メニューを開く

理想的なヘアカラー頻度を知って美髪をキープ!

ヘアカラー頻度
理想的なヘアカラーの頻度をご存じですか?

近年では、ファッションとしても、白髪染めとしても、多くの人がヘアカラーを楽しんでいます。
しかし、ヘアカラーは頭皮や髪へのダメージが心配ですよね。

この記事では、理想的なヘアカラーの頻度、ヘアカラーのデメリットとその対策、そしてヘアカラーの色持ちをよくするための方法をご紹介します。

ぜひ、適切なヘアカラーの頻度を知り、美髪をキープしつつ、ヘアカラーを楽しみましょう。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
astalift

1.ヘアカラーの理想的な頻度

ヘアカラー頻度
理想的なヘアカラーの頻度は、2カ月に1回です。
この頻度がヘアカラーの美しさをキープしながらも、髪への負担を抑えることのできるヘアカラーの頻度と言えます。

髪の毛は、1カ月に約1cmのペースでのびると言われています。
しかも髪は、カラーリングした直後から徐々に色が抜け落ちていきます。

つまり、きれいなカラーの美髪をキープするには、カラーの色落ちや、ヘアカラーした部分と伸びた部分との色の違いが目立たない頻度で施術を行う必要があるのです。

しかし、髪の根元が伸びてきたからと言って、安直に頻繁なカラーリングを繰り返すと、髪と頭皮へのダメージが大きくなり、髪を含む頭皮環境が悪くなってしまいます。

けれども、ポイントを押さえればヘアカラーをしても美しい髪を維持できます!

2.ヘアカラーをする際のポイント

ヘアカラーをする際のポイントは、①市販のカラーリング剤を使用する場合と②美容院でカラーリングする場合で異なります。それぞれのポイントをご紹介します。

①市販のカラーリング剤を使用する場合のポイント

ヘアカラー頻度
市販のカラーリング剤を使用する場合のポイントは、パッチテストを必ず行うことと、カラーリングをした後に、シャンプーを2回することです。

市販のカラーリング剤は、コストを抑えられますが、素人でも染まりやすくするため美容院のものに比べて強い薬剤が多いです。そのため、体質やその際の肌の状態によっては、赤くなったり、かぶれたりと肌悩みが起こる可能性があります。

また、市販のカラーリング剤は、必用以上に髪や肌に残りやすく、洗い流しにくいと言われています。
そのため必ず、事前のパッチテストと、カラー後のシャンプーは2回行いましょう。

さらにセルフカラーリングでは、自分の頭皮や髪の毛の状態を見ることが難しいので、リタッチが難しく、全体染めになりがちです。
髪へのダメージを少しでも減らすために、根元のリタッチは美容院で行えば、髪の先端部分のカラーリング回数を減らせるため、結果、髪や頭皮のダメージも抑えられます。

特に男性の場合は、髪が短い方が多いので伸びた部分が目立ちやすいです。そのため、何度もセルフカラーリングを繰り返す方が多いですが、髪のダメージを考えるとリタッチは美容院で行った方が良いでしょう。

②美容院でカラーをする場合のポイント

ヘアカラー頻度
美容院でカラーをする場合のポイントは、美容師さんに髪の悩みや希望をしっかりと相談することです。

美容院でヘアカラーを頼むと、その人の髪や頭皮の状態に合った薬剤を選んで使用してくれます。頭皮は隅から隅まで自分で確認できないため、自宅で染める場合、薬剤が必要以上に頭皮に付きやすく、残りやすくなります。
美容院でお願いした方が色むらや頭皮トラブルを引き起こす可能性は低いでしょう。

カラーリング剤を髪や頭皮へのダメージが比較的少ないヘナカラーやヘアマニュキュアなどにしてもらうのも一つの手です。

また、美容院でヘアカラーをした場合、一緒にヘッドスパや頭皮マッサージをして頭皮ケアをしてもいいでしょう。

次章では、ヘアカラーの対策とケアをお伝えします。

3.ヘアカラー時の対策

ヘアカラー時の対策として、髪の毛や頭皮のケアは、できる限り実践しましょう。せっかく髪の毛がきれいな色に染まっても、髪の毛や頭皮がダメージを受け、その髪の毛自体の質が落ちてしまうと、つやのある美髪には見えません。

