メニューを開く
提供:株式会社メビウス製薬

肌のくすみの原因は4つ!タイプに合わせた予防方法

Pocket
LINEで送る

くすみ 原因 くすみがあると疲れて見えたり、実年齢より老けて見えたり、顔が暗くなり印象が悪くなりやすいですよね。くすみのせいで、お化粧をしてもテンションが上がらないことはないですか? くすみにはさまざまなタイプがあり、1つ1つにできやすい原因があります。 本日は、くすみのタイプからわかる原因と予防方法をご紹介いたします。

◆肌らぶ セレクション◆

ホワイトニングリフトケアジェル

ホワイトニングリフトケアジェル


化粧水・乳液・アイクリーム・美容液・マッサージ・クリーム・パック・化粧下地などの機能が一つになった、オールインワンジェルです。 保湿成分として、コラーゲンやシコンエキスなどが配合されています。 忙しいけれど、スキンケアはしっかりしたい…そんな女性にうれしいスキンケアアイテムです。 メビウス製薬 ホワイトニングリフトケアジェル



バナー原稿imp

1.くすみに明確な定義はない!あなたは本当にくすんでいる?

くすみとは、医学的には明確にされておりませんが、日本化粧品技術者会では、以下のように定義しています。 “顔全体または眼のまわりや頬などの部位に生じ,肌の赤みが減少して黄みが増し,また肌の‘つや’や透明感が減少したり,皮膚表面の凹凸などによる影によって明度が低下して暗く見える状態で,境界は不明瞭である。”

参考:日本化粧品技術者会

もう少し簡単にいうと、 くすみとは、顔全体にできるもので、肌の潤いや透明感、肌の明るさが無くなる状態のことをいいます。 くすみは、主に古い角質や毛穴の汚れによるものと考えられますが、目のまわりや頬にできるくすみは、クマや、日焼けによるシミ、そばかすの可能性もあります。 クマや日焼けによるシミは、狭い範囲にできるものが多く、そばかすは遺伝の可能性があるといわれていて、シミよりもさらに小さい形でできるといわれています。

2.くすみができる4つの原因とタイプ

くすみには、4つのタイプがあります。タイプによってできる原因があります。 まずは、あなたのくすみがどんなタイプなのか確認してみましょう。

・顔の表面が冷たく青黒く見える 2-1体のめぐりの滞りが原因によるくすみへ
・肌の水分が減り、うす茶色や黄色っぽく見える ・肌全体が茶色く見える 2-2肌のリズムの乱れが原因によるくすみへ
・全体的に日焼けのように肌が黒か茶色く見える 2-3メラニン色素の沈着が原因によるくすみへ
・乾燥でごわごわしているのに皮脂が多く肌が黒い ・小鼻の横がぼつぼつ黒ずんでいる 2-4毛穴の汚れによるくすみへ

くすみは、主に4つの原因からできていると考えられます。 ①体のめぐりの滞り ②肌のリズムの乱れ ③メラニン色素の沈着 ④毛穴の汚れ

①体のめぐりの滞り

日常の疲れやストレス、睡眠不足やからだの冷えなどが原因で、体のめぐりが滞ると、血行も悪くなり、肌の血色感が失われて顔全体が暗くみえてしまうことがあります。

②肌のリズムの乱れ

乾燥や加齢、生活習慣の乱れなどによって、古い角質がはがれずに積み重なって厚くなり、くすんで見えることがあります。 また、厚くなった角質が原因で皮脂や老廃物が肌に溜まることでも肌がくすんで見えやすくなります。

③メラニン色素の沈着

多くの紫外線を浴びると、肌を守るためにメラニン色素が生成されます。 このメラニンの褐色が肌のくすみに見えることがあります。通常、メラニンは肌の生まれ変わりと共に排出されますが、何らかの原因で生まれ変わりがスムーズに行われていない場合は色素沈着してしまうことも考えられるといわれています。

④毛穴の汚れ

毛穴に入り込む、ホコリ、汚れ、皮脂、古い角質が詰まると角栓となり、汚れが酸化して黒くなっていくといわれています。 顔全体が黒くくすんだように見えます。

3.くすみのタイプに合わせた予防方法

くすみは、早い段階から適切なお手入れを行い、予防することが大切です。 【1.くすみができる原因と症状】で確認した、くすみのタイプに合わせてお手入れすることをおすすめいたします。

【肌らぶ参考商品】

バナー原稿imp

3-1体のめぐりの滞りが原因によるくすみ

こんなタイプに多い ・冷え性の人 ・冷たい飲み物を好む人 ・運動をしない人 ・むくみやすい人

【予防方法】
からだを温めることで、血行が良くなります。 お風呂に入ったり、温かい飲み物を飲んだり、運動やマッサージをして、からだを温めて冷えないようにしましょう。 おすすめはフェイスマッサージです! オイルやフェイスマッサージ用のクリームを使用して、やさしくマッサージしましょう。 化粧前に数分マッサージしてから化粧をすると、明るい印象の肌を演出できます。

●血行を良くするフェイスマッサージのやり方血行を良くするフェイスマッサージ 
ピュアオイルやマッサージオイル、クリームを使用して、顔の中心から外側へ、下から上に顔のたるみやしわを直角に伸ばすようにマッサージしていきます。

3-2肌のリズムの乱れが原因によるくすみ

こんなタイプに多い ・ストレスがたまりやすい人 ・睡眠時間が少ない人 ・疲れやすい人

【予防方法】
日常の疲れやストレスを溜めず、睡眠時間を充分とり、生活習慣を見直していくことで、肌のリズムの乱れを整えていきます。 また、ビタミンAは肌のリズムを整えるサポートにおすすめの栄養素です。 ビタミンAを含む食事や、サプリメントで補うと良いでしょう。

3-3メラニン色素の沈着が原因によるくすみ

こんなタイプに多い ・日焼け対策をしない人 ・野菜や果物を採らない人 ・煙草を吸う人

【予防方法】
表皮にできたメラニンの色素沈着は、肌のリズムを整えることによって予防していきましょう。 紫外線は、季節や天気に関係なく1年中でています。まずは、日焼け止めや日傘、帽子などで日焼け対策を行いましょう。 また、たばこを吸うと、体内にある美しい肌へのサポートをしてくれるビタミンCが減るといわれています。 タバコで減ってしまったビタミンCを野菜や果物、サプリメントなどで補うようにしましょう。

3-4毛穴の汚れによるくすみ

こんなタイプに多い ・化粧を落とさない人 ・クレンジングが不十分な人 ・洗顔を行わない人

【予防方法】
①正しい洗顔を行う 洗顔やクレンジングを正しく行い、顔についた汚れやほこり、不要な皮脂、化粧を落としましょう。 洗顔やクレンジングでも、くすみや汚れが気になる方は、ピーリング洗顔を行い肌のリズムを整えていきましょう。 正しい洗顔のやり方については、こちらの記事でご紹介しています。
②ピーリング洗顔でくすみ予防 ピーリング洗顔料で洗顔して肌をすこやかに保ち、くすみを予防しましょう。 詳しくは、こちらの記事でご紹介しています。

4.まとめ

くすみの原因とタイプから予防方法までをご紹介していきましたが、いかがでしょうか。 今からでも遅くはありません。自分のくすみの原因を理解し、くすみを予防して、綺麗なお肌へ向けたお手入れを始めましょう。

この記事は2015年4月22日時点での情報になります。 また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

【肌らぶ参考商品】

バナー原稿imp
バナー原稿imp


Pocket
LINEで送る