メニューを開く
アスタリフト;

メンズスキンケアで男を磨け!肌らぶ編集部おすすめ化粧品も紹介

メンズ スキンケア1「メンズが行うスキンケアって?」「男性が肌のスキンケア(お手入れ)をする必要はあるのだろうか」と思ったことはありませんか?

自分のメンテナンスにも気遣いができる男性は、ビジネスの場でもプライベートの場でも好印象を与えます。
年齢を重ねるごとに、清潔感の重要性がより高まっていると感じている男性も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、メンズスキンケアの必要性や男性の肌の特徴、デイリースキンケアの手順や肌らぶ編集部おすすめの化粧品などをご紹介します。

男性の肌も女性と同様、スキンケアを必要としています。
ぜひ、女性も見惚れるすこやかな肌を目指しましょう!



astalift
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

マージェンス コンディショニング ウォッシュ
マージェンス コンディショニング ウォッシュ

男性と女性の視点を融合させて生まれたメンズスキンケアシリーズ『マージェンス』。
シェービングフォームとしても使用できる、泡で出てくるタイプの洗顔料です。
スリムな容器なので置く場所を取らず、洗面台に収まりやすいのもうれしいポイント。
女性が”身近な男性につけてほしい”と感じる香りをイメージしたという、清涼感のある香りです。

公式HP

1.メンズ肌の特徴

メンズのスキンケア方法を知るためには、男性の肌特有の特徴を知っておくことも大切です。
ここでは、男性の肌の特徴としてよくあげられるものをご紹介します。

特徴①皮脂量が多い

メンズスキンケア一般的に男性の肌の皮脂量は、女性よりも多いとされています。
個人差があるので一概には言い切れませんが、女性と比べて約2倍~3倍多いとも言われているのです。

そのため毛穴が開きやすくなったり、ニキビなどの肌荒れにつながったりすることもあります。

特徴②シェービングの習慣がある

ひげをそる子ども多くの男性が、毎朝シェービング(ひげ剃り)をしているのではないでしょうか。
シェービングの際にいわゆる”カミソリ負け”を経験したことがあるという男性も少なくないかと思います。

シェービングは男性の身だしなみとして欠かせないものですが、肌にとっては負担となることもあります。シェービングによる肌への摩擦等が原因で、肌荒れを起こす男性もいるようです。

特徴③紫外線の影響を受けやすい

メンズスキンケア女性とは異なり、一般的にほとんどの男性には化粧をする習慣や日焼け止めを塗る習慣がないようです。
そのため無防備な状態の男性の肌は、紫外線の影響をより受けやすくなっているといえます。

紫外線は、乾燥・シミ・しわなど、さまざまな肌悩みを引き起こす一因になることがあるといわれています。

2.メンズのデイリースキンケア|基本プロセス

男性にも必要な基本のスキンケアについてご紹介します。
”メンズのスキンケア”といっても、基本は女性が普段行っているスキンケアとなんら大きな変わりはありません。

洗顔・保湿・紫外線対策という3つの基本のスキンケアステップを大切にしましょう。

2-1.肌の汚れを落とす「洗顔」

メンズ スキンケアスキンケアの第一ステップともいえる洗顔では、肌の余分な皮脂や汚れを洗い流すことが目的です。
1日2回(朝晩)、しっかり洗顔しましょう。

きちんと洗顔して肌を整えることで、そのあとに使う化粧水などのなじみをよくすることも期待できます。

2-2.肌を整える「保湿」

メンズスキンケア洗顔をして肌の汚れを洗い流した後は、スキンケアの基本ともいえる「保湿」のお手入れへ進みます。

肌に水分や油分を補いうるおいをキープする「保湿」のスキンケアは、肌を乾燥から防ぐためにとても大切なステップです。
保湿不足で肌が乾燥してしまうと、肌のかさつきやごわつき、肌荒れを引き起こしてしまうこともあるといわれています。

