メニューを開く
2017年5月18日 更新
PR

【必見】鼻の下のニキビの原因とは?対策のためのスキンケア

鼻の下 ニキビ①
急にぽつんとできてしまった鼻の下のニキビ。なんだか目立つし、気になりますよね。

鼻の下はニキビができやすい部分ですが、原因を理解したうえで、できる前に防ぐことが大切です。

そこで今回は、鼻の下のニキビができる主な原因や、自宅でのお手入れ方法などをご紹介します。

>>>これ1本で12役!?ピュアメイジングの『薬用Wオールインワンジェル』はこちら




◆肌らぶセレクション◆

ピュアメイジング 薬用Wオールインワンジェル(医薬部外品)
ピュアメイジング

「コラーゲン」「ヒアルロン酸」などの保湿成分を配合。肌にうるおいを与えて、『日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ』『ニキビを防ぐ』という、ダブルの魅力的なポイントをもち、肌をすこやかに保つオールインワンジェルです。
化粧水・乳液や化粧下地など、計12種類の役割を持っているので、忙しい朝や疲れて帰ってきた夜にも簡単に肌のお手入れができるのも嬉しいポイントですね。
着色料・鉱物油・石油系界面活性剤・パラベン・エタノール無添加。

公式HPはこちら(オレンジ)

1.鼻の下のニキビ|主な原因

鼻の下にできてしまうニキビの原因は主に2つあり、その中でも10代と20代以降では重点をおく部分が異なるといわれています。

ニキビができる主な原因を理解しておきましょう。

1-1.過剰な皮脂

鼻の下 ニキビ
10代(思春期)で鼻の下にニキビができてしまう方は「過剰な皮脂」が主な原因といわれています。

鼻周りから口にかけては、もともと皮脂腺が多く皮脂が溜まりやすい部分とされていますが、特に10代は皮脂が多くなりやすく、過剰な皮脂によって毛穴が詰まり、ニキビが発生しやすいと考えられているのです。

また、20代以降の方でも皮脂が多い場合は、過剰な皮脂によって鼻の下にニキビが発生しやすくなるといわれています。

1-2.ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモン サプリ
20代以降で鼻の下にニキビができてしまう方は「ホルモンバランスの乱れ」が原因の1つといわれています。「大人ニキビ」と呼ばれることもあるようです。

ホルモンバランスは、①過度のストレス②睡眠不足③生理などの影響によって乱れやすくなると考えられています。

ホルモンバランスが乱れると、皮脂は過剰に出やすくなる傾向があるといわれており、特に鼻の下や口周りなどはニキビが発生しやすくなるようです。

2.スキンケアのポイントは「過剰な皮脂を洗い流し保湿する」こと!

鼻の下 ニキビ
鼻の下のニキビを防ぐお手入れをする方法は10代の方も20代の方も共通しています。

それは「過剰な皮脂を取り除いて、保湿を行うこと」です。

ここでいう「保湿」とは、過剰な油分を出さないために水分を多く与えることを指します。

鼻の下はもともと油分が多い場所なので、そこまで油分を補う必要がないといわれているからです。

次の3つのお手入れ方法を実践して、過剰な皮脂を取り除いてから水分を補う「保湿」を行いましょう。

2-1.クレンジング・洗顔を丁寧に行う

プチプラ 洗顔
鼻の下にニキビができやすい方は、クレンジングや洗顔を丁寧に行いましょう。

クレンジングや洗顔の役割は、メイク汚れや肌に不要な皮脂や汗、ほこりなどを取り除くことです。

クレンジングでメイク汚れなどの油性汚れを洗い流した後、しっかりと洗顔料を泡立てたうえで、丁寧に洗顔しましょう。

また、クレンジング・洗顔の際には、洗い流しを十分に行いましょう。
すすぎの回数は20回~30回ほどが理想とされています。

特に額や小鼻周りは汚れも溜まりやすく、洗い残しも起こりやすい部分なので、意識しながら丁寧に洗顔しましょう。

今回は、肌を清浄にし、すこやかに保つクレンジング料と洗顔料をご紹介します。

<肌らぶ編集部おすすめのクレンジング>

セラムデュー 薬用アクネクレンズ(医薬部外品)

