2018年9月3日 更新
【PR】

そばかすの2つのタイプとは?原因とすぐに始められる簡単な対策!

そばかす 原因 TOP子どもの頃からそばかすが気になる方も、大人になってから気になり始めたという方も、ご自身にそばかすができた原因はなんなのか、気になりますよね?

そばかすは、子どもによく見られるものと、大人になってできるもので、原因が異なると考えられています。

今回は、そばかすを気にしている女性のために、そばかすの原因や対策、日常で気を付けるべきことなどをご紹介します。
そばかすを増やさないためにも、早めに対策をしていきましょう。



1.そばかすができる主な原因

そばかすの主な原因は、子どもによく見られる「そばかす」と、大人になってからできる「そばかす」で異なると考えられています。

1-1.子どもにできるそばかす

そばかす 原因 子供 消す 対策 シミ 違い子どもにできる「そばかす」の主な原因は、両親から受け継いだ体質によるものが大きいと考えられています。

「そばかす」自体を受け継ぐわけではなく、「そばかす」ができやすい体質を受け継いでいると言われています。

思春期には気にしがちな「そばかす」ですが、大人になると逆にチャームポイントと捉えて、それを活かしたようなメイクやスタイルを楽しむ方も多いようですね。

1-2.大人になってできるそばかす

大人になって気になり始める「そばかす」は、「シミ」と同じように、主に日焼けや生活習慣が原因だと考えられています。

3つのポイントから「そばかす」の原因についてチェックしてみましょう。

① 日焼けとそばかすの関係

そばかす 原因 子供 消す 対策 シミ 違い日焼けをすると、肌内部でメラニン色素が生成され、「そばかす」ができてしまうことがあります。

紫外線の刺激によって肌内部で多く生成されたメラニン色素は、通常は古い角質とともに自然に排出されます。
しかし、生成されたメラニン色素の排出が間に合わなくなると、肌内部に色素が蓄積されていきます。
そして肌内部の色素が過剰になると、私たちの目に見える色素沈着の一種、いわゆる「シミ」や「そばかす」となってあらわれるのです。

そばかすが増えれば、より目立つような気がして、いっそう気になりやすくなりますよね。

浴びてしまった紫外線はなかったことにはできないので、あらかじめ対策しておくことがたいせつです。

② 肌の負担になるスキンケア

そばかす 原因 子供 消す 対策 シミ 違い

大人になって気になり始める「そばかす」や「シミ」の原因に、ふだんの何気ないスキンケア方法が関係していることがあります。

間違った洗顔の仕方や、強い摩擦による刺激、肌と合っていない化粧品を使用することが肌の負担になり、「そばかす」を招く原因になることがあるのです。

メラニン色素は、日焼けだけでなく摩擦や化粧品による負担によっても生成されることがあるからです。

顔の皮膚は体の他の部分の皮膚より薄いので、とてもデリケートです。
その分、丁寧にいたわりながらお手入れをする必要があるのです。

③ 生活習慣とそばかすの関係

そばかす 原因 子供 消す 対策 シミ 違い生活習慣が原因となって、「そばかす」ができやすい肌コンディションになってしまうことがあります。

・睡眠不足

虫刺され 跡あえて言うまでもないかもしれませんが、睡眠不足は、健康のためにもよくないですし、肌の負担になることがあります。

たいせつな肌をすこやかに保ち、日々育むには、質のよい十分な睡眠が必要ですので、睡眠不足に気をつけましょう。

・栄養不足

そばかす 原因 子供 消す 対策 シミ 違い体内に取り込む栄養も、肌をすこやかに保つためには重要です。

栄養が偏ったり、不足したりしないよう、バランスの良い食事を心がけることも大切です。

・精神的なストレス、疲労

そばかす 原因 子供 消す 対策 シミ 違いストレスや疲労が、肌のコンディションを乱している原因のこともあります。

肌のすこやかさは、体全体の健康にも影響を受けますので、生活習慣に気をつけることも大事です。

疲れやストレスはため込まず、こまめに解消しましょう。

2.そばかすを隠したい!

