メニューを開く
提供:株式会社POLA

意外と知らない乳液の使い方!役割とおすすめの使用方法

乳液 効果

ほとんどの方が当たり前のように使用している“乳液”には、どんな役割があるのか知っていますか?「スキンケアの順番に入っているから」と、なんとなく使っていたりしませんか。

今日は、乳液の役割や種類をはじめ、おすすめの使い方や意外な使い方をご紹介します。

べたつかずまろやか。保湿スキンケアシリーズの乳液『モイスティシモ ミルク』はこちら>>>

◆肌らぶ セレクション◆

モイスティシモ ミルク
モイスティシモミルク

まろやかな使い心地で、肌にうるおいとツヤを与える保湿乳液です。

保湿成分として植物由来のサクラエキスやオウレンエキスを配合。かさつきがちな肌にしっとりとうるおいを与えます。

軽めのテクスチャーですーっと肌になじむので、べたつきが苦手な方にもおすすめです。

この乳液だけでなく、クレンジング料・洗顔料・化粧水・クリームが同時に試せるトライアルセットもあります。

モイスティシモ トライアル(ボタン)


1.乳液の役割と種類

乳液 効果一般的に、化粧水とクリームの中間に位置するとされる乳液には、「肌の水分と油分を補い保つ」役割があると言われています。

乳液は、含まれる油分によって肌の表面を包み、水分の蒸発を防ぐことが期待できると考えられています。
広く化粧水の後に乳液を使用する事がおすすめされているのは、化粧水で角質層まで浸透した水分(潤い)を、乳液を重ねることによって蒸発させないようにするためだとされます。

乳液には、以下のようにさまざまな種類があります。あなたの生活スタイルによって使い分けることをおすすめします。

①保湿乳液
②UV乳液
③ティント乳液

市販されている乳液が上記のどの種類なのか確認する一番簡単な方法は、「パッケージ表記を見る」ことです。それぞれの特徴をご紹介していきます。

①保湿乳液

一般的に「乳液」を語る場合、多くがこの保湿乳液を指すことが多いでしょう。
化粧水を使ってうるおいやわらいだ肌に、さらなるうるおいと適度な油分を与えます。

②UV乳液

通常の乳液の保湿の役割に加え、紫外線対策も期待できるタイプです。紫外線が強くなる時期や日中に外にいることが多いような方におすすめの乳液です。

③ティント乳液

色がついていて、通常の乳液の役割に加え、肌を明るく見せる化粧下地の役割が期待できる乳液です。1つで3役以上が期待できるタイプもあります。

2.乳液の使い方&ポイント

乳液 効果ここでは、一般的な乳液の使い方と乳液を使う際のポイントをご紹介します。使い方を意識することで、乳液の魅力をより実感しやすくなるでしょう。

「乳液の使い方くらい知っているけど?」と思う方も、使い方が間違っていた場合はもったいありません。ぜひ、一度確認してみてください。

~乳液使い方手順~

①化粧水(や美容液)がになじんだ後に乳液を使用します。

化粧水付け方1乳液にもよりますが基本的に化粧水や美容液より先に乳液を使用してしまうと、油分が肌を覆っている状態のため化粧水(美容液)が肌の角質層まで浸透しにくくなってしまうことがあります。

化粧水や乳液は丁寧になじませることを意識し、その後乳液を使用しましょう。

②10円玉ほどの大きさの乳液を手にとります。

乳液 効果 使用量使用する乳液によってメーカーが推奨する使用量は、もちろん異なります。

ただ、説明書きに「適量」とだけ記入がある場合などは、10円玉ほどの大きさを目安にしてみてください。

③そのまま、手の上で少し温めます。

乳液 つけ方 温める乳液は、化粧水などに比べ油分が多いものがほとんどです。

そのため、手のひらで適量を温めることで肌になじみやすくなることが期待できます。
同じように最後に保湿クリームを使う際なども手のひらで温めることを意識してみましょう。

④顔の中心から外側に押さえるように伸ばしていきます。

正しいスキンケア
乾燥しやすい目や口元には、乳液や保湿クリームを重ねづけすることをおすすめします。
その場合は、少量の乳液(保湿クリーム)を指先にとって、乾燥が気になる部分に塗りましょう。

また、乳液は適度に油分を含んでいることから、部分クレンジングやセルフマッサージに利用することもできると言われています。

ただ、ポイントメイクやマスカラなどの油性の落としにくい汚れには専用のクレンジングを使用することをおすすめします。

乳液の魅力をより引き出すポイント

■肌を保護することを意識したいのであれば、乳液はたっぷり使う
■部分的にベタつきやすい方は、その部分だけ乳液の量を少なくするなど工夫してみる
■角質層まで浸透させることを意識したいのであれば、優しい力加減で肌に押し込むように塗る

3.意外と知らない乳液の使い方!役割とおすすめの使用方法 まとめ

乳液 効果乳液の役割や種類、使い方をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

乳液は、ライフスタイルによって、使い分けるととても便利です。今回ご紹介した使い方を実践してすこやかなうるおい美肌を目指しましょう。

この記事は2017年3月14日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

べたつかずまろやか。保湿スキンケアシリーズの乳液『モイスティシモ ミルク』はこちら>>>




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る