メニューを開く
アスタリフト;

お疲れサイン!?青クマのお手入れ方法とメイクでの隠し方

青クマ寝不足や疲れがたまると出てくる青クマ。青クマを出やすくて困っている、何とかならないかな、と思っていませんか?

なぜ青クマがでてしまうのか、その原因とクマのお手入れ方法、そしてメイクで青クマを目立たなくさせるメイク方法を紹介します。


astalift
astalift

1 まずは確認!あなたは本当に青クマ?

まずは本当に自分が青クマかチェックしてみましょう。
クマ_確認方法
1 あっかんべーをして目の下の皮膚を下に引っ張る
2 鏡を持って上を向く

これを試して自分がどのタイプのクマか確認してみましょう。

青クマ
あっかんべーをする時のように、目の下の皮膚を下にひっぱったときに、クマの色が薄くなる

黒クマ
鏡を持って上を向いたときに、クマの色が薄くなる

茶クマ
青クマと茶クマの方法を両方試してもクマの色が薄くならない

どうでしたか?左側のイラストのように、目の下の皮膚を下に引っ張ってクマが薄くなれば青クマの可能性が高いです。

もし自分のクマが青クマでなかった場合、コチラの記事をご参照ください。
茶クマ→茶クマのお手入れ方法&隠し方とは!まずは自分のクマタイプをチェック!
黒クマ→黒クマを目立たなくさせるメイク方法と4つのお手入れ方法

2 青クマのお手入れ方法とは!

青クマの主な原因は血行が悪いことと言われています。
血行が悪くなると、皮膚が薄い目元は血行が滞ってるサインが出やすいため、青クマとなってしまっていることが考えられます。

どうすれば青クマをお手入れしていけるのでしょうか。

2-1 ホットタオルで目の周りを温める

目元の青クマに悩んだとき、手軽に試せるのがホットタオルです。
ホットタオルを目元に置いて、温めましょう。

市販のホットアイマスクを使っても良いですが、ホットタオルの作り方は簡単なのでまずは自分で作って試してみてはいかがでしょうか。

■ホットタオルの作り方

1 水で濡らしたタオルをゆるめに絞る
2 電子レンジで40秒〜1分ほど温める
3 適温になるまで冷ます

※やけどに注意。腕の内側にのせて少し熱いと思うくらいが適温です

2-2 身体全体の冷え対策をする

例えば、オフィスワークであればこまめに身体をほぐしてあげましょう。
また、夏でもオフィスが冷房で肌寒いと感じたらひざ掛けやカーディガンを羽織ったり温かいものを飲むなど、季節を問わず身体全体を温めていきましょう。

家ではお風呂のときは湯船につかる、食事に身体が温まるショウガやネギ、香辛料などを取り入れていくのもおすすめです。
もし時間に余裕があれば、軽い運動などもおすすめです。ストレッチだけでも身体が伸びて気持ちいいですよ。

2-3 目を適度に休める

keyboardパソコンやスマホの画面をずっと見ている方は、目に負担がかかっている可能性があります。

1時間作業をしたら5分目を休めたり、目薬を適度に使うなどして目をいたわりましょう。

また、瞬きを数回繰り返したり、強くまぶたを閉じて大きく目を開く、という動作を何セットか繰り返すだけでも目を休められます。
オフィスでずっと目を閉じていると怒られてしまう…という方もこの目の休め方ならできるのではないでしょうか。

2-4 健康的な生活サイクルを目指す

青クマの原因である血行の悪さは寝不足や心身の疲れ、ストレスや不規則な生活によるホルモンバランスの乱れによっても引き起こされます。
身体を温めるのと同時に健康的な生活を送るようにしましょう。

とはいえ、忙しいとそうしたくてもできない、という方がほとんどだと思います。
ですから自分のできるところから、少しずつ健康的な生活ができるよう心がけてみてください。

レトルト食品ばかりの食生活であれば和定食を取り入れてみる、寝るまでについつい見てしまうSNSの時間を少し早めに切り上げる、喫煙や飲酒の量を減らしていく…といったことであれば今の生活に取り入れやすいのではないでしょうか。

3 青クマをメイクで隠すには?

では、次はどのようにメイクで青クマを隠せばいいのかみていきましょう。

青クマはコンシーラーでしっかり隠すことができます!

3-1 青クマを隠すにはオレンジ系のコンシーラーがおすすめ

青クマをカバーするためには、オレンジ系のコンシーラーが適しています。

とはいえ、コンシーラーはカラー別で売っているものではありません。自分に合うコンシーラーが分からない場合は、あまり自分の肌色とかけ離れたものを選ぶことは避けましょう。
青クマ部分が薄くなり、逆に目立ってしまうかもしれません。

このとき、厚塗りはせず、クマの周辺に薄くコンシーラーを塗って、それを伸ばすようにしましょう。
厚ぼったく塗ってしまうと、メイク崩れが起こりやすくなります。

3-2 コンシーラーはリキッドか筆ペンタイプがおすすめ

目元の皮膚はとても薄くできているため、力を入れずに塗ることのできる、リキッドや筆タイプがおすすめです。

肌らぶ編集部おすすめのコンシーラーを紹介します。

■ポーラ ミュゼル アイゾーンコンシーラー
ミュゼル アイゾーンコンシーラー美容液タイプの目元用コンシーラーです。
メリッサエキス、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分も配合しており、肌にうるおいを与えます。
クリック

■ポーラ オーガ コンシーラー&ベール
オーガ コンシーラー&ベール目の下のクマを隠す薄いオレンジ色のコンシーラーと、毛穴や乾燥による小ジワを目立たなくさせ、さらっと仕上げてくれる補正料ベールのセットです。
コンシーラーは、ライト・ナチュラルの2色展開になっています。
クリック

※ファンデーションの種類でコンシーラーを使うタイミングが異なる!
コンシーラー ファンデーション 塗る順番コンシーラーは使うファンデーションの種類によって使うタイミングが前後します。

パウダーファンデーションはコンシーラーが先、リキッドファンデーションはコンシーラーを後に使用すると覚えておきましょう。
メイクの仕上がりに関わるので、ファンデーションに合ったタイミングでコンシーラーを使うようにしましょう。

4 まとめ

青クマのお手入れ方法、青クマをメイクで隠す方法をみてきましたが、いかがでしたか?
日々のお手入れをかかさずにおこなって、普段はコンシーラーを活用して青クマをうまく隠してしまいましょう。

生活サイクルや食生活などを見直す、身体を温めるなどで血行を良くするなど、できるところからおこなっていってくださいね。

この記事は2016年3月3日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る