メニューを開く

鼻の下のニキビをすぐに改善!効果的な3つの方法とは?


Pocket
LINEで送る

鼻の下 ニキビ

急にぽつんと出来てしまった鼻の下のニキビ。なんだか目立つし、気になりますよね。

鼻の下はニキビができやすい部分ですが、原因を知った上でお手入れすることが大切です。

そこで今回は、鼻の下のニキビをすぐに改善させる!効果的な3つの方法と予防法についてご紹介していきます。

◆肌らぶ セレクション◆

オルビス クリアミニ【医薬部外品】
オルビス クリアミニ

特徴:
オルビスが大人ニキビ予防に着目して誕生したシリーズです。

大人ニキビは、「鼻の下」や「アゴ周り」にできることが多いと言われています。

もちもちとした泡が特徴的な洗顔料は、すっきりとした洗い上がりで、余分な皮脂を落としてくれます。

保湿成分として、浸透型コラーゲン、ヨクイニンエキス等を配合。

肌にすっとなじむ化粧水や保湿液が、肌の角質層までうるおいを与えてくれます。

オルビス クリアミニ


1.鼻の下のニキビの原因

鼻の下に出来てしまうニキビの原因は2つあり、その中でも10代と20代以降では重点を置く部分が異なります。自分自身の主な原因を理解していきましょう。

1-1.「過剰な皮脂」

毛穴_開き
10代で鼻の下にニキビが出来てしまう方は「過剰な皮脂」が主な原因です。

鼻周りから口にかけては、もともと皮脂腺が多く皮脂が溜まりやすい部分ですが、特に10代は皮脂腺が活発なので過剰な皮脂によって毛穴が詰まりやすく、ニキビが発生しやすいのです。

また、20代以降の方も混合肌の方や脂性肌の方などは、比較的皮脂の分泌量が多いため、過剰な皮脂によって、鼻の下にニキビが発生しやすくなります。

1-2.ホルモンバランスの乱れ

20代以降で鼻の下にニキビが出来てしまう方は「ホルモンバランスの乱れ」が主な原因です。

ホルモンバランスとは、体内のバランスを整える役割を持つ機能のことで、①過度のストレス②睡眠不足③生理などの影響によって乱れます。

ホルモンバランスが乱れると、体内の皮脂分泌を促進してニキビを悪化させると言われている「黄体ホルモン」が過剰に分泌されてしまうため、特に鼻周りや口周りなどにニキビができやすくなってしまうのです。

2.鼻の下のニキビを改善する3つの方法

脂性肌01

鼻の下のニキビを改善する方法は10代の方も20代の方も共通しています。

それは「過剰な皮脂を取り除いて、保湿を行う事」です。

ここでいう保湿とは、過剰な油分を出さないために水分を多く与えることを指します。

なぜなら鼻の下はもともと油分が多い場所なので油分を補う必要がないからです。

次の3つのお手入れ方法を実践して、過剰な皮脂を取り除きながら水分を与える保湿ケアを行っていきましょう。

2-1.固形石鹸で丁寧な洗顔を行う

鼻の下のニキビには、できるだけ固形石鹸で洗顔を行うようにしましょう。

それは、ほとんどの洗顔フォームに洗い上がりがしっとりするよう必要以上の油分が配合されているため、この油分が鼻の下のニキビを誘発させてしまったり悪化させてしまう原因にもなるからです。

洗顔の役割は、肌の過剰な皮脂や汗ほこりなどを取り除く事なので、①洗浄力が高く②過剰な皮脂を落とす成分が配合されていれば問題ありません。

固形石鹸は、配合されている油分量も過度なものでないため、肌の不要な皮脂や汗ほこりだけを落とし洗顔後のお手入れの浸透性を高める働きもあります。

できるだけ、洗顔料は固形石鹸を選ぶようにしましょう。透明の固形石鹸よりも不透明の固形石鹸の方が、洗浄力が高く不要な皮脂をしっかり洗い流せるのでオススメです。

また、額や小鼻周りは汚れも溜まりやすく洗い残しも起こりやすい部分です。

洗顔を行う際は、摩擦を起こさないようしっかり洗顔料を泡立てたうえで、額や小鼻回りから丁寧に洗顔して洗い流しは十分に行いましょう。すすぎの回数は20回~30回程が理想です。