そばかす 原因 メイクチャーミングで個性を表現してくれる「そばかす」ですが、隠したい時もあるかもしれませんね。
そんな時は、カバー力のある化粧下地やファンデーション、コンシーラーを使ったメイクで、肌の色ムラを整え、目立ちにくくしましょう。

★シミ・そばかすを隠すメイク方法を詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください★
【必見】シミそばかすはメイクで隠す!おすすめアイテムとテクはこれ

【肌らぶ編集部おすすめファンデーション】

ドラッグストアなどで気軽に購入できて、1,000円(税抜)以下のプチプラファンデーションです。参考にしてみてくださいね。

セザンヌ ウルトラ カバー UVファンデーションII
セザンヌ ウルトラ カバー UVファンデーションII詳細をチェック!

SPF35・PA++で紫外線対策もしながら、気になる肌悩みをカバーしてくれるパウダーファンデーション

細かなパウダーが光を乱反射させ、くすみのない素肌感を演出してくれます。

汗や皮脂によるメイク崩れが気になる方にもおすすめ。

サラサラの使い心地なのに、うるおい成分がスクワラン・キトサン・テンニンカエキス・ハイビスカスエキスと4種類も配合されているのもうれしいポイント。

詳細をチェック!

3.普段からできるそばかす対策5選

では、いよいよ、大人の女性の多くが気になる「そばかす」や「シミ」を防ぐために、自分でできる対策5選をご紹介します。

1.日焼け対策
2.丁寧なクレンジング・洗顔
3.美白*化粧品を使う
4.古い角質のお手入れ
5.生活習慣の改善

*メラニンの生成を抑え、(日焼けによる)シミ・そばかすを防ぐ

3-1.日焼け対策

そばかす 原因 子供 消す 対策 シミ 違い毎日の日焼け対策はとても大切です。日焼け対策は夏だけ、冬や家の中であれば、「すっぴんでも平気」なんて思っていませんか?

・季節や天気による紫外線量

紫外線は夏や晴れているときだけのものと思われがちですが、1年中降り注いでいます。

6月・7月は紫外線が多い時期と言われていますが、実は3月くらいから、屋外で長時間過ごすと日焼けする程度の紫外線量が降り注いでいると言われています。
加えて、量は少ないにしても、12月・1月といった真冬でも油断はできません。

また、屋内でも窓ガラスを通り抜けて紫外線は入り込んできますし、日陰で直接日光が当たらない場所でも、空気中で反射した紫外線の影響を少なからず受けると考えられています。

さらに、天気がくもりだからといって、日焼け対策をしない方も多いかもしれませんが、くもりでも紫外線は快晴時の50~60%はあるとされています。

屋内でも、肌を無防備な状態にはせず、日焼け止めなどで日焼け対策をするようにしましょう。

・日焼け対策グッズ使用の注意点

① 日焼け止め

そばかす 原因 子供 消す 対策 シミ 違い日焼け止めは、汗などで流れやすいとされているので、屋外では2時間程度で塗り直すように心がけましょう。

日焼けしやすい場所(顔の中でも高くなっている、鼻、頬骨、おでこ)には重ねて塗るのがおすすめです。

【肌らぶ編集部員がおすすめ日焼け止め】

今回は、SPF50、PA++++で日焼けをしっかり防ぎながら、肌にうるおいを与える日焼け止めをピックアップしてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

【PR】
POLA B.A プロテクター
POLA B.AプロテクターPOLA B.Aプロテクター詳細をチェック!

POLA最高峰のエイジングケア*ブランドB.Aのエイジングケアができる日焼け止めクリームです。

SPF50、PA++++。ポーラ独自の保湿成分「ゴールデンLP」「EGクリアエキス」「YACエキス」を配合。日焼けを防ぎながら肌にうるおいを与え、自然なツヤをまとった美しい肌を演出します。さわやかなフローラルウッディの香りは、一日の始まりに使うにふさわしいフレグランス。

ジェルとクリーム、両方の魅力を合わせ持つみずみずしいテクスチャー。心地よい感触のクリームは、1本もっているだけでオールシーズン快適に使えます。
*年齢に応じたうるおいのお手入れ

詳細をチェック!

