メニューを開く
アスタリフト;

鼻の角栓ケアってどうしてる?凸凹をつくらないお手入れ方法2選

鼻 角栓 鼻は顔の中心にあるので、角栓があるとどうしても目立ちやすく、気になってしまいますよね。

鼻の角栓は、無理して取ろうとすると肌を傷つけてしまうことがあるため、角栓によって鼻が凸凹してみえないようにお手入れすることが大切です。
角栓を予防するお手入れを行い、つるんとしたキレイな鼻を目お手入れ指しましょう!!



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.鼻の角栓ができる原因

角栓(角質層・ロゴ入り)

角栓とは、「過剰な皮脂(油分)」と「古い角質(タンパク質)」が混ざって毛穴に詰まることでできてしまったものです。

顔の中でも、鼻は最も角栓ができやすく、目立ちやすい部分です。

鼻に角栓ができてしまうのは、主に次の2つの原因があると言われています。

①皮脂の分泌が活発なため

角栓は過剰な皮脂が原因のため、Tゾーンのように皮脂がたくさん出てしまう部分には必然的にできやすくなってしまいます。

②もともと凹凸があるため

鼻にはもともと凹凸があるため、クレンジングや洗顔をしても汚れの洗い残しが多くなってしまいます。

落としきれなかった汚れが毛穴につまることで角栓ができやすくなってしまうのです。

2.鼻の角栓によって起こりうる肌悩み

洗顔 角栓 取れない3

鼻の角栓ができてしまうと、毛穴にフタをしてしまうような状態になり、皮脂が毛穴の中に溜まってしまいます。

皮脂が毛穴の中に溜まる事で、ニキビなどができやすい状態になってしまうのです。

また、鼻の角栓は放置しておくことで皮脂が酸化し、毛穴の黒ずみの原因となってしまい、毛穴がとても目立ちやすくなってしまう事もあります。

そのため、できるだけ角栓ができないように予防していくことが大切なのです。

3.鼻の角栓は無理にとってはいけない

コメドプッシャー
鼻の角栓を、物理的に刺激を与えて取り除くような方法は、肌を傷つけてしまう可能性があるためおすすめできません。

ピンセットや指、爪などで無理やり角栓を押し出すと、毛穴周辺の皮膚を傷つけてしまうだけでなく、毛穴が開いて凹凸が目立ちやすくなってしまうことがあります。

また、毛穴につまった角栓を抜きとるだけの強い力が加わると、肌の表面の角質が一緒に剥がれ落ちてしまうだけでなく、肌に必要な水分や油分も奪われやすくなってしまうため、やりすぎないよう注意が必要です。

4.鼻の角栓のお手入れ方法

鼻の角栓をお手入れするためには、普段のスキンケアを見直すことをおすすめします。

角栓の目立ちを防ぐため、スキンケアのポイントを2つお伝えします。

①クレンジング・洗顔を丁寧に行う

洗顔
鼻の角栓ができるのを防ぐために、クレンジング・洗顔を丁寧に行いましょう。

クレンジング・洗顔で汚れをしっかり落とすことができていないと、汚れが毛穴に詰まってしまい角栓ができやすくなってしまいます。

また、汚れを落とそうとゴシゴシと力を加えて洗ったり、クレンジングや洗顔料の使用量が少なかったりすると、肌と手の摩擦が起こりやすく、肌を傷つけてしまうことがあります。

クレンジング・洗顔は、正しい使用量を使って丁寧に行いましょう。

[おすすめクレンジング&洗顔]

アルファピニ28 コーラルクリアパウダーウォッシュ

アルファピニ

余分な皮脂や汚れを落とし、なめらかな肌に洗い上げる酵素洗顔パウダーです。

もこもことした弾力のある泡立ちで、洗顔しながら古い角質のお手入れを行うことができます。

毎日使用することもできます。

公式HP

②保湿を十分に行う

保湿鼻を含む、顔全体の肌表面が常に柔らいだ状態に保てるよう、肌を乾燥から守り十分な保湿ケアを行うようにしましょう。

肌が乾燥すると毛穴周りの皮膚が硬くなり、毛穴に角質が詰まりやすくなるといわれています。

肌質によって必要な保湿ケアは異なりますが、基本的には化粧水で水分をたっぷり与えたあと、美容液や乳液・クリームなどの油分を与えて、お肌が乾燥しないようにすることが必要です。

