メニューを開く
2017年4月25日 更新

【ハンドケア】基本~スペシャルまで♡ケア方法とポイント

ハンドケア1女性らしさを表現するのに「ハンドケア」は実は欠かせないものです。
しっとりと潤い、なめらかにキメの整ったやわらかな手は、その手に触れた人までも幸せにするチカラがあるのではないでしょうか?

女性らしいなめらかな手を目指したい方におすすめの自宅で行う【基本のハンドケア方法】【スペシャルハンドケア方法】、あわせて基本のハンドケアのポイント、簡単なハンドマッサージ守りたいハンドケア5つの習慣、ネイルサロンで受けるプロのハンドケア方法などまとめてご紹介します。
ぜひ最後までお読みください。




1. 基本のハンドケア方法

ハンドケアなめらかな手に近づくために、ふだんからぜひ行いたい基本のハンドケア方法についてご紹介します。

1-1 基本のハンドケア|3ステップ

ハンドケア

基本のハンドケアは3ステップで行いましょう。
ハンドクリームだけでケアを済ませる方も多いかもしれませんが、実は3ステップで行うことが、手肌をなめらかに整えるためには大事なポイントです。

基本のハンドケアは、以下の3ステップのケアを毎日の習慣にすることをおすすめします。

手肌に化粧水で水分を与える。

油分を含んだハンドクリームで、手肌を包む。

手全体の血行をよくする簡単なハンドマッサージを行う。
ハンドケア
手の肌も顔の肌も同じ皮膚ですので、化粧水で水分を与えてから、ハンドクリームの油分で包みこむという手順が大事です。

しっかりと化粧水で水分を与えてから、クリームで包みこむようにしましょう。

化粧水は顔に使うものよりお手軽な価格のものでよいので、たっぷりと惜しみなく使うようにしてくださいね。

続いて、ハンドクリームの使い方のポイント、あわせて行いたいハンドマッサージをご紹介します。

1-2 基本のハンドケア|ハンドクリームの使い方のポイント

ハンドケア

基本のハンドケアとして、ハンドクリームを使う際に覚えておきたい3つのポイント(コツ)をご紹介します。

①ハンドクリームはあたためてからなじませる

ハンドクリームを手のひらで温めてから塗り広げることで、クリームののびがよくなり、なじませやすくなります。

②ハンドマッサージする時は、たっぷり使う

ハンドクリームをたっぷり使うことで、滑りがよくなれば、肌への摩擦を少なくすることが期待できます。

③指の間の水かき部分や爪の部分までくまなく塗る

指の間や爪のキワのあたりは塗り忘れしやすい部分です。隈なくしっかり保湿することをこころがけましょう。

この3つのポイントを意識してハンドケアすることで、より充実したハンドケアに近づくことができます。ぜひ実践してみてください。

1-3 基本のハンドケア|ハンドマッサージの方法

ハンドケア
化粧水で水分を補い、ハンドクリームの油分で肌をつつんだら、簡単なセルフマッサージをして手の血行をよくしましょう。

①ハンドクリームを多めに塗った両手の手のひらを擦り合わせ、手をあたためます。
handcare-6 ハンド 手
②親指だけでなくすべての指を使いながら、もう片方の手全体を、手首から指先に向かってもみほぐします。
handcare-7 ハンド 手
③反対の手も同様にもみほぐします。
handcare-8 ハンド 手
④両手を握り合わせる動作を何度か行います。
handcare-9 ハンド 手
時間があるときは、指1本1本を、付け根から指先に向かって軽くもみほぐしたり、爪の両脇を押し揉んだりしてほぐしてみてください。
気持ち良いと感じられる力加減で、じんわりと温まるのをたしかめるように行うのがポイントです。

