メニューを開く
アスタリフト;

好感度アップ!?「男のメイク」の始め方!

男 メイク

男でもメイクってできるのかなあ?と思う男性はいませんか?

女性は身だしなみの一環としてメイクをすることが常識の場もありますが、男性のメイクは、まだ「常識」とまでいかないかもしれません。

しかし、
「イメージチェンジがしたい!」
「コンプレックスをどうにかしたい!」
「もっと好感度を上げたい!」

そんな男性には、ナチュラルに清潔感を出す「男のメイク」をおすすめします!

今回は男性におすすめのメイク方法やメイクのアイテムをご紹介していきます。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.男のメイクはアリかナシか

男性の中には、「メイクをする」ということに抵抗がある方も多くいるのではないでしょうか。

しかし、自分が気にしている部分をメイクでカバーできたら、どう思いますか?
例えば眉毛を整えることで、顔の印象が変わって自信が持てるようになったらうれしいですよね。

女性とまったく同じようなメイクをしなくても、ポイントをおさえれば、「男のメイク」を楽しめます。

次章から、メイク方法を詳しくご紹介していきます。

2.男のメイクのやり方|「眉毛」

アイメイクは、アイシャドウ・マスカラ・アイライナー等がありますが男性におすすめしたいのは「アイブロウ(眉毛)メイク」です。
眉毛を整えることは、「男のメイク」の第一歩として始めやすいのではないでしょうか。

眉毛は、少し変化させるだけでも印象が変わります。
雑草の伸びきった芝生と、綺麗に刈り取られた芝生、どちらが好印象でしょうか?

または、理想の眉毛の形があるものの、生え癖などの問題でなかなかうまくいかない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ここでは基本的な眉の整え方とメイク方法をご紹介します。

2-1.眉毛を整えよう

①眉毛の黄金バランスを確かめる

眉毛の長さと形には、「黄金バランス」が存在し、
この「黄金バランス」より長い眉は老けて見えやすく、短いと幼い印象を与えます。

基本的な「黄金バランス」は男性も女性も共通なので、現在の自分の眉毛を確認してみましょう。

眉毛の長さと形には、「黄金バランス」が存在します。
この「黄金バランス」よって、長い眉は老けて見えやすく、短くすると幼い印象になります。

基本的な「黄金バランス」には、男女差はありません。まずは、現在の自分の眉毛のバランスはどうなのか、確認してみましょう。

眉毛の画像

<眉頭>
眉頭のスタートポイントは、小鼻のキワから目頭の延長上です。

<眉山>
眉山は、眉のカーブの1番高い部分です。黒目が正面の位置で、黒目の外側から目尻までの位置にあります。

<眉尻>
眉尻は、眉山の下にある部分です。
小鼻のキワと目尻の延長線上の長さがベストで、眉頭に比べ、眉の位置が下に下がり過ぎないように注意しましょう。

② 眉毛を整える

眉毛の整え方は男性も女性も変わりません。
理想の眉毛に近づけるためにも、眉毛の整え方の基本を見てみましょう。

用意するもの:毛抜き、シェーバー、アイブロウブラシ

1)まず初めに、自分の眉を見て明らかに不要な毛を確認します。(眉の形を大きく変えようとはせず、現在の眉の形を活かすようにしましょう)

剃る説明文字入り

2)スクリューブラシ(アイブロウブラシ)で毛流れを整えます。

眉毛ブラシを当てる

3)眉上と眉間の不要な産毛を剃り、ライン上からはみ出す長い眉毛は、カットしましょう。

眉毛ハサミを当てる

4)眉毛の毛量が多い方は、量を整えます。

眉毛コームとハサミを当てる

毛量が多い部分は、毛流れに剃ってコームを当て、はみ出した毛だけを1本ずつ慎重にカットしていきましょう。
毛流れに合わせないと眉毛を切りすぎてしまうので気を付けましょう。

5)眉下の不要な毛を毛抜きで抜きます。

眉毛抜く

特に、眉下にはみ出して生えた毛は、大変目立ちやすいものです。眉のライン上に当てはまらない毛は、抜くかシェーバーで処理するかしてしまいましょう。

■眉毛を上手に整えるためのポイント

眉を整えると全体的に輪郭が整いクリアに見えますが、「やりすぎ」は禁物です。

あくまでも「不要な毛」を取り除くことが目的なので、細くしすぎや毛を切り過ぎないように気を付けましょう。

2-2.アイブロウメイクをしてみよう

自眉を整えたけれど、もっとちゃんと眉毛を整えたい!という方は、足りない部分をメイクで補うこともできます。

使用するもの:アイブロウペンシル(芯が柔らかく淡めの色)、スクリューブラシ

1)スクリューブラシで目頭から目尻に向かってとかし、毛流れを整えます
眉毛ブラシを当てる

2)アイブロウペンシルで、眉毛の足りない部分に、1本1本眉毛を描き足すようにして描いていきます。
眉毛描き足す

【アイブロウメイク|おすすめアイテム】

POLA ミュゼル ノクターナル アイブロー ペンシル

POLAミュゼル ノクターナル アイブロー ペンシル

カラーは3色あるので、髪の色に合わせて選びやすいアイブロウペンシルです。
しっかりしたペンシルで、一本一本自然な眉毛を書くことが出来ます。
ホルダーは別売りですが、使い勝手の良いブラシつきのタイプです。