② 日傘

そばかす 原因 子供 消す 対策 シミ 違い日傘のUV加工は、時が経つにつれて劣化すると言われています。

古くなったら買い替えたり、UV加工スプレーを吹きかけたりすることをおすすめします。

③ サングラス

紫外線対策意外に知られていませんが、長時間目から紫外線が入ると、日焼けする可能性があると言われています。

長時間屋外にいる場合や、海や山などに行く際は、UV加工されたレンズのサングラスをかけることをおすすめします。

屋外でお仕事をされている方や、アウトドアを好む方は、普段からしっかり紫外線対策をしてください。

3-2.丁寧なクレンジング・洗顔

日常生活での「そばかす」対策として、スキンケアの基本であるクレンジングや洗顔は大切なことです。

基礎化粧品や、日焼け止めなど使う上で、その魅力を実感するためにも丁寧なクレンジングや洗顔を意識しましょう。

・クレンジングのポイント

① 適量を守る

そばかす 原因 子供 消す 対策 シミ 違いお使いのクレンジングの説明書を確認し、適量を守りましょう。少なすぎると、メイクとのなじみが悪くなり、肌をこすって負担を与えてしまう可能性があります。

② 指の腹を使ってなじませる

そばかす 原因 子供 消す 対策 シミ 違い顔の中でも油分の多い、Tゾーン→Uゾーンの順になじませていきます。指の腹を使ってやさしい力加減でなじませます。

③ ぬるま湯を使う

そばかす 原因 子供 消す 対策 シミ 違いクレンジングはぬるま湯で洗い流しましょう。熱いお湯は皮脂を落としすぎてしまう可能性があり、冷たすぎる水では、クレンジングの油分が落ちにくくなることがあります。

④ すぐに洗い流す

クレンジングに時間をかけ過ぎると、肌に必要な油分まで奪いやすくなります。

・洗顔のポイント

① 手を清潔に

そばかす 原因 子供 消す 対策 シミ 違い洗顔の前に手を洗わないと、手についた油分や汚れをそのまま顔に広げてしまいかねません。

手についた汚れは、肌荒れの原因となることがあると言われています。まずはしっかりと手を洗いましょう。

② 洗顔料はよく泡立てる

そばかす 原因 子供 消す 対策 シミ 違い洗顔料は、密度の濃い、きめの細かい泡になるように泡立てます。

このとき、泡立て用のスポンジなどを使うことで、泡を簡単に作りやすくなります。きめの細かい泡がクッションとなり、肌の摩擦が抑えられます。

③ Tゾーンから洗う

そばかす 原因 子供 消す 対策 シミ 違い洗い始めは、顔の中でも油分の多い額と鼻のTゾーンから洗い始めます。

肌の油分の少ない目元・口元は最後に洗うようにしましょう。

④ 時間を置かずに洗い流す

そばかす 原因 子供 消す 対策 シミ 違い30秒から1分程度で、なるべく手早くぬるま湯で洗顔料を洗い流します。

時間をかけ過ぎると、肌の必要な油分まで洗い流してしまう可能性があると言われています。

3-3.美白*化粧品を使う

*メラニンの生成を抑え、(日焼けによる)シミ・そばかすを防ぐ

美白化粧品は、日常的に使うことでメラニンの生成を抑え、(日焼けによる)シミ・そばかすを防ぐことができます。毎日のお手入れにプラスして、美白ケアを行いましょう。

【肌らぶ編集部おすすめ美白美容液】

今回は、ベタつき感がなく、オールシーズン心地よく使える薬用美白美容液をピックアップしてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

【PR】
POLA ホワイトショットCXS(医薬部外品)

ホワイトショット詳細をチェック!

