メニューを開く

肌のざらつき対策!なめらか肌を目指すためのスキンケア

shutterstock_212598751

赤ちゃんみたいなすべすべのなめらか肌は、思わず触っていたくなっちゃいますよね。

でも、「ちゃんとスキンケアをしてるはずなのに、なんだか肌がざらついてごわごわしてる…」なんて方も多いのでは?

一見するとざらつきが分からなくても、触ったときに肌がざらざらしているのは気になりますよね。さらに、そのまま放っておくと見た目にもざらつきが分かるくらい、ごわごわとこわばった肌になってしまう可能性があります。

肌がざらつく原因を知り、すべすべのなめらか肌を目指しましょう!



◆肌らぶセレクション◆

POLA(ポーラ) アシストワン シーバムケア エッセンス
POLA(ポーラ)アシストワン シーバムケア エッセンス販売会社:株式会社ポーラ
容量:20ml
価格:5,000円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
肌をやわらげ、なめらかにするジェルタイプの美容液。みずみずしいさらっとしたテクスチャーが、すっとなじんで肌を引き締めます。

公式HPはこちら(大)

1.肌のざらつきを感じる原因

肌がざらつく原因は、大きく分けて以下の3つが考えられます。

原因1|乾燥

オールインワンゲル ランキング ドラッグストア

肌の角質層は本来、水分を保持したり紫外線や汚れなどから肌を保護する役割を持っているといわれています。

しかし、乾燥によって水分が保持されないと、角質層にすき間があいたり角質がめくれあがったりして、肌のざらつきの原因になることがあるのです。

原因2|肌にたまった古い角質

肌 ざらつき

肌にはリズムがあり、古くなった角質層はやがて垢となって自然にはがれ落ちていくといわれています。

しかし、生活習慣の乱れや外部からの影響で肌に負担がかかると、このリズムが乱れ、古い角質が肌に残ったままになってしまうことが考えられます。

このたまった古い角質が、肌をざらつかせているのです。

原因3|毛穴に詰まった角栓

肌 ざらつき

角栓とは、上でお話した古い角質や皮脂、汚れなどが毛穴に詰まったもののこと。

よく、小鼻にぽつぽつと見える黒ずみがありますが、あれも角栓です。

この角栓が、肌表面のざらざらの原因になってしまうことがあるといわれています。

また、詰まった角栓を放っておくと、雑菌が繁殖してニキビや吹き出物ができてしまうことがあるので毛穴の汚れは洗い流すことが大切です。

2.あなたは大丈夫?肌をざらつかせる4つの行動

肌をざらつかせる原因となる、乾燥や角栓、古い角質は、普段の間違った行動によって引き起こされることがほとんどです。

乾燥したり、角栓や古い角質が残ってしまうもとになる行動を見ていきましょう。

① 洗顔のしすぎ

肌 ざらつき

肌のざらざらが気になるからといって、強くこするようにごしごしと洗ったり、1日に何度も洗顔料で洗ったりするのはあまりおすすめできません。

必要な皮脂やうるおいが流れ落ちてしまい、肌が荒れたり乾燥してざらつきの原因になることがあります。

② メイクや汚れが落としきれていない

肌 ざらつき

洗顔のしすぎがよくない一方で、クレンジングや洗顔が不十分だと、肌に落としきれなかったメイクや汚れが残ってしまうことがあり、角栓ができる原因となってしまいます。

肌には汗や古い角質、皮脂、ホコリなどさまざまな汚れがついています。さらに、メイクは日中簡単に落ちないようにつくられているため、丁寧にクレンジングと洗顔をしないと落としきれないことも多いのです。

③ 保湿が不足している

肌 ざらつき

保湿が十分に行われないと、肌がカサカサと乾燥しやすくなってしまいます。

保湿といっても単に水分を補えばいいというわけではありません。化粧水で水分だけを与えても、油分が不足していると、せっかく補った水分が蒸発してしまう可能性があります。

④ 生活習慣が乱れている

肌 ざらつき

どんなに肌の外側からのケアを頑張っても、不規則でストレスの多い毎日を送っていたとしたら、すべすべのすこやかな肌を目指すことは難しいでしょう。

睡眠不足やストレスは肌リズムを乱すことがあり、古い角質が残りやすくなります。

さらに、肉や揚げ物、濃い味付けのものなど偏った食生活は皮脂が多くなりやすく、角栓の原因となることがあります。

3.なめらか肌を目指すためのスキンケア

毎日のお手入れを丁寧に行うことは、すべすべのなめらか肌を目指すための近道です。

ここでは、クレンジング・洗顔から化粧水・美容液・乳液での保湿まで、4つの手順を押さえたスキンケアの方法をお伝えします。

① クレンジング・洗顔でメイクや汚れをしっかり取り除く

肌 ざらつき

クレンジングはよくメイクとなじませて、丁寧に落としていきましょう。

ただし、クレンジングをしながらの長時間のマッサージは肌の負担になる可能性があるため、なるべく避けるようにしましょう。

洗顔料はしっかりときめ細やかな泡を立て、肌のすみずみまで丁寧に洗っていきます。

角質や角栓は主にたんぱく質でできているため、肌のざらつきが気になるときはたんぱく質の汚れを落としやすい酵素洗顔料もおすすめです。

② 化粧水で肌の水分を補う

肌 ざらつき

肌にうるおいを与えて整えるために、保湿はたっぷりと時間をかけて丁寧に行います。

化粧水を手のひら全体に広げ、手のひらで顔を覆うようにして肌になじませていきましょう。手で顔を包み込みながら、頰や額、あご、目の周りとやさしくプレスしていきます。

目もとや小鼻、眉間、鼻の下などの細かい部分は、つけ忘れに気を付けましょう。

③ 肌をやわらげる美容液を使用する

肌 ざらつき

毛穴に詰まってしまった角栓を落とすため、肌をやわらげる美容液を使用するのがおすすめ。

美容液は化粧水で肌を整えたあと、指先で顔全体になじませるように広げていきます。肌を引き上げるように下から上へ、内から外に向かって伸ばしましょう。

④ 乳液で肌の油分を補う

肌 ざらつき

化粧水や美容液でうるおした肌の水分の蒸発を防ぐため、乳液で必要な油分を補います。

肌の油分が気になる方は量を調節し、乾燥が気になる方は乳液後にクリームなどをつけるとよいでしょう。

4.最後に

肌 ざらつき

肌のざらつきやごわつきの原因と、すべすべのなめらか肌を目指すためのスキンケアを紹介しましたが、いかがでしたか?

毎日のスキンケアを大切にすることで、少しでも理想の肌に近づきたいですね。

今回はスキンケアに絞って肌のざらつき対策をお伝えしましたが、スキンケアと同じくらい大切なのが日々の生活習慣。

十分な睡眠やバランスの良い食生活、適度な運動の実施を心がけましょう。

心も体もすこやかな毎日を送り、自分自身を慈しんであげることが、美肌を目指すうえでの近道なのです。

この記事は2017年4月21日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る