メニューを開く
アスタリフト;

自分に合った洗髪頻度が大切だった!タイプ別の洗髪回数を知ろう

洗髪 頻度1「適切な洗髪頻度ってどのくらいだろう」「毎日洗髪しない方がいいって本当なのかな」と思ってはいませんか?

適切な洗髪の頻度が知りたいと思う理由は「健康的で美しい髪を目指したいから」や「抜け毛が気になるから」など、人それぞれ違いますよね。

今回は、頭皮や髪のタイプ別におすすめの洗髪頻度をご紹介します。
自分に合った洗髪頻度を知ることで、美しい髪や健康な髪を目指しましょう!


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.正しい洗髪頻度とは

まず始めに正しい洗髪の頻度や洗髪頻度が合ってないと起こってしまうことについてご紹介します。

自分にあった洗髪頻度を知るために、洗髪頻度について知識を深めておきましょう。

1-1.正しい洗髪の頻度は?毎日洗うべきなのか

洗髪 頻度3
正しい洗髪頻度や洗髪の回数についてインターネットで検索すると、よく「毎日洗髪しない方がいい」という文章を見かけますが、実は一概には言えません。
適切な洗髪頻度は、頭皮や髪の状態によって人それぞれ異なると考えられているからです。

例えば、頭皮が乾燥しやすい人や傷みやすい髪質の人が、毎日洗髪してしまうと必要な油分がなくなってしまい、悩みが深くなってしまうことがあります。

また、皮脂の分泌が多い人は毎日しっかり洗髪しないと頭皮や髪がベタベタとした質感になってしまいます。

そのため、自分の頭皮や髪の状態を見極めて、適切な洗髪頻度を見つける必要があるのです。

1-2.洗髪頻度が合っていないと起こること

洗髪頻度が自分に合っていないと、自分の髪悩みを深くしてしまったり、増やしてしまう可能性があります。

洗髪の頻度が合っていないときに起こり得ることを3つご紹介します。

①キューティクルが剥がれやすくなってしまう

洗髪 頻度 髪1洗髪の頻度が多過ぎてしまうと、洗髪中の摩擦やシャンプーによって髪表面のキューティクルが剥がれたり、開きやすい状態になったりすると言われています。

この状態の髪はパサつきやすく、切れ毛になりやすい状態です。

このように、洗髪頻度が多いと髪が傷みやすくなることを忘れないようにしましょう。

②頭皮が弱ってしまう

洗髪 頻度 女性2洗髪の頻度が多過ぎてしまうと、肌を守る菌や油分が必要以上に落ちてしまい、頭皮が傷つきやすくなったり弱くなったりしてしまうと言われています。

頭皮が弱まると髪の毛を支える力も弱くなるため、抜け毛が増えてしまうことがあるのです。

また、頭皮が弱まった状態は髪に栄養が行き渡りづらくなり、髪の毛のハリやコシがなくなります。すると、髪がきしみやすくなったりするなど髪質に影響がある場合もあるのです。

③フケが出やすくなる

洗髪 頻度 女性3洗髪の頻度が自分に合っていないと、フケが出やすくなってしまいます。

洗髪の頻度が自分にとって多過ぎてしまうと頭皮が乾燥しやすくなり、肌が保湿を行おうと皮脂の分泌が増えてしまいます。

逆に、洗髪の頻度が自分にとって少なすぎてしまうと、垢やホコリが頭皮の毛穴に詰まりやすくなり、皮脂もどんどん溜まっていってしまいます。

頭皮に皮脂が多い状態だと肌が荒れて皮膚が剥がれやすくなり、フケが出やすくなるのです。

2.おすすめの洗髪頻度【タイプ別】

洗髪 頻度4適切な洗髪頻度は人によって異なることが分かったところで、「毎日洗髪した方が良いタイプ」と「間隔を空けて洗髪した方が良いタイプ」にはどんな特徴があるのかご説明します。

