2017年12月12日 更新

【必見】目の下のしわが気になる方へ!予防対策&おすすめ化粧品

目の下 しわ「目の下のしわをなんとかしたい!」と、お悩みではありませんか?

目の下の乾燥小じわは、できる前から目元の乾燥を防ぐお手入れを続け、すこやかな肌を保つことが大切です。

ここでは、目の下の乾燥小じわの原因と、乾燥による小じわをできにくくするための対策をお伝えします。

また、乾燥小じわを防ぐためにおすすめの目元用保湿化粧品などもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。




1.目の下のしわの主な原因

目の下 しわ 原因 対策目の下のしわにお悩みの方は多いですが、今回は、その中でも目の下の乾燥による小じわについてご紹介します。

「乾燥」が原因の目の下のしわは、比較的しわが浅くて細かく、「ちりめんじわ」と呼ばれることもあります。

このしわは、肌のうるおい不足が原因でできるため、お風呂上がりやスキンケアをした直後には目立ちにくいのが特徴です。

目の下は、顔の中でも比較的皮膚が薄い部分であり、皮脂腺が少なく乾燥しやすいため、うるおい不足による乾燥小ジワができやすいと考えられています。

そのため、日頃から保湿を意識したお手入れと、目元にフォーカスした化粧品を使ったお手入れをすると良いでしょう。

2.目の下の乾燥小じわを予防するための心がけ

目の下の乾燥小じわをできにくくするためには、普段から目元の皮膚に負担をかけないように意識することが大切です。

ここでは、日常生活で意識しておきたいポイントをお伝えします。

2-1.目を強くこすったり引っ張ったりしないように意識する

目元 こする 摩擦  目の下 しわ
目元の皮膚は私たちが思っているよりデリケート。目をこすったり、汗や水分を乾いたタオルでゴシゴシと拭いたりするだけでも摩擦となり、負担が生じます。

目元を無意識にこすることや、コンタクトレンズの装着などで引っ張る機会の多い人も、目元の皮膚に負担をかけてしまうことがあるため日頃から丁寧に目元のケアをしましょう。

2-2.アイメイクリムーバーを使用する

コットンパック 目の下 しわ アイメイクシムーバー

落ちにくいアイメイクは、アイメイクリムーバーなどのポイントメイクリムーバーを使ってクレンジングすることをおすすめします。

目元の薄い皮膚は、毎日のメイクを落とすことでも負担がかかりやすい繊細な部位です。

アイメイクアイテムは、にじみ対策のために汗や皮脂で落ちにくいつくりになっているものが多いため、クレンジングのときにもついつい余計な力を加えがちです。

特に、ウォータープルーフのマスカラやアイライナーをオフするときには、目の下にも余分な力が加わりやすくなります。

落ちにくいアイメイクは、ポイントリムーバーを使い、丁寧に落としましょう。

2-3.日頃から日焼け対策をする

手の甲 シミ 目の下 しわ目の下の繊細な皮膚が、紫外線の影響を過剰に受けぬよう、日焼け対策をしっかり行って肌を保護しましょう。

紫外線を過剰に浴びることは、肌のうるおい不足だけではなく、ハリ不足も招くことがあるといわれています。

そのため、目の下までしっかり日焼け止めを塗るのがおすすめです。よく伸びて肌になじみやすいテクスチャーのものを選ぶと良いでしょう。

3.乾燥による小じわが気になる方へ|おすすめの目元用保湿化粧品

眉毛 生えない

先の章でもお伝えした通り、肌は乾燥するとハリを失いやすくなるといわれているため、日々のお手入れで、目元の肌を意識的に保湿することが大切です。

繊細で乾燥しやすい目元の肌にはアイクリームなど目元用の保湿化粧品などをプラスし、うるおいを与えながら乾燥小じわを防ぐお手入れをしましょう。

今回ご紹介するアイテムは、第三者機関で実施している「効能評価試験」で効能評価試験済みの目元用保湿化粧品です。
複数の保湿成分が配合されており、うるおいを感じられるものを選びました。ぜひ参考にしてみてください。

アテニア アイ エクストラ セラム

アテニア アイエクストラセラム 目の下 しわ

伸びのよいテクスチャーで、ぴたっと密着!乾燥による小じわを防ぐお手入れのできるアイセラムです。「セイヨウキズタエキス」や「コメヌカ油」の保湿成分を配合し、目の下の肌にうるおいとハリを与えます。
デイリー使いしやすい、価格も魅力的です。
ほのかに香るローズマリー・ゼラニウム・オレンジのアロマの香りで、気分の上がるお手入れタイムを過ごせそうです。

公式HPはこちら

PG2 アイトリートメント

PG2トリートメント 目の下 しわ

肌が敏感になりやすい方・乾燥しやすい方におすめの、濃密アイクリームです。
保湿成分「フラーレン」「プロテオグリカン」「セラミド」「ヒアルロン酸」を配合。みずみずしく伸びながら肌の角質層までうるおいを与え、弾むようなハリを期待させる使い心地です。
べたつき感がなく、さらりとしたテクスチャーで、オールシーズン使いやすいアイテムでしょう。目元のメイク下地代わりに使えるのもポイントです。

公式HPはこちら

肌潤改善アイクリーム(医薬部外品)

肌潤改善アイクリーム<医薬部外品> 目の下 しわ

乾燥による小じわやハリなどが気になる、目元を集中的に保湿できるアイクリームです。
有効成分「ライスパワーNo.11」配合。独自の高密封ラッピングヴェールという方法で、保湿成分「スクワラン」や「発酵ヒアルロン酸」のうるおいを長時間キープ!
肌にのばすと溶け込むようになじみ、すーっと角質層まで浸透してうるおいを与えます。
毎日のお手入れで、うるおいのあるふっくらとした目元印象に導きます。

公式HPはこちら

4.目の下のしわを目立ちにくくするメイクポイント

目の下 しわ 対策 隠す

ここでは、目の下のしわを目立ちにくくするメイクのポイントを2つお伝えします。

4-1.シリコン入り化粧下地で肌の凹凸をフラットに見せる

シワ しわ 対策 原因 消したい 消す 皮膚科 治療 レーザー ほうれい線 ファンデーションを塗る前に使用するメイクアップベース(化粧下地)は、シリコンの入ったものを使うことをおすすめします。

シリコンの入ったメイクアップベースは、肌の凹凸に密着することで肌表面をなめらかに整えると言われています。
そのため、目の下のしわなど気になる部分に使うことで、フラットに見せることが期待できるのです。

また、肌の表面を整えることで、その後に使うファンデーションののりやメイクの持ちがよくなります。

4-2.目元のファンデーションは薄く仕上げる

目の下 しわ 対策 隠す

メイクの時、目元のファンデーションは、指やパフに残ったファンデーションで済ませるようにしましょう。

目元は顔の中でも運動が多い部分なので、ファンデーションがよれやすい場所だと言われています。

エイジングサインが気になる場所はカバーすることを意識してしっかりメイクしがちですが、薄く重ねて仕上げることが美しく見せるポイントです。

5.まとめ

目の下の乾燥小じわを未然に防ぐためには、できる前からしっかり保湿のお手入れをすることが大切です。

うるおいを与える目元のお手入れをして、若々しい目元の印象をキープしていきましょう。

若々しい肌印象を目指す!目元に革新の美容液
Atenir アテニア アイエクストラ セラムはこちら>>>

アテニア 目の下 しわ アイクリーム