2017年11月6日 更新

クリスマスに向けて大注目!ラメマスカラでうるんだ目元を手に入れろ♡

ラメマスカラ

イルミネーションでキラキラと街が輝きだす冬。
そんな冬は、ラメマスカラでアイメイクもキラキラさせませんか?

ラメマスカラはまつ毛をキラキラさせるだけでなく、うるうる涙目っぽくも見せてくれるのだとか♡
冬はイベントが目白押し。大切なあの人とのデートも、ラメマスカラをつけて勝負しましょう!

今回はラメマスカラを使ったメイク方法や、肌らぶ編集部おすすめのプチプララメマスカラを大公開♪
お気に入りのラメマスカラを見つけて、キラキラメイクを試してみてくださいね。



1.ラメマスカラはこう使う!うるうる&キラキラEYEの作り方

まずはラメマスカラを使った、うるうる&キラキラEYEのメイクポイントをご紹介します。

①キラキラEYEは、毛先にラメマスカラを♡

イルミネーションのように輝くキラキラアイメイクのときは、まつ毛の中間から毛先部分全体にラメマスカラをつけましょう。

ラメマスカラは、まつ毛の根元から付けるとラメが目に入ったり当たって痛くなってしまうこともあるので、中間あたりから付けるようにしてくださいね。

ラメマスカラ

キラキラアイメイクは、友達とのイベントやパーティーにおすすめです!

②うるうるEYEは、ポイントでラメマスカラを♡

涙目のようなうるうるアイメイクのときは少し控えめに、ポイントでラメマスカラを使いましょう。
とくに目じりや下まつ毛など、涙が流れていきやすい部分につけるのがポイント。

ラメマスカラ

涙のしずくがまつ毛についているように見えて、うるんだ目元を演出できます♡
うるうるアイメイクは、大切な彼とのデートにもおすすめです!

③まぶた側からもラメマスカラを♡

上まつ毛にラメマスカラを塗るときは、下からまつ毛を持ち上げるように塗るのはもちろん、まぶた側からも塗ってあげましょう。

まぶた側からも塗ることで、目を閉じた時にもラメがキラキラと輝きます。

ラメマスカラ

④ラメマスカラは、いつものマスカラを塗ってから♡

ラメマスカラ

ラメマスカラは、ブラックやブラウンのマスカラを塗った上から使いましょう。

細いまつ毛には、キラキラのラメは少ししかつきません。でもせっかくラメマスカラを使うなら、ラメにも存在感が欲しいですよね?

そこで、最初にいつものマスカラでまつ毛にボリュームを与えておくことで、太くなったまつ毛にラメがたくさん絡まりやすくなります!

いつものマスカラとラメマスカラのダブル使いで、うるうる&キラキラEYEを作り上げましょう♪

⑤アイシャドウにラメは禁止♡

ラメマスカラ

ラメマスカラを使うときは、マットなものや少しパールが入っているものなど、ラメ入りではないアイシャドウを選びましょう。

ラメ入りのアイシャドウでまぶたをキラキラさせてしまうと、せっかくのまつ毛のキラキラが目立ちにくくなってしまいます・・・。

ラメマスカラのキラキラに注目してもらうためにも、アイシャドウにラメは禁止ですよ!

⇒おすすめラメなしアイシャドウはこちら

2.お気に入りを探せ!おすすめラメマスカラ3選&レビュー

これから大注目のコスメ『ラメマスカラ』。
みなさんも欲しくなってきたのではないですか?

こちらでは肌らぶ編集部がおすすめするラメマスカラを3つご紹介します!
最後に3商品それぞれ使ってみたレビューもご紹介するので、お気に入りの1品を見つけてくださいね♡

2-1.おすすめラメマスカラ3選

たくさんあるラメマスカラの中から、今回は肌らぶ編集部がおすすめする3アイテムをご紹介します!
全てが1,000円以下の、プチプラ価格のものばかり♡気軽に試してみてください!

キャンメイク トゥインクル リトルティアーズ

キャンメイク価格:600円(税抜)
全1色

『つける涙』をコンセプトに作られた、キャンメイクのラメマスカラです。
下まつ毛用に作られた、小さなブラシがポイント!下まつ毛や目じりだけのように、部分的にラメをのせやすくなっています。
もちろん上まつ毛下まつ毛全体に使ってもOK♪たっぷりラメが入っているので、キラキラまつ毛も簡単にできますよ。

ラメマスカラ 公式HPはこちら

dodo ラメ2ウェイズ マスカラプラスライナー

dodo価格:760円(税抜)
全2色

ラメマスカラとラメアイライナーが1つになった、dodoの『マスカラプラスライナー』です。
マスカラブラシの先についた細い筆は、アイラインを引くのはもちろん、まつ毛にポイントでラメを足したい時にも便利です。
ぎっしり詰まった細かいラメが、まつ毛をキラキラに彩ってくれますよ♡

ラメマスカラ 公式HPはこちら

オメダチ グリッターマスカラ

オメダチ価格:980円(税抜)
全3色

ざくざくと大きなラメで、『オメダチ(お目立ち)』メイクができるラメマスカラです。
まつ毛にぴったりと密着してラメが落ちにくいのに、メイクオフはお湯で簡単にするん。眉毛や髪の毛先にも使えるアイテムです。
キラキララメメイクで誰より目立ちたい方におすすめ♡

ラメマスカラ公式HPはこちら

2-2.おすすめラメマスカラ3種比較!お好みはどれ?