また、Tゾーンや鼻周りなど皮脂のベタつきが気になる場合は、油分を多く付け過ぎてしまうと、逆に毛穴の皮脂を詰まらせてしまうことがあるといわれています。
その場合は、油分を多く含む乳液またはクリームの使用は避け、水溶性の美容液の使用をおすすめします。

逆に、皮脂の分泌が少なく鼻がカサついてしまう場合は、鼻にも乳液やクリームを塗りましょう。

[おすすめ美容液]

エトヴォス モイスチャライジングセラム
エトヴォス セラム

保湿成分「ヒト型セラミド」がバランスよく配合された美容液です。

公式HP

オルビス アクアフォースモイスチャー

アクアフォース

水分たっぷりの潤った肌を目指したい方におすすめの、オイルカットの保湿液です。

公式HP

5.鼻の角栓を根本的にできにくくするための生活習慣

鼻の角栓だけでなく、あらゆるお肌の悩みにつながるのが日頃の生活習慣です。

生活習慣を見直していくことで、肌悩みの少ない美しい肌に近づくことができます。

毎日の生活を急に変えることは難しいかもしれませんが、できることから日常に取り入れていき、鼻の角栓ができにくい健康的な生活を送りましょう。

①質の良い睡眠をとる

睡眠のリズム 睡眠をとる際は、睡眠時間の長さよりも質の良い睡眠をとることが大切だと考えられています。

質の良い睡眠は入眠後3時間の間にしっかりと熟睡していることがポイントだといわれています。

このタイミングで熟睡することで、肌の生まれ変わりや健康的な肌をサポートするとが期待できます。

就寝前は、携帯やパソコン、考え事や頭を使う仕事などは控え、ストレッチをしたり好きな香りをかぐなどして体がリラックスする状態に向かうよう心がけてみましょう。

②栄養バランスのとれた食事をする

7e062637d72f7d20421865441acfd891_s
肉や魚、野菜やフルーツなどから、美肌に必要なビタミン類・肌のもととなるタンパク質をバランスよく摂り入れましょう。

美しい肌を目指すためにおすすめの栄養素は、ビタミンA・C・Eです。

また、ビタミンだけでなく、肌のもととなるタンパク質を摂取することも必要です。

肉や魚類など主食に多く含まれるタンパク質は、偏りがないよう野菜と一緒に摂取するようにしましょう。

【ビタミンの多く含まれている食材】
ビタミンA:しそ・にんじん・とうがらし・ほうれん草・大根・しゅんぎくなど
ビタミンC:赤、黄ピーマン・キャベツ・ブロッコリー・ミニトマト・さやえんどう
ビタミンE:モロヘイヤ・さつまいも・自然薯・アスパラなど

③日常に軽い運動を取り入れる

適度な運動 肌の調子を整えるためにも、日常に軽い運動を取り入れて身体を動かしましょう。

運動不足によって筋肉が衰え、血行が悪くなると代謝が低下し、肌の調子もが乱れて鼻の角栓ができやすくなる可能性があります。

中でも、全身の筋肉に酸素を行き渡らせながら行う有酸素運動(ウォーキング、水泳、ランニングなど)は、代謝もアップしやすいのでおすすめです。

運動する時間がない場合や、運動慣れしていない方は、エレベーターやエスカレーターを使わず階段を使用するなど、日常生活で変えられることからはじめていきましょう。

6.鼻の角栓ができるメカニズム

鼻 角栓

最後に、鼻の角栓ができるメカニズムをお伝えします。

加齢や生活習慣の乱れにより肌のリズムが乱れると、古い角質が肌表面に残り、肌が硬くなってしまいます。
肌が硬くなると毛穴の周りの皮膚も硬くなり、不要な汚れが溜まりやすい状態になります。

ここに、過剰な皮脂やはがれかけた古い角質、普段のクレンジング・洗顔で落としきれなかったメイク汚れなどが毛穴に詰まると、角栓ができてしまうのです。

7.まとめ

鼻の角栓は、無理やり取り除こうとすることで、より悪化させてしまうことがあります。
日々のお手入れを意識すること、生活習慣を見直すことで肌の内側からもサポートして鼻の角栓ができにくい肌を目指していきましょう!

※この記事は2016年12月9日(最終更新日)時点での情報になります。
また、効果・結果には個人差がございますのでご了承ください。



Pocket
LINEで送る