メニューを開く
アスタリフト;

ロングヘア女子は寝るときのケアが重要!さらツヤ髪の目指し方♡

ロングヘア 寝るとき1
「ロングヘアは寝るときも髪が傷みやすいって本当?」「ロングヘアの人は寝るときヘアケアしているのかな」と考えてはいませんか?

ヘアパックや洗い流さないトリートメントなど美しい髪を目指して毎日ヘアケアを頑張っているロングヘア女子は多いですよね。それなのに朝目を覚ますとパサつく髪が気になる…という方も少なくないと思います。

それは、ロングヘアが寝るときに傷んでしまっているというSOS信号かもしれません!

今回はロングヘア女子必見の、寝るときに髪が傷む原因と対策、寝るときの髪の結び方などをご紹介します。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.ロングヘアが寝るときに傷みやすくなる原因

ロングヘア 寝るとき 髪 ロングヘアが寝るときに傷みやすくなる主な原因は「摩擦」だと言われています。

寝るときの髪の毛は、枕や髪同士の摩擦によって表面のキューティクルが剥がれやすい状態になるといわれています。そしてキューティクルが剥がれてしまうと、髪内部の水分が蒸発することもあるのです。

特にロングヘアは寝るときに何の対策もしていないと、髪が長い分だけ摩擦を受ける範囲が多く、よりキューティクルが剥がれやすくなってしまう場合があります。

また、ロングヘアは長ければ長いほど、髪同士が絡まりやすくなります。

キューティクルが剥がれたり開いたりしている状態の髪の毛は、寝るときにさらに絡まりやすいこともあり、髪の毛が抜けてしまうなど、別の悩みの原因になる場合もあるのです。

以上のことから、長い髪が絡まりやすく、摩擦がおきやすいロングヘア女子は寝るときのヘアケアも大切です。

摩擦が原因で乾燥した髪の毛は、見た目のツヤ感もなくなってしまうので女子にとっては大変な問題ですね!今日からしっかり対策していきましょう。

2.ロングヘア女子が寝るときの摩擦対策は4つ

ロングヘア 寝るとき 風船 ロングヘアの方が寝るときに髪が傷みやすい原因が分かったところで、その原因である摩擦による髪の毛へのダメージを減らす対策方法を4つご紹介します。

朝起きたときもさらさらロングヘアでいたい女子は、寝るときのヘアケアも頑張ってみましょう!

また、寝るときの摩擦による負担を軽減することで、くし通りの良い髪の毛を保つことができれば、洗髪やブラッシングなど毎日のお手入れもしやすくなるでしょう。

対策①洗い流さないトリートメントを付ける

ロングヘア 寝るとき① ロングヘアの方は寝る前に、少量の洗い流さないトリートメントを髪に付けましょう。

洗い流さないトリートメントで髪をコーティングすることで、ロングヘアの方も寝ているときの摩擦を抑えることが期待できます。

また、ドライヤーを使用する前にも洗い流さないトリートメントを付けると良いでしょう。
ドライヤーをかけている間の髪同士の摩擦も、ある程度抑えることが期待できるからです。

さらに、髪をコーティングすることによって、ドライヤーの熱から髪の毛を守ることもできるといわれているため、洗い流さないトリートメントを使用したヘアケアは毎日行うことがオススメです。

対策②ドライヤーでしっかり乾かす

ロングヘア 寝るとき ドライヤー ロングヘア女子も寝るときは、しっかりと髪の毛を乾かしてからにしましょう。

濡れている状態の髪の毛は表面のキューティクルが開き、剥がれやすい状態なので摩擦に弱くなると言われています。

また、頭皮が生乾きや濡れたままの状態は、雑菌が増えやすい状態です。すると、頭皮から嫌な臭いがしてしまうこともあるのです。

ロングヘアだとどうしてもドライヤーで乾かす時間が長くなってしまいがちです。
ですが、寝るときの摩擦対策の他に頭皮の臭い対策にもなるので、しっかり乾かすことが大切です。

乾かし時間を短縮できる「正しいドライヤー方法」については5章で詳しくご紹介します。

対策③髪をまとめる

髪をまとめることで髪の動きをある程度抑え、摩擦によるダメージを抑えることができます。

人は一晩のうちに20~30回寝返りをうつといわれていますが、この寝返りによって摩擦がおきたり、髪が絡まってしまったりするのです。

ロングヘアを寝るときにまとめる方法を2パターンご紹介します。

髪を結ぶ

ロングヘア 寝るとき⑥ ロングヘアを寝るときの摩擦から守るために、ゆるく髪の毛を結びましょう。

また、髪を結ぶ対策はどんなに長いロングヘアの方でもできますし、翌日のヘアスタイルに活かせるヘアアレンジで寝ることもできます。

ただ、ロングヘアを強く結ってしまうと、寝るときに頭皮がひっぱられ、頭皮に圧力がかかりすぎてしまいます。抜け毛など別の悩みを引き起こさないためにも、必ず「ゆるく結ぶ」ということを意識しましょう。

