メニューを開く

美しい素足を手に入れたい!かかとのガサガサのお手入れ方法


Pocket
LINEで送る

かかと ガサガサ
かかとがガサガサしていて、サンダルで素足を見せるのが恥ずかしい。最近ストッキングがよく伝線する。実は何度も同じ状態を繰り返している。等々、かかとのガサガサで悩んでいませんか?

間違ったお手入れをしていると、ガサガサはよくなるどころか、繰り返したり悪化したりします。ガサガサの原因は1つではありません。ポイントを押さえたお手入れをするとともに、原因の解決を心がけることが大切です。

ここでは、ガサガサになってしまったかかとに自宅でできるお手入れ方法と、合わせて、美しい素足のために日ごろから心がけたいことをご紹介します。丁寧にお手入れして、美しい素足を手に入れましょう。

◆肌らぶ セレクション◆

POLA 【ボディエスト ホットポリッシュ】

気になるひじ、ひざ、かかと等のザラつきのお手入れにおすすめの温感マッサージジェル。
グレープフルーツ・ミントティーの香り。3日に一度がお手入れの目安。

>>>POLA 【ボディエスト ホットポリッシュ】公式ページはこちら


 

1.お手入れを始める前に、知っておいてほしいこと

かかとのガサガサのお手入れ方法についてお話する前に、実は、知っておいてほしいことがあります。

それは、かかとのガサガサの原因が“水虫”である場合があるということです。

“水虫”と聞いて、ショックを受けた方も多いかもしれません。「かゆみがないから大丈夫」と思った方も多いかもしれません。
でも実は、かかと水虫はかゆみを伴わない場合が多いと言われているので、注意が必要です。

もしもあなたのガサガサの原因が水虫である場合は、適切な治療をしなければ悪化してしまいますし、家族など他の人にうつしてしまう可能性もあります。
正確な判断は、病院で診断を受ける以外にできませんので、以下のチェックポイントに当てはまる場合は、皮膚科を受診してみましょう。

CHECK!

・かかと以外の部分に水虫がある
・乾いた水疱のようなものができ、皮がむけている
・一年中かかとがガサガサしていて、白く粉をふいたようになっている。
・足裏の他の部分や足指の間などにかゆみがある

2.自宅でのお手入れ(程度の軽い順)

では、水虫以外の理由で、ガサガサになってしまったかかとにどんなケアをすればよいのでしょう? ここでは、4つのお手入れ方法を、程度の軽いものから中度のものまで3段階に分けてご紹介します。

2-1 保湿 ― 尿素配合クリーム

かかとのガサガサへの、いちばん簡単な対処方法は、保湿クリームを塗ることです。
ただし、いくら軽度だとはいえ、ガサガサかかとのケアには、普通のハンドクリームやボディクリームはあまり向いていません。
なぜなら、古い角質の厚く溜まってしまったかかとに、普通の保湿クリームでは表面の古い角質がふやけるだけで、角層までの潤いの浸透が難しいからです。

おすすめは尿素配合の保湿クリームです。

尿素は、保湿を手助けしてくれると言われています。
ドラッグストアなどで薬剤師さんに相談して、自分のかかとの状態にあった尿素配合クリームをさがしてみましょう。

尿素には幾つか注意点があると言われていますので、ご紹介しておきます。下記の点に気をつけて使用するように心がけてください。

尿素はたんぱく質に作用するという性質上、正常な皮膚に使いすぎてはいけないと言われています。

また、乾燥への対処として使用する場合にも、長期に渡って使い続けたりすると、肌リズムとの足並みが乱れ、余計に乾燥することがあると言われています。

使用上の注意に従い適切な使い方をしましょう。

<マッサージしましょう>

保湿クリームを塗る際には、合わせてほんのひと手間、マッサージするのがおすすめです。血行をよくして、すこやかな肌へ導きましょう。

マッサージ方法:
かかとを手のひらで包み込むようにして温めてから、足の裏全体をほぐすように親指でマッサージします。
かかとガサガサ1

2-2 もっとしっかり保湿 ― パック

すでに角質が厚く固くなってしまっている場合、例え尿素配合のクリームを使っても、しっかり肌が柔らいだと感じられないかもしれません。
そんな時は、「角質をやわらかくしてから保湿する」方法を試してみてください。少し手間はかかりますが、リスクが少なく、スペシャルなお手入れとしておすすめです。

<手順>

① お風呂または足湯や蒸しタオルで足を温める。

② やわらかい状態になったかかとに、化粧水をたっぷりしみこませたティッシュやキッチンペーパーなどをあて、3~5分ほどパックする。
※化粧水は顔に使っているものでもよいですが、たっぷり使うことが大事なので、ドラッグストアなどで売っている安いものでもかまいません。

