メニューを開く
アスタリフト;

リンスとコンディショナー違いは何?意外と知らない正しい使い方

リンス コンディショナー「リンスとコンディショナーって何が違うの?」「リンスとコンディショナーの正しい使い方ってこれでいいの?」と気になったことはありませんか。

普段何気なく使っているリンスやコンディショナーですが、違いを知ることで、すこやかな髪のために効率良く使うことができます。

今回は、身近なヘアケアアイテムリンスとコンディショナーの違いや、正しい使い方などをご紹介します。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.リンスとコンディショナーの違い

まつげの長い女性 髪
リンスとコンディショナーは、どちらも髪の表面の状態をよくすることが目的で作られていますが、少し違いがあります。

ここでは、リンスとコンディショナーそれぞれの特長についてお伝えします。

1−1.リンスとは

リンスとは、英語で「水洗・すすぐ・すすぎ」という意味があります。

リンスは、シャンプー後のキシキシした髪や、ごわついた髪のクシどおりをよくするものです。

一昔前、石けんシャンプーが主流だった頃に、ごわつきやきしみの気になる髪をすすぎやすくするものとして登場しました。

また、保湿成分によって髪の表面に油分を与えてコーティングすることや水分を保つ役割もあります。

リンスは、髪にツヤを与えたり、クシどおりをよくしたりなど、すこやかな髪をキープすることに役立つアイテムなのです。

ちなみに最近では、長年親しまれたリンスの名はそのままに(種類別名称もリンスのまま)、毛髪のうるおいを保つものとしてコンディショナーと同様の目的で使えるものも多く販売されています。

1−2.コンディショナーとは

コンディショナーも、リンス同様に髪の表面に油分を与えてコーティングすることや水分の蒸発を防いでくれるものです。

同じような役割を持っているのになぜ呼び方が違うのかというと、時代の変化とともに、シャンプーの品質改良や開発が進んだことが背景にあります。

すすぎやすさを重視する必要がなくなり、髪のうるおいを保つ目的を重視した保湿成分などがプラスされたものをコンディショナーと呼ぶようになりました。

コンディショナーの目的は、髪につやを与える・枝毛や切れ毛を防ぐ・髪の水分や油分を補い保つ…などさまざまあります。

2.意外と知らない!リンス・コンディショナーを使う時に意識したいこと

リンスもコンディショナーも基本的な使い方は同じです。
どちらもポイントを意識して使うことで効率よく使うことができます。

ここでは、意外と知らないリンスやコンディショナーの正しい使い方のポイント2つを見ていきましょう。

2−1.塗布するときは2〜3回に分けて毛先から

トリートメント 毛先
リンスやコンディショナーを塗布するときには、2〜3回に分けてつけましょう。

一度にたっぷり手にとって塗布するよりも、効率よく髪になじませることができるからです。

リンスやコンディショナーを手にとって両手を合わせてから、乾燥しがちな毛先からしっかりなじませましょう。
トリートメント リンス コンディショナー
毛先を中心になじませたら、フェイスラインから後方に向かって全体にリンスやコンディショナーを行き渡らせます。

最後に髪をかきあげるように両手でなじませてから洗い流すとよいでしょう。

2−2.なるべく頭皮につけないようにする

頭皮 シャンプー コンディショナー
リンスやコンディショナーを塗布するときは、なるべく頭皮につけないように使いましょう。

リンスやコンディショナーは頭皮のお手入れを目的に作られたものではありません。

髪の表面に油分を与えてコーティングしたり、毛髪に不足しがちな栄養を補う役割があるので、頭皮にべったり塗ってしまうと髪をコーティングするための成分が頭皮に残ってしまうことがあります。

シャンプー後の頭皮や髪を清浄に保つためにも、リンスやコンディショナーは頭皮への付着をできるだけ避けて使いましょう。

2−3.しっかりすすぐ

リンス コンディショナー すすぐ シャワー
リンスやコンディショナーの後は、しっかりとすすぎましょう。

すすぎ残しは、フケやかゆみなどを招くことにもつながることがあるためです。

すすぐときはシャンプーをするときよりも時間をかけて、丁寧に行います。

シャワーは頭皮に近づけてすすぐのがポイントです。

リンスやコンディショナーは、すすぎすぎると髪を保護する成分まで落としすぎてしまうという一説もあるようですが、基本的には髪に残さないことを意識しましょう。

最近のリンスやコンディショナーは、すすぎ加減によって差が出ることもほとんどないと言われています。

また、しっかりすすいでも髪に必要なコーティングの役割や保護に役立つ成分は髪に残るように研究されていることがほとんどです。

すこやかな頭皮・髪をキープするためにも、しっかり丁寧にすすぎましょう。

3.リンス・コンディショナーとトリートメントの併用について

女性 髪
リンス・コンディショナーとトリートメントの併用は可能ですが、基本的にはどちらかでよいと言われています。

シャンプー後、毎日のお手入れはリンス・コンディショナーを使い、週に1〜2回程度スペシャルケアとしてトリートメントに置き換えるのがおすすめです。

カラーリングやパーマなどをしていて髪をいたわりたいときや、特に傷みが気になる場合は、集中的にトリートメントを使うのもよいですね。

併用する場合は、枝毛・パサつきなどの傷んだ髪を補修する役割を持つトリートメント、髪の表面をコーティングする役割を持つリンス・コンディショナーの特長を意識した順番で使いましょう。

