メニューを開く
提供:株式会社POLA

洗顔方法保存版!8つの間違い洗顔と本当に正しい洗顔方法


Pocket
LINEで送る

洗顔 方法

正しい洗顔方法ってどうやるの?今の洗顔方法って合ってるの?と思っていませんか?

洗顔とは美肌のためのもっとも基本的なスキンケアです。
洗顔方法が正しくできていないと、ニキビや肌荒れなどを起こしてしまうことがあります。

ここでは、やってはいけないNG洗顔方法や本当に正しい洗顔方法などをご紹介していきます!

肌らぶ編集部おすすめの「洗顔料ランキング」を先に知りたい方は、こちらの記事をお読みください。

なめらか泡で洗い上がりしっとり!保湿スキンケアシリーズの洗顔フォーム『モイスティシモ ウォッシュ』はこちら>>>


◆肌らぶ セレクション◆

モイスティシモ ウォッシュ
モイスティシモ ウォッシュPOLAの保湿スキンケアシリーズから発売されている、なめらかでやわらかな泡立ちの洗顔フォームです。

豊かできめ細かい泡で、不要な皮脂などの汚れをすっきり洗い流します。
保湿成分としてサクラエキスやオウレンエキスを配合しているので、洗い上がりもしっとり。

ジェントルフローラルのやさしい香りが、優美な洗顔タイムを演出します。

まずは、その他のアイテムもたっぷり2週間試せるトライアルセットからスタートしてみてください。
モイスティシモ トライアル(ボタン)

1.やってしまいがちな8つの間違い洗顔

多くの方がやってしまっている8つの間違い洗顔方法をご紹介します。

①冷水もしくは熱いお湯で洗っている
②泡立てネットを使って、水を使わずに洗顔料を泡立てている
③おでこや鼻など「ゴシゴシ」と擦るように洗っている
④2分以上洗っている
⑤タオルで擦るように拭いている
⑥洗顔料は洗顔後にしっとりするものを使っている
⑦1日に3回以上洗顔している
⑧ニキビができた時、いつもよりしっかり洗顔している

1-1.冷水・熱いお湯で洗っている

湯気

冷水で洗うことで毛穴が引き締まる感じがあるかと思いますが、これは冷水を浴びた30分程度のことで、毛穴がふさがるのではなく、急激な冷えによって縮むだけです。逆に、冷水で急激に肌が冷えることで赤ら顔や乾燥の原因になることもあり得るのです。

また、熱めのお湯を使うことで皮脂や汚れが落としやすくなりますが、皮脂を落とし過ぎてしまったり、お湯自体が刺激になったりと乾燥などの原因になることもあります。

1-2.少ない水で泡立てている

泡立てネット

泡立てネットを使うと、水をほとんど使わずにモコモコと泡立てることができます。見た目にはモコモコとなっていても、適正な水が含まれていない場合、肌への摩擦を強めることもあるので注意が必要です。

泡立てネットを使う場合は、水をたっぷりと含めましょう!

1-3.「ゴシゴシ」と擦るように洗っている

ゴシゴシ洗顔

洗顔において「ゴシゴシ」と擦るのは絶対にNGです。
ゴシゴシ擦ることで摩擦が生まれ、角質を傷つけ乾燥肌や敏感肌の原因になってしまうのです。

特に、目元や口元などは頬やおでこよりも皮膚が薄いので、力を入れないように洗ってあげましょう!

