2017年11月10日 更新
【PR】

【プチプラも】クレンジングジェルおすすめ12選!使い方もご紹介

クレンジングジェル ランキング オイルフリー プチプラ おすすめ 使い方「クレンジングジェルのおすすめはどれ?」「マツエクしていても使えるクレンジングジェルってあるの?」などとお悩みではありませんか?

みずみずしい使用感や、心地よい洗い上がりが特徴のクレンジングジェル。どうせ使うなら、自分の理想に合ったものを選びたいですよね。

そこで今回は、肌らぶ編集部おすすめのクレンジングジェルや、クレンジングジェルの使い方のポイントなどをご紹介します。
マツエク派の方へ向けたクレンジングジェル選び・使い方のコツまでお伝えしますので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね!




1.プチプラも!おすすめクレンジングジェル12選

クレンジングジェル ランキング オイルフリー プチプラ おすすめ 使い方ではさっそく、肌らぶ編集部おすすめのクレンジングジェルをご紹介します。
今回は【プチプラ編】【2,000円以上編】の2つに分けていますので、お好みのクレンジングジェルを見つけるための参考にしてみてくださいね。

1‐1.おすすめクレンジングジェル【プチプラ編】

まずご紹介するのは、多くの方が気になるであろうプチプラクレンジングジェル。
今回は税抜2,000円以内のもの(オープン価格のものは、ドラッグストアのセルフ売り場で購入可能なもの)を「プチプラ」と定義し、肌らぶ編集部のおすすめをご紹介します。

ビオレ メイクとろりん なで落ちジェル

ビオレメイクとろりんなで落ちジェル価格:170g オープン価格

その名の通り、ゴシゴシこすらず軽い力でメイクが落とせるビオレのクレンジングジェルです。しっかり重ねたベースメイクやウォータープルーフマスカラなどもしっかり落として、すがすがしい素肌に整えます。
手や顔がぬれていても使えて、しっかりすすげばそのあとの洗顔も不要。気分やすらぐほのかなホワイトフローラルの香りです。

公式HPはこちら

無印良品 マイルドジェルクレンジング

無印良品 マイルドジェルクレンジング クレンジングジェル ランキング価格:170g 556円(税抜)

スキンケア製品のラインナップも豊富な、無印良品のクレンジングジェルです。
肌に素早くなじみ、すっきりとメイクを落とします。植物由来のうるおい成分としてアンズ果汁・桃の葉エキスを配合。
手や肌がぬれていても使えるので、バスルームでの使用も便利です。無香料・無着色・無鉱物油・弱酸性・アルコールフリー。

公式HPはこちら

ちふれ クレンジングジェル

ちふれ クレンジングジェル ランキング価格:100g 500円(税抜)

なめらかな感触のジェルが、メイクや汚れをすばやくすっきり落とす、洗い流し専用のクレンジングジェルです。
ジェル状からオイル状に変化するので、リキッドやクリームタイプのファンデーションなどの油分が多めなメイクにもなじみやすく、さっぱりと簡単に洗い流せます。無香料・無着色・ノンアルコール。

公式HPはこちら

キュレル ジェルメイク落とし(医薬部外品)

キュレル ジェルメイク落とし クレンジングジェル価格:130g オープン価格

やわらかなテクスチャーが使いやすい、花王 キュレルのクレンジングジェルです。
落ちにくい口紅や毛穴の奥のファンデーション、日焼け止めなどもすっきりと落とします。
べたつきやヌルつきのない、さっぱりとした洗い上がり。肌荒れを防ぎ、肌をすこやかに整えます。

公式HPはこちら

ファンケル マイルドクレンジングジェル

ファンケル マイルドクレンジングジェル ランキング価格:120g 1,700円(税抜)

厚みのあるジェルがとろけるようにメイクになじみ、毛穴の汚れまですっきりオフする、ファンケルのクレンジングジェル。軽いメイクの方におすすめです。
防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤不使用。弱酸性。
一般的なグルー(シアノアクリレート系)を使用したまつげエクステ(マツエク)を使用中の方もお使いいただけます。

公式HPはこちら

アルージェ モイスト クレンジング ミルクジェル

アルージェ モイスト クレンジング ミルクジェル クレンジングジェル ランキング価格:100g 1,500円(税抜)

メイク汚れをしっかり落とす、アルージェのミルクジェルタイプのクレンジングです。
気持ちまで軽くなるような、うれしい使い心地を追求。
ナノ粒子のビオセラミド(保湿)を配合し、洗い上がりのしっとりとしたうるおい感にもこだわっています。
無香料・無着色・鉱物油無添加・表示指定成分無添加・ノンアルコール(エチルアルコール無添加)・ノンパラベン。

公式HPはこちら

菊正宗 日本酒のメイク落とし

菊正宗 日本酒のメイク落とし クレンジングジェル ランキング価格:200g 740円(税抜)

