メニューを開く
アスタリフト;

これでバッチリ!結婚式のお呼ばれメイクに欠かせない3つのポイントとは

結婚式 メイク
「結婚式に呼ばれたけど、メイクってどうしたら良いんだろう・・」とお困りではありませんか?

どんなに華やかなお呼ばれドレスを買っても、それに合ったメイクをしないと全体のバランスが崩れて魅力も半減してしまうかも。

そこで今回は、ぐっと華やかさを演出する!結婚式のお呼ばれメイクに欠かせない3つのポイントについてご紹介します。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.「華やか&控えめ」メイクバランスを意識する

結婚式のお呼ばれメイクはバランスが最も重要です。

それは、いつもと同じメイクだと華やかさに欠けてしまいがちですし、逆に濃くしすぎてしまうと派手になりすぎてしまうからです。

基本的に結婚式でのお呼ばれメイクは、「目元・口元・頬」の中から主役にしたい部分を決めて、しっかりと色をのせることがポイントです。

主役の色を強調したら、残りのパーツはやや控えめに色をのせて「抜け感」を出します。それによって、全体的に程よい華やかさを演出することができます。

1-1.各パーツを強調したメイクの特徴

<アイメイクがメインのお呼ばれメイク>

ハーフ顔 眉と目近い

アイメイクがメインのお呼ばれメイクは、大人っぽく華やかな雰囲気を演出することができます。

<口紅がメインのお呼ばれメイク>

唇をぷるぷるにする方法

口紅がメインのお呼ばれメイクは、色気のある女性らしい雰囲気を演出することができます。

<チークがメインのお呼ばれメイク>

チーク 塗り方

チークがメインのお呼ばれメイクは、愛くるしく可愛らしい雰囲気を演出することができます。

1-2.ドレスの雰囲気に合わせたおすすめメイク

■クールスタイル
結婚式 クールドレス
クールスタイルには、目元にポイントを置いたメイクがおすすめです。チークはやや控えのベージュ系にして、目元はグレーやネイビー系で締めると、ぐっと知的で大人っぽさを演出することができます。

■エレガントスタイル
結婚式 エレガントドレス
エレガントスタイルには、口紅にポイントを置いたメイクがおすすめです。チークはやや控えのローズ系にして、目元をブラウン系で締めるとぐっと女性らしさを演出することができます。

■キュートスタイル
結婚式 キュートドレス
キュートスタイルには、チークにポイントを置いたメイクがおすすめです。チークと口紅は血色感のあるピンク系にして、目元は柔らかみのあるベージュやブラウン系にすると可愛らしいを演出することができます。

2.結婚式でのメイクで意識すべき3つのポイント

結婚式等の、長時間メイク直しができない場所へ行く際は、「いかに崩れにくいメイクをつくるか」がポイントです。

2-1.崩れにくいベースメイクをつくる

8下地

崩れにくいベースメイクを作るには、事前に過度な油分を抑えて下地とファンデーションの密着度を高めましょう。

特に下地の量が多すぎてしまうと、ファンデーションも綺麗に付かずムラになり、過度な油分が肌に溜まってしまうことで、化粧崩れの原因になります。

下地の量は基本「パール粒大」です。

1下地適量を肌の内から外に向かって均一に伸ばし、その後はファンデーションを塗る前に厚めのスポンジで押さえるようにしましょう。

それによって過度な油分を取り除くことができます。

下地の塗り方についての詳細はこちらの記事をご参照ください。

<おすすめ下地>

POLA B.A ザ デイ セラム

BA
肌の凹凸をなめらかに整え、つやのある質感に仕上げる日中用下地美容液です。

キメや凹凸を整え化粧のノリを良くしながら、透明感が溢れ出るような輝く肌を演出します。

2-2.目元はウォータープルーフでにじみ防止

眉_整え方03
目元に使用するアイライナーやマスカラは、にじみにくく耐水性のあるウォータープルーフタイプを使用しましょう。

目元がにじんで黒くなるパンダ目の主な原因は、瞬きをしている時にアイライナーやマスカラの成分が目元の油分(乳液や下地の過剰な油分)と混ざり合って付着してしまうからです。

メイクを行う前は、目元の過剰な油分を取り除き、パンダ目を防止するためにも、マスカラに透明のトップコートを塗ったり、事前に目元をフェイスパウダーでサラサラの状態にしておきましょう。

