メニューを開く

正しい爪の切り方はこれ!指先まできれいになろう♪

爪 切り方

皆さんは正しい爪の切り方を知っていますか?

適当に切っていたら爪のトラブルが起きてしまったり、切った後に指が痛くなったりしてしまったこともあるのではないでしょうか。

実は爪を切るという行為は、意外と爪に負担がかかってしまっていたのです。

爪の切り方にあまり意識を向けたことが無いという方が多いと思いますが、爪は正しい切り方で美しく保つことができるのです!

そこで今回は、再確認してほしい「爪の正しい切り方」についてご紹介します。

指先や爪は想像以上に人の目にふれやすいので、男性も女性も爪をきれいにしているだけでも印象がアップするものです。

爪の切り方と合わせて普段のネイルケアの方法もご紹介しますので、爪先まで手入れの行き届いたきれいな指先を目指しましょう。



松たか子さんCMで話題の、あのアスタリフトが1,000円(税抜)でしっかり試せる。
astalift
astalift

1.正しい爪の切り方|タイミング

爪 切り方

「正しい爪の切り方」の大切なポイントのひとつとして、爪を切る適切なタイミングがあります。

では、どれくらいのペースでいつ爪を切ればいいのか、最初に確認しておきましょう!

1-1.2~3週間に1回のペースで爪を切る

爪は、2週間~3週間くらいを目安に切るようにしましょう。

爪が伸びたらすぐに切るということを繰り返していると、どんどん爪が短くなって深爪の原因になってしまいます。

爪が伸びるスピードは、1日に約0.1mm程度だと言われています。

爪は伸ばしすぎると割れやすくなってしまうというリスクもあるので、最後に爪を切ってから2~3週間たって、2mm程伸びた時に爪を切るというサイクルを目安に行いましょう。

1-2.お風呂上がりに爪を切る

爪 切り方

爪を切るときは、お風呂上がりのタイミングで切るのがおすすめです。

乾燥している爪は硬いので、切るときに衝撃が強くなり、ひびが入ったり割れやすくなってしまう可能性があるからです。

お風呂上がりのタイミングだと爪がしっとり柔らかくなっているので、爪のひび割れなどを防止することができます。

お風呂上がりのタイミング以外で爪を切りたい時は、ぬるま湯に指先を2~3分つけましょう。

そうするとお風呂上がりの状態のように爪がしっとりとして、切りやすくなります。

2.正しい爪の切り方|ポイント

では続いて、正しく爪を切るための2つのポイントをご紹介します。

間違った切り方をしてしまわないためにも、爪を切る前にまずしっかりと確認しておきましょう!

①正しい爪の形に切る

正しい爪の切り方の1つ目のポイントは、正しい長さと形に爪を切るということです。

爪 切り方

まず爪の長さは、手の甲側から爪を見た時に、爪の奥に指先が見えないギリギリのラインに揃えましょう。
横から見ると、爪先と指先の位置が揃っていることが分かります。

また爪先の形は「スクエアオフ」と呼ばれる形にしましょう。

爪 切り方

スクエアオフとは、角のとれた四角形のような爪の形の事を言います。

スクエアオフに切ることで爪の強度が高くなり、爪トラブルが起きにくくなると言われているのです。

②正しいアイテムを選ぶ

正しく爪を切るためのもうひとつのポイントは、正しいアイテムを選ぶということです。

そこで、爪の正しい切り方をするために必要なアイテムを2つご紹介します。

どちらも100円均一のお店などで販売されているものから、数千円するものまであります。
使い心地や切れ味など、お気に入りのものをチョイスしましょう。

◆刃がストレートの爪切り◆

爪 切り方

正しい爪の切り方をするためには、刃がストレートの爪切りを使うことをおすすめします。

先ほどお伝えしたように、爪の強度を上げるためにはスクエアオフの形に爪を切るようにします。

そのため爪切りの刃は丸くなっているものよりも直線的なものの方が、スクエアオフに切りやすくなるのです。

また刃がストレートの爪切りは、刃先部分が細くなっていることが多く、爪を少しずつ切る際に便利です。

爪を一気にバチンと切ってしまうと、爪への衝撃が大きくなり、爪が割れたりひびが入ってしまう原因になることがあります。

そこで正しい爪の切り方をするためには、スクエアオフに切りやすく爪に与える衝撃も小さい、刃がストレートの爪切りがおすすめです!