日本酒でおなじみの「菊正宗」が販売しているクレンジングジェル。弱酸性・無着色・無鉱物油。
ジェルというより「ジェルクリーム」に近い、やわらかなテクスチャーが特徴的です。
保湿成分アルブチン・アミノ酸・プラセンタエキスを配合。保湿しながらメイクをしっかり落とします。洗い流しでも拭き取りでもどちらでも使用可能です。

公式HPはこちら

ソフティモ スピーディ クレンジングジェル

ソフティモ スピーディ クレンジングジェル ランキング価格:240ml オープン価格

ジェルタイプ以外のラインナップも豊富な、コーセー・ソフティモのオイルフリークレンジングジェルです。オイルフリー・アルコールフリー・パラベンフリー・無香料・無着色。
みずみずしいジェルがメイクにしっかり密着し、毛穴の奥のメイクや皮脂汚れに素早くなじんで浮き上がらせます。
洗い流すときに泡立つユニークな感覚で、すっきりときめの整った肌へ。

公式HPはこちら

スキンビル ホットクレンジングジェル

スキンビル ホットクレンジングジェル クレンジングジェル ランキング価格:200g 1,886円(税抜)
ーディ クレンジングジェル ランキング” width=”250″ height=”250″ />価格:240ml オープン価格

心地よい温かさのホットジェルが、毛穴に詰まった頑固な汚れを浮かして落とす、スキンビルのホットクレンジングジェルです。
オレンジの香りでさわやかなお手入れタイムが過ごせます。
パラベン・フェノキシエタノール・合成香料・紫外線吸収剤・シリコン・エタノール・鉱物油・タール系色素不使用。
一般的なグルー(シアノアクリレート系)であれば、マツエク中の方もお使いいただけます。

公式HPはこちら

1‐2.おすすめクレンジングジェル【2,000円以上編】

続いてご紹介するのは、価格帯が税抜2,000円以上のクレンジングジェルです。

【PR】
kikimate クレンジングジェル
kikimate クレンジングジェル
価格:120g 4,900円(税抜)

敏感肌・乾燥肌の方におすすめのスキンケアブランド、kikimateのクレンジングジェルです。W洗顔不要。オイルフリー。フレッシュなシトラスの爽やかな香り。
なめらかなジェルが メイク汚れを瞬時に包み込み、しっかりメイクオフ!
自然の保湿成分として「プラセンタ」「米発酵液」「マルチフルーツエキス」「はちみつ」を配合。洗い上がりはしっとりもちもち肌に。

公式HPはこちら

dプログラム マイルドクレンジングジェル

dプログラム マイルドクレンジングジェル 敏感肌 クレンジング価格:125g 2,500円(税抜)

資生堂の敏感肌向けスキンケアブランド dプログラムのクレンジングジェルです。
肌のきめや毛穴に落ち込んだファンデーションもきちんと浮かせ、あと残りなくすっきり洗い流せます。
パラベン(防腐剤)フリー・アルコール(エチルアルコール)フリー・鉱物油フリー・無香料・無着色。

公式HPはこちら

ラ ロッシュ ポゼ ミセラークレンジング ジェル

ラ ロッシュ ポゼ ミセラークレンジング ジェル クレンジングジェル ランキング価格:195ml 2,600円(税抜)

フランスで誕生した敏感肌向けスキンケアブランド La Roche Posay(ラロッシュポゼ)のクレンジングジェル。1本でメイク落とし・洗顔・保湿の役割を兼ねることができる、時短にもうれしい一品です。
肌あたりのやわらかいジェルで、肌への摩擦が起きにくい工夫がされています。
保湿成分・ヒアルロン酸を配合。使用後の肌をしっとりと心地よい感触へ導きます。

公式HPはこちら

シンピュルテ ピュアクレンジング クリア

シンピュルテ ピュアクレンジングクリア クレンジングジェル ランキング価格:120g 3,100円(税抜)

ジェルの使いやすさとオイルのメイク落ちを兼ね備えたような、オーガニックスキンケアブランド シンピュルテ のクレンジングジェル。
植物由来の保湿成分として、アルガンオイル(アルガニアスピノサ核油)・ヒマワリ種子油・マカデミア種子油を配合し、クレンジング後も肌のうるおいを保ちます。
グレープフルーツとオレンジをブレンドした、爽やかなアロマの香りが魅力的です。

公式HPはこちら

2.クレンジングジェルの使い方

ここでは、クレンジングジェルを使ったメイク落としの方法をお伝えします。
今まで何気なく行っていたという方も、普段の使い方を振り返るという意味で、ぜひ目を通してみてください。

★クレンジングジェルの使用量

クレンジングジェル ランキング オイルフリー プチプラ おすすめ 使い方使用量は、基本的には製品ごとの推奨量に従ってください。特に表示がない場合は、「さくらんぼ1粒大」程度を目安にしましょう。
少し多いかな?と思うくらいの量がおすすめです。

★クレンジングジェルの使い方(手順)

