2017年11月14日 更新

奥二重を活かす!アイシャドウの塗り方&選び方とは?

奥二重 アイシャドウ「奥二重まぶたに合うアイシャドウの選び方や塗り方が分からない…」とお困りではありませんか?

奥二重まぶたの方は、自身の肌色を活かしたアイシャドウの「選び方」と目の形を意識した「塗り方」で、目元の印象を変えることができるといわれています。

そこで今回は、奥二重まぶたを魅力的に見せるアイシャドウの塗り方&選び方についてご紹介します。



1.奥二重に似合うアイシャドウの選び方

アイシャドウは、自分の肌色によって似合う色が決まるといわれています。
自分の肌色のタイプ(ベースカラー)を知り、色選びのポイントを理解すれば、暖色・寒色に関わらず肌になじんだ色でオシャレな目元をつくりやすくなります。

次の特徴を見て、まずは自分の肌のベースカラーを確認していきましょう!
ブルーベース・イエローベース

■イエローベースの特徴■

イエローベースは一般的に、黄色みを帯びた温かみのあるイメージの色だといわれています。

・どちらかというと肌が黄み肌寄り
・唇の色がサーモンやピーチ色寄り
・手の色は黄色~オレンジのような色味
・目の色が茶色っぽい
・日焼けをすると小麦色になりやすい
・真っ白な色よりもクリーム色の方が似合う
・グレーよりもブラウンの方が似合う

イエローベースに似合う色の一例

アイシャドウ01・ベージュ
・ブラウン
・オリーブ
・グリーン
・ゴールド
・オレンジ
・コーラルピンク

イエローベースになじみにくい色の一例

・グレー
・シルバー

■ブルーベースの特徴■

ブルーベースは一般的に、青色みを帯びた涼しげで爽やかなイメージの色だといわれています。

・どちらかというと色白で肌が青み寄り
・唇の色が桜色やローズ色寄り
・手の色は青色~赤紫のような色味
・目の色が黒っぽい
・日焼けをすると肌が赤くなりやすい
・クリーム色よりも真っ白な色の方が似合う
・ブラウンよりもグレーの方が似合う

ブルーベースに似合う色の一例

アイシャドウ02・パープル
・ブルー
・ダークブラウン
・シルバー
・ボルドー
・ミルキーピンク

ブルーベースになじみにくい色の一例

・オレンジ
・ゴールド

2.奥二重さんに似合うアイシャドウメイク

次に「なりたいイメージ」に合わせた奥二重まぶたのアイシャドウポイントをご紹介します。