肌らぶ編集部がおすすめしたいハンドケアアイテム

資生堂の、“咲きたてのばらから生まれる”がテーマのフェミニンなボディーケアブランド【ばら園】から出ている、ローズウォーターミストとハンドクリームを今回はハンドケアアイテムとしておすすめします。
女性らしさの象徴ともいえるばらの香りに包まれれば、ふわりとやわらかな気分のハンドケアタイムを楽しめそうですよね。ぜひ、みずみずしいばらの香りを味わってみてください。

★ウォーターミスト★
資生堂 ばら園 ローズウォーターミストRX
ばら園ローズウオーターミスト RX200ml/1,500円(+税)

顔・からだ全身に使える、みずみずしいばらの香りの化粧水。香り成分にブルガリアンローズウオーターなど、保湿成分にイザヨイバラ・ノバラエキス、ヒアルロン酸などを配合。

>>>【ばら園】公式ページはこちら

★ハンドクリーム★
資生堂 ばら園 ローズハンドクリームRX(医薬部外品)
ばら園 ローズハンドクリームRX60g/1,000円(+税)

ほのかなばらの香りの薬用ハンドクリーム。ヒアルロン酸・コラーゲン・尿素などを保湿成分として配合。しっとりと指先まで保湿しながら、肌荒れ、乾燥を防いでくれます。

>>>【ばら園】公式ページはこちら

2. スペシャルハンドケアの方法&プチプラ ケアアイテム

ハンドケア特別な予定のある日、または特別な予感のする前の日は、ぜひ、女性らしさに磨きをかけるべく、スペシャルハンドケアをとりいれてみてください。

すぐにでも試してみたいおすすめのスペシャルハンドケアをご紹介します。

スペシャルハンドケアは【古い角質のお手入れ】【ハンドパック】【保湿で仕上げ】の3ステップです。

2-1で方法(手順)、2-2で必要なアイテムについての説明、2-3でおすすめアイテムの紹介をします。

大切な場面でしっかり女性らしいしっとりした手でいたい方、潤いを与えてキメを整え、なめらかな手を目指したい方はぜひお試しください。

2-1 スペシャルハンドケアの方法

スペシャルハンドケアは3つのステップで行います。

①スクラブで古い角質をお手入れ

ハンドケア2
まずはふつうのせっけんで手を洗い、汚れを落としましょう。

次にスクラブを手の甲にのせ、反対の手の指の腹を使って、くるくると軽く円を描くようにしながらひろげて、なじませていきます。
指の関節部分は特に丁寧に行ってください。
強くこすらず、指の腹をつかって軽く滑らせるように行うのがポイントです。

マッサージが終わったら丁寧にすすぎましょう。

すすぎのあとは清潔なやわらかいタオルでやさしく水分を吸い取ります。
自然乾燥は肌の水分を失うきっかけになるので、必ずタオルで拭くように心がけてください。

※手に傷のある場合や肌荒れしている場合は行わないでください。

②化粧水で潤いハンドパック

handcare-1 ハンド 手ティッシュを1枚とり、手の甲にのせます。
指の側面もつつむことができるように、ティッシュに4本の切り込みをいれます。
handcare-2
ティッシュに化粧水を染み込ませます。
(精製水とスプレーボトルが用意できた場合は、スプレーボトルに化粧水と精製水を1:1の割合で入れ、それをティッシュにたっぷりとふきかけます。)
handcare-34 ハンド 手
ビニールの手袋をします。
(手袋がない場合は、ふつうのビニール袋を手にかぶせ、手首のところをゆるくゴムでとめます)
handcare-5 ハンド 手
3分待ちます。

③ハンドクリームで潤いベール仕上げ

ハンドケア
化粧水でたっぷりと水分を与えしっとりとした肌に、油分を含んだハンドクリームをまんべんなく塗り、潤いベールをかけてハンドケアを仕上げます。
化粧水でいくら水分を与えても、その後、その水分を包み込まずに放置してしまっては、せっかくの水分もにげてしまいます。必ずハンドクリームで仕上げましょう。