自分に合った洗髪頻度を見つける際の参考にしてみてください。

①洗髪頻度【毎日洗う】

洗髪 頻度 男性毎日洗髪した方が良いタイプは、頭皮に皮脂が多い、または髪や頭皮が汚れやすい環境にいる方だと考えられています。

頭皮や髪に皮脂や汚れが多い方は洗髪頻度を減らしてしまうと、毛穴に汚れや皮脂が詰まりやすくなってしまいます。

そのため、女性に比べ皮脂が多い男性は、毎日洗髪を行った方が良いと言われています。

また、髪や頭皮が汚れやすい環境とは、野外やホコリっぽい室内のことを指します。そういった場にいることが多い方は、毎日しっかり洗髪を行うのがおすすめです。

しかし、いくら毎日洗髪した方が良いからと言って1日に何度も洗髪をしてしまうと、頭皮に必要な皮脂や菌まで落ちてしまう可能性があるので気を付けましょう。

汗を多くかいた日でも、洗髪は1日に多くて2回までを目安にし、その内1回はお湯ですすぐくらいの洗髪にすると良いとされています。

~毎日の洗髪がおすすめのタイプ~
□頭皮や髪の油分が多い方(ベタベタしやすい方)
□ホコリやちりが舞いやすい環境によくいる方
□油を使う環境によくいる方

②洗髪頻度【間隔を空けて洗う】

洗髪 頻度 女性洗髪頻度の間隔を1日以上空けた方が良いタイプは、髪や頭皮の油分が少なかったり、年齢など様々な条件で頭皮が乾燥しやすかったりする方だと考えられています。

上記の方々は、洗髪頻度が多いと皮脂を落としすぎて髪がパサつきやすくなることや、頭皮が乾燥しやすくなる場合があるので注意が必要です。

また、年齢を重ねることで頭皮の皮脂量は減少していくと言われているので、「白髪が増えたかな…」や「肌が乾燥しやすくなったな」という方は、洗髪頻度の間隔をさらに空けてみても良いでしょう。

洗髪頻度を調節するときは、自分の髪の状態を見ながら1日ずつ間隔を空けていき、ベタつきがないくらいの髪質を保てる期間を見つけましょう。

もちろん、夏場など汗をかきやすい時期は毛穴に汗や皮脂が詰まりやすくなるので、洗髪の頻度を調節することも大切です。

~間隔を空けて洗髪するのがおすすめのタイプ~
□髪の毛が細くて傷みやすい方
□頭皮や髪が乾燥しやすい方

3.毎日洗髪したい方におすすめの洗髪方法

洗髪 頻度 お風呂洗髪の頻度についてご紹介してきましたが、「自分には毎日の洗髪が合っていないかもしれないけど、洗髪頻度は毎日にしたい!」という方もいますよね。

そういった方は、油分や菌の落とし過ぎを防げると言われる洗髪方法を行ってみましょう。
洗髪頻度を毎日にしたい方におすすめの洗髪方法を2つご紹介します。

①シャンプーを使わない洗髪方法

洗髪 頻度 シャンプー毎日洗髪したい方には、シャンプーを使わない洗髪も取り入れることがおすすめです。

シャンプーを使わない洗髪でも、ある程度皮脂や汚れを落とすことができると言われています。また、頭皮に必要な油分を残しやすいため、髪のツヤ感が欲しい方や頭皮の乾燥が気になる方には取り入れてみて欲しい洗髪方法の1つです。

最近ではこの様にお湯だけで洗髪をすることを「湯シャン」と呼び、行う方が増えています。

ただ、どうしても湯シャンだけでは落ちない毛穴汚れや皮脂もあるので、湯シャンをする日だけではなく、シャンプーを使う日も作りましょう。

さらに、この「湯シャン」に塩を加えた「塩シャンプー」という洗髪方法もあります。

湯シャン同様にシャンプーは使いませんが、塩を加えることでアルカリ性を使って洗髪ができ、湯シャンだけでは落ちにくかった垢やたんぱく質汚れを落とすことができます。

そのため、湯シャンの際に塩を使う塩シャンプーをする人も増えているのです。

②シャワー温度を36~38度にする洗髪方法

洗髪 頻度 シャワー 毎日シャンプーを使わないと「洗髪をした気にならない」という方ももちろんいると思います。そういった方は予洗いやシャンプーを洗い流す際の、シャワー温度を36~38度くらいのぬるま湯にしましょう。