1-4.2分以上しっかりと洗っている

洗顔時間の基本は1~1.5分です!ゴシゴシと擦らなくても、長時間、肌に洗顔料を付けていたり、洗っていたりすると、刺激・摩擦が強くなってしまい、乾燥肌や敏感肌の原因になってしまいます。

1-5.タオルで擦るように拭いている

タオルは洗顔時よりも摩擦を与えやすいため、洗顔に気を付けていてもタオルで気を抜くと意味がありません。使い古したケバケバのタオルや、強く擦って拭くことで摩擦が生じ、乾燥の原因になってしまいます。

1-6.洗顔料は洗顔後にしっとりするものを使っている

洗顔料に入っている保湿成分や美容成分はすすぎの時に全て水に流れてしまい、肌内部には浸透しません。あの、洗顔後のしっとりは、洗顔料の脂分が肌表面に膜を張っているからなのです。

しかし、肌に膜を張ることで洗顔後の化粧水や乳液などの浸透を妨げてしまい、乾燥の原因になることも大いにあり得るのです。洗顔料は、洗顔の目的である「余分な汚れや皮脂を落とすこと」だけで選びましょう!

1-7.1日に3回以上洗顔している

肌の脂っぽさが気になるからと言って、1日に何回も洗顔をするのはひかえましょう。

肌には、ある程度の皮脂が必要です。過度な洗顔によって皮脂が少なくなると、肌は乾燥しやすくなります。その乾燥をどうにかしようと肌はたくさん皮脂を分泌しようとしてしまうことがあります。脂を減らすために洗顔していたのに、逆にオイリー肌を増長してしまいます。

1-8.ニキビができた時、いつもよりしっかり洗顔している

ニキビができた時、早くなんとかしたいと思って、いつもよりしっかり洗顔してしまうことがあります。でも、ニキビができた部位には、過度な洗顔が刺激となってしまうことがあります。
ニキビを防ぐための洗顔は大切ですが、できてしまったニキビはなるべく刺激を与えないようにしましょう。

2.NG洗顔を続けると起きる肌悩み

【1.やってしまいがちな間違い洗顔】で紹介したNG洗顔を続けていると下のような肌悩みの原因となってしまうことがあるので、気をつけましょう。

①肌が乾燥し、デリケートになりがち
②毛穴が目立つ
③シミ
④ニキビ

そもそも洗顔の目的とは、「余分な汚れや皮脂を落とし、肌の水分と油分のバランスを適切な状態にすること」です。
私たちの肌は、外からの汚れ(ほこりなど)と内からの汚れ(皮脂・汗など)が付着し、汚れが付いたままだと、上記のようなさまざまな肌悩みを招く恐れがあります。

3.正しい洗顔方法とおすすめ洗顔料

洗顔の一番のポイントは、肌に必要以上に摩擦をに与えないことと、肌に刺激のあるものを使わないことの2つです。

3-1.洗顔方法

洗顔での一番のポイントは、「擦りすぎない」ことです。
肌への過度の摩擦や刺激は、肌荒れの原因になりますので、気をつけましょう。

①手洗い
手洗い手についている雑菌などが顔に移らないように、まずは手から綺麗にしましょう。

② ぬるま湯で顔を洗う
洗顔 洗い流す洗顔料で洗う前に、まずぬるま湯で洗、毛穴を開かせ、汚れを落としやすくしてあげます。顔を濡らさずに、洗顔料を顔につけると、摩擦が起きやすくなり肌への負担が多くなります。

【ポイント】
ぬるま湯は体温より少し低い32~35度くらいがおすすめです!
皮脂は温度が高いほど溶け出す性質があるので、お湯の温度が高すぎると必要な皮脂まで落ちすぎて、肌の乾燥の原因になる場合もあるので、お湯はぬるめにしましょう。

③洗顔料を良く泡立てる
泡立て泡立てることで、肌と手の間にクッションを作り、摩擦を軽減してあげましょう!

④力を入れすぎないように洗顔
皮脂の多い「Tゾーン」から洗います。
クレンジング Tゾーン額に泡を付け、徐々に広げながらこめかみ部分に移します。そして、黒ずみになりやすい鼻は泡をクルクルと指でマッサージするように洗います。