■おすすめのパンダ目対策アイテム

①マスカラ下地

CLARINS ダブルフィックスマスカラ(マスカラトップコート)

クラランス トップコート
手持ちのマスカラを長時間キープするマスカラのトップコートです。まつげに伸びやすい半透明のジェル状で重ねづけしても自然な仕上がりです。

②マスカラ

シャンディ ビューティーラッシュマスカラ

マスカラ

まつげ美容液成分が配合されたマスカラです。塗るほどに印象的なまつげに仕上げます。

③アイライナー

POLAミュゼル ノクターナル アイライナー リキッド
アイライナー

グリップに安定感があり、手ブレしにくいリキッドアイライナーです。こしのある筆先で細いラインが描きやすく、くっきりとした目元に仕上げます。

2-3.口元は、下地+口紅で落ちにくくする

口元は飲食をする結婚式のような場所で、最も取れやすいと言える部分です。

落ちにくくするためにも、口紅を直塗りするのではなく、その前にリップライナーを使用するようにしましょう。それによって、口紅が落ちにくくなり発色自体も良くなることが期待できます。

また、事前の保湿も念入りに行うことで、より口紅の持ちを良くすることができます。

落ちにくくする口紅の塗り方のついてはこちらの記事をご参照ください。

■おすすめリップペンシル

POLA ミュゼルノクターナル リップライナーペンシル

リップペンシル

なめらかなタッチで描きやすい、繰り出しタイプのリップライナーです。

するすると柔らかい描き心地で唇にぴったりフィット。にじみにくく美しい仕上がりをキープしたリップメイクを完成させてくれます。

3.結婚式でのメイク直しポイント

ポイントメイク

3-1.結婚式当日に必要なメイク直しアイテム

当日はかばんが小さいためポーチに入れる化粧品も限られてしまいますが、次のアイテムは当日メイク直しには欠かせないアイテムなので、できるだけ持っていくようにしましょう。

<ポーチに入れる最重要アイテム>
・フェイスパウダーorパウダーファンデーション
・口紅
・綿棒
・ティッシュ

<当日あると便利なアイテム>
・チーク
・アイライナー
・アイシャドウ
・リップライナー

3-2.5分でできる!簡単メイク直し法

式の直前や披露宴中のあまり時間がないときは、お手洗いに行った際に次の3点を意識して、すばやくメイクを直しましょう。

■綿棒で、目元のヨレを直す
■口紅を塗りなおす
■ティッシュ等で顔のテカリが気になる部分を抑えてフェイスパウダーをのせる

3-3.二次会の前に行う!きちんとメイク直し法

二次会前など、時間に少し余裕があるときは、次の方法で綺麗にメイクを直しましょう。

■ベースメイク
ベースメイクが崩れてしまった場合は、あぶらとり紙かティッシュで軽く押さえて余分な皮脂を取り除きましょう。皮脂を取り除かずにファンデーションやパウダーを重ねると、さらに化粧が崩れる原因となります。

そして、皮脂が浮きやすいTゾーンに重点的にパウダーをつけます。軽めのメイク直しであればブラシ、しっかりメイク直しをしたいのであればパフを使いましょう。

■ポイントメイク

<目元>
目元のメイクが軽く滲んでいる程度であれば、綿棒ですぐに拭き取ることができます。

また、目元がパンダ目になる程黒く滲んでしまった時は、麺棒に乳液を含ませて優しくなぞると簡単にキレイになります。

その後は、ファンデーションかパウダーで目元を押さえてからアイメイクを直しましょう。メイク直後のような綺麗な仕上がりになります。

<口元>
口紅を塗る前に、リップクリーム等で保湿をしましょう。その後、軽くティッシュで押さえ、リップライナー⇒口紅の順に塗ると綺麗に塗ることができます。

<頬>
気が付くと薄くなってしまっているチークもチェックしましょう。他の部分のメイク直しが終わってから、顔のバランスを見てつけ足しましょう。

4.まとめ

結婚式のお呼ばれメイクは「メイクのバランス」を重視し、崩れないように意識してメイクを行うことで、華やかなメイク状態を維持することが可能です。

このポイントを意識して、ドレスに負けない華やかなお呼ばれメイクを行っていきましょう!

この記事は2016年5月30日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る