ハンドクリームは手のひらでひと肌に温めてから手全体に塗り広げると、よりよくなじむといわれています。
温めたハンドクリームを指先や爪の部分までしっかりと保湿するように塗り広げ、仕上げましょう。

2-2 スペシャルハンドケアに必要なもの

ハンドケア7

自宅でスペシャルハンドケアを行う際に必要なものをご紹介します。

・スクラブ
・保湿化粧水
・ティッシュ
・ビニールの手袋
・輪ゴム
・ハンドクリーム

これなら家にあるという方も多いのではないでしょうか?
それぞれについて簡単にご紹介します。

・スクラブ

古い角質のお手入れに使います。
スクラブで手肌をお手入れすることで、肌をやわらげ、潤いが角質層のすみずみに浸透するのをサポートします。
ボディ用のものでかまいません。

・保湿化粧水

ハンドパックに使います。
保湿の基本は、顔のお手入れと同じく、潤いを与えて保つことです。スペシャルハンドケアを行う時は、化粧水を用意しましょう。
潤いは惜しみなく与えることが大事ですので、化粧水は顔に使うよりもプチプラのものでかまいません。

・ティッシュ

ハンドパックに使います。
よりじっくりと化粧水の水分を与えるために、ティッシュを化粧水で湿らせてパックするのです。
破れにくいもののほうが扱いやすいでしょう。

・ビニールの手袋

ハンドパックに使います。
ティッシュでパックしている間、水分が逃げないようにビニールの手袋をします。100円ショップなどで売っているようなお手頃なものでかまいません。
なければふつうのビニール袋で代用してください。

・輪ゴム

ハンドパックに使います。
ビニール手袋/ビニール袋の口を手首のところでとめるために必要です。あまりきつ過ぎないものを選んでください。

・ハンドクリーム

ハンドケアの仕上げに使います。
化粧水で与えた潤いを逃さないように、ハンドクリームで適度に油分を与えて保湿しましょう。

※あれば、以下の2つもあると便利です。

・精製水
・スプレーボトル

精製水は化粧水を薄めるのに使います。惜しみなく使うためです。
スプレーボトルはティッシュを湿らせる際にあると便利です。

3. 守りたいハンドケア5つの習慣

ハンドケア4美しい手といえば、手のパーツモデル、「手タレ」ですよね。
手タレの方は日常から手肌を保護するために、いくつかの習慣を守っているとよく聞きます。
代表的な5つの習慣をご紹介しますので、ぜひ手肌を保護するために参考にしてみてください。

①洗いすぎない

ハンドケア
手の洗いすぎや、アルコール消毒のし過ぎは手の乾燥につながりますので、手の潤いを保つためにはあまり頻繁にしないほうがよいといわれています。

せっけんやハンドソープを使った手洗いは、肌に必要な皮脂まで奪ってしまうことがあります。
乾燥は、キメの整ったなめらかな手の敵です。
手肌をすこやかに保つためには、必要以上に何度もしないように心がけてください。

また、熱すぎるお湯も肌の皮脂を流し過ぎてしまって肌乾燥を招くことがありますので、お湯の温度はあまり熱くしないようにしましょう。

②自然乾燥はNG

ハンドケア手を洗ったあとは、タオルやハンカチで水分を吸い取ることが大事といわれています。
自然乾燥は、肌の潤いも一緒に奪ってしまうことがあるからです。

水に触れたら、きちんと拭く。さらに、そのたびに、こまめにハンドクリームを使って保湿することが重要といわれています。

カバンの中だけでなく、家や仕事場の水場の近くなどいろいろな場所にハンドクリームを常備するなどして、こまめに保湿することを忘れないように工夫するとよいですね。

③顔と同じケアをする

ハンドケア手の保湿も、顔のお手入れと同じように、水分と油分の両方を補うことが大事といわれています。
手肌も顔の肌も、基本は同じ肌ですから、当然と言えば当然ですね。

