メニューを開く
アスタリフト;

30代からのバストケア♡老けチチを防ぐ方法

バストケア
「なんだかバストにハリがない」「バストが下がってきた気がする・・・」と危機感をもっていませんか?

30代はお肌だけでなく、バストも曲がり角に差し掛かるお年頃です。
ケアを何もしないと、特に痩せたわけでもないのにバストだけしぼんで「老けチチ」になってしまうかも・・・

でも、「気づいた時」=「手遅れ」ではありません。
じつは脂肪分が増える30代のバストは柔らかく、動きやすいといわれているからです!
今回は、今日からできるバストケアの方法についてご紹介します。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1  どうして垂れるの?3つの原因とバストケアのポイント

そもそもなぜバストは年齢と共に下がり気味になり、いわゆる「老けチチ」になってしまうのでしょうか。主な原因を3つまとめました。

■乳腺の衰え
■バストを支える靭帯のダメージ
■大胸筋・小胸筋などバストの土台となる筋肉の不足

加齢と共に肌質が低下するように、ハリのあるバストをつくってくれる「乳腺」も放っておけば年齢と共に衰えてしまいます。
授乳後・卒乳後の女性は、特に乳腺が衰えてバストがしぼみやすくなるといわれています。

「バストを支える靭帯」は、重力や揺れなどの負担を長年受けることで伸びてしまったり、切れてしまうことがあります。
この靭帯は一度伸びてしまうと再生しないといわれているので、ここを保護することはとても大切なことです。

また、「大胸筋・小胸筋」など土台となる筋力が衰えてしまうと、バストは下がってきてしまいます。
バストを支える筋肉には、他にも肋骨と肋骨の間にある「肋間筋」や「菱形筋」などがあります。

バストケアのポイントは、靭帯にダメージを与えないように乳腺や筋肉のケアをすることです。次章では具体的なケア方法についてご説明します。

2 30代からするべき3つのバストケア

30代からするべきバストケアは、以下の3つです。

■乳腺の衰え防止にマッサージをする
■靭帯をサポートするために補正ブラジャーをつける
■筋肉を鍛えるエクササイズをする

順番に詳しくみていきましょう♪

①マッサージ

加齢や出産をきっかけに、乳腺が衰えてハリがなくなることはすでにお話しました。

乳腺の衰えを防ぐにはまず、生活習慣を整えて食事を丁寧にとることが必要です。
そのうえでマッサージをして血行を良くし、栄養素をきちんとバストへ届けましょう。

ここでは基本のバストマッサージの方法についてご紹介します。

《方法》
1. 手のひらで包み込み、下から上に持ち上げるようにさする

バストケア

2. 反対側の手で、丸みにそって円を描くようにマッサージする

バストケア

※マッサージはカラダが温まった、お風呂上がりにするのがおすすめです。
※バストを大きく揺らすと、靭帯を傷つけてしまうことがあるので気をつけてください。

マッサージをする際には、摩擦を減らすためにも必ずマッサージクリームを使うようにしてください。
専用クリームを使うと、プロがバストのために選んだ成分が配合されているのでおすすめです。

ここでは肌らぶ編集部おすすめのバスト専用クリームを2つご紹介します。

☆ボムバストクリーム リッチ

ボムバストクリーム リッチ
販売元:株式会社ピーチ・ジョン
価格:2,980円(+税)
【肌らぶ編集部コメント】
下着メーカーがつくったバストクリームです。コラーゲンやヒアルロン酸に加えて、ダイズエキスや豆乳発酵エキスなどの保湿成分が肌にハリを与えてくれます。
ピーチ・ジョンらしい濃厚でフェミニンな香りがマッサージタイムを華やかに彩ります。

☆ラ・シュシュ

ラ・シュシュ

販売元:株式会社イッティ
価格:8,149円(+税)
【肌らぶ編集部コメント】
ジェルのような伸びのクリームで、使い心地の良さも魅力の1つです。
ハスナゲ根エキスやセサフラッシュが肌にハリを与え、チガヤ根エキス・シルクエキスが潤いを与えて滑らかな肌を保ちます。
初月半額で購入できる定期購入コースもあります。※
※2016年5月現在

②補正ブラジャー

バストを支える靭帯の負担を減らすためにも、しっかりとホールドしてくれる補整ブラジャーをつけましょう。

補正ブラジャーは、カラダにきちんとフィットしたものを選ばなければ意味がありません。
女性のバストサイズは変わりやすいので小まめに採寸してサイズを確認するのがおすすめです。

今回はバストラインの崩れを防ぐシリーズの中から、肌らぶ編集部おすすめのデザイン性も重視されたアイテムをご紹介します。

☆ブラデリスニューヨーク
ブラデリスニューヨーク
販売元:ゴールドフラッグ株式会社
価格:商品により異なります
【肌らぶ編集部コメント】
お友達に見えても恥ずかしくない、オシャレでかわいいデザインが揃っています。矯正でも補正でもない、補って整えていくをコンセプトにした「補整下着」です。オンラインストアでの購入に関しては、カスタマーサポートを利用してメールや電話で下着のサイズ相談をすることができます。

③エクササイズ

バスト自体はほぼ脂肪ですが、それを支える土台は筋肉です。筋肉が衰えると、支えきれずにバストは下がってきてしまいます。
今回は、バストを上向きにするエクササイズをまとめました。
エクササイズは無理をせず、気持ち良いと感じる範囲で行ってください。

■合掌エクササイズ
1.背筋を伸ばし、バストの前で合掌する

バストケア

2.ゆっくりと息を吸い、吐き出すときに合掌した両手を押し合う

■肩甲骨エクササイズ
背中で両手のひらを合わせる。10秒数える

バストケア

おじぎエクササイズ
 両腕を背中で組み、腕を伸ばしたままお辞儀するように頭を下げる。10秒数える

バストケア

また、日常生活で「姿勢を良くする」「食べ物を30回以上噛む」ことを意識するだけでも自然とエクササイズができます。

3 気をつけて!妊婦さんのバストケア

バストケア

女性のバストは妊娠することで、約2サイズほどアップするといわれています。
その結果、急に大きくなった重みでバストが下がってしまったり、卒乳後に元のサイズに戻ってバストラインが崩れてしまうことがあります。

そうであれば、卒乳時を見越して妊婦の段階からバストケアをしたいと思いますね。

でも、少し待ってください。妊娠中のバストはとてもデリケートです。
妊娠期間や授乳期間中はマッサージやエクササイズは控えましょう。
どうしても何かしらのバストケアをしたい場合は、必ずお医者さんに相談しましょう。

優しくホールドしてくれるマタニティブラジャーを付けることで、大きくなったバストの負担を和らげることができるといわれています。

肌らぶ編集部おすすめのマタニティブラジャーはこちら
☆ワコールマタニティ2wayマミーブラ

ワコールマタニティ2wayマミーブラ

販売元:株式会社ワコール
価格:8,900円(+税)
【肌らぶ編集部コメント】
カップの裏打ちにストレッチウレタンを使用し、2カップ増量に対応可能です。簡単授乳に適したストラップと前中心低めのカップが採用されて片手でめくりやすく、授乳も簡単です。快適な機能性と女性らしいデザインが両立した納得の一枚です。

4 まとめ

毎日の習慣にしてしまえば、マッサージやエクササイズはそれほど苦になりません。
根気よく続けることで、老けチチを防いで上向きなバストをキープしましょう。

この記事は2016年5月30日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る