2-2.「ビタミンC誘導体」+「保湿成分」配合の化粧水を使う

化粧水

現在出来てしまっている鼻の下のニキビには「ビタミンC誘導体」+「保湿成分」配合の化粧水でのケアが最もおすすめです。

「ビタミンC誘導体」は、炎症を抑えたり過剰な皮脂を抑制し、鼻の下に出来てしまったニキビの炎症を抑える働きがあると言われています。

また、「保湿成分」である「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」等も、肌に多くの水分を与えて保湿を行うため鼻の下のニキビには効果的です。

鼻周りは油分を抑えて水分を増やす必要があるので、化粧水や美容液で「水分の補給」をしいっかりと行い保湿をしていきましょう。

<おすすめビタミンC誘導体+保湿成分配合化粧水>

eee
ETVOS  薬用アクネVCローション

 

2-3.定期的なピーリングケアを行う

ピーリング

ピーリングとは、肌表面の古くなった角質を、ピーリング剤を使って取り除くことのできる角質ケアのひとつです。

不要な角質や皮脂を取り除く事によって、洗顔後に使用する保湿アイテムの浸透力を高めたり、ニキビの直接的な原因である「毛穴の詰まり」の予防が期待できます。

ピーリングにも様々な種類がありますが、自宅でピーリングを行う場合はスクラブやゴマージュなど肌に摩擦をかけるものではなく、肌そのものに負担がかからない「ピーリング洗顔料」や「塗って洗い流すピーリング剤」を使用しましょう。

また、ピーリングの薬剤は「AHA」と呼ばれるフルーツ酸を配合したものがオススメです。

それは「AHA」と呼ばれるフルーツ酸が、肌に対しても刺激が少なく、肌表面に溜まった古い角質を穏やかに取り除くため肌への負担がかかりにくいからです。

使用方法は各メーカーによって異なりますが、まずは様子を見ながら週に1度から始めることをおすすめします。

 

<オススメピーリング洗顔料>

セラ AHA クリアウォッシングフォーム<ピーリング洗顔料>

sera

皮脂汚れや古い角質をしっかり落としてニキビを予防するフォームタイプのピーリング洗顔料です。

肌のざらつきやくすみをケアしてなめらかで透明感のある肌へと導きます。ピーリングが始めての方でも取り入れやすく、おすすめです。

>>>セラ AHA クリアウォッシングフォーム

 

<おすすめピーリング化粧品>

洗い流すタイプのピーリングは、週に一度のスペシャルケアとしてご紹介している製品が多いです。毎日行う必要がないので、こちらも手軽に角質ケアができ、摩擦がかからないため肌にも刺激を少なくできます。

使い方は、洗顔後にピーリング剤を塗布して5分ほど置いた後洗い流します。

始めのうちは、ピーリングの酸によりピリピリ感を感じる方もいますが、洗い流した後、ピリピリ感も収まり赤み等がなければ問題ありません。

 

セラ MDピーリングキット<ピーリング化粧水>

pi

皮膚科のニキビケアとして誕生した集中ケア用ピーリングキットです。

毛穴をふさぐ古い角質を落とすことで皮脂詰まりを解消。ニキビをケアしながらつるんとなめらかな肌へ導きます。

>>>セラ MD ピーリングキット

※必ず使用方法や注意・頻度を確認してから使用しましょう。

 

3.炎症の強いものや痛みのある鼻の下のニキビは皮膚科へ行こう

痛みや炎症の強くないニキビは自宅でのお手入れで治りやすいですが、強く炎症を起こして腫れてしまっている鼻の下の赤ニキビや膿んでいる黄色ニキビなどは、自宅でのケアでは綺麗に完治させる事が困難です。

