2017年12月6日 更新

鳴らせシングルベル!充実したひとりクリスマス過ごし方

クリスマス ひとり「今年のクリスマス、ひとりかぁ」「ひとりのクリスマス、どう乗り切ろう……」と、クリスマスを前にブルーになっていませんか。

クリスマスは、世間的にはカップル向けのイベントとなりつつありますが、だからと言って、ひとりの人が楽しめない日ではないはず。

そこで今回は、ひとりのクリスマスを快適にやり過ごし、さらには誰よりも幸せに楽しむための方法をご紹介します!

「クリスマス」という単語で憂鬱になってしまう人はこれを参考に、近年まれに見る充実したクリスマスにしましょう。




1.ひとりのクリスマスは物で埋める

ひとりのクリスマスは、自分のテンションが上がる“物”を用意して、誰より幸せな気分に浸りましょう。ひとりのクリスマスを、“物”で埋めるための方法を5つご提案します。

①年越しの準備をする

クリスマス ひとりひとりのクリスマスは、年越し準備をしましょう。クリスマスと言えば年末、浮かれていたらすぐにお正月がやってきます。

年賀状がまだの方は年賀状を書いて、普段はなかなか手をつけられないところの大掃除をして……とやっているうちに、クリスマスの日はあっという間に終わるでしょう。

やるべきことを早めに、しっかりと片付けると、達成感を味わえますよ。

②漫画、動画、DVDを楽しむ

クリスマス ひとりひとりのクリスマスは、漫画や動画、DVDなどをお供に過ごすのもおすすめです。

読みたかった長編漫画、観たかった海外ドラマ、映画、アニメ、ライブDVDなど、楽しむなら今ではないでしょうか。クリスマス当日に外に出るのが嫌な人は、早めにネットレンタルを利用して備えましょう。好きなお菓子や飲み物もスタンバイしてください。

テレビをつけると、どこもクリスマス特集なので、クリスマスの現実から逃れられるという意味でもぴったりですね。

③仕事をする

クリスマス ひとりひとりのクリスマスは、仕事をして過ごしましょう。学生の方は、宿題や勉強も良いですね。

よく芸能人が、「クリスマスのご予定は?」ときかれて「仕事です」と答えていますが、すごくかっこ良いと思いませんか。

仕事があるということは、それだけ自分を必要としている人がいるということだからです。もちろん、せっかくの休日は心身を休めた方が良いと思いますが、没頭できるという点では、仕事は心のすきまを埋めてくれるでしょう。

④自分にクリスマスプレゼントをあげる

クリスマス ひとりひとりのクリスマスは、自分にプレゼントをして、気分を盛り上げましょう。

アクセサリー、バッグ、ちょっとお高いスイーツ、エステ、憧れのホテル、海外旅行など、「1年間お疲れさま」の気持ちを込めて、本当にうれしいものを選んでみてください。

早めに買っておいて、クリスマス当日がきてから開けるというのも、雰囲気が出そうですね。

⑤好きなものだけを食べる

クリスマス ひとりひとりのクリスマスは、好きなものを好きなだけ食べましょう。

クリスマスだからと言って、チキンにこだわる必要はありません。それが食べたいなら、牛丼やラーメンがクリスマスの食卓に並んでも良いのです。

そして、普段なら気を遣いがちな寿司の盛り合わせやピザも独り占め、ホールケーキも切らずにそのまま食べられます。好きな男性といたら、絶対できないことですよね。

ひとりの自由と開放感を、クリスマスの食卓で存分に味わいましょう。

2.ひとりのクリスマスは誰かを巻き込む

ひとりの孤独感は、やはり誰かに埋めてもらうのが手っ取り早い方法です。
恋人がいないひとりのクリスマスに、恋人以外の誰かを巻き込んで、楽しいクリスマスにする方法を4つご提案します。

①家族と過ごす

クリスマス ひとりひとりのクリスマスは、家族と時間が合うようなら、家族で過ごしましょう。「周りは恋人と過ごしてるのに」「家族でクリスマスパーティーって歳でもない」なんて思っていませんか。

クリスマスとは、本来家族で過ごすイベントです。特に欧米では家族で過ごすのが主流です。海外から日本にクリスマスが伝わってきたときも、もともと「恋人と」という考え方はなかったみたいですよ。

家族でクリスマス!これぞ正統派な過ごし方とも言えるでしょう。

②シングルの友人と過ごす

クリスマス ひとり ひとりのクリスマスは、もし同じくひとりの友達がいれば、イベントを企画して友達と一緒に過ごしましょう。クリスマスパーティーも、2人以上集まれば楽しさはアップ!

