メニューを開く
提供:健康コーポレーション株式会社

朝の洗顔に王道は無い!自分の肌に合った洗顔を選ぶコツ

洗顔 朝1「洗顔をするとき、朝も洗顔料を使った方がいいの?」と悩んでいませんか?

一般的に、寝ている間に汗や皮脂などが出ているとされるため、朝も洗顔を行うと良いと考えられています。
また、洗顔料を使用するかどうかは、肌タイプや肌状態によって異なるとされています。

今回は、肌タイプごとに朝の洗顔方法、夜の洗顔方法などをご紹介していきます。

※今回の内容では、洗顔料の有り無しに関わらず、顔を洗うこと全てを「洗顔」という言葉で表現しています。

洗顔クリームとクレンジングオイルを特別価格で試せる!
『ファンケル 無添加エイジングケア洗顔実感キット』はこちら>>>





ファンケル バナー

◆肌らぶセレクション◆

ファンケル 無添加エイジングケア洗顔実感キット
ファンケル無添加エイジングケア洗顔実感キット

初めての方・通販限定!ファンケルの洗顔クリーム&クレンジングオイルを特別価格【907円+税】で試せる、お得なトライアルキットです。洗顔料選びに悩んだら、ぜひ1度お試しあれ。(2017年2月時点)
防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤無添加。

★洗顔クリーム★(約15日分)
肌のトーンを暗く見せる「くすみ」の原因となる、積み重なった古い角質や、落としきれなかった汚れをすっきりと洗い流します。
ぜひ注目して欲しいのが、泡立ちの良さとボリューム感!キメ細かくふわふわの泡を、たっぷりとスピーディに作ることができるので、忙しい朝にもぴったり。

★マイルドクレンジングオイル★(約30回分)
濡れた手OK!ウォータープルーフマスカラOK!まつげエクステOK!さまざまなシチュエーションでお使いいただけます。
とろみのあるテクスチャーで、メイクと素早くなじみ洗い流しもスムーズ。しっとりとした洗い上がりです。

公式HPはこちら(オレンジ)

1.【肌タイプ別】肌らぶ編集部おすすめの朝洗顔とその理由

肌の状態は、人それぞれ違いがあります。その違いに合わせた、朝の洗顔を行うことが大切です。

自分の肌タイプや肌悩みに合った朝の洗顔をしていきましょう!

ここでは、肌タイプ別に肌らぶ編集部がおすすめしたい朝洗顔の方法をご紹介します。

1-1. 敏感になりがちな肌・乾燥しやすい肌の朝洗顔

春 洗顔敏感になりがちな肌・ 乾燥しやすい肌の方の朝洗顔は、ぬるま湯のみで行うことをおすすめします。

敏感になりがちな肌や乾燥しやすい肌は、水分と油分の両方が不足していると考えられています。

肌状態によっては、洗顔料を使用することで、肌に必要なうるおいも汚れとともに洗い流してしまうことがあるとされています。

特に肌がデリケートに傾いていると感じるときや、肌の乾燥が気になるときは、ぬるま湯のみで、夜(寝ている間)の汗やほこりなどを洗い流すと良いでしょう。

ここで注意してほしいのが、顔を洗わなくてもよい訳ではないということです。

朝の肌は、古くなった角質やほこり、シーツに付いたダニなどが肌表面に付着していると考えられているため、それらを洗い流す適度な洗顔は必要と言えるでしょう。

1-2.オイリーになりがちな肌の朝洗顔

顔 テカリ 原因オイリーになりがちな肌の方の朝洗顔は、洗顔料を使って洗顔すると良いでしょう。

オイリーになりがちな肌は、皮脂の量が多いと言われています。

洗顔料を使った洗顔を行うことで、不要な皮脂を洗い流し、肌を清潔にしていくことが大切です。

肌表面(普通肌&オイリー肌)また、オイリーになりがちな肌は、毛穴が大きく開きがちなことから、毛穴に皮脂が詰まりやすいとも言われています。

ニキビや吹き出物は、過剰な皮脂が原因となりできると考えられていますので、ニキビができやすい場合もあります。

洗顔 石鹸1 オイリーになりがちな肌の朝洗顔には、肌に不要な汚れや皮脂を落とす洗顔料がおすすめです。

洗顔料には、石鹸や洗顔フォームなどがあり、固形タイプ、チューブタイプ、泡で出てくるタイプなど、形状もさまざまです。

もちろん形状が異なるので、成分の配合量なども異なりますが、迷った場合は、比較的油分の少ない洗顔石鹸での洗顔をおすすめします。

~朝使いたい肌らぶ編集部おすすめの洗顔料~

肌の汚れを洗い流し、清浄にする「洗顔石鹸タイプ」の洗顔料をご紹介します。

POLA Dソープ

Dソープ価格:2,500円(+税)
内容量:100g(朝晩使用で約100日分)

