メニューを開く
アスタリフト;

トリートメントを使ってしなやかな髪に♡使い方とポイント

トリートメント 使い方「トリートメントを使って髪をサラサラのしなやかな髪にするにはどうしたらいいの?」
「トリートメントとコンディショナーの違いってなに?」

そんな興味、疑問をお持ちではありませんか?

今回は、基本のトリートメントの使い方についてご説明します。
肌も髪も乾燥しがちな秋冬に、お気に入りのトリートメントでスペシャルケアしてみてはいかがでしょうか。

冬でもサラサラでしなやかな髪を手に入れ、素敵なうるおい髪美人を目指しましょう。



astalift
astalift

1.基本のトリートメントの使い方

トリートメント 使い方2トリートメントの基本の使い方は、トリートメントのタイプによって異なります。
さまざまなタイプのトリートメントがありますが、その時の髪の状態に合わせて選びましょう。

また、トリートメントの使用頻度も個人差はありますが、髪の状態によって判断することをおすすめします。

ここでは「洗い流すタイプ」のトリートメントと、「洗い流さないタイプ」のトリートメントに分けて使い方をご説明します。

1-1.洗い流すトリートメントの使い方

トリートメント 使い方7まずは「洗い流すタイプ」のトリートメントの使い方についてご説明します。

最近では「洗い流すタイプ」のトリートメントは、「カラートリートメント」と呼ばれる髪に着色する目的で開発されたトリートメントや、「ボリュームアップ」を目的としたトリートメントなどもあり、さまざまなニーズに応じて選ぶことができるといわれています。

自分の目的に合わせて選ぶこともおすすめです。

使い方①シャンプー後はしっかりと水気をきる
シャンプー後は髪についた水気をしっかり切ってから、トリートメントをつけましょう。
シャンプーの水気を切らずにそのままトリートメントをつけてしまうと、トリートメントの良さを実感できない可能性があります。

使い方②トリートメントを毛先からつけていく
トリートメント 使い方トリートメントを適量手に取り、両手をすり合わせて指の間に広げ、毛先からつけていきましょう。

傷みやすい毛先からつけていくのがおすすめです。

毛先を中心に手ぐしでムラにならないよう、トリートメントをしっかりとなじませましょう。

つける時のポイント①
このときに注意しなければいけないポイントは、毛先を強くこすらないようにすることです。
濡れた毛先は、髪同士がこすれることによって枝毛や切毛の原因になる場合があるので、こすらないようになじませましょう。

つける時のポイント②
トリートメントをつける際に、トリートメントが頭皮につかないようにすることがポイントです。
頭皮についてしまうと毛穴をふさいでしまい、頭皮に負担がかかる可能性がありますので、髪の毛の根元から離してつけましょう。

使い方③くしで軽くとかす

トリートメントをつけた後に目の粗いくしを使ってとかすと、トリートメントがまんべんなく髪全体に行き渡るといわれています。

目の細かいくしを濡れた髪に使ってしまうと、キューティクルを傷つける原因となる場合があるので、トリートメントの後にくしを使うときは、できるだけ目の粗いくしを選ぶことをおすすめします。

またくしで髪をとかす際には、くしに髪がからまっても、ひっぱったり無理矢理くしを通そうとせずに、からまった糸を1本ずつほどいていく様にからまりをとりましょう。

【目の細かいくし】
トリートメント 使い方12

【目の粗いくし】
トリートメント 使い方11

使い方④トリートメントをつけて3~5分時間を置く
トリートメント 使い方

トリートメントをつけた後の放置時間は、メーカーによっても異なりますが、3~5分程度が目安と言われており、長くてもトリートメントをつけた後、10分程度を目安にして下さい。

ちなみに、コンディショナーは髪を表面から整えるものなので、髪全体になじませたらすぐに洗い流すようにしましょう。

トリートメントをつけた後のポイント

特に、切毛や枝毛などの傷みが気になる方は、蒸しタオルを使って傷んだ毛先をお手入れしましょう。
タオルを熱いお湯につけて絞り、蒸しタオルを作って髪を包みこむことで、トリートメントが更に髪になじみやすくなるといわれています。

蒸しタオルの代わりに、シャワーキャップもおすすめです。

使い方⑤髪はしっかりとすすぐ
トリートメント 使い方6髪につけたシャンプーやトリートメントは、しっかりとすすぎましょう。
すすぎの目安は、すすいでいる手のヌルヌル感がなくなるまでといわれています。

すすぎが十分でないと、髪に残ったトリートメントによって頭皮のフケ・カユミや背中ニキビの原因になることがあるといわれています。
ヌルヌル感が残っていないか、確認しながらすすぎましょう。

洗い流すトリートメントのポイント

トリートメントもコンディショナーもどちらも使いたい場合は、順番を守り使用することをおすすめします。

先にトリートメントを使用し、その後にコンディショナーを使用しましょう。
トリートメントは、髪の内部まで浸透しうるおいを与えることができるので、先にコンディショナーで表面を整えてしまうとトリートメントがなじみにくくなる場合があります。
(商品によって異なる場合もあるので、よく確認してから使いましょう。)

1-2.洗い流さないトリートメントの使い方

トリートメント 使い方5ここでは「洗い流さないタイプ」の、トリートメントの使い方について説明します。

代表的な洗い流さないタイプのトリートメントは、オイル・ミルク・ミストなどですが、ここではすべての洗い流さないタイプのトリートメントの種類に共通する基本の使い方について説明します。