またストレートの刃の爪切りは、赤ちゃんの爪を切るハサミ型の爪切りにも採用されていることが多いです。

赤ちゃんの爪から大人の爪まで使いやすい形ともいえるので、ひとつ手に入れてみても良いのではないでしょうか♪

◆爪やすり◆

爪 切り方

爪切り用ニッパーで爪を切った後には、爪やすりを使います。

ニッパーで切っただけでは、爪先がザラザラしたり引っ掛かりやすくなったりします。
そこで切った爪の断面をなめらかに整えるために、爪やすりを使用しましょう。

爪やすりには目が粗いものから細かいものまでさまざまあります。
爪の断面を整えるために使うには、目の細かい爪やすりが使いやすいでしょう。

とくに「エメリーボード」と呼ばれる紙製の爪やすりは、本体が薄く作られていて柔軟性があり、余計な力がかかりにくいのでおすすめです。

3.正しい爪の切り方|手順

爪 切り方2

では続いて、正しい爪の切り方とコツを手順を追いながら説明していきます!

爪切りは子供のころからなんとなくで続けてきたものだと思うので、今まであまり気にしてこなかったという方も多いかもしれませんが、きれいな爪を守るためにここでしっかり再確認しておきましょう♪

①ニッパーで少しずつ爪を切る

爪 切り方

爪切り用のニッパーを使って、爪を切っていきます。
一気に切るのではなく、少しずつ切るようにしましょう。

②角を残して、爪をまっすぐに切る

爪 切り方

角を残した状態で、まっすぐなラインになるように爪を切ります。

③残った角を爪やすりで丸くする

爪 切り方

今度は爪やすりを使って、残していた角を削っていきます。
外側から内側に向かって一定方向に削ることが、スムーズに削るコツです。

④切った爪の断面を、爪やすりでなめらかにする

爪 切り方

最後に爪やすりを使って、ざらざらと引っ掛かりやすい爪の断面をなめらかにします。
爪やすりは、爪に対して45°の角度で当てるようにします。

また角を取るときと同じように、爪やすりは往復させるのではなく、一定方向に動かして削るようしましょう。

爪 切り方

4.間違った爪の切り方で起こる爪トラブル

爪 切り方

ここまで正しい爪の切り方についてご紹介してきましたが、実際に間違った爪の切り方をするとどんな爪トラブルがおきてしまうのでしょうか。

具体的に3つの爪トラブルをご紹介します。

また正しい爪の切り方を実践したり、ケアを行ってもこれらの症状がなかなか改善されない場合は、専門外来などを受診して治療を行うことも視野に入れておくとよいでしょう。

4-1.深爪

爪がまだ伸びていないのに切ってしまったり、白い部分が見えなくなるまで切ってしまったりして、指先よりも爪先が短くなってしまうと深爪になります。

深爪になると、だんだん指先の皮膚や肉が盛り上がってきてそこに爪が食い込んでしまい、炎症を起こしてしまう可能性があります。

指先に痛みを伴ってしまうこともあるので、爪の切りすぎには気をつけましょう。

4-2.巻き爪

爪 切り方

爪の切り方を間違えると、巻き爪の原因になってしまうこともあります。

巻き爪にならないために気を付けて欲しいのは、爪先の形です。

爪には指の形に添って内側に丸まろうとする力があります。
そのため爪を切るときに角を落としすぎてしまうと、その丸まろうとする力が余計に働いてしまい、指の皮膚に食い込むように巻き爪になってしまうのです。

