メニューを開く

アンダーヘアの処理方法&整え方って?人には聞けない方必見

アンダーヘア 処理 セルフ 方法 おすすめ ヒートカッター『アンダーヘアの処理って必要なの?!』、『アンダーヘアはどうやって処理すればいいんだろう…』とお悩みではありませんか?

徐々に世の女性の間に浸透しつつあるアンダーヘアの処理ですが、身近な人にはちょっと相談しにくいというのが本音だったりしますよね。

そこで今回は、自宅での整え方などを中心に、主なアンダーヘアの処理方法についてご紹介していきます。


1.アンダーヘアの処理は必要?!

アンダーヘア 処理 セルフ 方法 おすすめ ヒートカッターアンダーヘアの処理をしなくても大きな問題は生じないかもしれませんが、することで以下のような嬉しいメリットが期待できます。

・下着や水着からの毛のはみ出しが気にならない
・蒸れにくくなる
・ニオイの軽減が期待できる など

アンダーヘアをキレイに整えておくと、女性としての自信にも繋がりそうですよね。
また、毛量が減ることで蒸れやニオイの軽減も期待できますし、清潔さを保ちやすいという点も大きな魅力です。

アンダーヘアの処理というと、なんとなく海外の女性がしているというイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、最近では日本でも処理をしているという方が増えつつあるようです。

2.アンダーヘアの処理方法とは?

アンダーヘア 処理 セルフ 方法 おすすめ ヒートカッターアンダーヘアが生えている部分の肌は、”デリケートゾーン”と呼ばれることからも想像できるように、とても繊細です。
方法を問わず、アンダーヘアの処理をするときにはそのことを忘れず、慎重に行うことを忘れないようにしましょう。

アンダーヘアの処理方法としては、主に
①セルフで(自宅で)処理する
②脱毛クリニックやサロンで処理してもらう

といった方法が考えられます。

この章では、まず①セルフで(自宅で)処理する方法について、その中でも比較的自分で処理がしやすい、シェーバーを使ったVラインの処理方法についてお伝えします。

それ以外の処理方法については【3.その他のアンダーヘア処理方法】でご紹介します。

2-1.アンダーヘアの形

アンダーヘアの処理をしようとしたときにまず考えることになるであろうポイントは、「アンダーヘア=Vラインの形」ではないでしょうか。

Iライン・Oラインについては、クリニックやサロンなどで短く整えたり、すべて処理してしまう方が多いようですが、Vラインは人それぞれ好みの形に整えることができます。
ここでは、一般的に選ぶ方が多いであろう主なアンダーヘアの形をご紹介します。

■逆三角形

デリケートゾーン(アンダーヘア)逆三角形 アンダーヘア 処理Vラインを少し小さめの逆三角形に整えると、下着や水着にもおさまりやすくなり、自然な仕上がりになります。
女性からだけでなく、男性がパートナーに求める整え方としてもよく選ばれるようです。

■たまご型

デリケートゾーン(アンダーヘア)たまご型(オーバル型) アンダーヘア 処理女性らしい丸みのある形です。

■I型(長方形型)

デリケートゾーン(アンダーヘア)長方形型(Iライン型) アンダーヘア 処理アンダーヘアの面積が少なめなので、水着や下着に合わせたい方にもおすすめです。

2-2.アンダーヘアのセルフ処理手順

自宅でシェーバーを使いアンダーヘア(Vライン)を処理する一般的な手順をご紹介します。

脱毛クリニックやサロンを利用する場合でも、行く前の準備としてある程度の自己処理が必要になる場合もあります。
ぜひ処理する時の参考にしてみてください。

アンダーヘアの処理方法【手順】

①蒸しタオルなどを当てて、毛を温めて柔らげる

②処理する形を決める
あらかじめ整える形を決めて、わかりやすく目印などをつけておきましょう。

③処理する部分の毛をはさみ・ヒートカッターなどで短くカットする
アンダーヘア 処理 セルフ 方法 おすすめ ヒートカッター残す部分の形を決めて、いらない部分の毛を短くカットしておきます。
アンダーヘアが長いままだと、シェーバーで処理しにくくなることがあるためです。

④皮膚に手を置いて軽く引っ張りながら、カットした部分にシェーバーをあてる
皮膚がたるんでしまうとシェービングしにくいことがあるため、皮膚を軽く伸ばすように、軽く引っ張るようにしながらあてます。

⑤処理後はしっかり保湿をする
アンダーヘア 処理 セルフ 方法 おすすめ ヒートカッター脱毛処理をした後のデリケートゾーンの肌は、少なからず負担を受けているといえます。保湿用のスキンケアアイテムでしっかり保湿をしましょう。

~肌らぶ編集部セレクト:参考アンダーヘア処理アイテム~

セルフでのアンダーヘア処理に役立つ、通信販売でこっそり購入可能なヒートカッター&トリートメントをご紹介します。

Vライントリマー LCオリジナル

アンダーヘア 処理 Vライントリマー熱によるヒートカット方式で毛先を丸くカットする、アンダーヘア用のトリマー。アンダーヘアを少量ずつつまむようにしながら使います。
付属のアタッチメントコームを使えば、約7mm程度に整えられる便利なアイテムです。
アンダーヘア 処理 Vライントリマー

