メニューを開く
アスタリフト;
提供:常盤薬品工業株式会社

【必見】鼻の下のニキビの原因とは?対策と防ぐためのスキンケア


鼻の下 ニキビ①
急にぽつんとできてしまった鼻の下のニキビ。なんだか目立つし、気になりますよね。

鼻の下はニキビができやすい部分ですが、原因を理解したうえで、できる前に防ぐことが大切です。

そこで今回は、鼻の下のニキビができる主な原因や、防ぐためにできる自宅でのセルフケアなどの対策方法をご紹介します。

ふわふわ濃密泡の洗顔料♡『dプログラム コンディショニングウォッシュ』はこちら>>>





dプログラム コンディショニングウォッシュ

富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

ノブACアクティブ フェイスローション(医薬部外品)
ノブ

敏感に傾きやすい肌に着目してつくられたスキンケアブランド『NOV(ノブ)』のニキビを防ぐシリーズ『ACアクティブ』の薬用化粧水です。

リピジュア®、ヒアルロン酸、ベタインなどの保湿成分が配合されており、角層にうるおいを与え、肌をすこやかに保ちます。
乾燥対策とニキビや肌荒れ対策、どちらのお手入れもしっかり行いたい方におすすめです。

公式HPはこちら(オレンジ)

1.鼻の下のニキビ|主な原因

鼻の下にできてしまうニキビの原因は2つあり、その中でも10代と20代以降では重点をおく部分が異なるといわれています。

鼻の下ニキビの原因として考えられていることを理解しておきましょう。

1-1.過剰な皮脂

キャプチャ
10代(思春期)で鼻の下にニキビができてしまう方は「過剰な皮脂」が主な原因といわれています。

鼻周りから口にかけては、もともと皮脂腺が多く皮脂が溜まりやすい部分ですが、特に10代は皮脂腺が活発なので過剰な皮脂によって毛穴が詰まりやすく、ニキビが発生しやすいのです。

また、20代以降の方も混合肌や脂性肌と言われる肌タイプの方などは、比較的皮脂量が多いため、過剰な皮脂によって鼻の下にニキビが発生しやすくなるといわれています。

1-2.ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモン サプリ
20代以降で鼻の下にニキビができてしまう方は「ホルモンバランスの乱れ」が主な原因といわれています。「大人ニキビ」と言われることもあるようです。

ホルモンバランスは、体内のバランスを整える役割を持ち、①過度のストレス②睡眠不足③生理などの影響によって乱れやすくなると考えられています。

ホルモンバランスが乱れると、皮脂は過剰に出やすくなる傾向があるため、特に鼻の下や口周りなどはニキビが発生しやすくなってしまうのです。

2.鼻の下のニキビ|3つのスキンケア方法

かくそう
鼻の下のニキビをお手入れする方法は10代の方も20代の方も共通しています。

それは「過剰な皮脂を取り除いて、保湿を行うこと」です。

ここでいう「保湿」とは、過剰な油分を出さないために水分を多く与えることを指します。

鼻の下はもともと油分が多い場所なので、そこまで油分を補う必要がないといわれているからです。

次の3つのお手入れ方法を実践して、過剰な皮脂を取り除いてから水分を与える保湿を行いましょう。

2-1.洗顔を丁寧に行う

プチプラ 洗顔
鼻の下のニキビができやすい方は、洗顔を丁寧に行いましょう。

洗顔の役割は、肌の過剰な皮脂や汗ほこりなどを取り除く事です。

洗顔を行う際は、摩擦を起こさないようしっかり洗顔料を泡立てたうえで、丁寧に洗顔して洗い流しを十分に行いましょう。

すすぎの回数は20回~30回ほどが理想です。

特に額や小鼻周りは汚れも溜まりやすく、洗い残しも起こりやすい部分なので、意識しながら丁寧に洗顔しましょう。

<おすすめ洗顔料>

dプログラム コンディショニングウォッシュ
dプログラムコンディショニングウォッシュ

【肌らぶ編集部コメント】
敏感な肌の方のことを想って開発された資生堂のスキンケアブランド「dプログラム」の洗顔フォームです。
ふわふわの濃密泡で、しっとり・なめらかに洗い上げます。無香料・無着色・パラベンフリー・鉱物油フリー・アルコールフリー。
なかなか自分の肌に合う洗顔料がなかなか見つからないという方に、ぜひ1度試して欲しい1品です!

公式HP

2-2.保湿成分配合の化粧水を使う

3化粧水
鼻の下のニキビを防ぐためには、保湿成分配合の化粧水でのお手入れもおすすめです。

特に鼻周りは、特に水分を補う必要があるので、化粧水や美容液でしっかり保湿をしていきましょう。

中でも「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」などは、人の肌に存在する水溶性の保湿成分なので、肌へのなじみが良いと考えられています。

次の保湿成分の例を参考にしてみてください。

≪保湿成分の例≫

・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・グリセリン
・アミノ酸(アルギニン・グリシン・イソロイシン・グルタミン酸・リシン)など

<おすすめ化粧水>

Reproskin(リプロスキン)(医薬部外品)
リプロスキン

【肌らぶ編集部コメント】
「ニキビ後の肌」に着目してつくられた薬用化粧水です。
保湿成分ヒアルロン酸・コラーゲン・コメヌカエキス、肌をすこやかに保つグリチルリチン酸ジカリウム、美白*成分プラセンタエキスなどが角質層に浸透して、肌を整えます。
さらっとした使用感でスーッと肌になじみ、気になるニキビをできる前に防ぎます。
*日焼けによるシミそばかすを防ぐ