油分を与えるハンドクリームだけで済ませるのではなく、「化粧水で水分を与えてから、ハンドクリームで包むようにお手入れする」この2ステップを守ることが手タレのようななめらかな手を目指すうえでは大事です。

④日焼け対策をする

ハンドケア徹底したハンドケアを行う上では、常に手袋や日焼け止めで日焼け対策をすることが大事といわれています。
外出時はもちろんですが、室内にいるときも、窓からは紫外線が差し込んでいます。こまめなケアを心がけましょう。

⑤手袋をつける

手タレの方の場合は、水仕事の際の負担を避けるためだけでなく、ちょっとしたひっかき傷などを避けるためにも、調理のときなどのやむを得ない場合を除き手袋を身につけている方がほとんどです。
手タレのような手を目指すのであれば、寝ている時も含め、手袋は必須と心得ましょう。

4. ネイルサロンでプロのハンドケア

ハンドケアネイルのケアも行き届いていて、とても手の美しい女性を見かけたりすると、プロの手によるハンドケアを受けてみたいな…と思う時もありますよね。

ここでは、ネイルサロン・ハンドケアサロンで受けることのできるハンドケアの基本的なメニューなどについてご紹介します。

お仕事でネイルはできないという方でも、アラカルトでハンドケアだけを受けられるお店もあります。一度プロのハンドケアを味わってみると、目からうろこの体験になるかもしれません。
興味があればぜひ検討してみてください。

爪を整えるケア

ハンドケアネイルサロンでは、マニュキュアをしない場合でも、爪を整えるケアを行うことができます。
爪を整えるメニューには、爪の長さ・形を整える「ファイリング」、キューティクルプッシャーなどを使って余計な甘皮をとる「甘皮処理」、爪の表面を磨く「バッフィング」などがあります。

「甘皮処理」には、ウォーターケアとドライケアがあります。ウォーターケアは水に浸けてふやかしてからケアを行います。
「バッフィング」は爪の表面をバッファーで磨くだけですが、まるで透明なマニキュアを塗ったように光沢がでるといわれているので、お仕事などでマニキュアができない方にはぜひおすすめです。

手肌の古い角質をお手入れするケア

ハンドケア10手肌の角質のお手入れだけがアラカルトのメニューになっていることはあまりないようですが、ハンドトリートメントのコースの中にハンドスクラブによるマッサージが含まれていることがあります。

ハンドスクラブすることによって、手肌の古い角質を落とし、余分な角質によるくすみをお手入れしたり、肌をやわらげて次のトリートメントの浸透をサポートしたりすることができるといわれています。

血行をよくする

ハンドケア11手肌に限ったことではありませんが、血行をよくすることはすこやかな肌を保つために重要です。
手首から下または肘から下のハンドマッサージや、ハンドバスで手を温めるメニューがハンドケアのコースに含まれていることは多いようです。

パックで保湿する

ハンドケア12多くのネイルサロン・ハンドケアサロンでは、「パラフィンパック」と呼ばれる低温で溶けるロウ(パラフィン)を使った温かいハンドパックの施術を受けることができます。
サロンで受けられる“ならでは”のハンドケアの代表的なものです。

「パラフィンパック」は、温めることで血行がよくなると同時にロウで保湿され、肌をしっとりなめらかに整えてくれます。
また、肌をやわらげてくれるので、次に与える美容成分の角質層への浸透がよくなるともいわれています。

5. まとめ

ハンドケア今回は、ハンドケアの基本とポイント、おすすめハンドケアアイテム、スペシャルハンドケアの方法、あわせて守りたいハンドケアの5つの習慣、サロンで受けられるプロの施術までまとめてご紹介しました。

お手入れの行き届いた手先は、きっと女性の品格を高く魅せてくれるに違いありません。

自分にあったハンドケアをとりいれて、その手で触れるひとを心地よくさせるほど、しっとりと潤い、なめらかにキメの整ったやわらかな手を目指してみてくださいね♡

この記事は2017年4月10日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。