2018年12月6日 更新

【毛穴撫子】お米みたいなツヤ肌に♡新作《お米のパック》を今すぐチェック!

毛穴撫子 お米のパック《お米のマスク》の人気も記憶に新しい、石澤研究所から発売されているプチプラスキンケアシリーズ 毛穴撫子(けあななでしこ)。

そんな毛穴撫子から、この冬待望の新商品が発売されました!
その名も《お米のパック》

発売前からSNS等でも話題となっており、その注目度の高さがうかがえます。
今回はこの《お米のパック》を肌らぶ編集部でもお試しさせていただきました!製品情報や、実際に試したレビューをご紹介します。


1.毛穴撫子 お米のパック|製品情報

毛穴撫子 お米のパック<2018年12月5日発売>

毛穴撫子 お米のパック毛穴撫子 お米のパック 口コミ お米のマスク パック価格:170g 1,250円(税抜)

4種の国産米由来成分(ライスセラム®*)を配合した、洗い流すタイプのパックです。
炊きたてのご飯のようにまっ白なパックを塗って5分後にぬるま湯で洗い流すことで、キメの整ったなめらかな肌に導きます。

*すべて保湿成分:コメ発酵液、コメヌカ油、コメヌカスフィンゴ糖脂質、コメヌカエキス
ライスセラム®は株式会社石澤研究所の登録商標です。

毛穴撫子 お米のパック 口コミ お米のマスク パック

【毛穴撫子 お米のシリーズとは?】

毛穴撫子 お米のパック お米のマスク「毛穴撫子 お米のシリーズ」は、その名の通りお米由来の成分を配合しているのが特徴。
国産米由来の保湿成分「ライスセラム®」を配合し、うるおいのあるすべすべ肌に導きます。

中でも2015年11月18日に発売された《お米のマスク》は、プチプラシートマスクとして大人気!
その他にも化粧水やクリームなどのラインナップがあります。
詳細をチェック!

2.毛穴撫子 お米のパック|レビュー&使い方

毛穴撫子 お米のパックそれでは、毛穴撫子の《お米のパック》を実際に編集部で試してみたレビューを、使い方を交えながらご紹介します!

【毛穴撫子 お米のパック】使うタイミング

《お米のパック》を使うのは洗顔後。
顔の水気をかるく拭き取ってから使用します。

【毛穴撫子 お米のパック】レビュー&使い方

毛穴撫子 お米のパック見た目はまさに炊きたてのお米!

肌に広げると「お米っぽさ」がより際立ちます。粒感のある見た目もテクスチャーも、まるでおかゆのよう…。

顔全体に広げて5分ほど置き、その後ぬるま湯でしっかりすすぎます。

毛穴撫子 お米のパック「おっ!」と思ったのは、すすいでいるときからすべすべの肌触りを実感したこと。

すすぎ終わって水気をオフした後の肌は、キメが整ったのかふわっとなめらかな触り心地。

鏡を見てみるとツヤが出たようにも見えました。もちろん、すすいでいたときのすべすべ感も健在です!

毛穴撫子 お米のパック洗い流すパックならではのさっぱりとした使用感はありながらも、仕上がりはすべらかで肌触りの良い肌に。

使い方も簡単なので、いつものお手入れへ気軽にプラスできそうです♪

ちなみに、顔に塗った後の待ち時間に部屋を移動したりしましたが、特に垂れてくるということもありませんでした。時短ケアにも便利ではないでしょうか♡

毛穴撫子 お米のパックそして、最後にお伝えしたいのが使う量について。

実は初めて使ったとき、このパックの魅力がそこまでピンとこなかったのですが…。どうやら使用量が少なすぎたのが原因のようでした。

パッケージには使用量の目安が書かれていませんが、1パック(170g)で約10回分とのこと。それを考えると、1回分の目安がイメージしやすいかと思います。

毛穴撫子 お米のパックその失敗を活かして2回目以降はしっかり量を取るようにしたところ、使用後の肌触りがだいぶ変わりました。

実際に使用する際は、肌をしっかり覆える量を使用することを意識してみてくださいね。

3.毛穴撫子 お米のパック|まとめ

毛穴撫子 お米のパック毛穴撫子から新たに登場した《お米のパック》について、製品情報や編集部で実際に試したレビューなどをご紹介してきました。

《お米のマスク》も大ヒットしたシリーズの新作ということもあり、こちらも人気になること間違いなし!

気軽に購入できる価格も魅力的なので、すでに毛穴撫子シリーズを愛用中の方もそうでない方も、ぜひ一度試してみてくださいね♡

毛穴撫子 お米のパック 口コミ お米のマスク パック