ロングヘアの方にオススメしたい寝るときの髪の結び方(ヘアアレンジ方法)は、次章でご紹介します。

ナイトキャップを被る

ロングヘア 寝るとき ナイトキャップ ロングヘアに摩擦による負担を与えないように、ナイトキャップを被ることもオススメです。

ナイトキャップは夏場は汗を吸い、冬場は防寒対策ができます。頭皮や髪をナイトキャップで覆うことで、乾燥しにくくもなります。

寝返りによって付く寝癖も、ナイトキャップを被ることで対策できます。
さらさらストレートを目指している方には特に「ナイトキャップ」の使用がオススメです。

また、ナイトキャップなら前髪も寝るときの摩擦から守りやすくなりますよ!

ナイトキャップの素材は「麻」「綿」「シルク(絹)」などさまざまあります。特にシルク(絹)は繊維が細かいため、しっかり保湿ができるといわれ人気があるようです。

3.ロングヘア女子にオススメ!寝るときの結び方

ロングヘア 寝るとき3 ロングヘア女子必見の寝るときの摩擦対策の1つとして、髪を結ぶことをオススメしましたが、ここでは髪の毛の結び方についてご紹介します。

自分の好みや寝方によって結び方を変えることで、ロングヘアが寝るときの邪魔になることも防ぎましょう。

それでは、寝るときにオススメのロングヘアの結び方を4パターンご紹介します。

~ロングヘア女子タイプ別オススメヘアスタイル~
1:ゆるいおだんご⇒寝返りをたくさんうつ方
2:ゆるい三つ編み⇒コテをよく使う方
3:ゆるいツインテール⇒あまり寝返りをうたない方

1:ゆるいおだんご

ロングヘア 寝るとき ⑨ ロングヘアをゆるいお団子にして、寝るときの摩擦から髪の毛を守りましょう。

~ゆるいお団子のアレンジ方法~

①乾かした髪の毛をトップでまとめる
②まとめた髪をゆるく丸める
③シュシュや幅が太めのゴムで丸めた髪をゆるく止める

~こんな方にオススメ~

・寝返りをたくさんうつ方
・朝のスタイリングでトップにボリュームを出したい方
・友達や恋人とお泊りで遊びに行く方

ロングヘアだとゆるいお団子も簡単であっという間にできあがります。
お団子だと見た目も可愛らしいので、お泊りの予定のときにもオススメです。

2:ゆるい三つ編み

ロングヘア 寝るとき③ ロングヘアをゆるい三つ編みにして、寝るときの摩擦から髪の毛を守りましょう。

~ゆるい三つ編みのアレンジ方法~

①髪の毛を自分の分け目に沿って2つに分ける
②左右両方ともゆるく三つ編みに編んでいく
③両方幅の広いゴムで結ぶ

~こんな方にオススメ~

・コテをよく使う方
・寝返りをたくさんうつ方

朝起きたときにはウエーブが付いているため、コテに巻きつけやすくなります。時間短縮で朝の巻き髪も楽になりますね!

3:ゆるいツインテール

ロングヘア 寝るとき 結び方 ロングヘアをゆるいツインテールにして、寝るときの摩擦から髪の毛を守りましょう。

~ゆるいツインテールのアレンジ方法~

①髪の毛を自分の分け目に沿って2つに分ける
②左右両方ともゆるめのゴムやリボンで結ぶ

~こんな方にオススメ~

・あまり寝返りをうたない方
・不器用さん

ゆるいツインテールは、ロングヘアのアレンジ方法の中で簡単にできる結び方の1つです。

頭の下の方でツインテールにすることで、寝るときに髪が顔にかかりにくくなります。
また、左右に寝返りを打ちたいときでも意外と邪魔にならないのが嬉しいヘアアレンジです。

ゴムで結ぶだけで出来上がるので、不器用さんにもおススメです♪

4.ロングヘアは寝ながら翌日のヘアセットもできる!