セラムデュー薬用アクネクレンズ

【肌らぶ編集部コメント】
メイク汚れや毛穴に詰まった不要な皮脂・古い角質などをすっきりと洗い流しながらニキビを防ぎ、すこやかな肌に保つノンオイルクレンジングです。
1本でクレンジングと洗顔ができるので、スキンケアに時間をかけていられない忙しい方にもぴったりです。「アクネお試し定期コース」なら、薬用アクネクレンズと薬用アクネローションを、初回限定価格【3,400円+税】で試すことができます!通常価格(送料含む)よりも1,830円+税もお得で、2回目以降いつでも中止・変更可能。まずは気軽に試してみては?(2017年5月時点)

公式HPはこちら(オレンジ)

<肌らぶ編集部おすすめの洗顔料>
然‐しかり- よかせっせん ジャータイプ(医薬部外品)
然-しかり- よかせっけん

【肌らぶ編集部コメント】
濃密もっちり泡で、うるおいながら汚れや古い角質などをすっきりと洗い流す洗顔石鹸です。
洗浄成分として微細な「火山灰シラスパウダー」や、保湿成分として「コラーゲンエキス」「アロエエキス」「ローヤルゼリーエキス」などを配合。肌をすこやかに保ち、ニキビや肌荒れを防ぎます。
弾力のあるもちもち泡と、さっぱりとした洗い上がりながらつっぱらない、心地良い使用感はくせになりそう。無着色・無香料・防腐剤不使用・鉱物油不使用。ジャータイプだけでなく、チューブタイプも販売されています。

公式HPはこちら(オレンジ)

2-2.丁寧にお手入れを行う

3化粧水
鼻の下まで、丁寧なお手入れを心がけましょう。

過剰な皮脂やべたつきが気になるからと、鼻の下のお手入れをを怠ってしまうと、うるおいが足りないと感じた肌が乾燥を防ぐため、ニキビの原因にもなる皮脂をさらに出してしまうことが考えられるからです。

さっぱりした使用感の化粧品などを選んで、きちんと肌のお手入れを行うようにしましょう。

また化粧品の中には、【医薬部外品】に分類されるものが存在します。
医薬部外品には「ニキビを防ぐ」役割を持つ成分が含まれている商品もあるので、ニキビを防ぐ対策として、医薬部外品で「ニキビを防ぐ」という役割を謳っている薬用化粧品を選んでみてはいかがでしょうか。

<肌らぶ編集部おすすめのスキンケア化粧品>
ここでは肌にうるおいを与え、ニキビを防ぐ、肌らぶ編集部おすすめの薬用化粧品をご紹介します。
ORBIS オルビス 薬用クリアトライアルセット(医薬部外品)
オルビスクリアトライアルセット

【肌らぶ編集部コメント】
デリケートに傾きやすい肌を整え、すこやかに保つ薬用スキンケアシリーズです。
整肌成分「グリチルリチン酸ジカリウム」や、「紫根エキス」などを配合。ニキビ・肌荒れ・乾燥を防ぎ、しっとりとしたうるおいを与えます。オイル不使用でベタつかず、心地よい使用感も嬉しいポイント。おひとり様1個限り、たったの1,200円+税で洗顔料・化粧水・保湿液(全て医薬部外品)をたっぷり3週間試すことができます。送料無料で、開封後でも30日以内なら返品・交換OK!
まずは試して、肌との相性を確かめてみては?(2017年5月時点)

公式HPはこちら(オレンジ)
ルナメアAC スキンコンディショナー(医薬部外品)
ルナメアAC

【肌らぶ編集部コメント】
富士フイルム独自のナノ化された保湿成分「アクネシューター(R)」や、自然由来の保湿成分「ハーバルモイストエキス」を配合した化粧水です。
肌にみずみずしいうるおいを与えながら、ニキビを防ぎます。さらりとしたテクスチャーのローションは心地よく肌になじみ、美容成分を角層の隅々にまで届けます。
「ノーマルタイプ」「しっとりタイプ」の2種類を展開。両方のタイプを試せるトライアルセットも販売されているので、まずは1度試してみては?

