メニューを開く

もう悩みたくない!自分に合ったコンシーラーの選び方

Pocket
LINEで送る

コンシーラー 選び方
コンシーラーは種類が多く、自分に合った選び方が分からなくなってしまいませんか?「買ったのは良いけど使いづらくて、逆につけたら目立ってしまったから使ってない・・。」

皆さんも1度はそのような経験があるのではないでしょうか?それは、自分の肌に合わなかったのかもしれませんよ。

コンシーラーは、自分の肌に合ったものを使用すれば肌浮きせずに肌悩みを綺麗に隠し、美肌に見せてくれる頼もしいアイテムです。今回は自分に合ったコンシーラーの選び方についてご紹介します。

◆肌らぶ セレクション◆

資生堂メーキャップ
パーフェクティング スティック コンシーラー

資生堂メーキャップ パーフェクティング スティック コンシーラー

なめらかに肌にのびて密着、肌に自然になじんで気になる肌の悩みをピンポイントでカバーするコンシーラーです。

汗・水・皮脂でくずれにくいのも、おすすめのポイントです。

資生堂ジャパン株式会社


1.コンシーラーとは

コンシーラーとは、部分用ファンデーションとも呼ばれており、ファンデーションでは隠しきれないシミ・ソバカス・クマ・ニキビなどの気になる部分に塗ることできれいな肌を演出し、顔を立体的に見せるアイテムです。

■コンシーラーの役割■

・肌悩みのカバー

コンシーラーは、目の下のクマやニキビ跡の赤みなどの肌悩みを綺麗にカバーして、肌色を均一に見せて、綺麗な肌を演出します。

・ベースメイクの調整(口角を整えるなど)

コンシーラーには、ベースメイクの調整を行う役割もあります。例えば唇の輪郭のラインを整えたり、小鼻の影や赤みを整えることによって全体の完成度が変わります。

2.コンシーラーの選び方

コンシーラーを選ぶうえで大切なのは、自分の肌悩みに合った種類と色を選ぶことです。

2-1.コンシーラーの種類と選び方

コンシーラーにはいくつか種類があります。固形状・液状などによっても仕上がりやカバー感は変わります。目的や肌悩みに適したものを選びましょう。

【ペンシルタイプ】

スティックタイプよりもさらに硬くて細い、油分少なめのコンシーラーです。小さいしみ・唇の輪郭補正などのピンポイントカバーにとても使いやすいです。

メイクアップフォーエバー コンシーラーペンシル

キャプチャ

【スティック】

口紅のようにスティック状になっています。クリームタイプよりも固い質感でピタッと肌に密着するので多少の厚みが出てしまいますが、しみやニキビなどをしっかりとカバーしたいときにおすすめです。

ETVOS ミネラルコンシーラー

ETVOSコンシーラー

【クリーム】

クリーム状の柔らかい形状のコンシーラーです。油分が多めでつやつやしています。
質感が柔らかいので、目の下のクマや大きなシミなど広い面積をカバーするのに適しています。色味が明るいものに関してはハイライトとして使用することも可能です。

リプロスキンコンシーラー

リプロスキン コンシーラー

【リキッド】

筆ペンのようになっているものやリップグロスのように先端がチップ状になっているタイプがあり、質感はファンデーションに似ていて同じような感覚で使えて、肌へのなじみも良いものが多いです。

POLA ミュゼル アイゾーンコンシーラー

POLA!

2-2.コンシーラーの色と選び方

Pocket
LINEで送る