③ その上からサランラップで足をくるみ、さらに蒸しタオルなどをあてて温める。
かかと_ガサガサ

④ 保湿クリームを塗る。
せっかく補給した水分を逃がさないためにも、必ずクリームを塗りましょう。普段使っているボディクリームなどでよいですが、角質がある程度厚い場合は、ここで使うクリームも尿素配合のものがよいでしょう。

⑤ 血行がよくなるように軽いマッサージをする。
※マッサージ方法は2-1を参考にしてください。

⑥ 靴下をはく。

そのまま素足で歩きまわるのはよくありません。できるだけ摩擦などの刺激から守ってあげることが大切です。
ムレが気になる人は、五本指ソックスにしたり、つま先の開いたサポータータイプの靴下やレッグウォーマーなどにするとよいでしょう。

少し手間がかかるかかとパックですが、しっかり保湿することがガサガサかかとのお手入れの要です。しっかり保湿でガサガサかかとを柔らげましょう。

2-3 古い角質を取り去る方法

保湿のお手入れだけではかかとが柔らいだ・潤ったと感じられない場合は、3段階目、古い角質を除去するお手入れを行いましょう。2つの方法をご紹介します。

2つの方法は、成果が見えるまでにかかる時間やかかる手間が違います。

できるだけ早く結果が見たいなら、やすりで古い角質を削るお手入れを。

時間がかかってもよいから楽なケアがよい場合は、ジェルによるお手入れをおすすめします。

どちらもめんどうと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、今そのガサガサを放っておくと、悪化してもっとめんどうなことになる可能性があります。
ひび割れを起こしたり、ウオノメやタコができやすくなったり、また、厚くなった角質層が水虫の菌などの温床になったりすることがあると言われています。

しっかりお手入れして、ガサガサかかとにさよならしましょう。

2-3-1 古い角質を削りとる方法 ― 専用やすり

ガサガサがけっこう進行してしまい、クリーム塗るだけとか保湿パックとかでは満足いく成果が得られない…、今、この目に見えた角質を除去したい…、そういう場合に、昔からよく知られるかかとの角質除去の方法として、やすりで削るというのがあります。

やすりの良いところは、行ってすぐに成果がみえることです。

フットケアサロンでも、ファイルと呼ばれる専用のやすりを使って角質のお手入れをしています。
自宅で行う場合も、ドラッグストアなどで専用のやすりが手に入れやすいのもいいところです。

※ちなみに、やすりと同様に角質を削る道具として知られているものに軽石がありますが、一般的に軽石はこする刺激が強めと言われています。用いるときは、皮膚を傷めないように注意して使いましょう。

<自宅で削るケアをする場合の注意点>

・ やすりをかける前に、お風呂や足湯などで角質を柔らかくしてから行う。

ただし、お風呂のなかで濡れたまま、やすりをかけるのはおすすめできません!
ふやけた肌に直接やすりをかけると、角質を除去しすぎてしまう可能性があります。やすりをかける前には、必ず清潔なタオルで足の水分を拭き取ってから行うようにしてください。

・ 足もやすりも、清潔な状態で行う。

やすりの前にクリームを塗ったりする必要はありません。お風呂などで足を洗い清潔にして、しっかり水分を拭き取ってから行ってください。使用後のやすりはきちんと洗い流し、次回使う時のために清潔に保つようにしましょう。

・ 削りすぎたりや他の部位を傷つけたりしないよう気をつける。

削りすぎは肌の防御反応を起こさせてしまい、さらに角質が厚くなる悪循環を生んでしまいます。かかと以外の部位を傷つけないことも心がけてください。

・ 削るときは往復させず、一方向にこする。

・ 乾燥の激しい部分には目の細かいやすりを使う。

・ やすりをかけた後は、必ず保湿する。

古い角質を削り取り、新しい角層がさらされた状態の肌は、非常にデリケートな状態です。
最後は保湿、これは絶対に忘れないようにしてください。

角質層は本来、0.02~0.03mmという薄さでありながら、“水分保持”という重要な役割をもっているといわれています。
くれぐれも“お肌にとって必要なもの”をむやみに傷つけてしまわないよう、丁寧なお手入れを心がけましょう。

2-3-2 古い角質をはがす方法 ― ジェル

かかとの角質がかなり厚くなってしまって、保湿ケアだけでは足りない。古い角質を取り除きたい。
でも、削るのはめんどうだし、なんとなくこわい。そういう方は、ジェルによる角質除去を検討してみてはいかがでしょうか。