ポーラの最新の美白*研究が集結した美白スキンケアライン「ホワイトショット」から、2018年2月に発売された薬用美白美容液
メラノサイトに狙いを定めて、角質層のすみずみまで美白有効成分を届けます。

美白有効成分「ルシノール®」と「ビタミンC誘導体」をWで配合。
保湿成分として「マジョラムエキス」「クジンエキスクリア」「ショウキョウエキス」を配合。

さらりとしたテクスチャーで、ベタつき感もなく、オールシーズン使いやすいアイテムです。肌を引き締めながら、みずみずしいうるおい美肌へ導いてくれます。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

詳細をチェック!3-4.古い角質のお手入れ

塗るパックピーリング化粧品を使って肌表面に蓄積した古い角質を擦り落としたり、古い角質汚れを洗い流してくれる洗顔料を使って古い角質のお手入れをすることもおすすめです。
定期的に古い角質を洗い落とすことで、肌をやわらげて化粧品の美容成分を角質層に浸透させやすくしたり、古い角質によるくすみ対策をすることもできます。

古い角質を洗い流す洗顔を行う場合の注意点をご紹介します。

① タイミング

角質を洗い流す洗顔は、夜に行うと良いでしょう。

角質をお手入れした後の肌は、むきたてのたまごのようにデリケートで、敏感に傾きやすく、紫外線などの刺激が負担になりやすいからです。

② 頻度

角質のお手入れの頻度は、お使いの洗顔料によって異なります。

使用前に必ず推奨されている頻度を確認してみてください。
しかし、推奨されている頻度はあくまで目安ですので、睡眠不足などで肌の調子があまり良くないときには、無理に行わないようにしましょう。

③ アフターケア

角質をお手入れした後は、肌をしっかり保湿しましょう。

デリケートな肌を乾燥しやすい状態に置いていると、肌荒れなどを起こすこともあります。
肌にうるおいを与えて保湿することで、肌を保護し、すこやかに保ちましょう。

3-5.生活習慣の見直し

日焼け止め 日焼けしたくない偏った食生活や睡眠不足の生活を送っていると、ストレスが溜まり肌リズムが乱れることがあります。

そばかすを増やさないためにも、食事、睡眠、運動など、肌に良い生活を心がけていきましょう。

そばかす 原因 子供 消す 対策 シミ 違いバランスが良く、特にビタミンが不足しないような食事を心がけると良いでしょう。おすすめの栄養素は、ビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10などです。

それぞれの栄養素が含まれる食べ物の例をご紹介します。

① ビタミンC…ピーマン、パセリ、ブロッコリー、アセロラ、キウイ、など
② ビタミンE…もろへいや、カボチャ、アボガド、うなぎ、など
③ コエンザイムQ10…いわし、牛肉、ほうれん草、など

・睡眠のとり方

そばかす 原因 子供 消す 対策 シミ 違い質の良い睡眠を意識してとるようにしましょう。肌と深い関わりがあるのは、睡眠直後の約3時間だと言われています。

入眠後の約3時間に、深い睡眠をとることが重要です。

・適度な運動

そばかす 原因 子供 消す 対策 シミ 違い適度に体を動かし、汗をかくことも大切だとされています。運動によって血行がよくなることで、肌をすこやか保ち、そばかすを防ぐことにつながる場合もあるようです。
また、体を動かすことが、ストレスの解消につながり、睡眠の質をよくすることも期待できます。

運動は苦手という方は、ウォーキングやヨガなど、無理のないことから始めてみてください。

4.まとめ

そばかす 原因そばかすには、子どもの頃にできるものと、大人になってからできるものの、主に2つのタイプがあります。

どうしても隠したいそばかすには、カバー力のあるメイクアイテムで上手に対策しましょう。

そして大人の女性を悩ませるそばかすやシミの予防には、紫外線対策・丁寧なスキンケア・美白化粧品の使用・角質のお手入れ・生活習慣などのセルフケアが大事です。
日常の中で気をつけて対策していきましょう。

シミ・そばかすを防いで、肌をたいせつに育み、すこやかに保っていきましょう。