ラメマスカラ

先ほどご紹介したおすすめラメマスカラ3商品を、実際に肌らぶ編集部で試してみたところ、同じラメマスカラでもそれぞれ特徴がありました!

こちらでは「キャンメイク」「dodo」「オメダチ」の3種類のラメマスカラを、ブラシの形・ラメの大きさ・ラメの付き具合の3つで比較してみました。

自分の理想に近いラメマスカラを見つける参考にしてくださいね♡

①ブラシ比較

ラメマスカラ

「キャンメイク」と「オメダチ」は、どちらも大きさや形はほとんど同じでした。一般的なマスカラのブラシと比べて1/2から1/3の、小さめのスクリューブラシ。

全体的にラメをつけたいときはもちろん、下まつ毛だけや部分的にラメをのせたい時にも使いやすい形と大きさです!

一方「dodo」はマスカラブラシの先に細いアイライナーブラシがついた、独特の形状。

ゴム製のマスカラブラシはまつ毛1本1本に絡まりやすく、アイライナーブラシは、ラインを入れるだけでなくたっぷりまつ毛にラメをのせたい時にも使えます。

まつ毛全体をキラキラさせたいときはマスカラブラシで、ポイントでキラキラさせたいときはアイライナーブラシでラメをのせるという使い分けがおすすめです!

②ラメの大きさ比較

ラメマスカラ

ラメの大きさには、それぞれ特徴が表れていました!

1番ラメが細かかったのは「dodo」。また他の2つと比べて、少し白っぽく明るいシルバーラメでした。

「dodo」よりも1周り大きなラメなのが「キャンメイク」。ラメが大きな分、1つぶ1つぶが光をたくさん反射します。

そして「オメダチ」は、「キャンメイク」と同じくらいの大きさのラメと、さらにもう1周り大きなラメの2種類が混ざっていました!大きなラメには存在感があります。

 ③ラメの付き具合比較

ラメマスカラ

1番びっしりとラメが付きやすかったのは「dodo」でした。ラメが細かい分まつ毛に絡まって付きやすく、明るくキラキラと輝きます。

「キャンメイク」は「dodo」より少し控えめ。付ける涙というコンセプトのとおり、ポイントでキラキラと光り、うるうるとした目元を作るのにピッタリです。

「オメダチ」は、まつ毛に絡むラメの数は「dodo」ほどではないものの、大きなラメが存在感抜群!付け方によってキラキラもうるうるも作りやすそうなラメマスカラです。

3.ラメマスカラはシルバーだけじゃない!

ここまでは王道、シルバーのラメマスカラをご紹介してきましたが、実はラメマスカラにはさまざまなカラーのものが販売されています。

カラーラメマスカラを使用することで、まつ毛をキラキラさせるだけじゃなく、季節や気分に合わせたカラーメイクを取り入れることができます♪
いろんなカラーのラメマスカラで、キラキラメイクを楽しんでくださいね!

こちらでは、さまざまな色が揃うカラーマスカラをご紹介します。

Dear Laura ツヤ キラ カラーラメマスカラ

ラメマスカラ価格:各1,200円(税抜)
色展開:ゴールド・レッド・モーブ・ネイビーグレー

わくわくしたい日のゴールド・ドキドキしたい日のレッドなど、ユニークな色が揃うカラーラメマスカラです。
ブラシは、細かく塗りやすいコームタイプ。たっぷり入ったパールやラメが、うるんだ目元を演出します。
お湯でオフできるラメマスカラなので、マツエクにも使えるのが嬉しいポイント♡

公式HPはこちら

4.ラメマスカラは手作りできる!?

まつ毛をキラキラさせてくれるラメマスカラ、実は手作りもできるのです!

市販の透明マスカラやカラーマスカラに、ラメやグリッターを入れてませるだけ。
ラメやグリッターの大きさや量を自分で調整できるので、自分好みのラメマスカラを作ることができるでしょう。

※化粧品を手作りする際は、手指を消毒して清潔にするなど衛生管理にご注意ください。
また、手作り化粧品を使用して肌に異変を感じた場合は、すぐに使用を中止してください。

5.まとめ

今回は、うるんだ目元やキラキラ華やかなメイクができる『ラメマスカラ』をご紹介しました。

いつものメイクにプラスするだけの簡単アイテム。プチプラでもたくさん販売されているので、気軽に試して欲しいコスメのひとつです!

イルミネーションなどで輝き始める冬。この季節に合わせて、ラメマスカラで輝く目元を手に入れてくださいね♡