ケーキやチキンなどのクリスマス料理を食べて、プレゼント交換をして、好きな男性とはできないようなバカ騒ぎをすれば、恋人とのクリスマスにこだわっていた自分があほらしくなるでしょう。

③スカイプ飲み会を開く

クリスマス ひとりひとりのクリスマスは、スカイプ飲み会を開くのもおすすめです。最近話題のスカイプ飲み会とは、スカイプをつなぎ、画面の前でそれぞれお酒やおつまみなどを広げながら談笑する、遠隔飲み会のこと。

同じくひとりなのだけれど、遠方に住んでいる友人や、クリスマスの日に一歩も外に出たくないという友人がいる人には便利でしょう。

クリスマスの時期、飲食店は恋人たちであふれかえり、コース料理の値段が上がることを考えると、効率的ですね。

④掲示板サイトの仲間たちと過ごす

クリスマス ひとりひとりのクリスマスは、同じくクリぼっちが集まる掲示板サイトで過ごしましょう。クリスマス当日に「クリぼっち」で検索すると、クリスマスにひとりの人が集まる掲示板が見つかるはずです。そうすると、クリスマスにひとりなのは自分だけではないのが分かって、すごく頼もしい気分になれるはずです。

また、クリぼっちの達人が、すばらしいひとりのクリスマスの過ごし方を教えてくれるかもしれません。

仲間たちと非リア充自慢をし合っていたら、それはそれで楽しく過ごせそうですよね。

3.みんなのサンタクロースになる

ひとりのクリスマスに、あなたがみんなに幸せを与えるサンタクロースになるという、新感覚の過ごし方はいかがでしょうか。自分以外の人の幸せを心から願える人はきっと、次に幸せになれる人。

ひとりのクリスマスに、みんなのサンタクロースになって、幸せに過ごすための方法を3つご提案します。

①心の中で「メリークリスマス」とつぶやく

クリスマス ひとりひとりのクリスマスは、あえて街に出て、幸せそうな家族やカップルに、「メリークリスマス。いつまでもお幸せに」とつぶやきましょう。

クリぼっちは、クリスマスに家にこもりがちです。しかし、街にこんなに幸福感があふれている日も、なかなかめずらしいと思います。だからこそ、ハートが耐えられるなら、ここはみんなの幸せを分けてもらいつつ、さらなるご多幸を願ってみるのも悪くないでしょう。

そんなことをしているうちに、ちょっと自分が神様か何かにでもなったような、達観した気持ちになってきて、新しい世界が見られるはずです。

東京都心や横浜のみなとみらいなどでは、幸せなカップルがたくさん見つかることでしょう。

②SNSののろけ投稿に心からいいねする

クリスマス ひとりひとりのクリスマスは、SNSののろけ投稿にも「いいね」をプレゼントしましょう。「幸せだね。良かったね」と、本心で思うのもポイントです。

クリスマスは、友人知人のリア充投稿に心がすさみがちですが、そんな投稿にも心からのいいねができる人は、とても心が広く、満たされている人に間違いないでしょう。

そんな人には、きっと周囲から本当に祝福される幸せな未来が待っていますよ。

恋人に買うプレゼントと違って、「いいね」は無料でいくらでもあげられるのが、うれしいですね。

③誰かにプレゼントをする

クリスマス メイク 5ひとりのクリスマスは、誰かに渡すクリスマスプレゼントを渡しましょう。両親や、普段お世話になっている人など、クリスマスは日頃の感謝の気持ちを伝える機会にもなりますね。

自分へのプレゼントももちろんうれしいですが、自分の選んだプレゼントで誰かが喜んでくれると、自分までうれしくなるものです。

4.ひとりのクリスマスを楽しもう♪

クリスマス ひとりひとりのクリスマスの過ごし方を、いくつかご提案しましたが、試してみたい過ごし方はありましたか。

憂鬱だったり、憎たらしかったりしていたクリスマスが、少しは楽しいものに思えてきたら成功ですね。

クリスマスは、一緒に過ごす恋人がいなくても、楽しく浮かれて良いのです。クリスマスだけに限ったことではありませんが、ひとりでも楽しめる人は、人生の充実感も高いはず。

「ひとりだよ……」と暗くならず、誰より楽しいクリスマスにしてくださいね!