公式HP

2-3.定期的なピーリング洗顔を行う

ピーリング洗顔とは、肌表面の古くなった角質を、洗うことによって取り除く角質ケアのひとつです。

ピーリング洗顔にも様々な種類があり、使用方法は各メーカーによって異なりますが、まずは様子を見ながら週に1度から始めましょう。

<おすすめピーリング洗顔料>

セラ AHA クリアウォッシングフォーム
sera

【肌らぶ編集部コメント】
皮脂汚れや古い角質を、洗顔によって洗い流すフォームタイプのピーリング洗顔料です。
ピーリングが始めての方でも取り入れやすいのが魅力です。

公式HP

3.鼻の下のニキビ|予防と対策のポイント

3-1.メイク直しなどで鼻周りの過剰な皮脂を抑える

子供 鼻づまり
日中のメイク直しは、ティッシュやあぶら取り紙で軽く皮脂を抑え、過剰な皮脂を取り除くと、化粧崩れを防ぐだけでなくニキビ対策にもなります。

過剰な皮脂は、時間が経つと雑菌と混ざり合い、毛穴詰まりの原因となってしまうので、その状態を未然に防ぐためにもメイク直しを行いましょう。

また、あぶら取り紙の使い過ぎは「必要な皮脂まで奪ってしまうから良くない」という説もありますが、1日に1・2回程度の使用であれば皮脂をとり過ぎるということはないといわれています。

使用する際は決してこすらず、軽く抑えるようにしましょう。

3-2.生活習慣を整える

毛穴ケア 自宅
生活習慣を整えるためには、次の点を意識することが大切です。できるところから積極的にはじめていきましょう。

■6時間以上の睡眠をとる

睡眠時間が不足してしまうと、免疫力が低下してニキビを誘発してしまう可能性があります。

鼻の下のニキビをできにくくするためにも、毎日6時間以上の睡眠は確保するようにしましょう。

■ビタミン豊富な食材を積極的に取り入れる

特に「ビタミンB2」「ビタミンB6」「ビタミンC」はおすすめしたい栄養素です。

バランスのよい食生活を意識しつつ、できるだけこれらのビタミンを意識的に摂取していきましょう。

【ビタミンが豊富な食材】
・ビタミンB2:納豆、牛乳、うなぎ、にんじん、ほうれん草等
・ビタミンB6:豚肉、牛肉、鶏肉、サツマイモ、大豆等
・ビタミンC:赤ピーマン、レモン、ブロッコリー、カボチャ等

■過度な糖質と脂質は控える

過度な糖質と脂質は、体内のビタミンを浪費しやすくなると言われています。

甘い物や油っこいもの、特にサラダ油に含まれる「リノール酸」は皮脂を増やしてしまうと言われているので、できるだけ控えましょう。

3-3.鼻を触らない

shutterstock_135356039
鼻は日頃から触ってしまいやすい部分ですが、触りすぎは、鼻の下のニキビを誘発してしまう可能性があります。

日常生活の中でもできるだけ意識をして鼻を触らないようにしましょう。

4.鼻の下のニキビをカバーする|メイク術

垢抜けメイク

鼻の下は他の部位よりも皮脂腺が多く、汗をかきやすい部分です。

そのため、鼻の下にできるニキビや赤みの残ったニキビ跡に関しては、ペンシルやスティックなど、硬い質感(固形状)の方がよれにくくしっかりとピンポイントでカバーできます。

また、使用するコンシーラーは、ニキビの悪化を防ぐためにも、できるだけニキビ用のものを使用することをおすすめします。

【コンシーラーの使用法】
1・コンシーラーをブラシまたはチップに取り、手の甲で量を調整します。
2・気になる部分またはカバーしたい部分の2周りほど大きい範囲に、コンシーラーをのせます。
3・コンシーラーの周りの部分を馴染ませます。
4・上からフェイスパウダーを重ねます。

5.鼻の下のニキビの治し方|早く改善したい方は皮膚科で治療しよう

黒ニキビ 洗顔
鼻の下のニキビが長引く場合や、鼻の下のニキビが炎症を起こし、腫れて深刻化している場合などは、皮脂や古い角質が蓄積されている可能性もあります。

この場合、ニキビ跡を残さないためにも、皮膚科へ行き、専門医を受診することをおすすめします。

6.ニキビと吹き出物の違いとは

ニキビ 洗顔しすぎ
「ニキビ」とともによく耳にする「吹き出物」という単語。

ニキビと吹き出物の違いは何?と気になっている方もいらっしゃるかもしれません。

ニキビも吹き出物も、毛穴に皮脂がつまることが主な原因です。
そのため基本的には同じものと考えて問題ないとされていますが、思春期にできるものを「ニキビ」20代以降にできるものを「吹き出物」と呼ぶことが多いようです。

どちらの場合も、今回お伝えしたような予防方法・対策方法を実践することで防いでいきましょう。

ニキビと吹き出物についての詳細はこちらの記事でもお伝えしていますので、ぜひご参照ください。

7.まとめ

鼻の下のニキビは原因を知ったうえで、お手入れ方法を行うことが大切です。

鼻の下のニキビをできにくくするためにも、正しいお手入れを行いましょう!

※この記事は2016年12月1日(最終更新日)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

ふわふわ濃密泡の洗顔料♡『dプログラム コンディショニングウォッシュ』はこちら>>>


dプログラム コンディショニングウォッシュ


Pocket
LINEで送る