【肌らぶ編集部コメント】
ねっとりと粘り気のある濃密な泡で、肌の汚れをすっきり洗い落とす固形洗顔石鹸です。

保湿成分として「ゴールデンニーム」「アンズエキス」「キイチゴエキス」などを配合。洗いあがりの肌をやわらげ、引き締めます。
濃密でコシのある泡がすばやく泡立つので、泡立てが苦手な方にもおすすめです。

今なら送料が無料。実質1ヶ月800円(+税)程でコスパが良く、試しやすいのが嬉しいですね!
さらに、クレンジングと洗顔料をセットで購入すると、ポーラ特製の泡立てネットがもらえます。お得なこの機会に、クレンジングとセットで購入してみてはいかがでしょうか?(2017年2月時点の情報です)

ホワイトフローラルを基調とした爽やかなシトラスに、ウッディ調のスパイスを加えた香り。

公式HPはこちら(オレンジ)

どろあわわ

pr どろあわわ3価格:2,980円(+税)
内容量:110g(約30回分)
備考:トライアルセットあり、まとめ購入割引あり

【肌らぶ編集部コメント】
もこもこしたクッション性のある泡が、古い角質をさっぱり洗い落とす洗顔料です。

ミクロ粒子の2種類の泥「マリンシルト」「ベントナイト」(全て洗浄成分)や、保湿成分である「豆乳発酵液」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」などを配合。

手を逆さにしても落ちないほど弾力があるもっちりした濃密泡が、肌と手の摩擦を減らしながら、しっとりとした肌に洗い上げます。

香料、着色料、鉱物油無添加。

泡立てネットがついてくるトライアルセット※(280円+税)や、通常2,980円+税が初回半額の1,490円+税で購入できる定期コースなど、さまざまな購入方法が選べるのも嬉しいポイント。

自分に合った購入方法で、へこたれない泡のもっちり感をぜひ1度体感してください。(2017年2月時点、その他のコースもあり)
※お試しトライアルセットのご注文は、電話のみでの受付になります。

公式HP

⇒もっとオイリーになりがちな肌の洗顔のことが知りたい方は、こちらの記事も参考にして下さい。

1-3.ベタつきと乾燥が混合している肌の朝洗顔

悩む 女性 鏡ベタつきと乾燥が混合している肌の方の朝洗顔も、洗顔料を使いましょう!

ベタつきと乾燥が混合している肌とは一般的に、皮脂が出やすい部分と乾燥しやすい部分が混在している状態の肌を指します。

したがって、少し面倒くさくも感じますが、皮脂が多く出ているところのみを洗顔料で洗うと良いでしょう。

1-4.ニキビができているときの朝洗顔

ニキビ 女性

ニキビができているときの朝洗顔は、洗顔料をよく泡立て、手や指がニキビに触れないよう「丁寧」を意識して洗顔することが大切です。

洗顔時にゴシゴシと力を入れてニキビを擦ってしまうと、ニキビが潰れたり、雑菌が入り込む原因になる場合があると考えられています。

ニキビができているときは、丁寧な洗顔で肌を清潔に保つことをおすすめします。

2.朝洗顔の基本的な手順

鼻 ブツブツ 酵素洗顔ここでは朝洗顔の基本的な手順をご紹介します。

全てに言えることは、「擦りすぎない」ことです。擦りすぎてしまうと摩擦が生じてしまい、肌荒れや肌がデリケートに傾いてしまう原因になる場合もあるので、意識して洗顔をしてくださいね。

2-1.“ぬるま湯のみ”での朝洗顔の手順

まずは、ぬるま湯のみでの朝洗顔の手順をご紹介します。

① 手を洗う
雑菌が付着した手で肌に触ることで、様々な肌悩みの原因にもなると言われています。洗顔に関わらず、スキンケアをする際は、先に手を洗うことを習慣化するようにしましょう。

② ぬるま湯でやさしく洗う
洗顔 洗い流す朝洗顔のときの温度は、熱すぎてしまうと肌に必要なうるおいまで洗い流してしまい、肌が乾燥しやすくなる場合があります。

少しぬるめかな?と感じるくらいの温度が適温です。(34度~36度くらい)

ゴシゴシと洗うのではなく、指の腹を使って、やさしい力加減でなでるように洗います。

③ タオルでふき取る
洗顔 タオルでふく洗顔後の肌は、デリケートな状態です。

ふき取りの際も、タオルでゴシゴシこすると肌の負担になりかねないので、清潔で肌触りの滑らかなタオルに水分を吸い取らせるようなイメージでふき取りましょう。

2-2.“洗顔料”での朝洗顔手順

ここでは、洗顔料を使って洗顔する際の手順をご紹介します。
※今回は「固形石鹸タイプ」を例にします。

①手洗い
手洗い手についている雑菌などが顔に付着しないように、まずは手を洗いましょう。

② ぬるま湯で顔を洗う
洗顔 洗い流すぬるま湯で洗うことで、肌をやわらげ汚れが落としやすくなると言われています。

洗顔料を使う前にぬるま湯ですすいでおきましょう。

【ポイント】
ぬるま湯は体温より少し低い34~36度くらいを目安にしましょう。
温度が高すぎると、肌に必要な皮脂やうるおいが洗い流され、肌の乾燥の原因になる場合もあります。