① ポイントメイクリムーバーで先にアイメイクを落とす
クレンジングジェル ランキング オイルフリー プチプラ おすすめ 使い方 ポイントメイクウォータープルーフのマスカラやアイラインは、クレンジングジェルでは落としづらいこともあります。
ポイントメイクリムーバーを使用して、先にアイメイクを落としておきましょう。

② 乾いた手にジェルを取る
クレンジングジェル ランキング オイルフリー プチプラ おすすめ 使い方「ぬれた手でOK」という記載がある場合も、多少水気を切ってから使うことをおすすめします。ジェルを手に取ったら、指先でかるく温めます。

③ 目元以外の顔にのせる
クレンジングジェル ランキング オイルフリー プチプラ おすすめ 使い方ジェルを温めたら、皮脂量の多いTゾーン(額・鼻筋)からのせていきます。頬などの乾燥しやすい部位には、その後のせていきましょう。

④ 顔全体になじませる
クレンジングジェル ランキング オイルフリー プチプラ おすすめ 使い方ジェルを顔全体にのせたら、両手の指先を使って軽くマッサージするようなイメージで、肌になじませていきます。
内側から外側に向かって円を描くように、顔全体のメイクがクレンジングジェルとなじむまで行いましょう。

⑤ すすぎはぬるま湯で丁寧に行う
クレンジングジェル ランキング オイルフリー プチプラ おすすめ 使い方ぬるま湯を少しずつなじませながら丁寧に洗い流します。

3.マツエク中のクレンジングジェルについて

クレンジングジェル ランキング オイルフリー プチプラ おすすめ 使い方クレンジングジェルをお探しの方の中には、まつげエクステ(マツエク)をつけているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでこの章では、マツエク派の方にお伝えしたいクレンジング選びのポイントや、マツエクをつけているときのクレンジングのポイントなどをご紹介します。

3‐1.マツエク中のクレンジング【選び方】

一般的に、マツエクのグルーはオイルに弱いので、「オイルフリー」「マツエクOK」の表示があるクレンジングジェルを選びましょう。
ただしグルーの種類にもよりますので、どんなクレンジング料を使うべきか、アイリストさんに確認しておくことをおすすめします。

3‐2.マツエク中のクレンジング【使い方】

マツエクをつけているときは、いつも以上に丁寧なクレンジングを心がけましょう。

①指でまぶたの上から下に向かってクレンジングをなじませる
クレンジングジェル ランキング オイルフリー プチプラ おすすめ 使い方②下まぶたも同様に落とす

③オフしきれていない細かい部分を、綿棒などで落とす
クレンジングジェル ランキング オイルフリー プチプラ おすすめ 使い方④洗い流すときはこすらず、顔にお湯をかけるイメージですすぎましょう。

★マツエクを長持ちさせるコツをもっと知りたい方は、こちらの記事もご覧ください!

4.クレンジングジェルの仕組み

ジェルタイプに限らず、クレンジング料はメイクを落とす仕組みによって、主に「界面活性剤で落とすタイプ」と「油性成分で落とすタイプ」の2種類に分けることができます。
クレンジングジェルはどちらのタイプなのか、それぞれにどのような成分が配合されているか、どのような特徴があるかなどをご説明します。

4-1.界面活性剤で落とすタイプ

クレンジングジェル ランキング オイルフリー プチプラ おすすめ 使い方一般的なクレンジングジェルの多くがこちらのタイプです。
全成分の大部分は、界面活性剤とそれを溶かしておく水性成分。界面活性剤が油を包み込む性質を利用して、メイク汚れを落とす中心的な役割を果たしています。

オイルではなく界面活性剤でメイクを落とすので、油性成分が含まれていることはまれですが、まつげエクステ(マツエク)をつけている方は、念のため「オイルフリー」と表記のあるクレンジングジェルを選ぶようにしましょう。

4‐2.油性成分で落とすタイプ

クレンジングジェル ランキング オイルフリー プチプラ おすすめ 使い方もう一つは、「界面活性剤」ではなく「油性成分」でメイクを落とすタイプです。
ここでいう「油性成分」とは、ミネラルオイルやエチルヘキサン酸セチル、トリエチルヘキサノインなどを指し、一般的にこのタイプを採用しているクレンジングジェルはあまりありません。

「油は油で落とす」という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?このタイプは、その性質を利用したものです。

例えばクレンジングオイルは、わかりやすく「オイル」が主成分になっているタイプのクレンジングです。
それ以外にも、クレンジングクリームやクレンジングミルクにもよく見られます。

5.クレンジングジェル まとめ

男ウケ メイク TOP肌らぶ編集部おすすめのクレンジングジェルや使い方のポイント、クレンジングジェルの成分についてなどをご紹介しました。

みずみずしい使い心地が魅力的なクレンジングジェルは、オイルフリーのものを選べばマツエク中の方にも便利です。
しっかりと自分に合ったクレンジングを見つけて、メイクもクレンジングも楽しみましょう。