まずは、美髪のために、日頃から意識してほしいことをお伝えします。常に意識して行動することで、髪の毛はどんどん美しくなるでしょう。
ヘアカラー頻度
健康な髪を育てる土壌は、頭皮にある毛根です。
そのため、髪の毛のダメージが気になる方は、髪の毛のケアだけでなく、頭皮ケアも日常的に取り入れましょう。

今回は、自分でできる髪の毛と頭皮のケアの方法をご紹介します。

①シャンプー前の頭皮マッサージ

ヘアカラー頻度
シャンプーの前には、保湿効果のあるクリームやホホバオイルを使って、首の後ろから頭頂部へ向かって指の腹でマッサージをしましょう。
毛穴の洗浄ができ、頭皮の血行もよくなるので頭皮がやわらかくなり、頭皮環境が良くなります。
時間のない方は、保湿効果のあるヘアカラートリートメントやヘアパックを放置している時に、一緒に頭皮マッサージをしても良いでしょう。

②丁寧なブラッシング

ヘアカラー頻度
髪をとかす際は、高品質な猪毛や豚の毛などを使った柔らかめのブラシで、毛先から丁寧にブラッシングしましょう。とかすことが頭皮への適度な刺激になり、マッサージ効果が期待でき、髪が整います。

③髪に良い食材を積極的に摂る

ヘアカラー頻度
髪はケラチンというたんぱく質でできています。
そのため、意識的に毎日の食事の中で良質なたんぱく質を摂るようにすることが、美しい髪を維持するのに役立ちます。

[たんぱく質の種類別:髪に対する効果]
『植物性たんぱく質』(大豆が持つイソフラボンなど)→健康でつやのある髪を維持する美髪効果がある。
『動物性たんぱく質』(魚が持つDHAやEPAなど)→血液さらさら効果が期待できるため、頭皮の血行が良くなり、髪にしっかり栄養がいきわたる。

また、しっとりとした潤いのある髪には、亜鉛を豊富に含む昆布などの海藻類の摂取もおすすめです。

4.ヘアカラーの色持ちをよくするためには?

ヘアカラー頻度
ヘアカラーの色持ちをよくする代表的な方法は6つあります。

髪や頭皮の健康を保ち、きれいな美髪を保つためのヘアカラーの頻度は、2カ月に1回が理想的とお伝えしましたが、ヘアカラーの色持ちをよくすればそれだけ美容院に通う間隔をあけることができます。

美髪のためにも、ヘアカラーの色持ちをよくする方法を実践しましょう!

4-1.カラーリングの際、少し暗めのトーンで色を入れる

ヘアカラー頻度
ヘアカラーの色持ちをよくするためには、カラーリングの際、少し暗めのトーンで色を入れてもらうという方法も有効です。
カラーリングしても、髪の色味は徐々に落ちてきてしまいます。特にカラーリング後1週間は色落ちが激しいと言われているので、セルフカラーリングの際、最初から少し暗めのトーンの色にカラーリングしていれば、1週間後には希望の色になって色持ちがよくなる場合があります。

美容師さんにカラーリングをお願いする場合には、最初から色落ちを計算してカラーリングして下さる方もいるので、あらかじめ希望の色を相談してお願いすると良いでしょう。

4-2.アミノ酸系のシャンプーを使う

ヘアカラー頻度
アミノ酸系のシャンプーは、カラーリングをしたことによって傷んだ髪に優しいと言われているシャンプーで、ヘアカラーの色持ちがよくなるとも言われています。

市販のシャンプーは、ラウレス硫酸Naなどの合成界面活性剤を使用しているものが多く、髪や頭皮への刺激が強いため、髪の色を褐色させてしまうものもあります。

アミノ酸系の洗浄成分は、髪や頭皮に優しく、刺激が少ないため髪の毛が褐色しにくいと言われています。

4-3.オイルタイプの流さないトリートメントを使用する

ヘアカラー頻度
髪が乾いている状態の時に、洗い流さないトリートメントを使用すると、髪を保護してくれるので、色持ちが良くなると言われています。
このトリートメントは、髪に馴染みやすく、一本一本の髪を保護し、髪の色味が落ちるスピードを遅らせてくれる効果があると言われています。