ロングヘア 寝るとき4 3章で「ロングヘア女子にオススメの寝るときの結び方(ヘアアレンジ)」をご紹介しましたが、次に翌日のヘアアレンジもできてしまうヘアアレンジグッズを2つご紹介します。

ロングヘアをアレンジすることで髪を寝るときの摩擦から守るだけではなく、翌日のヘアセットもできてしまうなんて、一石二鳥で嬉しいですよね♡

①寝るときにスポンジカーラー

ロングヘア 寝るとき(4) ロングヘアを寝るときにスポンジカーラーでまとめて寝るだけで、翌朝にはヘアセットができています。

写真のようなスポンジカーラーは、最近では100円ショップで購入できるので、手軽に手に入ります。

スポンジ素材なので、髪の毛に摩擦による負担を与えにくいところも嬉しいポイントです。

ロングヘア 寝るとき⑤

②寝るときにソックバン

ロングヘア 寝るとき⑦ 使わなくなった靴下の先端を切り、下からくるくると丸めるだけでできる「ソックバン」を使ってロングヘアを固定して寝ると、翌日にはヘアセットができあがっています。
ロングヘア 寝るとき ソックバン 「洗った靴下でも使用済みは嫌!」という人は新しい靴下を用意しましょう。
100円ショップやコンビニなどで低価格の靴下が手軽に購入できますよ。

ソックバンにポニーテールした髪の先端を巻きつけていき、最後は毛先をねじ込むだけで準備完了です。

そのまま眠り、翌朝起きるとコテで巻いたようなゆる巻きヘアが出来上がっています。
ロングヘア 寝るとき⑧

5.さらさらロングヘアを目指す!ドライヤー方法

ロングヘア 寝るとき5 ここまでロングヘアの寝るときのヘアケアについてご紹介してきましたが、最後にさらさら髪を目指す方に「正しいドライヤー方法」をご紹介します。

正しい方法でドライヤーをかけることで、乾かし時間短縮が期待できます!

また、シャンプーで洗ったりトリートメントで補修したりしても、ドライヤー方法が間違っていては美しいロングヘアは目指せません。

それでは、5ステップで正しいドライヤー方法をご紹介します。

ステップ1:しっかりとタオルドライする

ロングヘア 寝るとき ドライヤー① シャンプーやコンディショナーで洗髪を終えた髪はタオルドライでしっかりと水気をとります。

タオルでゴシゴシと摩擦を与えないように、気を付けましょう。
優しい力でポンッポンッと水気を拭き取ることが大切です。

ここで、しっかり水気を取っておくことで乾かし時間短縮ができるでしょう。

ステップ2:洗い流さないトリートメントを付ける

ロングヘア 寝るとき ドライヤー② 水気を切ったロングヘアに、洗い流さないトリートメントを付けていき、全体になじませましょう。

洗い流さないトリートメントは、髪の真ん中あたりから付けていくことがポイントです。

ステップ3:頭皮にドライヤーを当てていく

ロングヘア 寝るとき ドライヤー③ ロングヘア全体に洗い流さないトリートメントをなじませた後は、ドライヤーを20cm以上離しながら頭皮に風を当てていきましょう。

最初は、乾きにくい頭皮から乾かしていくことがポイントです。
根元が乾いたら徐々に毛先に向かって乾かしていきます。

ステップ4:冷風を当てて仕上げる

ロングヘア 寝るとき ドライヤー④ ロングヘア全体が乾いたら、次にドライヤーを冷風に切り替えて風を当てていきましょう。

冷たい風を当てることでキューティクルが締まり、ツヤ感が増すと言われています。

また、髪の毛は温かいと柔らかくなり、冷たいと硬くなるという性質があります。
乾かした後の髪型をキープするためにも冷風が必須です。

ステップ5:ブラッシング

ロングヘア 寝るとき ドライヤー⑤ 最後に、ドライヤーで乾かしたロングヘアをブラシでブラッシングしましょう。

ブラッシングすることでキューティクルを整えることができます。
しかし、髪の毛の傷みが気になっている方はブラシを使わずに、手ぐしで毛流れを整える程度にしましょう。

ブラッシングには、猪毛や豚毛のブラシを使うことがオススメです!
猪毛や豚毛などの天然の素材のブラシは静電気が起きにくいといわれているので、静電気のバチバチによる髪への負担を抑えることが期待できます。

6.まとめ

ロングヘア 寝るとき⑩ ロングヘアは寝るときのヘアケアが大切でしたがお分かりいただけたでしょうか?

今回ロングヘアの方におすすめした寝ているときの摩擦対策は、生活に取り入れやすいものばかりです。

朝起きたときもツヤツヤでさらさらのロングヘアを目指すために、寝るときもヘアケアしていきましょう!

この記事は2016年12月6日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る