公式HPはこちら(オレンジ)

2-3.定期的なピーリング洗顔を行う

ピーリング洗顔とは、肌表面の古くなった角質を、洗い流すことによって取り除く角質ケアのひとつです。

ピーリング洗顔にも様々な種類があり、使用方法は各メーカーによって異なりますが、まずは様子を見ながら週に1度から始めましょう。

3.鼻の下のニキビ対策!日常生活で気をつけたいポイント

3-1.メイク直しなどで鼻周りの過剰な皮脂を抑える

子供 鼻づまり
日中のメイク直しでは、ティッシュやあぶら取り紙で軽く皮脂をおさえ、過剰な皮脂を取り除くと良いでしょう。
化粧崩れを防ぐだけでなく、ニキビ対策にもなります。

過剰な皮脂は、時間が経つと雑菌と混ざり合い、毛穴詰まりの原因になると考えられています。
その状態を未然に防ぐためにもメイク直しを行いましょう。

しかし、あぶら取り紙の使い過ぎは「必要な皮脂まで奪ってしまうから良くない」という説もあるようです。
1日に1・2回程度を目安に使用し、使用する際は決してこすらず、軽くおさえるようにしましょう。

3-2.生活習慣を整える

毛穴ケア 自宅
生活習慣を整えるためには、次の点を意識することが大切です。できるところから積極的にはじめていきましょう。

■十分な睡眠をとる

睡眠時間が不足してしまうと、肌リズムが乱れニキビを誘発してしまう可能性があるとされています。

鼻の下のニキビをできにくくするためにも、十分な睡眠時間を確保するようにしましょう。

■ビタミンが豊富な食材を積極的に取り入れる

特に「ビタミンB2」「ビタミンB6」「ビタミンC」はおすすめしたい栄養素です。

バランスのよい食生活を意識しつつ、できるだけこれらのビタミンを意識的に摂取していきましょう。

【ビタミンが豊富な食材】
・ビタミンB2:納豆、牛乳、うなぎ、にんじん、ほうれん草等
・ビタミンB6:豚肉、牛肉、鶏肉、サツマイモ、大豆等
・ビタミンC:赤ピーマン、レモン、ブロッコリー、カボチャ等

3-3.鼻を触らない

shutterstock_135356039
鼻は日頃から触ってしまいやすい部分ですが、触りすぎは、鼻の下のニキビを誘発してしまう可能性があります。

日常生活の中でもできるだけ意識をして、鼻を触らないようにしましょう。

4.鼻の下のニキビをカバーするメイク術

垢抜けメイク

鼻の下は他の部位よりも皮脂や汗が出やすいとされる部分です。

そのため、鼻の下にできるニキビや赤みの残ったニキビ跡に関しては、ペンシルやスティックなど、硬い質感(固形状)のコンシーラーを使用すると、よれにくくピンポイントでカバーしやすくなります。

また、使用するコンシーラーは、ニキビの悪化を防ぐためにも、できるだけニキビ肌向けのものを使用することをおすすめします。

【コンシーラーの使い方】
1.コンシーラーをブラシまたはチップに取り、手の甲で量を調整します。
2.気になる部分またはカバーしたい部分の2周りほど大きい範囲に、コンシーラーをのせます。
3.コンシーラーの周りの部分を馴染ませます。
4.上からフェイスパウダーを重ねます。

★詳しいコンシーラーの使い方を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

5.ニキビと吹き出物の違いとは

ニキビ 洗顔しすぎ
「ニキビ」とともによく耳にする「吹き出物」という単語。

ニキビと吹き出物の違いは何?と気になっている方もいらっしゃるかもしれません。

ニキビも吹き出物も、毛穴に皮脂がつまることが主な原因とされています。
そのため、基本的には同じものと考えて問題ないとされていますが、思春期にできるものを「ニキビ」、20代以降にできるものを「吹き出物」と呼ぶことが多いようです。

どちらの場合も、今回お伝えしたような対策方法を実践することで上手に付き合っていきましょう。

ニキビと吹き出物についての詳細はこちらの記事でもお伝えしていますので、ぜひご参照ください。

7.まとめ

鼻の下などにニキビができやすい方は、日頃から肌を清潔にし、すこやかに保つことが大切です。

場合によっては医師に相談することも視野に入れつつ、肌をすこやかに保つお手入れを実践していきましょう!

※この記事は2017年5月11日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

>>>これ1本で12役!?ピュアメイジングの『薬用Wオールインワンジェル』はこちら



   

Pocket
LINEで送る