この場合は、鼻の下のニキビを跡にしないためにも皮膚科医院で専門の治療を受けることをおすすめします。

4.鼻の下のニキビを予防するポイント

shutterstock_135010643

4-1.日中はメイク直しなどで鼻周りの「過剰な皮脂」を抑える

日中のメイク直しはティッシュやあぶら取り紙で軽く皮脂を押さえて過剰な皮脂を取り除くと、日中の化粧崩れを防ぐだけでなく分泌される皮脂の酸化も防ぎます。

過剰な皮脂は時間が経つと雑菌と悪い皮脂に変化をして肌に刺激を与えてしまうので、その状態を未然に防ぐためにもメイク直しは欠かせません。

また、あぶら取り紙の使い過ぎは「必要な皮脂まで奪ってしまうから良くない」という説もありますが、1日に1.2回程度の使用であれば皮脂を摂り過ぎるという事はありません。

使用する際は、こすらずに軽く抑えるようにしましょう。

4-2.ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスを整えるためには、次の点を意識することが大切です。できるところから積極的に取り入れていきましょう。

■6時間以上の睡眠をとる
特に睡眠は不足してしまうと、肌の免疫力が低下してニキビが出来やすくなり悪化もしやすくなります。鼻の下のニキビの悪化と再発を防ぐためにも毎日6時間以上の睡眠は確保するようにしましょう。

■ビタミン豊富な食材を積極的に取り入れる
特に「ビタミンB2」「ビタミンB6」「ビタミンC」はニキビ予防に効果的です。できるだけこれらのビタミンを意識的に摂取していきましょう。

<ビタミンが豊富な食材>

・ビタミンB2(皮膚の皮脂分泌を調整)
納豆、牛乳、うなぎ、にんじん、ほうれん草等

・ビタミンB6(肌の代謝促進・抗炎症)
豚肉、牛肉、鶏肉、サツマイモ、大豆等
・ビタミンC(過剰な皮脂を抑制・抗炎症)
赤ピーマン、レモン、ブロッコリー、カボチャ等

■過度な糖質と脂質は控える
過度な糖質と脂質は体内のビタミンを浪費させてしまいます。甘い物や油っこいもの、特にサラダ油に含まれる「リノール酸」は皮脂分泌を増やしてしまうのでできるだけ控えましょう。

■ストレスを溜めない
人は、仕事の忙しさや人間関係で緊張状態が続いてストレスを感じると、自律神経のバランスが乱れます。

自律神経のバランスが乱れるとホルモンバランスも乱れて免疫力を低下させて皮脂の分泌を活発にして、ニキビを誘発してしまいます。

できるだけストレスを溜め込まないよう、普段の生活の中に気分転換できる趣味や運動を取り入れたり、好きな香りを嗅ぐなど上手にストレスを解消させていきましょう。

4-3.鼻を触らない

鼻は日頃から触ってしまいやすい部分ではありますが、触りすぎによる刺激は鼻の下のニキビを誘発し、悪化させてしまう原因になります。

日常生活の中でもできるだけ意識をして鼻を触らないよう注意しましょう。

5.まとめ

鼻の下のニキビは原因を知って効果的なお手入れ方法を行う事で早く治すことが可能です。

鼻の下のニキビを跡に残さないためにも、正しい方法で鼻の下のニキビを改善し、出来にくくするための予防を徹底して行っていきましょう!

※この記事は2015年7月24日時点の情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

==================================
あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感! 2016年全部の恋愛運も占えます!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の 運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?
あなたの生年月日から運命の人をズバリ教えてくれる占い『あなたの幸運』が大好評です!

もしかしたら、別れた彼かもしれないし いま付き合ってる人かもしれませんし いつ・どこで運命の人と会えるのかも教えてくれます。

2016年の恋愛運が気になる人は是非やってみてください
==================================

==================================
《たった3分で恋と幸せを引き寄せる方法》

『美』を追求している女性陣から圧倒的な信頼!!

わずかな時間で自分を好きになって、恋と幸せを引き寄せる方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『恋と運命の真実』で
あなたの本質を理解すれば、現在の悩みが消えて驚くほど人生が好転します。

今回はプロ鑑定師が、アナタだけの為に「魅力が開花する鑑定結果」を無料でプレゼント。

いつも頑張っている貴女に、是非『全員0円』鑑定をお試しください!
==================================




Pocket
LINEで送る