2017年10月20日 更新

全身を美白*ケア!おすすめのお手入れ方法&アイテムとは?

*メラニンの生成を抑え、(日焼けによる)シミ・そばかすを防ぐ
全身 美白

「全身を美白したいけれど、どんなお手入れをしたらいいのかな?」「顔だけじゃなくて、からだも美白したいな…」とお悩みではありませんか?

全身を美白したいなら、美白に着目したアイテムを使用しながら生活習慣に気をつけ、じっくりとお手入れを続けていくことが大切です。

今回は、顔だけでなく、全身の美白を目指したい方におすすめのお手入れをご紹介いたします。



1.全身を美白*ケア!まずは日焼けを予防しよう!!

*メラニンの生成を抑え、(日焼けによる)シミ・そばかすを防ぐ
全身 美白 方法全身の美白ケアしたいなら、まずは日焼け対策が大切です。

日焼け止めを使うのはもちろん、サングラスや帽子、日傘、UV加工のされた衣類などを身に着けて、物理的に肌を保護するのもおすすめです。

また、日焼け止めは、皮脂や汗によって取れやすいため、紫外線からしっかりと肌を保護するには、こまめに塗り直すことが必要といわれています。

2~3時間に一度を目安に、塗り直すことをおすすめします!

【肌らぶ編集部おすすめ日焼け止め】
肌らぶ編集部がおすすめしたい日焼け止めの中から、紫外線対策と美白ケアが同時にできる日焼け止めで、公式オンラインショップで購入可能なものをご紹介します!

POLA ホワイティシモ UVブロック シールドホワイト(医薬部外品)
pola_uvSPF50・PA++++の、顔・からだの両方に使用できる、薬用日中用美白*美容液です。のびが良く、さらさらとしたつけ心地です。美白有効成分「ビタミンC誘導体」、保湿成分「ヒアルロン酸」を配合。

*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

公式HPはこちら

2.全身を美白*ケア!顔の美白をするためのポイント

*メラニンの生成を抑え、(日焼けによる)シミ・そばかすを防ぐ全身 美白 方法ここでは、顔の美白をするためのポイントと、おすすめのアイテムをご紹介します。

2-1.美白*化粧品を使用する

*メラニンの生成を抑え、(日焼けによる)シミ・そばかすを防ぐ
全身 美白 方法顔のお手入れには、医薬部外品の美白化粧品を使用したお手入れを行いましょう。

美白化粧品を使用することで、メラニンの生成を抑えて(日焼けによる)シミ・そばかすを防ぐことができます。

また、美白化粧品は、同じメーカーの同じブランド、同じシリーズのもので揃えて使用する「ライン使い」がおすすめです。

なぜなら、同じラインのアイテムには、同じ主成分が使われていることが多く、よりそのスキンケアシリーズの良さを実感しやすくなるからです。

【肌らぶ編集部おすすめおすすめ美白化粧品】
肌らぶ編集部がおすすめしたいブランドの中から、今回は、スキンケアの基礎アイテムが揃っていてライン使いしやすく、公式オンラインショップで購入可能なものをご紹介します!

POLA ホワイティシモ
ホワイティシモ<アイテム例>

・ホワイティシモ 薬用ローション ホワイト【医薬部外品】
・ホワイティシモ 薬用ミルク ホワイト【医薬部外品】
・ホワイティシモ 薬用クリーム ホワイト【医薬部外品】

ホワイティシモは、美白*も保湿もしっかりしたい大人のための、医薬部外品のスキンケアシリーズです。角質層全体に潤いを与え、化粧品が肌になじみやすい状態に整えます。POLAオリジナル保湿成分「トリプルブライトカプセル」配合です。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

公式HPはこちら

富士フイルム アスタリフトホワイト

アスタリフトホワイト<アイテム例>
・アスタリフト ホワイト ローション【医薬部外品】
・アスタリフト ホワイト エッセンスインフィルト【医薬部外品】
・アスタリフト ホワイト クリーム【医薬部外品】

美白*・ハリケアに着目したスキンケアシリーズ。基礎アイテムの化粧水・美容液・クリームは医薬部外品で、美白ケアができます。肌に潤いとハリを与えたい方におすすめ。美白成分「ナノAMA」や保湿成分「アスタキサンチン」「コラーゲン」配合。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

公式HPはこちら

2-2.SPF・PA表記のあるベースメイクを使用する

全身 美白 方法顔の美白*をしたい場合には、二重の日焼け対策として、ベースメイクアイテムをSPF・PA表記のあるものにすることもおすすめです。
*メラニンの生成を抑え、(日焼けによる)シミ・そばかすを防ぐ

日焼け止めを塗るだけでなく、ベースメイクでも日焼け対策のできるアイテムを重ねることで、物理的に厚みをつくり、紫外線から肌を保護することができます。

そのため、肌が直接受ける紫外線の影響を、少なくすることが期待できるのです。

ただし、厚く塗りすぎてしまうと化粧崩れの原因となり、崩れた部分から日焼けしやすくなってしまいます。

ベースメイクは良くなじませながら、薄めにつけるようにしましょう。

また、SPF・PA表記のあるフェイスパウダーで、化粧直しをすることもおすすめです。

【肌らぶ編集部おすすめアイテム】
肌らぶ編集部がおすすめしたいベースメイクアイテムの中から、肌の乾燥が気になる方でも使いやすい保湿成分配合のファンデーションで、公式オンラインショップで購入可能なものをご紹介します!