シャンプー→トリートメント→リンス・コンディショナーの順番で使うことで、それぞれの役割を妨げることなく使うことができます。

4.肌らぶ編集部おすすめ!リンス・コンディショナー3選

ここでは、肌らぶ編集部おすすめのコンディショナーを3つご紹介します。

リンスもコンディショナーも、毛髪にうるおいを与えるという目的は同じですが、現在ではコンディショナーの方が主流として販売されています。

そこで今回は、髪の表面の凸凹を補修し、自然で美しいつや髪を実感できる点に着目して、肌らぶ編集部おすすめのコンディショナーをピックアップしてみました。

リンス・コンディショナーを選ぶ際に、ぜひ参考にしてみてください。

(1)ビューティエクスペリエンス
ハニーチェ エクストラリペアトリートメント

ハニーチェ エクストラリペアトリートメント リンス コンディショナー
内容量:480mL
価格:900円(税抜)

【肌らぶ編集部コメント】
世界各国のはちみつ(保湿)をオリジナルブレンドしたコンディショナーです。

ボタニカルハニークリームのなめらかなテクスチャーと、ロゼハニーの甘酸っぱい香りが魅力的で、かわいいボトルデザインも楽しいバスタイムを演出してくれるでしょう。

ハニーチェのヘアケア製品は、空気中の水分を吸収すると言われている*はちみつ特有の性質を活かしています。(*ハニーチェ公式HPより)

毎日使うことで枝毛・パサつきなどの傷んだ髪を補修し、すこやかな髪をキープすることができるでしょう。

同シリーズのシャンプーやヘアマスクなどと共にライン使いすることで、それぞれの使用感の良さをより実感することができます。

>>ビューティエクスペリエンス公式HPはこちら

(2)富士フイルム
スカルプフォーカスコンディショナー

スカルプフォーカスコンディショナー
内容量:360mL
価格:2,000円(税抜)
【美髪トライアルセット】 1,200円(税抜)
スカルプフォーカス シャンプー<シャンプー> 40mL
スカルプフォーカス コンディショナー<コンディショナー> 40mL
スカルプフォーカス エッセンス<頭皮用美容液> 20mL

【肌らぶ編集部コメント】
年齢を重ねても美しくありたいと願う女性を応援する、アスタリフトシリーズのコンディショナーです。

保湿成分「ヒト型ナノセラミド」が髪の内部まで浸透し、髪のダメージを補修します。

頭皮と毛髪をすこやかに保ち、ふんわりした髪を目指したい方は、同シリーズのシャンプーやスカルプエッセンスの併用もおすすめです。

手軽にラインで試せる「美髪トライアルセット」もあるので、自分の髪に合うかどうかこちらのセットから初めてみるのもよいでしょう。

>>富士フイルム公式HPはこちら

(3)AVEDA (アヴェダ)
ドライレメディーシリーズモイスチュアコンディショナー

アヴェダ ドライレメディーシリーズモイスチュアコンディショナー
内容量:197g
価格:3,100円(税抜)

【肌らぶ編集部コメント】
乾燥が気になりがちな方におすすめのコンディショナーです。

ブリティオイル、ざくろ由来成分、オリーブオイルなどのアヴェダオリジナル保湿成分が髪の内部まで浸透し、髪のダメージを補修してくれます。

クリーミーなテクスチャーのコンディショナーで、毛髪をしなやかにし、くし通りの良さを実感することができるでしょう。

ベルガモット、ラベンダー、ローズマリー、ジンジャーリリーなどのエッセンシャルオイル(香り成分)をブレンドし、みずみずしいアロマの香りを楽しめるのも魅力的です。

>>AVEDA公式HPはこちら

5.まとめ

shutterstock_397855246 (1)
今回は、リンス・コンディショナーの正しい使い方や違いなどについてお話ししました。

普段、何気なく使っているリンスやコンディショナーですが、違いや使い方などを知ることで毎日のお手入れの仕方やポイントを気にして使いたくなりますね。

髪は女性の魅力のひとつとして、印象を左右すると言われています。
ぜひ、リンスやコンディショナーの使い方や特長を理解して、すこやかな髪をキープするお手入れに役立ててください。

この記事は2016年9月21日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る