36~38度のぬるま湯のシャワーを使うことで、皮脂の落とし過ぎを防げると考えられているのです。

シャワーの温度が40度以上の高温だと、皮脂がお湯に溶けシャンプーで洗う以上に頭皮の油分を落としてしまうことがあります。

4.知っておきたい正しい洗髪方法

洗髪 頻度2自分に合った洗髪頻度や洗髪方法を見つけたところで、ヘアケアの基本となる正しい洗髪方法の手順を7ステップでご紹介します。

健やかな頭髪を目指すためには効果的な洗髪も大切なので、1度自分の洗髪方法が間違っていないか確認しておきましょう。

ステップ1:ブラッシングをする

洗髪 頻度 ブラッシングブラッシングを行うだけでも、髪についたホコリやちりなどの汚れをある程度落とすことができます。

そのため、お風呂に入る前に髪をブラッシングする習慣をつけることがおすすめです。

ステップ2:約3分予洗いをする

洗髪 頻度 シャワーシャンプーを付けて洗髪する前に、約3分しっかりと予洗いしましょう。

ただ濡らすのではなく、頭皮や髪をすすぐように指や手のひらを使って水分を含ませながら予洗いすることがポイントです。

予洗いだけでも汚れや皮脂は落ちるので、丁寧に予洗いしましょう。

ステップ3:シャンプーは泡立ててから付ける

洗髪 頻度 泡立てシャンプーは、手のひらでしっかりと泡立ててから頭皮に付けましょう。

シャンプーを液体のまま頭皮に付けてしまうと毛穴に詰まりやすく、シャワーで流しきれないことがあります。

頭皮の毛穴が詰まってしまうと抜け毛や薄げなど別の悩みに繋がってしまうことがあるので気を付けましょう。

ステップ4:頭皮をもみ込むように洗う

洗髪 頻度 洗う頭皮に泡立てたシャンプーを付けた後は、揉み込むようにして洗いましょう。

頭皮を丁寧に洗うことで、髪の毛も十分洗えるので髪同士を必要以上に擦り合わせないように気を付けることが大切です。

また、爪を立てて洗ってしまうと頭皮や髪にダメージを与えやすくなってしまうので注意しましょう。

ステップ5:約3分すすぐ

洗髪 頻度 シャワー 2
頭皮を洗った後は予洗いと同じくらいの時間をかけて約3分ほどすすぎましょう。

ここでしっかりとシャンプーを洗い流しておかないと、シャンプーが毛穴に詰まり、抜け毛などを引き起こしてしまうことがあります。

後に付けるコンディショナー(トリートメント)も付きづらくなるので、頭皮や髪にぬめりが残らないようによくすすぎましょう。

ステップ6:水気を切ってコンディショナーを付ける

洗髪 頻度 水切りしっかりとシャンプーを流した後は1度水気を切りましょう。その後コンディショナー(トリートメント)を付けます。

この際、コンディショナー(トリートメント)が頭皮に付かないようにするのがポイントです。

コンディショナーやトリートメントは油分が多いので、頭皮の毛穴に残ってしまうとそのまま同じ場所に残り続けてしまうことがあります。

洗い流されず残ったコンディショナー(トリートメント)が頭皮で酸化すると、かゆみや痛みの原因になることがあるので、気を付けましょう。

ステップ7:5~10分時間を置いてから洗い流す

洗髪 頻度 トリートメント保湿成分であるセラミドなどのトリートメント成分を含んだ、コンディショナーやトリートメントは5~10分置いて成分が浸透するのを待ちます。その後、洗い流しましょう。

トリートメントを付けて置いている間に、体を洗ったり湯船に浸かったりするとあっという間に時間がたちますよ。

ただ、トリートメント成分が入っていないコンディショナーは、浸透させる成分が入っていないので髪全体になじませた後は、すぐに洗い流してしまって大丈夫です。

5.まとめ

洗髪 頻度 光適切な洗髪頻度は人それぞれ違い、自分に合った洗髪頻度で髪を洗うことが大切だとお分かりいただけたでしょうか?

自分に合った洗髪頻度で頭皮や髪を洗わないと、「薄毛」や「切れ毛」など予期せぬ悩みが増えてしまうことがあります。

また、「日本人はキレイ好き」とはよく言いますが、あまり洗髪しないと言われるフランス人と比べると、本当に日本人の洗髪頻度は多いようです。美容の一環としてヘアケアを気にかけている方が多いのでしょう。

キレイ好きな日本人だからこそ、健やかでツヤ感のある髪を目指すためには、自分の洗髪頻度を見直すことが大切です。
洗髪はヘアケアの基本、洗髪頻度を見直して周りが憧れる髪を手に入れましょう!

この記事は2016年10月26日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

洗髪 頻度関連記事

シャンプーでさらさらのクシ通りのよい髪に!おすすめの選び方
洗い流さないトリートメントランキング!パサつく髪をツヤツヤに
髪が抜けるのはこの行動が原因!女性が気になる対策をチェック!
40代の髪悩みに!おすすめシャンプーランキング【40代女性必見】
髪の傷みはどうしたらいいの?!そんなSOSに徹底解説!!


Pocket
LINEで送る