【洗い流さないトリートメントの種類】

オイルタイプ
髪にうるおいを与え、切毛・枝毛などの傷みを防ぐといわれています。
熱による傷みを防ぎたい方におすすめです。

ミルクタイプ
保湿成分が配合されているものが多く、傷んだ髪にうるおいを与えるといわれています。
髪が広がりやすい方にもおすすめです。

ミストタイプ
髪へのなじみがよく、ミストもミルク同様にうるおいを与えるといわれています。
朝のスタイリングにもおすすめです。

使い方①シャンプー、リンス後の洗った髪をしっかりタオルドライする
シャンプー・リンス後の髪は、しっかりタオルドライすることをおすすめします。

一般的に、洗い流さないトリートメントには、濡れた髪に使用するタイプと、乾いた髪にも使用できるタイプがあるといわれています。

トリートメントのパッケージに使用方法が記載されているので、使用方法を確認した上で使いましょう。

使い方② 適量を手に取り髪につける
トリートメントを適量手に取ります。

このとき、メーカーおすすめの使用量を参考にしましょう。

手に取ったトリートメントを、指の間、手のひら全体に広げ、毛先からつけ全体に伸ばしていきます。

使い方③ 髪全体にもみこんでなじませる
髪を内側からすくい取るように軽く握り、もみこむようにして髪全体になじませます。
洗い流すトリートメント同様に、髪同士をこすらないようにすることが大切です。

なじませた後に、髪に指を通して指どおりが良ければ、トリートメントの量は適量といえます。
指に髪が絡まる程度のキシキシ感があるときは、トリートメントが足りていない可能性があるので、トリートメントを少し足すことをおすすめします。

2.トリートメントの魅力を更に実感するには?

トリートメントの基本の使い方はご説明しましたが、ここではトリートメントの魅力を更に実感するためのポイントを4つご紹介します。
日々の髪の毛のお手入れタイムから実践すれば、クシどおりのよいしなやかな髪を手に入れることが期待できます。

ここでは、洗い流すタイプと洗い流さないタイプ、どちらにも共通するお手入れのポイントをお伝えします。

ポイント①トリートメントの使用量の目安を守る

トリートメント 使い方8トリートメントの使用量は、髪の長さやトリートメントのタイプによって異なるといわれています。
トリートメントに限らずほとんどのヘアケア製品には、製品のパッケージに目安となる使用量の記載があります。
製品の使用量の目安の記載を確認してから使用することをおすすめします。

ポイント②トリートメントは毛先につける

トリートメント 使い方コンディショナーやリンスと同様に、トリートメントもできるだけ頭皮を避けてつけるようにしましょう。
トリートメントを頭皮に直接つけてしまうと、頭皮の毛穴に余分な皮脂や汚れがつまりやすくなることがあるといわれています。

頭皮はすこやかな状態を保つことを心がけましょう。

ポイント③髪が濡れたまま放置しない

トリートメント 使い方入浴後、髪が濡れたままの状態で放置をするのはやめましょう。
濡れたままの髪を長時間放置すると、頭皮に雑菌が繁殖することがあるといわれています。

また、髪が濡れている状態は、髪のキューティクルが開いている状態なので、きちんと髪を乾かしてから就寝することをおすすめします。

ポイント④ドライヤーの熱を当てすぎない

トリートメント 使い方ドライヤーの熱を髪に当てすぎないよう、髪から20cmほど距離をとり乾かしましょう。
ドライヤーで髪を乾かす際は、乾きにくい髪の内側に指を入れ、髪の中に風を送り込むように乾かすと良いでしょう。
頭皮のほうが毛先より乾きにくいので、根元から毛先に向かって乾かすことをおすすめします。

髪の長い人は髪をタオルで全体的にくるみ、タオルごと温めて髪を乾かすという方法もあるそうです。
ドライヤーの熱が直接髪にあたらないため、髪の傷みが気になる方にもおすすめです。

3.そもそもトリートメントとコンディショナーって何が違うの?

トリートメント 使い方1トリートメントとコンディショナーは、クシどおりを良くするという役割自体はどちらも同じだといわれています。

トリートメントとコンディショナーの違いは、「髪の内部までうるおいを浸透させ、補修するもの」「髪の外側からクシどおりをよくするためにコーティングするもの」かの違いです。
それぞれの目的を以下にまとめました。

■トリートメント
目的は髪の内部まで水分や油分を浸透させることで、髪にうるおいを与えることです。
髪にうるおいを与え、傷みがちな髪をすこやかに保ちます。

■コンディショナー
目的は髪の表面をなめらかにしたり、コーティングをしたりすることで、髪のクシどおりをよくすることです。
髪をコーティングすることによって、ドライヤーの熱による負担をやわらげます。

コンディショナーとリンスは、呼び名がメーカーによって異なりますが、基本的には同じものだといわれています。
最初に開発されたのがリンスで、リンスに髪をしなやかにする働きをプラスしたものが、コンディショナーとなったそうです。

4.トリートメントの使い方まとめ

トリートメント 使い方今回はトリートメントの基本の使い方についてご説明しましたが、いかがでしたでしょうか。

トリートメントやコンディショナーなどのヘアケアアイテムを、髪の状態によってうまく使い分けることによって、それぞれのヘアケアアイテムの魅力をより実感することができるといわれています。

自分の髪質にあったトリートメントで、乾燥しがちな秋冬もサラサラのしなやかなヘアで乗り切りましょう。

この記事は2017年2月7日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る