③固形石鹸を良く泡立てる
手のひらに泡泡立てネットを湿らせ、固形石鹸をネットに入れます。
その後、ぬるま湯を少量かけ、こすって良く泡立てます。

④やさしい力加減で洗顔する
皮脂が多いとされる「Tゾーン」から洗います。
クレンジング Tゾーンまずは額に泡をのせ、Tゾーンに広げていきます。特に黒ずみになりやすい小鼻は、指の腹でクルクルとマッサージするように丁寧に洗いましょう。

次に頬を洗います。
洗顔 頬頬はTゾーンほど皮脂が多くないとされているので、泡を乗せるイメージで洗います。
※ベタつきと乾燥が混合している肌の方で、乾燥が気になる部分はぬるま湯で洗うようにしましょう。

「目」や「口」などのデリケートな部分は最後に洗います。
洗顔 目・口泡を乗せるだけにして、ほとんどこすらないようにしましょう。

【ポイント】
やさしい力加減で泡を転がすように洗いましょう。
円を描くように、まんべんなく力を入れることがコツです。

⑤ぬるま湯でしっかりと洗い流す
洗顔 洗い流す顔をゴシゴシと強くこすらずに、ぬるま湯を肌に当てるようにしてすすぎます。30回程度を目安に行いましょう。

あごや生え際など、泡が残りやすいところもしっかりとすすぎましょう。

⑥清潔なタオルで水分を取り除く
洗顔 タオルでふく肌にタオルを押し当てるようにして、水気をとります。

3.夜は洗顔料を使って洗おう!

朝の洗顔は肌タイプごとに方法が異なりましたが、夜の洗顔では肌タイプに関わらず洗顔料を使うことをおすすめします。

3-1.夜は洗顔料を使うべき2つの理由

①夜の肌はメイクやほこり・汗などで汚れている

肌の汚れ 洗顔 ロゴ入り・角質層まで夜の肌表面は、「皮脂・古い角質・汗・メイク・ほこり」などが付着していると言われています。

まずはクレンジングでメイクを落として、その後に不要な皮脂・古い角質・ほこり・汗などを、洗顔料で洗い流してあげましょう。

②洗顔せずに寝ると肌の負担となる

夜の洗顔はスキンケアの基本中の基本と言われるほど大切な部分です!

メイクやほこりなどの汚れを肌表面に残したまま寝てしまうと、メイクや過剰な皮脂が酸化してしまったり、洗顔することで落ちるはずだった古い角質が剥がれずに蓄積されてしまったりすることで、肌に負担をかけてしまうことがあります。

どんなに眠くても疲れていても、洗顔で肌表面の不要な汚れを洗い流すようにしましょう。

3-2.夜の洗顔料を選ぶポイント

角質 洗顔①夜の洗顔では、肌タイプに関係なく、不要な汚れを落とすことができる洗顔料を選ぶとよいでしょう。

しかし、洗顔料や化粧品の合う合わないは、人それぞれです。自分の肌タイプや肌悩みに合ったアイテムを選ぶなどして、しっかり見極めましょう。

4.洗顔の2つのメリット

洗顔という行為には、肌についた汚れを落とす以外にも、主に「肌をすこやかに保つ」「スキンケアアイテムの肌なじみを良くする」という2つのメリットがあると考えられています。

4-1.肌をすこやかに保つ

肌表面 (綺麗&汚れあり)

洗顔で古い角質をきちんと落とすことで、すこやかな肌を保つことが期待できます。

古い角質が肌の表面に厚くたまってしまうと、肌がくすんでみえやすくなると言われています。

※画像はイメージです。

4-2.スキンケアアイテムの肌なじみを良くする

洗顔した肌としなかった肌洗顔によって肌に付着していた汚れを落とすことで、次に付ける化粧水や美容液などのスキンケアアイテムの肌なじみがよくなると言われています。

肌が汚れた状態でスキンケアアイテムを使用しても、せっかくの美容成分が角質層に浸透しにくくなることも考えられますので気をつけましょう。

5.まとめ

洗顔 フォーム 泡立て 方朝の洗顔は、「肌タイプに合わせた方法を選ぶ」ことが大切です。

洗顔は、セルフスキンケアの基本!自分の肌に合わせた洗顔やお手入れをしていきましょう。

基本である「洗顔」を、自分流にマスターして、すこやか美肌を目指しましょう!

この記事は2017年2月27日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る