>>POLA 公式HPはこちら

3.男のメイクのやり方|「ベースメイク」

ポイント!の指

ベースメイクとは、肌を整えたり、明るさを演出し、肌をキレイに見せたりという土台(ベース)となるメイクのことです。

男女問わず、きれいな肌の方は清潔感があり、好感度が上がりますよね。
また、自分の肌がきれいな状態だと表情も明るくなる方が多いのではないでしょうか。

肌悩みをメイクによってカバーしたい、と考えている方は、ぜひ取り入れてみて下さい。

ベースメイクの基本は、化粧下地とファンデーションです。
部分的にカバーをしたいという方はコンシーラーもおすすめです。

3-1.ベースメイクの手順

基本的なベースメイクの手順は下図の通りです。

男性用ベースメイクの手順

3-2.ベースメイクの下準備「保湿」

頭皮 保湿

ベースメイクを行う前は、スキンケアで肌をしっかりと保湿しておきましょう。保湿は肌を守る上でとても大切なケアの一つです。

また、紫外線対策も行いたいな、と思っている方は、日焼け止めを使用する、またはSPF・PA効果が入った化粧下地の使用がおすすめです。

【おすすめ保湿化粧品】

ZIGEN オールインワン フェイスジェル

ZIGEN

ジェルタイプのオールインワン男性化粧品です。
オールインワンタイプなので、これ一本でお手入れが完了し、手間も時間も短縮できますね!手からこぼれにくいジェルで、肌になじませやすいです。

べた付きのない、さっぱりとした使い心地で、さすが「男性向け」という印象です。
無香料なので、香りに抵抗を感じる方にもおすすめ!

>>ZIGEN 公式HPはこちら

3-3.ベースメイクの方法

ベースメイクのアイテムを選ぶ際は、自分の肌の色に合わせて選びましょう。
肌の色とあまりにかけ離れていると、ファンデーションを塗った部分が浮いて見えてしまうことがあります。

「自分の肌に合った色」の確かめ方は、耳の下~アゴあたりのいわゆる「フェイスライン」と呼ばれる部分を使います。フェイスラインに、自分の肌に近い色をつけて確認してみましょう。

フェイスライン

【おすすめベースメイクアイテム】

通常、メイクをする際は「クレンジング」が必要ですが、
ここではクレンジングを使わずとも洗顔料で落ちるベースアイテムをチョイスしました。

24h メンズUVベースローション【化粧下地】

24UVメンズローション

こちらはSPF15・PA++の化粧下地です。
ファンデーションを塗らない日でも、日焼け止めとしてお使いいただけます。

24h パウダーファンデーション

24パウダーファンデーション

三色展開で、自分に合う色が選べるファンデーションです。
毛穴やニキビ跡など、気になる肌悩みをメイクによってカバーしてくれます。
保湿成分としてホホバ種子油・アロエベラ葉エキスが配合されています。
軽い使い心地なのもうれしいポイントですね。
SPF15・PA++です。

24h メンズコンシーラUV

24hメンズコンシーラー

コンシーラーは、ニキビ跡やクマなど重点的に一部分をカバーしたい時に使えます。

顔だけでなく、首や身体にも使用することができます。

また、このコンシーラーは二色セットになっているので、自分の肌色に合わせて調節でき、
より自然な仕上がりが期待できることでしょう。


■化粧下地

ファンデーションを塗る前に、「下地」で肌を整えておきましょう。
下地はファンデーションを肌に密着させて、もちをよくしてくれます。

[使用量]

1下地

顔全体でパール粒大が目安です。

[下地の塗り方]

男性 下地塗る順番

1)下地を両頬・額・鼻・顎の5点に置き、顔の中心から外側に向かってのばします。

2)目元、口元はファンデーションがヨレやすいため、最後に指先に残った少量のファンデーションで仕上げます。

3)スポンジでポンポンと押さえるようにして付けていき、顔全体になじませます。

■ファンデーション

下地を塗ったら次はファンデーションです。
ここではパウダータイプをスポンジで塗る方法をご紹介していきます。

パウダータイプのファンデーションは、スポンジを使用して塗るタイプが一般的です。

[使用量]

ファンデーションを1回なでるようにして、スポンジの大体約3分の1程度の量を取ります。

パウダーファンデーション パフ3分の1

※いっぺんにつけるのではなく、少量ずつ取り、それを何度か繰り返すようにしましょう。

[ファンデーションの塗り方]

男性 ファンデ塗る順番


1)片頬ずつ、ファンデーションをスポンジに取っていき、なでるように塗っていきます。

2)額は皮脂が多く出るため、メイクが崩れやすいので、頬よりも少な目の量を取って塗ります(ファンデーションは少量付け足すor付け足さない)。

3)鼻部分は薄く塗ります。(ファンデーションは付け足さなくても可)

4)目まわり・口まわりをスポンジでポンポンと軽くおさえるようになじませます。(ファンデーションは付け足さない)

5)①で塗ったファンデーションの境目がないように、フェイスラインに向けてスポンジを滑らせ、馴染ませます。

4.男のメイクについてまとめ

「男のメイク」についてのお話はいかがでしたか?
メイクをすることで、相手に与える印象が変わるだけでなく、
自分自身の気持ちが引き締まったり、モチベーションが上がったりすることも期待できます。

気持ちが変わると、表情や行動も明るくなっていくかも♪
少しでも「男のメイク」に興味を持ったら、ぜひ試してみて下さい!

※この記事は2016年4月14日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る