液に足を浸し、時間をおいてから洗い流すというシンプルな方法で、数日後には、日焼けの皮が剥けるように、古い角質層が剥がれるというタイプの商品があります。

参考:株式会社リベルタ ベビーフット

ベビーフット画像

使用の感想としては、むけていく様に快感を覚える方が多いようです。
ただ、むけていく段階にある数日間は皮がぽろぽろと剥がれて、見た目が良くないとも言えますので、使用する際は、素足にならないような時期を選ぶとよいでしょう。

むけきった後のお肌は、削ったとき同様にデリケートで乾燥しやすい状態にあります。これらのジェルを使用した場合も、むけきった後はしっかり保湿を心がけ、新たな乾燥を防ぎましょう。

※液が肌に合わないこともありますので、必ずパッチテスト行い、使用上の注意に気をつけて使用するようにしましょう。

 

3.ガサガサかかとの原因

ガサガサの正体は、“本来なら垢となってはがれ落ちるはずの古い角質が堆積した状態”ד乾燥”です。

なぜ、本来なら垢となってはがれ落ちるはずの角質が溜まってしまうのでしょうか? 原因は大きく分けて、“外部刺激”と“乾燥”、“肌リズムの乱れ”と考えられています。

外部刺激とは、もちろんかかとが支える体重のことでもありますが、靴が原因で起きる摩擦なども含まれます。肌が外部刺激を受けると、防御反応として、角質が厚くなると考えられています。

乾燥は、季節や室内環境の影響、または裸足で過ごすことなどの影響などで引き起こされます。
また、加えて、重要な要素がかかとにはあります。
かかとには、皮脂腺がないと言われています。皮脂腺がないために、実は、もともと油分が不足して乾燥しやすいと考えられています。

肌リズムの乱れは、老化やストレス、寝不足、血行不良、乾燥などによって引き起こされると言われています。

ガサガサから解放されるには、これらの要因それぞれに対処していくことが重要です。

4.ガサガサを繰り返さない!心がけたい4つのポイント

お手入れをしてかかとを柔らげることができたら、その潤いと柔軟性を保ち、ガサガサかかとを繰り返さないために、根本原因と予防を意識したお手入れと行動をすることがたいせつです。
美しい素足のために、日ごろから心がけたい4つのポイントをご紹介します。

4-1 冷やさない

冷えによって血行が悪くなると、肌リズムが乱れて、ガサガサを招きやすくなります。

靴下をはくなどして足の冷えを防ぎましょう。靴下を履くことによって乾燥や摩擦から守ることにもなりますので一石二鳥です。

4-2 マッサージをする

肌リズムのサポートとして、マッサージなどで血行をよくしてあげましょう。

お風呂に入った時に足首をくるくると回してあげたり、足の裏全体をほぐすようにマッサージしてあげるとよいでしょう。2-1のマッサージも参考にしてください。

4-3 油分を補う

皮脂腺がないと言われるかかとには水分補給だけでなく、不足しがちな油分を補って油膜を作り、乾燥を防いであげましょう。

毎日でなくてよいので、お風呂上りなどで潤っている肌にマッサージオイルを用いつつマッサージするとよいでしょう。
普段使っているボディクリームなどをかかとにも塗ってあげるのもとてもよいです。

いったん乾燥すると、角質層の構造が乱れて肌がデリケートに傾きやすく、更なる乾燥を招く悪循環に陥りやすいので、意識的に乾燥を防ぐようにしましょう。

4-4 靴下、靴の選び方に気をつける

靴下は、足首を締め付けないものがよいでしょう。血行不良は肌リズムの乱れを招きやすくなると言われているからです。
ムレが気になる人は指先のないサポータータイプのものや、5本指ソックスなどを選ぶとよいでしょう。

靴は、言うまでもありませんが、サイズの合ったものを選びましょう。合わない靴を履いていると、靴の内側で足がずれたりするので、足裏が強い摩擦にさらされてしまいます。
また、ハイヒールなどで常に圧迫された状態になったりするのもよくありません。そういった刺激にさらされると、皮膚がからだを守ろうとして、角質が厚くなると言われています。

摩擦や衝撃をできるだけやわらげるために、裸足で履くのを避けたり、クッション性のあるインソールなどを用いたりするのもよいでしょう。

同じ靴を毎日履いたり、1か所に集中して体重がかかってしまう立ち方や歩き方も、足裏の角質が厚くなる原因です。

体重がかかるうえに、摩擦などの刺激も受けやすい足の裏やかかとは、そもそも体のなかでいちばん角質が厚いと言われています。それ以上に負担をかけないように心がけましょう。

やわらかい足裏、きれいな素足は一日にしてならず、です。

日ごろから丁寧なお手入れをこころがけましょう。
この記事は2016年5月6日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る