーガニック スキンケア
フェイスラインのニキビができやすい方は、日ごろから肌にうるおいを与えて、肌をやわらかく保つことが大切です。

保湿成分が配合された化粧品で保湿を行いましょう。

◆保湿成分の例
・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・スクワラン
・ワセリン
・メーカー独自の保湿成分 等

◆ニキビを防ぐおすすめ化粧品3選

アクポレス(医薬部外品)

アクポレスシリーズトライアルセット:洗顔石鹸、化粧水、乳液、部分用美容液、ライスフォース化粧水
価格:1,400円(税抜)
保湿成分:ライスパワーNo.11エキス、ライスパワーNO.1エキス

保湿化粧品「ライスフォース」から出ている、ニキビ予防におすすめのスキンケアシリーズです。
洗顔料は不要なものをすっきりと洗い落とし、肌のきめを整えてくれます。
大切な「保湿」としてローションで肌に水分を与え、肌をすこやかに保ってくれます。

公式HP

NOV ACアクティブ(医薬部外品)

NO トライアルセット:クレンジング・洗顔料・化粧水・乳液
価格:1,500円(税抜)
保湿成分:セラミド、ヒアルロン酸、リピジュア等

さっぱりとした使い心地が好きな方におすすめしたい保湿化粧品です。
保湿成分「セラミド」や「ヒアルロン酸」「リピジュア」を配合しています。
さらりとしたテクスチャーなので、肌がべたつきやすい方にもおすすめです。

公式HP

パルクレールジェル(医薬部外品)

パルクレールジェル定期便パック:オールインワンジェル・カラーコントロール
価格:4,980円(税抜)、送料無料 ※通常価格9,700円(税抜)
使用何日後でもOK「永久返金保証書」付き!
保湿成分:スクワラン、ヒアルロン酸、コラーゲン等

化粧水・美容液・乳液・クリーム・パック・マッサージジェル・化粧下地などのお手入れが1つでできる、オールインワンジェルです。
日本人の肌に向けて作られたオールインワンゲルです。
1つで7役もの役割を叶えてくれるので、忙しい方やお手入れに時間をかけたくない方にもおすすめです。
また、定期便パックをお申込みの方限定で付いてくる「カラーコントロール」を使用すれば、気になっているニキビも自然に隠すことができます。

公式HP

2-2.定期的にピーリング洗顔を行う

ピーリングとは、ニキビの原因でもある肌表面の不要な角質や過剰な皮脂を、洗う行為や、摩擦によって取り除く角質ケアのことを指します。

使用方法は各メーカーによって異なりますが、使用方法や注意・頻度を確認しましょう。

また、使い始めは肌の様子を見るためにも、週に1回ペースからスタートすることをおすすめします。

※肌がデリケートな方は必ずパッチテストを行いましょう。

◆おすすめピーリング洗顔料(フォーム・石鹸)

セラ AHA クリアウォッシングフォーム

sera

過剰な皮脂汚れや古い角質を洗顔してしっかりと落とす、フォームタイプのピーリング洗顔料です。
肌のざらつきを洗い流して、なめらかな肌へと導きます。泡切れが良く、肌をすっきりと洗い上げます。

公式HP

サンソリット スキンピールバーAHAマイルド

サンソリット

肌表面に溜まった古い角質を、洗顔によって取り除くピーリング石鹸です。
4種類のタイプからお好みや肌質に合わせて選ぶことができます。
ピーリング初心者の方や、どの種類にしようか迷ってしまう方は、トライアルサイズの「スキンピールバーミニ4種」から試すのがおすすめです。

