メニューを開く
2017年9月15日 更新

美容院に行く頻度の目安は?髪の長さやヘアカラー毎にご紹介!

美容 院 頻度1「美容院に行く頻度って、みんなはどれくらいなんだろう?」と疑問に思っている方はいませんか?
美容院に行く頻度には個人差があり、その感覚は人それぞれとは言うものの、やはり気になるものですよね。

そこで今回は、肌らぶ編集部が考える美容院に行く頻度を、【髪型】【カラーリング】【白髪】【髪のクセ】の4つの切り口からご紹介します。
美容院に行く頻度が気になっている方、必見です!



1.美容院に行く頻度は決まっているの?

ヘナ トリートメント1美容院に行く頻度のご紹介の前にお伝えしたいこと。それは、「美容院に行く頻度に、決まりはありません」ということです!

美容院はカットやカラー、パーマのメンテナンス、またはスタイルチェンジのために行く方が多いと思います。
しかし、美容院に行く目的や美容院に求めることは、人それぞれに異なりますよね。

たとえば短い髪が好きな方は、少しでも髪が伸びると気になるものですよね。
反対にロングヘアが気に入っている方は、長い髪を常に美しく保ちたい!そのための手間暇は惜しまない!という方もいるでしょう。

そしてブリーチやビビットなヘアカラーを楽しんでいる方は、髪が伸びていわゆる「プリン状態」になるとテンションが下がる…という方が多いはず。
もちろん、髪型にはあまり興味がなく「朝のスタイリング時間が短縮できればよい」という方もいるはずです。

このように、「美容院に行く」ただそれだけのことでも、人の数だけ「そこに何を求めるか」には違いがあります。
そして、目的が違えば当然、必要となる「美容院に行く頻度」も異なるもの。

今回は「美容院に何を求めるか」ごとに、美容院に行く頻度の目安をご紹介しますが、それはあくまで「目安」です。
「自分は美容院に何を求めているのか?」を考えながら、自分に合った美容院に行く頻度を探してみてください!

2.おすすめの美容院に行く頻度

オレンジ リップ TOPそれでは早速、美容院に行く頻度の目安を「美容院に何を求めるか」ごとにご紹介しましょう。
【髪型】【カラーリング】【白髪染め】【髪のクセ】の4つの切り口でご紹介するので、自分はどのタイプなのかを考えてみてくださいね。

①髪型別、美容に行く頻度

ヘアケア ランキングまずは美容院に行く頻度を【髪型】で見たときの目安です。

■ショートヘアの場合

ショート 似合う今現在ショートヘアの方は、月に1度~2ヶ月に1度の頻度がよいでしょう。

ショートヘアは髪が伸びてくると、ヘアスタイル全体のバランスが崩れやすいスタイルといえます。
特にサイドや襟足を刈り上げているベリーショートスタイルやメンズスタイルの場合、1ヶ月経っただけでも印象が変わってしまうことがあるので、1ヶ月に1度の頻度がおすすめです。
また、いわゆる「マッシュルームヘア」と呼ばれるような、独特なフォルムが魅力となるショートヘアの場合も、1ヶ月に1度の頻度がよいでしょう。

ショート 似合うフェイスラインや襟足部分が長めの、ごく一般的なショートスタイルの場合は、個人差もありますが2ヶ月に1度の頻度でも十分でしょう。
このタイプのショートヘアの場合は、伸びかけの髪を耳にかけたり、分け目を変えたりすることでヘアスタイルの印象を変えることができるので、美容院に行く頻度を低めにして、伸びかけならではのヘアアレンジを楽しむこともおすすめです。

■ミディアム~ロングヘアの場合

別れた今現在ミディアム~ロングヘアの方は、3ヶ月に1度程度の頻度がよいでしょう。

ミディアム~ロングヘアの場合、美容院に行く目的はヘアスタイルのフォルムを整えることよりも、髪の状態を良く保つことだといえます。
というのも、髪は長くなればなるほど毛先まで栄養を送ることが難しくなるため、定期的に枝毛など傷みが目立つ毛先を切りそろえることが大切なのです。

髪がまとまりにくい、広がりやすいなど、定期的に美容院で毛量を調節する必要がない方の場合は、ホームケアをしっかりと行っていれば、4ヶ月に1度の頻度でもよいかもしれません。

②カラーリング別、美容院に行く頻度

ブリーチ 色 落ち1次に、ヘアカラーをしている方の場合の、美容院に行く頻度の目安をご紹介します。

■暗めのヘアカラーの場合

ヘアカラー トリートメントダークブラウンやダークベージュなど、明るさやトーンがもともとの髪に近い色にカラーリングしている場合は、1ヶ月~2ヶ月に1度の頻度で美容院に行くことをおすすめします。

元の髪色がやや明るめだという方は、もっと長く間隔をあけて美容院に行ってもよいかもしれません。

■明るめのヘアカラーの場合

ブリーチとはブリーチをしたり、ハイトーンのカラーリングを楽しんでいる方の場合は、3週間~4週間に1度の頻度で美容院に行くことをすすめします。

日本人の髪色は、黒に近い暗い色が一般的であり、ハイトーンに染めると伸びてきた根元部分との色の差が目立ちやすくなります。
髪が伸びると毛先から中間にかけては明るく、根元だけが暗い。いわゆる「プリン」のような状態になってしまいがちなので、根元の黒い部分が目立ってきたな、と思ったらできるだけ早めに美容院に行くことおすすめします。