しっかり保湿することで、なめらかですこやかな肌を目指しましょう。

★一般的な保湿のスキンケアアイテムとしては「化粧水」「乳液」などがあげられますが、最近では化粧水や乳液の役割を兼ね、洗顔後ひとつでお手入れが完了する「オールインワンジェル」などもあります。
生活スタイルや好みに合わせて選んでみてください。

2-3.肌を保護する「日焼け止め」

メンズスキンケア保湿をした後は、日焼け止めでスキンケアの仕上げをしましょう。
一般的に化粧をする習慣がない男性の肌は、毎日無防備な状態で紫外線にさらされているといっても過言ではありません。

【1.メンズ肌の特徴】でもお伝えした通り、紫外線は乾燥・シミ・しわ・たるみなど、さまざまな肌悩みを引き起こす原因になることがあるといわれています。
将来の肌のためを思うなら、ぜひ最後のひと手間として「日焼け止め」を取り入れることをおすすめします。

★日焼け止めはべたつきそうでいやだな、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、最近では軽くみずみずしい付け心地の日焼け止めも多く販売されています。ぜひ自分に合う日焼け止めを見つけてみてください。
周りの女性に意見を聞くのもいいかもしれませんね。

3.肌らぶ編集部セレクト|おすすめメンズスキンケア化粧品

ここでは、肌らぶ編集部がメンズにおすすめしたいスキンケアアイテムをご紹介します。

「洗顔料」「保湿アイテム」「日焼け止め」の3ジャンルごとにご紹介しますので、ぜひ自分に合うスキンケアアイテムを見つけるための参考にしてみてくださいね。

メンズスキンケア|洗顔料

今回は、保湿成分が配合されているメンズ用の洗顔料を3つご紹介します。

男性美容石鹸 BUSO MEN’S SOAP

BUSO

固形石鹸タイプの洗顔料です。
ハチミツやヒアルロン酸、ドクダミエキスなどの保湿成分を配合。
ベタつき感やテカリもスッキリ洗い落とし、肌にうるおいを与えます。
洗顔後の乾燥も気になりにくい、すこやか肌を目指せるでしょう。

公式HP

資生堂 メン クレンジングフォーム

資生堂 メン クレンジングフォーム

肌をさっぱりと清潔に保つ、『資生堂メン』の洗顔料です。
汗や皮脂によるべたつきや、不要な古い角質などもすっきり洗って取り除きます。
きめ細かな泡立ちで、シェービングフォームとして使ってもOK。
肌のきめを整え、さっぱりと清潔な肌をキープします。

公式HP

ZIGEN フェイスウォッシュ

ZIGEN フェイスウォッシュ

「日本の男をデキる肌へ!」がキャッチコピーのメンズスキンケアブランド『ZIGEN』の洗顔料です。
洗浄成分としてこんにゃくマンナン、保湿成分としてヒアルロン酸やコラーゲンなどを配合。
肌表面の汚れや毛穴汚れなどを洗い流し、洗顔後にはしっとり感を味わえるでしょう。

公式HP

メンズスキンケア|保湿アイテム

保湿アイテムには、洗顔後のお手入れを1本で済ますことのできるオールインワンタイプを選びました。

マージェンス マルチコンディショニングジェル

マージェンス マルチ コンディショニング ジェル

これひとつでお手入れが完結できる、オールインワンタイプのスキンケアアイテムです。
保湿成分S-ヒアルロン酸を配合。肌にうるおいを与え、肌荒れや乾燥を防ぎます。
手からこぼれにくくまろやかなジェルタイプなので、ベタつきが苦手な方にもおすすめ。
「男性につけて欲しい香り」を目指したという、清涼感のある爽やかな香りにも注目です。

公式HP

資生堂 メン ハイドロ マスター ジェル

資生堂メン ハイドロマスタージェル

乾燥や肌荒れなどを防ぎ、すこやかな肌をサポートするジェル状保湿液です。
みずみずしくなめらかな感触のテクスチャーで、すっきりとした使い心地。
肌を引き締め、うるおいを与えて整えます。
「デキる男」をイメージさせる、スタイリッシュな印象のパッケージデザインです。