次に頬を洗います。
洗顔 頬頬はTゾーンほど皮脂は出ていないので、泡を乗せるイメージでこすり過ぎないように洗います。

最後に「目」や「口」などデリケートゾーンを洗います。
洗顔 目・口目や口は他の箇所に比べて皮膚が薄いので、力を入れすぎないよう注意しましょう。

【ポイント】
肌の上で泡を転がすように洗いましょう。
円を描くように、動かすのがコツです。

⑤ぬるま湯でしっかりと洗い流す
洗面器にぬるま湯をため、動かさずに手の平を顔に近づけて、ぬるま湯を”付ける”という感覚で30回はすすぎましょう。
特に、「あご」「こめかみ」「髪の生え際」は泡が残りやすいので良く落としてください。

⑥清潔なタオルで水分を取り除く
洗顔 タオルでふく清潔なタオルを顔に当てて、吸収させるようにして顔の水気を取り除きます。タオルは指よりも摩擦が起きやすいので、こすらないように要注意です。

3-2.おすすめ洗顔料

肌らぶ編集部おすすめの洗顔料をご紹介します。

ただ汚れや皮脂をたくさん落とせば良いという訳ではなく、「余分」なものを落とすことがポイントなのです。
落とし過ぎてもダメですし、落とせなくてもダメですし、バランスが何より重要です。


オルビス 薬用クリアウォッシュ(医薬部外品)
オルビス薬用クリアウォッシュ

もっちりきめ細やかな濃密な泡が特徴で、不要な皮脂や毛穴汚れなどをすっきり落とすことができる、薬用の洗顔フォームです。

保湿成分としてコラーゲンやヨクイニンエキスなど配合しているので、洗顔後の肌が乾燥しやすい方にもおすすめ。

⇒オルビス公式HPはこちら


どろあわわ
どろあわわキャプチャ

名前の通り、もこもこの泡立ちで、古い角質も綺麗に洗い流せる洗顔フォームです。
肌にうるおいを与えてくれる保湿成分として、ヒアルロン酸・コラーゲン・豆乳発酵液なども配合されています。

⇒どろあわわ公式HPはこちら


Dソープ
POLADソープ

もっちりした泡で肌を清浄にし、きめを整える洗顔石鹸です。

濃密な泡が汚れをしっかり絡め取るので、洗い上がりはすっきり。

植物由来の保湿成分*が配合されており、肌にツヤを与えてくれます。(*保湿成分:ゴールデンニームエキス、アンズエキス、紅茶エキス、キイチゴエキスなど)

⇒POLA公式HPはこちら

4.正しい洗顔の2つのメリット

①不要な皮脂や古い角質を洗い流す

洗顔

洗顔がきちんとできていないと、古い角質が厚くなってしまうことがあります。その厚みによって肌がくすんで見えたり、メラニン色素が蓄積してシミの原因になることもあるのです。

つまり、洗顔して汚れと一緒に不要な皮脂や古い角質を洗い流すことで、

  • シミを防ぐ
  • 肌にハリができる
  • 化粧のりUP

など、肌に良いことがたくさんあります!!

②洗顔後のスキンケアの浸透率がアップ!

スキンケア

洗顔をすることで肌の表面に膜を張っていた皮脂や汚れがなくなるため、次につける化粧水や乳液・美容液の成分が肌の角質層まで浸透しやすくなり、肌にうるおいを与えやすくなります。

肌の潤いを保つためには、肌の角質層のすみずみまで、美容成分や保湿成分を届ける必要があるのです。

つまり、洗顔してその後のケア効率を上げることで、

  • 化粧水、美容液が角質層に浸透しやすくなる
  • 肌の潤いUP
  • 化粧のりUP

など、やはりここでも肌にこんなに良いことがあります!!

5.まとめ

NGな洗顔方法と正しい洗顔方法についてお伝えしてきました。

間違った洗顔の共通ポイントは「摩擦」と「刺激」です。また、自分のスキンケアに合った洗顔料選びも重要です!
正しい洗顔方法を身に着けて、すこやかな肌を目指しましょう!

この記事は2016年8月22日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

なめらか泡で洗い上がりしっとり!保湿スキンケアシリーズの洗顔フォーム『モイスティシモ ウォッシュ』はこちら>>>



Pocket
LINEで送る