シナヤカウォッシュ

シナヤカウォッシュ髪の毛のトリートメントのような質感で、アンダーヘアをしっとり包み込みます。
マンダリンオレンジ&ラベンダーのさわやかな香り。
アンダーヘア全体になじませてから、約3分間じっくりとパックして洗い流す”泡パック”もおすすめしています。
シナヤカウォッシュ アンダーヘア 処理

3.その他のアンダーヘア処理方法

アンダーヘア(Vライン)の処理としてまずシェーバーを使った方法をご紹介しましたが、ここからはそれ以外の処理方法【脱毛クリニック・サロン(減毛)・家庭用脱毛器】についてご紹介します。

それぞれの特徴などをお伝えしますので、参考までにご覧ください。

3-1.脱毛クリニック

アンダーヘア 処理 セルフ 方法 おすすめ ヒートカッター脱毛クリニックでの施術は、主に医療機関でのみ行えるレーザー脱毛が用いられることが一般的です。

レーザー脱毛とは、レーザーの光によって毛根に働きかけて脱毛する方法で、永久脱毛*を目指すことも可能と言われています。*長期間に渡り毛を目立たなくすること

自分ではなかなか処理しにくいIライン・Oラインのアンダーヘアを処理したい方なども、クリニックでの施術を視野に入れてみるとよいかもしれません。
※自由診療の場合、保険は適用されません。

~肌らぶ編集部セレクト:参考脱毛クリニック~
参考までに、アンダーヘアの脱毛コースがあるクリニックをご紹介します。

湘南美容外科クリニック
湘南美容外科クリニック全国に50院以上を構え、美容にまつわるさまざまなメニューを提供する美容クリニック。*2017年4月時点での情報
ハイジニーナ(VIO)コースでは、へそ下から脚の付け根まで施術してもらうことができます。
※自由診療の場合、保険は適用されません。
公式HP

3-2.脱毛サロン(厳密には減毛)

アンダーヘア 処理 セルフ 方法 おすすめ ヒートカッター脱毛サロンでの施術には、一般的に光(フラッシュ)脱毛が採用されており、厳密には「減毛」という扱いになります。

通いやすさや費用面から、サロンでの脱毛(減毛)をはじめる女性も増えているようです。
自分にとってメリットがあるかどうか、総合的に判断して選ぶとよいでしょう。

~肌らぶ編集部セレクト:参考脱毛(減毛)サロン~
参考までに、アンダーヘアの脱毛(減毛)コースがあるサロンをご紹介します。

ミュゼプラチナム
アンダーヘアの処理をしたい方必見の「ハイジニーナ7美容脱毛*コース」があります。*厳密には減毛
それ以外にもさまざまなプランがあるので、自分にぴったりのコースを見つけられるかも。
アンダーヘア以外も処理したいという方にも便利なサロンです。

公式HP

3-3.家庭用脱毛器

アンダーヘア 処理 セルフ 方法 おすすめ ヒートカッターセルフでムダ毛処理をする手段として、シェーバー以外に家庭用脱毛器などもあります。

しかし、アンダーヘアのお手入れに使えるかどうかは、メーカーや商品によっても異なります。

特にIライン・Oラインはこのようなアイテムを使用してもやはり自分ではやりにくいことが考えられますので、自分で処理しようとするのは、あまりおすすめできません。

アンダーヘア(Vライン)に使用したいと考えている方は、商品の説明書きなどをよく確認したうえで、まずワキや脚、腕などで試すというのもいいかもしれませんね。

デリケートゾーンはその名の通り繊細な部分なので、家庭用脱毛器の使用はよく考え、確認してから行うとよいでしょう。

~肌らぶ編集部セレクト:参考家庭用脱毛器~
参考までに、フラッシュ(光)方式を採用している家庭用脱毛器をご紹介します。

ケノン
アンダーヘア 処理 ケノンコロンとコンパクトなサイズで置き場所にも困りにくい、フラッシュ方式の家庭用脱毛器です。
オート照射機能なども搭載されており、ニーズに応じてカートリッジ交換もできます。選べる4色展開。
※Iライン・Oラインへの使用は推奨していません
公式HP
ツーピーエス
アンダーヘア 処理 2PSIPL方式(フラッシュ方式)の家庭用脱毛器です。
ムダ毛を処理しやすい、丸みのある持ちやすい形状を採用しています。
オプションのカートリッジに付け替えれば、美顔器としても使用可能。
もちろん男性も使えるので、カップルでの使用もおすすめです。
公式HP

4.まとめ

アンダーヘア 処理 セルフ 方法 おすすめ ヒートカッターアンダーヘアの処理は、整った見た目だけでなく、蒸れ・ニオイなどの衛生面でもメリットが期待できます。

とてもデリケートな部分なので、アンダーヘアの処理は慎重に行いましょう。
複数の方法をうまく取り入れながら処理することも視野に入れてみてくださいね。

アンダーヘアの適切な処理で、ますます自信の持てるカラダを目指しましょう♡

この記事は2017年4月4日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

アンダーヘア 関連記事

【デリケートゾーンまとめ】洗い方&基本アイテム11選

【女性必見】デリケートゾーンのケアしてる?気になる毛問題

デリケートゾーンの黒ずみ【気になる前に!】原因と対策

【必見!】デリケートゾーンのにおい対策&アイテム10選




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る