③白髪染め別、美容院に行く頻度

白髪次に、白髪染めをしている方の場合の、美容院に行く頻度の目安をご紹介します。

■白髪を黒く染めている方の場合

白髪白髪を黒く、または自分の髪に近い色で染めている方の場合は、1ヶ月に1度程度の感覚が良いでしょう。

白髪を黒く染めている方の場合、白髪が伸びてくると、根元の白い部分が気になりますよね。2ヶ月以上放置してしまうと、白い部分が目立ちやすくなるため、できるだけ早めに美容院に行くことをおすすめします。

■白髪をカラフルに染めている方の場合

プロテオグリカン白髪は黒髪よりもカラフルな色に染めやすいという特徴があります。そうした特徴を活かし、白髪をブルーやパープルなど、カラフルに染めてヘアカラーを楽しんでいる方もいるでしょう。

そうした場合は、美容院に行く頻度は月に1度~2ヶ月に1度程度が良いでしょう。
カラフルなヘアカラーの場合、根元が白くなってきても目立ちにくいという利点があります。

そのため、2ヶ月程度経ってから美容院で染め直す、という頻度でも良いでしょう。

④髪のクセ別、美容院に行く頻度

白髪染め シャンプー次に、生え際のクセや髪のうねりを美容院でカバーしてもらっている、という方の場合の、美容院に行く頻度の目安をご紹介します。

■髪のクセをカットでカバーしている方

エラ張り 似合う髪形 髪型 四角 輪郭 ヘアスタイル ショート ボブ ロング アップスタイル 似合う 似合わせ 前髪 パーマ ヘアカラーうねりクセや生えクセをカットでカバーしているという方は、1ヶ月に1度程度の頻度で美容院に行くことをおすすめします。

うねりクセや生えクセにお悩みの方は経験があるかもしれませんが、うねりクセや生えクセは髪が伸びることでより強く出やすくなります。
美容師さんのカットによるクセの抑えは、大体1ヶ月前後で効かなくなりやすいため、1ヶ月に1度程度の頻度で美容院でカットをしてもらうことをおすすめします。

また、1ヶ月経っていなくても「最近クセが強く出るな」と感じたら、自分のタイミングで美容院に行くようにしましょう。

■髪のクセを矯正などでカバーしている方

髪をストレートにする方法うねりクセや生えクセを矯正でカバーしているという方は、1ヶ月に1度または2ヶ月に1度の頻度で美容院に行くことをおすすめします。

ストレートパーマや縮毛矯正でクセを抑えている場合、伸びてくる髪には当然、矯正がかかっていません。
そのため、新たに伸びた部分の髪にだけ強くクセが出てしまい、結果矯正をかけている部分の髪まで、クセで扱いづらくなってしまうことがあります。

ブラッシングする時など、伸びてきた部分にクセが出ているかチェックをして、気になるようなら美容院に行くようにしましょう。

3.美容院に行く頻度を低くするためのポイント

クレンジング 乾燥肌 おすすめ 口コミ ランキング 人気この章では、美容院に行く頻度をできるだけ低くするためのポイントをご紹介します。

ヘアスタイルを美しく保ちたいとは思うものの、そう頻繁に美容院には行きにくい、という方もいるのではないでしょうか?
美容院はお金も時間もかかります。また、美容師さんとのマンツーマンの時間が苦手、という方も、もちろん単純に美容院に行く時間がないという方もいるでしょう。

そうした方々へ向け、美容院に行く頻度を低くするために、日常生活で気をつけたいポイントを3つご紹介します。

ぜひ、毎日のヘアケアに取り入れてみてください。

①シャンプーやトリートメントはしっかりと洗い流す

シャンプー トライアルシャンプーやトリートメントの洗い残しは、毛穴の詰まりの原因となることがあります。

毛穴が詰まると、髪は細くなったりクセが出やすくなったりすることがあります。
毛穴が詰まってしまわないように、シャンプーやトリートメントはしっかりと洗い流すように心がけましょう。

②ドライヤーを使用する前にアウトバストリートメントを使用する

モテる女子みなさんは髪を乾かすとき、ドライヤーを使用しているのではないでしょうか。

実はドライヤーの熱は、髪の乾燥の原因となってしまうことがあります。
髪の乾燥は、枝毛の原因となったり、ヘアカラーの退色の原因となってしまうことがあるのです。

ドライヤーを使用する前に、アウトバストリートメントを使用して、髪をドライヤーの熱から守るように心がけましょう。
アウトバストリートメントとは、洗い流す必要のない、お風呂の外で使用するトリートメントのことです。

③お風呂上りはできるだけ早く髪を乾かす

頭皮 乾燥 フケ ローション 原因 かゆみ シャンプー 対策髪は濡れた状態にあると、乾燥や摩擦といった外的ダメージを受けやすくなったり、ヘアカラーが退色しやすくなったりすることがあります。

美容院に行く頻度を低くするためには、髪のダメージやヘアカラーの退色をできるだけ防ぐ努力が必要です。
お風呂から上がったら、できるだけ早めに髪を乾かすようにしましょう。

4.まとめ

髪をストレートにする方法今回は、美容院に行く頻度の目安をご紹介しましたが、いかがでしたか?

美容院に行く頻度には、絶対の決まりなどはなく、自分が行きたいと思うタイミングで行くことがベストだといえます。
とはいえ、ヘアスタイルを美しい状態でキープするためには、一定の頻度で美容院に行くことが大切でもあります。
今回ご紹介した病院に行く頻度の目安は、あくまで目安です。
「私はいつ行くべきなんだろう?」と悩んだら、担当の美容師さんに確認してみましょう。