4-4.ヘアカラーコンシーラーを使用する

ヘアカラー頻度
伸びて色が違う部分をヘアカラーコンシーラーでカバーしてカラーリングの回数を減らせば、髪や頭皮のダメージが減るので、色落ちを抑えられ、ヘアカラーの色持ちがよくなると言われています。

特に白髪でお困りの方は、ヘアカラーをしてしばらく経つと顔の周りや分け目の伸びてきた白髪が気になってしまいますよね。
そんな時に、ヘアカラーコンシーラーを使用すれば、気になる白髪を簡単にカバーでき、白髪染めの回数も減らせます。

4-5.ドライヤーなどの熱を髪にあてすぎないようにする

ヘアカラー頻度
適切なドライヤーの使用は、髪のダメージを抑え色持ちがよくなります。しかし、熱をあてすぎて髪を乾燥させすぎると、髪が傷み色落ちを激しくする可能性があります。そのため、ドライヤーなどを使用する際は、保湿効果のあるトリートメントやヘアオイルをつけてから乾かすようにしましょう。

4-6.紫外線対策をする

ヘアカラー頻度
ヘアカラーの色持ちをよくするために、毎日の紫外線対策をしましょう。

紫外線によっても髪の色味は落ちてしまいます。

紫外線は肌だけでなく髪や頭皮にもダメージを与えます。毎日紫外線を浴びていると、カラーリングしても大体1カ月半から2カ月で色が抜け切ってしまう可能性があります。
色が抜け切ってしまうと、潤いのないパサパサ髪に見えてしまいます。

日本はほぼ1年中紫外線が降り注いでいるので、髪や頭皮にも使える日焼け止め、日傘や帽子などを使用し、毎日紫外線対策をした方が良いでしょう。

4-7.美容院でカラーリングしてもらう

ヘアカラー頻度
ヘアカラーの色持ちにこだわるのであれば、自宅でのセルフカラーリングではなく、美容院でカラーリングをおすすめします。

美容院でのカラーリングはプロの手によって髪や頭皮の状態によって、根元用、毛先用などと薬剤の強さや色の調合を変えることができます。
髪や頭皮の傷み具合で使用する薬剤や色を変えることで、髪や頭皮のダメージ軽減につながります。

5.ヘアカラーのデメリットは?

ヘアカラー頻度
ヘアカラーをすると、使用する薬剤により、髪や頭皮へのトラブルが発生する可能性があると言われています。
それぞれのデメリットがどのようなものかご説明します。

5-1.髪の毛へのデメリット

ヘアカラー頻度
ヘアカラーの薬剤による髪へのダメージは大きいです。

ヘアカラーの薬剤を繰り返し使用すると、毛髪の表面を覆い毛髪内部を守っているキューティクルが開き剥がれ、内部のタンパク質が徐々に失われてしまします。

内部のたんぱく質が失われると、髪は空洞化し、水分も失われ、パサつき、枝毛、切れ毛、つやの低下がおきてしまいます。

5-2.頭皮へのデメリット

ヘアカラー頻度   
ヘアカラーの薬剤は、頭皮にも大きな刺激を与えることがあります。

美容院に行くと、ヘアカラーの薬剤を塗っている美容師さんに「しみたらおっしゃってくださいね」と言われたことはありませんか?
この薬剤は、頭皮に大きな負担となっていることがあります。薬剤がしみるというのは、頭皮が強い刺激を受けている証拠です。

頭皮にかゆみ赤みが出るのは、ダメージをうけた頭皮の状態が悪化している可能性があります。
頭皮環境の悪化は、髪の成長が妨げ、抜け毛の原因となる可能性があるとも言われています。

頭皮のターンオーバーはおよそ28日なので、最低でも28日あけてヘアカラーを行わないと、頭皮のトラブルが発生する可能性が高くなります。

6.おわりに

ヘアカラー頻度
いかがでしたでしょうか。
ヘアカラーをしても美髪を保てるヘアカラーの理想的な頻度やテクニックはお分かりいただけましたか。

ぜひ、「ヘアカラーをしても、髪きれいね~♡」と言われるような美髪を保って、髪のおしゃれを楽しんで下さいね!

この記事は2016年11月24日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る