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール(医薬部外品)
マキアレイベル

SPF35・PA+++の、医薬部外品の美容液ファンデーションです。「コラーゲン」「ヒアルロン酸」等の保湿成分がたっぷり配合されています。気になる肌悩みを自然にカバーし、肌に透明感を演出します。
とてものびの良いテクスチャーで、軽いつけ心地が魅力です。

公式HPはこちら

3.全身を美白*ケア!からだの美白をするためのポイント

*メラニンの生成を抑え、(日焼けによる)シミ・そばかすを防ぐ

全身 美白 方法からだの美白したい場合には、からだ用の美白アイテムを使用することをおすすめします。

からだ用の美白アイテムは、顔に比べて面積の広い部分に伸ばしやすい、やわらかなテクスチャーであったり、背中などの手が届きにくい部分にも使いやすい工夫がされていたりと、からだへの使いやすさにこだわってつくられているものが多いからです。

自分の使いやすいものを選んで、毎日からだのお手入れを行ってみましょう!!

【肌らぶ編集部おすすめアイテム】
肌らぶ編集部がおすすめしたいからだ用の美白ケアアイテムの中から、今回は、価格が3,000円(税抜)以下で、公式オンラインショップで購入可なアイテムをご紹介します!

アユーラ ホワイトニング マルチシャワー(医薬部外品)
アユーラ ホワイトニングマルチシャワー

顔にもからだにも使用できる、医薬部外品の美白*ミストです。逆さにしても使えるミストタイプなので、背中などの手が届きにくい部分も、手軽にお手入れができます。シュッとふきかけるだけで肌にみずみずしいうるおいを与えてくれます。
*メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ

公式HPはこちら

ハウスオブローゼ ブランポート ボディホワイトニング エッセンスn(医薬部外品)
ハウスオブローゼ

ボディ用の美白*ケアライン「ブランポート」の薬用ボディ美白美容液です。美白有効成分ビタミンC誘導体、保湿成分ユキノシタエキス・ウメ果実エキス配合。さらりとなじみながら潤いを与え、肌をすこやかに保ちます。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

公式HPはこちら

4.全身を美白*したいときに意識すべきポイント

*メラニンの生成を抑え、(日焼けによる)シミ・そばかすを防ぐ
全身 美白 方法全身を美白したい方は、日ごろの生活習慣でも意識していただきたいポイントがあります。

生活習慣を見直すことで、全身の美白をサポートしましょう!!

4-1.栄養バランスの良い食生活を目指す

全身 美白 方法栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

肉や魚、野菜、フルーツなどから、美しい肌に必要なビタミンやタンパク質を摂りいれましょう。

すこやかな肌をつくるのに欠かせないといわれているのが「ビタミンA・C・E」です。
不足しないように日ごろから意識して摂ってくださいね。

【ビタミンを多く含む食材】

ビタミンA…にんじん、かぼちゃ、小松菜、ほうれん草、トマト 等

ビタミンC…レモン、いちご、パプリカ、ジャガイモ、カリフラワー 等

ビタミンE…アーモンド、玄米、うなぎ、たらこ、さんま 等

4-2.十分な睡眠を取る

全身 美白 方法全身の美白をしたい方は、十分な睡眠を取ることも大切です。

睡眠不足になると、肌に必要な栄養などが行き届きにくくなります。

また、血行も悪くなり、肌の調子が悪くなって、なんとなく肌がくすんで暗く見えるような状態が続いてしまうこともあります。

美容だけでなく健康のためにも、毎日6時間以上の睡眠をとることをおすすめします。

5.全身を美白*ケア!! まとめ

*メラニンの生成を抑え、(日焼けによる)シミ・そばかすを防ぐ
全身 美白 方法全身を美白*したい方におすすめのお手入れ方法とポイントをお伝えしましたが、いかがでしたか?

日焼け対策をしっかり行い、美白アイテムを使用して全身のお手入れを行うことで、シミ・そばかすを防ぐことがとても重要です。

毎日お手入れを継続し、輝くような印象のすこやかな肌を目指しましょう!!