公式HP

3.フェイスラインのニキビを防ぐ方法~日常生活編~

フェイスラインのニキビは複合的な原因によって繰り返し発生してしまいます。

できるだけ繰り返さないためにも、日常の中でニキビをつくらせないよう意識しましょう。

①フェイスラインを頻繁に触らない

髪 はねる
顔の輪郭部分に髪の毛がある方は、つい耳に髪をかける際などにに触ってしまう機会も多いと思いますが、手には沢山の雑菌がついている可能性があります。

ニキビを誘発させないためにも、日常生活の中では、必要以上に触らないよう注意しましょう。

②洗顔は1番最後に行う

フェイスライン ニキビ
髪の生え際は汚れも溜まりやすく洗顔料やシャンプー等のすすぎ残しも起こりやすい部分です。

洗顔をする際は順番にも気をつけましょう。

基本的な順番はクレンジング⇒②シャンプー⇒③コンディショナー(トリートメント)④ボディ&洗顔です。洗顔は必ず1番最後に行うことをおすすめします。

③6時間以上の睡眠をとる

フェイスライン ニキビ
大人ニキビは免疫力が低下した時に発生することが多いといわれています。

睡眠不足は免疫力を低下させて皮脂を過剰に増加させます。美容と健康のために睡眠は6時間以上8時間以内を意識してとるようにしましょう。

④ビタミンを積極的にとる

フェイスライン ニキビ

内側からのセルフケアで欠かすことが出来ないのが食生活の見直しです。

特に「ビタミンA・B2・B6・C」は、積極的にとるようにしましょう。
これらのビタミンは食事からとることがもっとも望ましいのですが、それが難しいという方は、サプリメントで補うというのも手段のひとつです。

・ビタミンA
にんじん、パプリカ、ほうれんそう、モロヘイヤ、卵、うなぎ、あなご等
・ビタミンB2
納豆、卵、牛乳、のり、うなぎ、まいたけ、レバー、ブリ等
・ビタミンB6
豚肉、牛肉、鶏肉、イカ、タコ、サツマイモ、大豆、まぐろ、さんま、さば、いわし等
・ビタミンC
赤ピーマン、アセロラジュース、レモン、ピーマン、モロヘイヤ、ブロッコリー等

4.フェイスラインのニキビを上手に隠すメイク方法

konn
フェイスラインのニキビを上手にカバーしたい時は、下地やファンデーションでなんとかしようとせず、コンシーラー(部分用ファンデーション)を使用しましょう。

コンシーラーにはいくつか種類がありますが、ニキビに使用する際はイエロー・ベージュ系がおすすめです。
フェイスラインの皮膚は比較的厚みがあり、ベースメイクがよれにくい部分なので、スティック状のコンシーラーが使いやすいでしょう。

また、ニキビができるだけ悪化しないよう、ニキビ専用のものや油分のすくないものを選ぶことをおすすめします。

【コンシーラーの使い方】
①コンシーラーをブラシ等で取り、手の甲で量を調整します。
②気になるフェイスラインの部分・カバーしたい部分に、2周り位大きめにコンシーラーをのせます。
③コンシーラーの周りの部分を肌と馴染ませて境目を馴染ませます。
④最後にフェスパウダーで馴染ませます。

コンシーラーの選び方などの詳細に関しては、下記の記事もご参照ください。
「コンシーラーの選び方」の記事はこちら
「部分別コンシーラーの使い方」の記事はこちら

5.ニキビと吹き出物に違いはあるの?

shutterstock_365083238
「ニキビ」とともに耳にするのが「吹き出物」です。

ニキビと吹き出物ってどう違うの?同じもの?私のはどっち?…などとお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

ニキビも吹き出物も、毛穴に皮脂がつまることがきっかけでできます。
そのため基本的には同じものと考えて問題ないのですが、10代などの場合は「ニキビ」20代以降の場合は「吹き出物」と呼ぶことも多いようです。

どちらの場合も、今回お伝えしたような予防・対策方法を実践することで防いでいきましょう。

ニキビと吹き出物についての詳細はこちらの記事でもお伝えしていますので、ぜひご参照ください。

6.まとめ

シンプル スキンケア
フェイスラインのニキビができる原因は複合的ですが、正しいお手入れと生活習慣を整えることがとても大切です。

繰り返し起こりやすいフェイスラインのニキビができないよう、日常から意識しましょう。

この記事は2016年10月21日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

気になる背中から見とれちゃう背中に!ニキビ対策ジェル「パルクレールジェル」>>>



Pocket
LINEで送る