この現象は、足の爪でとくに起きやすいです。

1章では「スクエアオフ」の形が好ましいとお伝えしましたが、どうしても他の形にしたいという時でもできるだけ避けてほしいのが、「バイアス」という形です。

爪 切り方

バイアスとは爪の生え際の形に添わせて、爪の角を深く切り落としてしまう形です。

巻き爪が皮膚に食い込んで痛いからと、さらに爪の角を切ってしまう方もいるかもしれませんが、巻き爪を治すには一度爪を伸ばしてスクエアオフに整えることが大切になります。

4-3.二枚爪

爪の切り方を間違えると、二枚爪の原因につながることもあります。

二枚爪とは、三層構造でできている爪の表面の層が剥がれて浮いてくる現象を言います。

二枚爪の主な原因は、爪への衝撃と乾燥です。

そのため、乾燥した状態のまま爪を切ったり、一度にバチンと切ってしまったりすることで、二枚爪を発生させてしまう可能性があります。

そこで1章でもお伝えしたように、お風呂上がりの爪が柔らかくなっている状態で、少しずつ爪を切っていくということを忘れないようにしましょう。

5.正しい爪の切り方と合わせて行いたいネイルケア

爪 切り方

爪トラブルを防止しキレイな爪を守るためには、正しい爪の切り方の他にネイルケアも大切になります。

とくに気を付けてほしいのは、爪の乾燥対策です。

爪の乾燥は、爪のひび割れや二枚爪などさまざまな爪トラブルにつながります。

そこで最後に、爪の乾燥を予防するために普段からできるネイルケアの方法を3つご紹介します。

5-1.甘皮処理

乾燥から爪を守り健やかな爪をキープするためには、定期的な甘皮処理が大切になります。

甘皮とは、爪の生え際部分にある薄くて白っぽい皮のことです。

爪 切り爪

甘皮は爪が生えるのと一緒にできるものですが、これを放置しすぎると硬い皮になって、ささくれなどの原因になってきます。

また甘皮は爪に必要な水分を奪ってしまうこともあり、爪の乾燥を招いてしまうため、甘皮処理が必要になるのです。

爪 切り方

甘皮は爪や指先がしっとりとして柔らかくなっているときに、綿棒で優しくこすることで簡単に落とすことができます。

お風呂上がりや湯船の中でもいいので、甘皮処理を取り入れてみましょう。

甘皮処理をした後は、指先の保湿も忘れないようにしてくださいね♪

甘皮処理は1か月に多くても2回程度行うと良いとされているので、爪を切るタイミングで甘皮処理も一緒に行うようにしてみましょう!

5-2.ハンドクリーム

爪 切り方

手が乾燥しやすい人は、ハンドクリームを塗る機会も多いのではないでしょうか。

ハンドクリームは手のひらや指に塗って使うことが多いと思いますが、その時に爪や爪の生え際にも意識的に塗るようにしましょう。

手や指先が乾燥しているときは、爪も同じように乾燥してしまっています。

「ついでに」できる爪の乾燥対策なので、普段から取り入れるようにしてみましょう。

5-3.キューティクルオイル

爪 切り方

爪の乾燥を防止するためには、キューティクルオイルを使うのもおすすめです。

キューティクルオイルは、爪の生え際部分にあるキューティクルに塗るオイルです。

キューティクルオイルを使うことによって爪が保湿され、しっとり柔軟な爪をキープしてくれます。

また爪の栄養補給の役割もしてくれるので、爪トラブルの少ない健やかな爪を保つために効果的なアイテムです。

6.まとめ

今回は正しい爪の切り方についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

子供のころから何気なく切っていた爪ですが、切り方を変えるだけでも爪はもっとキレイに変わってきます!

指先や爪は意外と人の目にふれやすい部分なので、美しく保っていたいものですよね。

今回ご紹介した正しい爪の切り方を取り入れて、爪先まで手入れが行き届いた憧れの人を目指しましょう♪

この記事は2016年11月21日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る