公式HP

ユーグレナ B .C.A.D HOMMEトータルエマルジョン

B.C.A.D HOMMEトータルエマルジョン

化粧水・美容液・乳液の役割を1本で終わらせることができる、オールインワンタイプのスキンケアアイテムです。
セルフスキンケアを怠りがちなメンズの肌にもうるおいを補い、きめを整えます。
清涼感のあるアロマの香りで、毎日心地よくお手入れをすることができるでしょう。

公式HP

メンズスキンケア|日焼け止め

今回はSPF20以上のメンズ用日焼け止めを3つセレクトしました。

マージェンス スキンプロテクター

マージェンス スキンプロテクター

SPF20・PA++。
日常使いにちょうどよい、伸びがよくべたつきにくい質感が特徴の日焼け止めです。
ひんやりと心地よい使用感なので、夏でも気持ち良く使えそうですね。
日中の肌の乾燥を防ぎ、繊細になりがちなメンズの肌も保護します。顔だけでなく身体にも使用OK。

公式HP

資生堂 メン UVプロテクター

資生堂メン UVプロテクター

SPF30・PA++。大人の男性にぜひ使っていただきたい、肌を保護する日焼け止め美容液です。
肌荒れや乾燥を防ぎ、うるおいを実感しやすいすこやかな肌にしてくれます。
白浮きしにくくべたつきにくいので、日常生活からスポーツ・レジャーまで、幅広いシーンで活躍してくれそうですね。

公式HP

ウーノ クールサンスクリーン

ウーノ クールサンスクリーン

SPF50・PA+++。
ヒヤッとクールな使い心地が気持ちいい、資生堂『UNO(ウーノ)』の日焼け止めです。
レジャーやスポーツなど、アクティブなシーンにもおすすめ。
顔にも身体にも使えます。

公式HP

4.メンズスキンケア|肌らぶ編集部おすすめのポイント

スキンケアは基本的に毎日行うものなので、丁寧に行うことが大切です。
ここでは、スキンケアアイテムをより気持ちよく使うための簡単なポイントを3つご紹介します。

4-1.洗顔のポイント

ノンエー泡立て2・洗顔はぬるま湯で行う
・洗顔料はもこもこに泡立てる(レモン1個分程度を目安にしてみましょう)
・泡はひたいや鼻など皮脂の多い部分からのせる
・泡のすすぎ残しがないようにしっかりすすぐ

4-2.保湿アイテムのポイント

メンズ・洗顔後は乾燥するのでできるだけすぐつける
・一般的に皮脂が少ないUゾーン(頬~あご)からつけていき、Tゾーン(ひたいや鼻)は最後につける
・手のひらで包み込むようになじませる(強い力でたたかない)
・目元や口元など乾燥する部分には指の腹でやさしくなじませる

4-3.日焼け止めのポイント

メンズスキンケア・おでこ・鼻・両頬・あごの5か所に日焼け止めを置き、肌の上をすべらせるように伸ばしていく
・おでこや頬などの広い部分は、顔の内側から外側へ伸ばすようにつけていく
・鼻や口の周り、目の周りなどの細か部分も忘れずに塗布する(指の先を使うときれいに塗りやすくなります)

5.まとめ

メンズスキンケアメンズスキンケアといっても、特別難しいことはありません。
「肌を清潔に保ち、不足したうるおいを補って紫外線対策をする」という基本のお手入れを毎日愚直に続けていくことが大切です。

自分の肌に合ったスキンケアアイテムを選び、使い方も意識してみましょう。

メンズスキンケア初心者の方は、できそうなことからでも大丈夫!
スキンケアの習慣をとりいれて、女性が思わずほおずりしたくなるようなうるおい肌を目指しましょう♡

★スキンケアの次は眉毛にもこだわりたい!というメンズはこちらの記事も参考にしてみてください。

この記事は2017年3月1日時点での情報になります。
また、記事内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る