メニューを開く

明日から、すぐに綺麗なデコルテをつくる!簡単ケア方法とは?

Pocket
LINEで送る

デコルテ
デコルテの見える服を着た時に、「むくみ」や「くすみ」を感じることはありませんか?

デコルテラインは女性の象徴!また年齢を隠せないのもデコルテです。
美しく年を重ねるためにも、年齢を感じさせないためにも、今からしっかりデコルテケアをしていくことが大切です。

今回は、魅力あふれるデコルテの作り方をご紹介します。

ハリのあるデコルテラインに整えて、鎖骨美人ならぬデコルテ美人を目指しましょう!
お顔のケアのついでに、ひと手間加えてみてください。


1.デコルテとは

デコルテ01デコルテとは首から胸元までの部分を表します。実はもともとはファッション用語として用いられてきました。

デコルテは常に重い頭部を支えているので筋肉が疲労しやすく、血行が悪くなり「むくみ」「くすみ」が起きやすい部分でもあります。

美しいデコルテラインをつくるためには、毎日のお手入れが重要なのです。

2.美しさを手に入れる!デコルテのケア方法

2-1.デコルテにも保湿ケアをする

デコルテは基本的に顔と同じケアが必要です。
もちろんボディ用をデコルテ部分に使用しても全く問題はありませんが、顔用の化粧品でケアを行うのもおすすめです。

デコルテは顔と同じように、紫外線も浴びやすく刺激も受けやすい部分でもあります。

顔のお手入れを行う時に、デコルテラインまで塗布して馴染ませるようにしましょう。
お風呂でも、デコルテ部分を優しく丁寧に洗うことをおすすめします。

顔のスキンケアを広げる感覚で、デコルテ部分まで範囲を広げてケアをすることがデコルテケアへの近道といえるでしょう。

【おすすめ化粧品】

オルビス/アクアフォース特別セット
オルビスアクアフォース価格:1,980円(税抜)

内容:アクアフォースローション(約3カ月分)・洗顔料・保湿液・化粧水のトライアルセット(約3週間分)+お好きなサンプル3点

保湿成分:ラミナリアA配合(海藻由来)ピュアアクアエッセンス

特徴:海藻由来の保湿成分が、デコルテの角質層のすみずみまでうるおいを届けてくれます。
オイルフリー、無香料、無着色、界面活性剤不使用。

今ならトライアルセットにサンプルが付きお得なキャンペーン中です。(初回限定キャンペーン)
トライアルキットであれば気軽に試すことができますね。

>>>オルビス公式HPはこちら

ETVOS(エトヴォス)バランシングライントライアルセット
ETOVOS価格: 1,900円(税抜・送料無料)

内容:
(洗顔石鹸)クリアソープバー
(化粧水)【医薬部外品】薬用アクネVCローション
(美容クリーム)【医薬部外品】薬用アクネVCクリームジェル
(部分用美容液)バランシングVCクリアジェル

特徴:肌へ潤いを与える保湿成分「ヒアルロン酸」や「ヒト型セラミド」などが配合されている化粧水です。
デコルテ部分は通気性が悪く、肌荒れしやすい部分でもあります。肌荒れを防ぐために、保湿のお手入れがしたい方におすすめです。

>>>ETVOS公式HPはこちら

2-2.デコルテにも紫外線対策をする

デコルテの色ムラ・くすみ・乾燥・シワの原因のひとつとして、紫外線による影響が考えられます。

デコルテは顔と異なりメイクをしていない分、顔よりも紫外線の影響を受けやすい部分と言えます。
毎日日焼け止めを使用し、紫外線対策を欠かさず行うことが大切です。

またデコルテ部分は汗や摩擦などで、簡単に日焼け止めが落ちやすい部分でもあります。日焼け止めはこまめに塗り直しましょう。

日焼け止めの塗り直しについては、こちらの記事をご覧ください。

2-3.デコルテマッサージ法

デコルテ02デコルテにはリンパ節と呼ばれる部分があります。
その部分を丁寧にマッサージするのもおすすめです。

デコルテのむくみを解消するためにも、丁寧にマッサージを行いましょう。

■毎日できる簡単デコルテマッサージ法
デコルテは摩擦に弱いため、マッサージは朝晩のスキンケア後にするなど、滑りのよい状態で行うことをおすすめします。
マッサージクリームやオイルなどを利用してもよいでしょう。

マッサージ後のべたつきが気になるようでしたら、タオルなどで優しくふき取ってから、顔同様にスキンケアを行いましょう。

1.人さし指・中指・薬指の3本を使って、鎖骨の下のラインに沿い中心から外側に向かって5~6回ほど軽く押しながら流します。(反対側も同様)
1dekorute

2.手でグーを作り鎖骨の下側を中心から外側に向かって第二関節を当てるように、5~6回を目安にして少し強めに流していきます。(反対側も同様)
2dekorute

3.耳の後ろから鎖骨に向かって、5~6回を目安に流します。(反対側も同様)
dekorute

2-4.自分へのご褒美にも!エステでデコルテケア

セルフケアとしてデコルテのマッサージをする事はとても大切ですが、エステでお手入れしてもらうのもおすすめです。
自分へのご褒美として、ぜいたくな気分も味わえそうですね。

POLAのエステ
お手軽なトライアルから始められます。

3. 【悩み別】デコルテのケア方法

デコルテはもともと皮膚が薄くデリケートな部分なので、さまざまな肌悩みが起きやすい部分です。
悩みに合わせた適切な対策を行っていきましょう。

3-1.デコルテの日焼け対策

日焼け止め 選び方デコルテの日焼け対策には、顔と同様に保湿のお手入れと日焼け止めの使用が必要です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

また、美白*化粧品を活用するのもおすすめです。(*日焼けによるシミ・そばかすを防ぐこと)

3-2.デコルテの吹き出物・ニキビ対策

白ニキビ 女性デコルテの吹き出物やニキビも、顔と同様のお手入れが必要です。

肌を清潔に保ってうるおいを与え、ニキビ対策をしていきましょう。

かゆみや痛みを伴うタイプや長引く吹き出物の場合は、皮膚科を受診することをおすすめします。

3-3.デコルテのシワ対策

e10cf2b214d1f53faa179dee78e0b466_sデコルテのシワ対策には、保湿やマッサージなどのお手入れが重要です。

デコルテのシワの原因としては、血行の悪さ・加齢・紫外線・生活習慣などが考えられます。

マッサージで血行をよくしながら、美容液などの保湿化粧品で肌にハリを与えるお手入れをしていきましょう。

姿勢をよくすることも意識してみてください。
また、枕が合わない・枕が高すぎるなど、枕の寝心地に違和感があるようでしたら、自分に合った高さのものに選びなおすこともおすすめします。

4.まとめ

デコルテは顔の一部分であると言われるほど、実は顔の印象を決める大切な部分のひとつです。
顔にはたくさん気をつかうけど、ついつい忘れがちなのがデコルテ。

魅力的なデコルテをキープするために重要なのは、なるべく毎日欠かさず顔と同じようにケアしていくことです。

デコルテが美しければ、ファンションを楽しむこともでき、アクセサリーを際立たせることもできます。
年齢を重ねてからお手入れしておけばよかったたなと後悔しないためにも、今すぐケアを始めて、美しいデコルテを手に入れましょう!

この記事は2016年8月25日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る